1. サイトTOP>
  2. 『クトゥルフと夢の階段TRPG』タピオカミルクティにパクチー!? 地下75Fの“神殿イベント”に到達【プレイ日記第9回】

『クトゥルフと夢の階段TRPG』タピオカミルクティにパクチー!? 地下75Fの“神殿イベント”に到達【プレイ日記第9回】

2020-06-30 15:03 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クトゥルフと夢の階段TRPG

『クトゥルフと夢の階段TRPG』のオススメ記事
kutu01

ファミ通Appの『クトゥルフと夢の階段TRPG』担当チームが、攻略に役立つ情報やプレイ状況などを日記形式でお届けする本コラム。第9回の担当は、ライターのレットイット山本だ。

⇒『クトゥルフと夢の階段TRPG』プレイ日記まとめ

タピオカミルクティにパクチーを添えて

どうもご無沙汰しております! レットイット山本です。

本プレイ日記は今回で第9回を迎えることになりました。これまで初心者向けの攻略に終始してしまいましたが、ドリーム菊地とともにお送りしている我々の足跡が、現在本作をプレイ中の皆さま&これから足を踏み入れようとする皆さまの助けになるといいのですが……。

とりあえず今宵は、タピオカミルクティでも飲み交わそうじゃありませんか。

そう、パクチーをたっぷり添えて……。

地下75Fの神殿イベントで驚愕の結果が!

なぜこのタイミングでタピオカミルクティーで、加えてパクチーの話が出てくるのか。

その答えは、例の階段を潜った先の地下75Fにあります。

IMG_0807

▲……なぜ、こんな場所に神殿が?

前回の66Fボス攻略を参考にし、自分もガンガン腕を上げてついにこの場所までたどり着いたわけですが……。

そこに待ち受けたるは、やや風化した様子の神殿。どうせアテのない旅路なので、立ち寄ってみなければソンというものでしょう。

IMG_0809

▲すると、これまた唐突に“祭壇にタピオカミルクティが置かれている。”というメッセージが。

だれかの悪ふざけにしか思えない光景ですが、これがかのラヴクラフト氏が描かんとした“宇宙的恐怖”というヤツなのか(違います)。

しかも、ここで表示された選択肢は、“飲む”、“投げる”、“パクチーを添える”の3種。どれを選んでもバチ当たりな気がして、いかんともしがたい状況です。ああもう入らなきゃよかった。

……しかし待てよ、“75F”、“タピオカミルクティ”、“パクチー”と、これらの連続するワードにはどこかで見覚えが!?

IMG_0800

▲あーっ! コレ、集落発見イベントの酒場のマスターが言ってたヤツ!!

第5回の時点では、本作特有の悪ノリだと思い込んで“理解不能の供述”などと書いてしまいましたが、まさか実在するとは!?

だからといって、マスターの言う通りにしてみたところで無事に済む保証はないのですが……。

もう後には引けないことですし、ここはひとつ“パクチーを添える”を選んでみることにしましょう!

IMG_0810

▲……って、“添える”ってレベルじゃねえぞ!? もうタピオカミルクティ埋まってますやん。

もはや、何がなにやら。

「……。」という選択肢が、これほどの凶行に及んでしまったプレイヤーキャラの自責の念を表すかのよう。こりゃ、助からないな……。

IMG_0811

▲ところがどっこい! この行動により、なぜかワープゲートが開通!!

じつはこの神殿イベント、要するにゲームスタート地点から特定の階層までのワープ(ショートカット)機能を解禁できるイベントだった模様。

その後ほどなくしてゲームオーバーとなり、リスタート時に“扉を調べる”を選んでみたところ、確かにワープが利用可能になっていました。

ちなみに、“飲む”を選んだ場合はHP回復、“投げる”の場合はSAN値回復の効果があったことも後に判明。

IMG_0842

▲ワープできる階は、地下34Fと地下67Fのふたつ。どちらもボス戦直後の階で安心ですし、通常リスタート時と同様にカードを1枚再取得できます。

とはいえ、さすがに地下75Fに到達したてのステータスのまま一気に低層階にワープした場合は、急激な戦力ダウンに悩まされることになりそうです。

しかしながら、いまや楽勝となった地下30F程度までを飛ばせるというだけでもストレス軽減になることは間違いなし。さらにステータスを上げて、ワープ機能を有効活用していきたいと思います!

そして、今後もこんな奇想天外なイベントが起こりかねないと思うとこの不気味な階段を探索していく楽しみはまだまだ尽きそうにありません。

地下80F、地下90F……と下っていった先には果たして何が待っているのでしょうか。

IMG_0841

▲終わりがあるのかどうかさえもわからないだけに、「もう少し、後少し……」という思いが募るばかり。

⇒『クトゥルフと夢の階段TRPG』プレイ日記まとめ

クトゥルフと夢の階段TRPG

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧