クラッシュ・ロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル“クラロワリーグ イースト”プレイオフweek1-2 PONOS勝利!FAVはTalonと来週対決

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

“クラロワリーグ イースト”プレイオフweek1-2 PONOS勝利!FAVはTalonと来週対決

2020-05-10 21:06 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クラッシュ・ロワイヤル

クラロワリーグ イーストプレイオフweek1試合結果

『クラッシュ・ロワイヤル』公式プロリーグの”クラロワリーグ イースト”、プレイオフweek1の結果を紹介。

【MATCH3】
○Talon vs Nova Esports×(3-0)
【MATCH4】
○PONOS vs Team Timing×(3-1)

 11939684574571
 11939684593606

Talon vs Nova Esports

○Talon vs Nova Esports×(3-0)

【KING OF THE HILL】

○Talon vs Nova Esports×(3-1)
●1回戦
○Line vs Lciop×
Line選手はウォルブレデッキ、Lciop選手はメガナイトデッキ。両者ともにウォールブレイカーを飛ばしあって削りあう流れに。Line選手がわずかに早く削りきった。

 01

●2回戦
×Line vs Bking○
Line選手はラヴァデッキ、Bking選手はジャイスケラデッキ。Line選手がラヴァを展開したタイミングでスケラを使って大きく削り、Bking選手が勝利した。

 02

●3回戦
○Geralt vs Bking×
Geralt選手はホグデッキ、Bking選手はジャイスケラデッキ。Geralt選手はホグを高速で飛ばして削っていき、Bking選手は防衛からのカウンターでスケラを狙っていく。Geralt選手はホグを飛ばすことでスケラを撃つ回数を減らし、タイブレイカールールでダメージ差で勝利。

 03

●4回戦
○Geralt vs LittleChen×
Geralt選手はホグデッキ、LittleChen選手はロイジャイデッキ。序盤はGeralt選手が積極的にホグを展開するが、ゴブ檻を中心に防衛してダメージが大きく入らず。2倍タイムからはホグ、ロイジャイでの削り対決に。最後はGeralt選手によるホグ+クエイクが削り勝った。

 04

【トリプルドラフト形式】

○Talon vs Nova Esports×(2-0)
●1回戦
○Line vs Lciop×
Line選手はペッカ、バトルヒーラー、マスケット、Lciop選手はゴブ小屋、プリンス、ホバリング、メガナイトなどをピック。Line選手はメガナイト展開を受けて逆サイにスケラをしかけタワーを破壊。そのリードを守りきってLine選手が一本先取。

 05

●2回戦
○Line vs Lciop×
Line選手はホグ、ユーノ、バルキリー、Lciop選手はバトルヒーラ―、ウィザード、ゴーレムなどをチョイス。Line選手はホグで積極的に攻めていき1本先に破壊。Lciop選手はゴーレムを展開するが、Line選手が守りきって勝利。

 06

【1vs1】

○Talon vs Nova Esports×(2-0)
●1回戦
○Blizzard vs LittleChen×
Blizzard選手はロイジャイデッキ、LittleChen選手はウォルブレデッキ。Blizard選手はロイジャイ、LittleChen選手はウォルブレ、コウモリ、ディガーで削っていく。LittleChen選手がボムタワーの受けをミスり、その分のダメージ差でBlizzard選手が勝利。

 07

●2回戦
○Blizzard vs LittleChen×
Blizzard選手はラヴァデッキ、LittleChen選手はバルーンデッキ。開幕Blizzard選手がゴブ檻で様子を見ようとするが、すかさずLittleChen選手がバルーンを展開して大ダメージを奪う。だが、Blizzard選手もラヴァ展開で1本タワーを破壊。1本ずつ破壊した後はバルーンとラヴァの削り合いとなり、最後はBlizzard選手が押しきった。3セット選手でTalonが勝利。

 08

PONOS vs Team Timing

○PONOS vs Team Timing×(3-1)

【KING OF THE HILL】

×PONOS vs Team Timing○(1-3)
●1回戦
×RAD vs Haruki○
RAD選手はラヴァデッキ、Haruki選手はラムデッキ。RAD選手のラヴァ展開に併せてHaruki選手がバトルヒーラーとラムライダーを展開して1本破壊。ラヴァのダメージも抑えつつ、最後はキングタワーを落とした。

 09

●2回戦
×ライキジョーンズ vs Haruki○
ライキ選手はバルーンデッキ、Haruki選手は1戦目と同じラムデッキ。ライキ選手はバルーンを通すが、Haruki選手がカウンターでタワーを1本破壊して勝利。

 10

●3回戦
○KK vs Haruki×
KK選手はスケラデッキ、Haruki選手はラムデッキを3連投。KK選手は防衛からのスケラでジワジワダメージを与えていく。Haruki選手のラムやムートの攻めをしっかり押さえてKK選手が勝利。

 11

●4回戦
×KK vs Sado○
KK選手はゴブジャイスパーキー、Sado選手はホグデッキ。KK選手はスパーキーから展開していくが、Sado選手はエレウィズを使ってしっかり防衛。Sado選手がホグ+クエイクで削っていき、タワーを1本破壊。

 12

【トリプルドラフト形式】

○PONOS vs Team Timing×(2-1)
●1回戦
×天GOD vs Sado○
天GOD選手はゴブジャイ、プリンス、マスケ、Sado選手はメガナイト、ロイヤルゴースト、ファルチェなどをピック。Sado選手は天GOD選手の防衛カードをライトニングで倒しつつ効率的にダメージを与えていく。Sado選手がタワーを1本破壊して勝利。

 13

●2回戦
○天GOD vs Sado×
天GOD選手はロイジャイ、ロケット砲士、Sado選手はメガナイト、トリトン、ダークネクロなどをセレクト。天GOD選手は防衛のロケット砲士にロイジャイを追加してダメージを与えていく。トリトンの防衛もものともせず、タワーを1本破壊して天GOD選手が勝利。

 14

●3回戦
○天GOD vs Sado×
天GOD選手はダクプリ、エレウィズ、ダークネクロ、ゴーレム、Sado選手はロイホグ、プリンス、吹きゴブなどをピック。天GOD選手がゴーレムを展開したのを見て、Sado選手がロイホグ、ガゴ群れを仕掛けて大ダメージ。タワーを落とす直前までいったがギリギリで耐え、天GOD選手がゴーレム+追加ユニットでタワーを先に落とした。

 15

【1vs1】

○PONOS vs Team Timing×(2-0)
●1回戦
○焼き鳥 vs Sado×
焼き鳥選手はジャイデッキ、Sado選手はWバレル枯渇デッキ。中盤で焼き鳥選手がジャイからの攻撃を決めて大きくダメージリード。Sado選手をまったく寄せ付けず圧勝。

 16

●2回戦
○焼き鳥 vs Sado×
両者ともにスケラデッキで、焼き鳥選手は雪玉、Sado選手はロリババのみの違い。両者ともにスケラを撃ち合う展開だが、なかなか致命的なダメージは入らず、ポイズンでの削り勝負に。最後は、焼き鳥選手が削り勝った。

 17

【1vs1】

○PONOS vs Team Timing×(2-1)
●1回戦
×KK vs Greed○
両者ともにラヴァデッキの完全ミラー対決。両者ともにラヴァをインドラで防衛しつつ、ディガー追加、ファイボなどをぶつけあっていく。わずかな差でタイブレイカーでGreed選手が勝利。

 18

●2回戦
○KK vs Greed×
KK選手は枯渇デッキ、Greed選手はバルーンデッキ。序盤はKK選手が高回転でWバレルを回しつつ、ウッドでダメージを稼いでいくが、Greed選手がバルーンを通してダメージはトントンに。最後はKK選手がゴブリンバレルを通して勝利した。

 19

●3回戦
○KK vs Greed×
KK選手は、Greed選手はバルーンデッキ。序盤でGreed選手がバルーンを決めて大ダメージ。Greed選手がバルーンで1本先取するが、KK選手はスケラで1本取り返す。KK選手はバルーンを受けながら、ポイズンとスケラで削っていって勝利した。

 20

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト