1. サイトTOP>
  2. GO Fest2020情報解禁!!『ポケモンGO』夏の恒例イベントがデジタルイベントとして開催決定

GO Fest2020情報解禁!!『ポケモンGO』夏の恒例イベントがデジタルイベントとして開催決定

2020-06-15 22:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ポケモンGO

今年の夏は自宅でのんびりFest体験

『ポケモンGO』を代表する毎年恒例の大型イベントGO Festが今年も開催されることが決定。

2020年の初めからいまなお続く新型コロナウイルスを考慮し、各地域のトレーナーが自宅でも楽しめるグローバルなデジタルイベントという形式で7月25日(土曜日)と26日(日曜日)の2日間に渡って実施されることがアナウンスされている。

本記事ではメディア向けに開催された説明会の中で判明したGO Fest 2020で行われる体験と詳細、さらにNianticによる直近の取り組みと成果についてフリーライターの深津庵がお届けする。

pokegofestvirtual01

【デジタルチケット概要】
販売開始日
・日本時間6月16日(火曜日)午前2時スタート

販売価格
・価格:$14.99(約1600円前後と予想)

有効期限
・25日と26日の両日(開催期間内)

デジタルチケットを購入できる最終日は不明だが、これまでのイベントからすると、開催中であれば当日でも購入できるだろう。

また、販売価格は米ドルからのおおよその予想。今後の情報を待ちつつ現段階では参考程度に考えてもらいたい。

pokegofestvirtual02

GO Fest 2020:1日目

初日となる7月25日(土)の開催時間は午前10時から午後8時まで、下記にある4つの体験を通じてポケ活を楽しめる。

【1:1日目限定のスペシャルリサーチ】

どんな内容になるのかは当日までのお楽しみだが、バーチャルを前提した誰もが達成できる特別なものになるだろう。なお、このスペシャルリサーチはイベント終了後も継続してプレイできるぞ。

【2:5つのテーマに準じたポケモンとの出会い】

5つのテーマ(ほのお、みず、くさ、バトル、友情)に選定されたロケーションが登場。テーマに合わせたポケモンの出現するエリアが1時間ごとに変化し、1日目では各エリアに2回チャレンジできる。

【3:グローバルチャレンジアリーナ】

これはGO Fest限定の特別機能。トレーナーが協力して1時間ごとに課題の達成を目指すものであり、それに成功すれば1時間のボーナスを獲得できるというもの。

今回注目すべきは、課題の進捗状況を各トレーナーがゲーム画面で確認できる点だ。

バーチャルで体験を共有できるのはGO Fest2020ならではの試みといえる。

【4:75種類以上のポケモンが出現】

野生はもちろん“レイドバトル”や“スペシャルリサーチ”を通じて75種類以上のポケモンが出現する。

どういったラインナップになるのかは不明だが、当イベントのイメージフォトにも出ているチョンチーやハブネーク、恒例のアンノーンなど幅広いポケモンと出会えるのは間違いない。

pokegofestvirtual03

▲スクリーンショットから横浜や釜山など各国のエリア名が確認できる。さらに、画面下には“フレンドスコア”という項目があり、ギフトを贈った数を競っているようだ。

GO Fest 2020:2日目

2日目の開催時間も午前10時から午後8時までと同じだが、1日目とが違った体験が待っている。

その詳細はサプライズ、当日までのお楽しみということだ。

もちろんこれだけではなく、GO Fest 2020を記念した着せ替えTシャツも登場。これはチケットの有無に限らずゲーム内ショップに並ぶ。

さらに同デザインのTシャツも全国のポケモンセンターで7月11日(土)から発売を予定。ポケモンセンターオンラインは2日早い7月9日(木)10時から取り扱いを開始するようなので興味のあるトレーナーは必ずチェックしよう。

なお、説明会で公開された資料には5種類のリワードメダルらしきものがあった。

どういったものなのかは不明だがどれもコレクションしたくなる個性的なデザインだったぞ。

pokegofestvirtual04

▲これがGO Fest 2020を記念したTシャツだろうか。モンスターボールを中心にふしぎなアメやおこう、ロケット団など10種類のロゴが確認できる。

pokegofestvirtual05

▲ギフトのペーパークラフトデータは無料でダウンロード可能。こちらは開催期間中のみの限定配信なので忘れずにゲットしてほしい。

チームラウンジもバーチャルで設営

ポケモンGO Festに参加した経験のあるトレーナーにはおなじみ、各チームの休憩場所だったラウンジを今回はウェブ上に設営

他のトレーナーとの交流や新情報の確認、プレゼントイベントに参加できるなど、従来のイベントを追体験できる仕掛けを準備中だという。

pokegofestvirtual06

▲現段階ではどういったウェブサイトになるのかは不明だが、1人での参加に不安があるトレーナーもチームラウンジがあれば解決できそうだ。

GO Fest 2020に先立ったウィークリーチャレンジを開催

世界中のトレーナーが参加できる3週間に渡るウィークリーチャレンジ“ポケモンGO Fest 2020タイムチャレンジ”の開催も決定。

このチャレンジの結果によってGO Fest 2020の期間中に出現するポケモンが追加される。

こちらの情報はNianticのブログやポケモンGO Fest2020のウェブサイトで随時更新される予定。

各メディアの情報と合わせてしっかり追いかけていきたい。

■ポケモンGO Fest 2020の公式情報はこちら
https://pokemongolive.com/events/fest/2020

Nianticお店応援プログラムを含む質疑応答

プレイヤーが推薦するカタチで行われることが判明したNianticお店応援プログラム“お気に入りのお店をゲームに登場させて応援しよう”について、いくつかの情報がわかってきた。

これは、地域経済活性化を目指す取り組みの一環として、推薦を受けたお店の中から1000店に1年間無料で『ポケモンGO』にスポンサードロケーションとしてポケストップもしくはジムとして登場するというものだ。

この応援プログラムについて、推薦対象になるお店の所在地が現在のところアメリカ、日本、メキシコ、カナダ、英国が対象であること。

選定の基準に基づいて条件を満たす必要があることがメディアからの質問によってわかった。

また、ゲーム内にプロモーションを行える機能を搭載。周辺のトレーナーにお店、企業の場所を通知するほか、商品を紹介するといったアプローチも検討中だという。

これは現段階でのもので今後仕様などは変わっていくだろう。

あくまでも参考程度に知ってもらえれば幸いだ。

2020年上半期:Nianticの取り組みと成果

NianticはGO Fest 2020のチケット売上、最小金額5億ドル以上を寄付することを発表。

より多様性のある世界を代表するコンテンツを創出し続けることを目標として、黒人コミュニティをサポートし差別に立ち向かうこと。さらに、地域社会の再建を支援している米国のNPO団体への寄付も明かしている。

また、Nianticのロードマップとして『ポケモンGO』への継続的な投資に加え、今後数年に渡るゲームおよび他のカタチでのAR体験を提供する10以上のタイトルの開発が進んでいること。そのラインナップの中から毎年2つのタイトルを発表する予定であることも判明した。

2020年はまさに想定外の連続、世界中が手探りの中で1歩ずつ前進しようと模索している。

リアルワールドを舞台にしたNianticのアプリが今後どうなっていくのか、そのチャレンジを引き続き追っていきたい。

pokegofestvirtual07

▲これまで当たり前だったこうした光景も今年はお預け。1日でも早い解決と願い、再びこんなステキな笑顔に包まれるリアルイベントに参加できることを心から願う。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
配信日配信中
コピーライト

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧