1. サイトTOP>
  2. 【黒ウィズ】最大100連分の無料ガチャ開催! ゴールデンアワード2020前半(GA2020前半)&超感謝祭【ファミ通App連載企画:第19回】

【黒ウィズ】最大100連分の無料ガチャ開催! ゴールデンアワード2020前半(GA2020前半)&超感謝祭【ファミ通App連載企画:第19回】

2020-08-31 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

提供:コロプラ

ファン投票結果発表・ガチャ開催! 最大100連分の無料ガチャ&キャラプレも

コロプラより配信中の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(以下、『黒ウィズ』)では、新イベント“黒ウィズゴールデンアワード2020前半(GA2020前半)”が開催中。さらに2020年8月31日16時より“黒ウィズ超感謝祭2020”のキャンペーンも展開する。

今回はGA2020前半の精霊をチェックしつつ、おトクな感謝祭のキャンペーンを紹介。記事後半では、担当ライターの今年度の“黒ウィズ”前半戦の想い出を振り返る。

kv_kansya-(2)

新イベント:黒ウィズゴールデンアワード2020前半
開催期間:2020年8月31日16時~9月30日15時59分まで(予定)

特設サイトはこちら!

ファン投票で決まった“今年の顔”がアニメーションカードで登場!

毎年恒例となっている“黒ウィズゴールデンアワード”(以下GA)では、アプリ内で行なわれたファン投票により選ばれた精霊が特別Ver.となってガチャに登場する。今年のGAの精霊カードは7周年記念ガチャで初登場したアニメーションカードと同じ仕組みで、背景やエフェクトがアニメーションする特別仕様のカードとなっており、プレミアム感もバツグン。背景は非常によく描き込まれており、エフェクトにも迫力があるので、そちらにも注目だ!

ファン投票は男性精霊部門、女性精霊部門に加え、さまざまなテーマが設けられた日替わりサブ部門が開催された。男性精霊部門は上位5名、女性精霊部門は上位7名が選出され、昨年と同じく前半・後半の2回で6体ずつカード化される予定。今回は、前半の6体に選ばれた精霊たちを担当デザイナーのコメントを交えつつ見ていこう!

アレスちゃん/アレイシア(女性精霊部門1位)

kuro_aress

登場シリーズ:アレス・ザ・ヴァンガード
CV:村川梨衣

大都市オリュンポリスの平和を守る新人ヒーローの少女。忘れ去られた戦神アレスの力を使って戦う。ルールに縛られない熱いハートと、敵をも思いやる優しい心を持つ。

●デザイナーコメント
戴冠式でも元気いっぱいなアレスちゃんです。肩章のバッジや冠など細部までデザインにこだわりました。大勢あつまった観衆の中にはもちろんあの人も紛れ込んでおります。プレイヤーの皆様に心から「おめでとう」と思っていただけることを目標に制作いたしました。

●記事担当ライターの思い出
見ているだけで元気になれる、明るく前向きでくじけない陽気なキャラクター。そんなアレスちゃんが大好きです。今回のイラストからも彼女の持つプラスのエネルギーが伝わり、こっちまで元気になれる気がします!

鶴音リレイ(女性精霊部門2位)

kuro_rirei

登場シリーズ:FairyChord
CV:野口瑠璃子

心の音色“フェアリーコード”が聞こえる女子高生。暴走妖精の事件に巻き込まれたところを妖精ルミスフィレスに助けられ、協力していくことになる。

●デザイナーコメント
動くカードならではの花火表現にこだわってます。花火が打ちあがった瞬間にリレイにも光を当て、なるべく実際の花火の様子に近づけつつもドラマチックに見えるよう工夫したイラストです。リレイと一緒に花火大会をお楽しみいただければ幸いです。

●記事担当ライターの思い出
昨年、この連載企画のために『黒ウィズ』に復帰したとき、ちょうど開催されていたイベントが“FairyChord”。そのときのガチャでリレイを引くことができたので、勝手に縁を感じています。ルミちゃんとの絡みが大好き。今年は新エピソード“FairyChord3 KnightSider ”も開催されており、これからの展開と活躍にも期待です!

サンセット=リフィル(女性精霊部門3位)

kuro_rifil

登場シリーズ:黄昏メアレス
CV:小清水亜美

夢と現実の狭間にある都市で暮らす魔道士の少女。〈秘儀糸(ドゥクトゥルス)〉を操り、この世界では失われたはずの魔法を使いこなす。クールでストイックな性格だが、戦闘においては、苛烈な闘志をむき出しにする。

●デザイナーコメント
メアレスたちの日常の戦いを描きました。魔法陣やエフェクト等、動きが映える絵になっております。動きや発光がはいり、よりメアレスの世界観を強く表現できたと思います。また、靴が大きく入る絵なのでデザインにもこだわりました。背景にまぎれている他のメンバーの様子も是非ご注目下さい。

●記事担当ライターの思い出
根強い人気を誇る常連中の常連で、もはやGAといえばリフィル、と思えるほどですね。自分のなかのリフィルの印象は、戦いで見せる凛とした表情と強さ、そして「らっしゃーせー」という言葉の力の抜け加減。コミック版でも活躍中で、『黒ウィズ』を代表する精霊のひとりだと思います。

アルドベリク・ゴドー(男性精霊部門3位)

kuro_ard

登場シリーズ:双翼のロストエデン
CV:櫻井孝宏

魔界の半分を支配するお人好しの魔王。お騒がせ者の天使ルシエラを訳あって、居候させている。振り回されてることが多い。

●デザイナーコメント
おだやかな雰囲気のアルドベリクです。歴史の長いキャラでもあり、今までイラストの中でも色々なシーンを描いてきたので今回は思いきって少し色気のある雰囲気を目指しました。きらきらした水面の表現や花びらが舞う様子など、動きも綺麗に見えるよう制作しております。

●記事担当ライターの思い出
こちらもGAの常連。アルさんの魅力といえば、やはりルシエラや子供たちを想う心と、家族の絆。4人が集まっていくまでの切ない物語は、思い出すだけでも胸がキュッとする感じです。前回の「GA2019」では悪魔としての荒々しさを感じるイラストでしたが、今回はセクシーで男性的な魅力を感じさせてくれるデザインになっていて、これはこれで……!

リュオン・テラム(男性精霊部門5位)

kuro_ryuon

登場シリーズ:Birth Of New Order
CV:小野友樹

最強の審判獣ネメシスと契約した聖域を守る執行騎士。戒律を破るものには容赦なく刑を下す厳しさを持ちながら、同じ騎士団の仲間や団長には、時折年相応の顔を見せる。

●デザイナーコメント
カードイラストでは初公開のリュオンの手料理です。ちょっぴりいびつなケーキの形状や手についたクリームがチャームポイントです。不器用な一面が可愛らしく見えるよう制作しました。執行騎士団を模したマジパン細工や磔剣型アイシングクッキーなど細部にも凝っています。平和なひと時を感じて頂ければ幸いです。

●記事担当ライターの思い出
昨年に続いてのランクインとなったリュオン。今年は完結編“Birth Of New Order3”での活躍や、イスカとのタッグで登場したカードも記憶に新しいところ。今回のカードイラストでは、戦いの場から離れた珍しいシーンが描かれています。普段は見せない穏やかな表情が印象的ですね。

リルム・ロロット(女性精霊部門7位)

kuro_rirum

登場シリーズ:超魔道列伝アルティメットガールズ、アイドルωキャッツ!
CV:大和田仁美

超大雑把でちゃらんぽらんな魔道少女。持っている〈魔杖エターナル・ロア〉にはぞんざいな態度をとる。最近、これからは断捨離だと思っている。

●デザイナーコメント
ここはリルムが今までに着た衣装たちが収納されているお部屋です。青と白で統一されていたり、ロアがハンガーラック代わりにされていたりとリルムらしさ満載です。「君」とリルムの思い出がたくさん詰まった部屋でリルムと一緒にこれまでのさまざまな冒険を振り返ってみてください。

●記事担当ライターの思い出
こちらも長く続けているプレイヤーにはお馴染みの精霊。エターナル・ロアとのタッグは『黒ウィズ』のベストコンビではないでしょうか。少なくとも私はそう思っています! 何度もカード化されているリルムですが、今回はいままでにないオフショット的なシーンで、新鮮な気持ちになりました。

ちびキャラも登場!

惜しくも上位ランク入りを逃した精霊たち(男性6名/女性6名、計12名)も、“ちびキャラ”となって精霊カード化される。これらの精霊カードは2本立てで開催される新たな“黒ウィズダンジョン”の報酬精霊になるとのことなので、こちらもぜひ入手しておきたい。


kuro_chibi

ロザリア&ガトリン&エウブレナ_FIX

▲ちびキャラの精霊カードは3体1セットで、計4枚が用意される。珍しい組み合わせもあるので、その人選にも注目したい。

担当ライターのGA2020注目精霊!

今回のGA2020で“ファミ通App 黒ウィズ連載企画”担当ライターが推したい精霊は、ズバリ女性精霊部門1位のアレスちゃん! すでに何度かこの連載でも取り上げていますが、“アレス・ザ・ヴァンガード”のアメコミヒーロー風の世界観と登場人物が大好きで、なかでもド直球主人公で超がつく熱血キャラのアレスちゃんがお気に入りなんです。

精霊カードとしても“変身”というユニークな特殊能力を持ち、大活躍してくれています。いきなりの1位獲得とは驚きましたが、能力はもちろん、キャラクターとしても非常に魅力的なので、個人的には納得の結果だと思います!

kuro19_01kuro19_02

▲アレスちゃんは、これまで3回精霊カードとして登場。運良く毎回自分のところに来てくれているので、今回のガチャにも期待!

ほかの精霊では、長く活躍しているアルドベリクやリルムが入っているのがうれしいところですね。『黒ウィズ』プレイヤーなら長く見てきているおなじみの面々で、固定ファンからの支持が厚く、根強い人気を誇っています。

リルムは昨年のGAのラインアップに入らなかったところからの返り咲きです。なんと16回目のカード化ということだそうで、『黒ウィズ』7年の重みを感じます。

kuro19_03kuro19_04

▲アルドベリクは残虐な魔王でありながら良きパパ役でもあり、6周年の際に実装されたファミリー感ある精霊カードのデザインはいつ見てもいいものです。リルムは初期に引いた2014ハロウィン限定版Ver(「超魔道列伝 アルティメットハロウィンガールズ!」より)がお気に入りです。

最大100連分無料ガチャ、キャラプレ……超おトクなキャンペーンを見逃すな!

8月31日16時から“黒ウィズ超感謝祭2020”キャンペーンが開催される。昨年と同様、無料ガチャや【L】精霊を獲得できるキャラプレを筆頭に太っ腹な企画が目白押し。手持ちの精霊を大幅に強化するチャンスなので、お見逃しなく!

“黒ウィズ超感謝祭2020”キャンペーンの内容(一部)

【最大100連分無料ガチャ】
開催期間:9月3日 16時~9月30日 15時59分(予定)
1日10連、最大10回まで利用可能。

【キャラプレ】
開催期間:8月31日 16時~10月8日 15時59分(予定)
対象の精霊から候補10体を選択し、その中から1体がもらえるキャンペーン。さらに、プレイヤーが最大100連無料ガチャを回した総数が2,222万回に達した場合、後半にもう1体キャラプレが追加されるありがたいキャンペーンも開催中! なお、好評だったキャラプレ付き有料クリスタルは今年も販売される予定だ。

【1日1回無料ガチャ】
9月13日~9月25日に開催される“スキルピックアップガチャ”では、1日1回、対象ガチャを無料で引くことができる。

【ミッションガチャ】
ミッションを達成することで1回ずつ引けるガチャ。前半最大7回、後半最大3回で、さらにすべてのミッションをクリアーすることで“L 1体確定10連ガチャ”の追加も用意されるとのこと。また、日替わりクエストをクリアーするだけで利用できるデイリーミッションガチャも開催予定(最大12回)。

【精霊配布】
開催期間:9月4日16時~9月30日 予定
『黒ウィズ』復帰者にもうれしい、サポート特化型の性能を持った記念精霊“宝雫満つる杯の姫 ウララ・ハルル”がもらえるプレゼントクエストも開催。最近復帰したプレイヤーや、復帰を考えているプレイヤーはこの機にゲットしておこう。
(火・水・雷の3属性それぞれ1体ずつ)

06_.ウララ・ハルルプレゼント


▲“ 宝雫満つる杯の姫 ウララ・ハルル”は、新規・復帰者にとっては貴重な戦力になる。

※それぞれのキャンペーンの詳細や開催期間については、以下の特設サイトを参照。

⇒“黒ウィズ超感謝祭2020”特設サイト(公式)はこちら!

担当ライターのプレイリポート:2020年度前半戦を振り返り

最後に、当コーナー執筆担当ライターのプレイ状況を少しだけお伝えします。“黒ウィズ復帰者”としてこの企画を始めて1年半が経過し、さすがにもう復帰者を名乗るのは苦しいかな? とも思いますが、相変わらずデッキ構築が苦手で、高難度クエストはなかなかクリアーできません。

kuro19_05kuro19_06

▲最近は、“黒ウィズアクアリウム”をオートプレイで周回していることが多いです。獲得したポイントはすべて種族マナに換えています。

今年前半は、『黒ウィズ』のいくつかのシリーズが区切りを迎えました。初期から続く長期シリーズとなっていた“空戦のドルキマス/シュヴァルツ”と“覇眼戦線”をはじめ、“響命クロスディライブ”、“Birth Of New Order”、“ぽっ!かみさま”、“MARELESS”、“SUGARLESS BAMBINA”などの物語がいったん完結しています。

半年のあいだにこれだけのシリーズが終了するのは初めてでは? 7周年を超えて、『黒ウィズ』も変革のときが来ているのかもしれません。それぞれの物語の余韻に浸りつつも、まったく新しいシリーズの開始に期待しているところです。

kuro_t01kuro_t02


▲冒頭からの急展開にビックリした“Birth Of New Order3”。“MARELESS IV”は、その時代を生きた人々の戦いと苦悩に触れ、いろいろと考えさせられました。たくさんのシリーズを進行させながらも、個々の物語の完成度が高いのは『黒ウィズ』ならでは。これからも楽しみです。

トーナメントのほうは慧王【昴】拾式に到達しているのですが、本格的な挑戦はできておらず停滞中。叡王【熾】玖式のほうではデッキを更新し、SPスキルを使うことで2問回答するだけでボスまで到達できるように。現状、魔道杯は叡王【熾】玖式を中心に戦っています。

非常にスローペースではありますが、少しずつは前進している……のかな?

kuro19_07kuro19_08

▲叡王【熾】玖式のデッキは、相変わらず便利なSPスキル“無に帰す瞳”を使った6ターンデッキではありますが、必要な回答数と正答数が減ったぶん周回が楽になりました。

さて、『黒ウィズ』連載企画第19回はいかがだったでしょうか。本コーナーでは、今後も『黒ウィズ』の貴重な独占インタビューやここだけでしか見られない情報&イラストをお届けしていきます。ご期待ください!

Licensed by TOKYO TOWER
©COLOPL, Inc.

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/クイズ
メーカーコロプラ
公式サイトhttp://colopl.co.jp/magicianwiz/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧