1. サイトTOP>
  2. 『ドラゴンクエストウォーク』陸の忍者(?)と大仏:富山編【プレイ日記第172回】

『ドラゴンクエストウォーク』陸の忍者(?)と大仏:富山編【プレイ日記第172回】

2020-08-26 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

ファミ通Appドラクエウォーク攻略チームによる、人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。
⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

IMG_2607本日の担当:流浪のぱんだ

富山県のスポットを紹介

全国のドラクエスポットを紹介する”流浪のぱんだ”だ!
今回は、富山県からお届け。

前回は石川県をご紹介。

漫画の聖地・氷見市!

 image8
 image5
 image7

富山県氷見市にある「忍者ハットリくんロード」。
『忍者ハットリくん』をはじめ、『怪物くん』『プロゴルファー猿』『笑ゥせぇるすまん』といった名だたる名作漫画を残した、藤子不二雄Aの出身地でとある。

どの作品も知らない(?)最近の若い子のために説明しておくと、藤子不二雄Aはもともと『ドラえもん』の原作者・藤子・F・不二雄とタッグを組んでいた漫画家だ。

image6image12

ドラクエウォークのランドマークは、氷見市の「氷見市潮風ギャラリー」に。

ドン・ランドマークも言うように、北陸は魚の名産地でも知られる。寒ブリやのどぐろは特に最高。

富山県では回転寿司のクオリティもワンランク上だ!

 image10
 image4

氷見市から海沿いに下った場所にある「雨晴海岸」。朝も昼も絶景が眺められる筆者が日本で一番好きな海岸。

晴れていると、背景に立山連山と呼ばれる3000メートル級の山々がうっすらと映し出される。なんとも神聖な気持ちになれる。

 image3

こちらは、「高岡市美術館」。
高岡市は、漆器や銅器などの工芸品が有名なことからも、美術館に力を入れている。

image1image2

ドン・ランドマークの言う通り、高岡に伝わる高い銅器製造技術を駆使して作られた。

 image9
 image11

16メートルもある大仏は、奈良や鎌倉とは違い、町のなかに溶け込むように佇んでいるのが驚きだった。

運気が欲しい人は、ぜひ待ち受けに使ってくれ!

次回は、岐阜県へ。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧