1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 【CoDモバイルで勝つコツ:攻略第11回】シーズン3から登場の新モード“Rapid Fire”と新マップ“Scrapyard”を解説

【年末年始休業のお知らせ】
2019年12月27日(金)15時~2020年1月6日(月)11時まで、お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【CoDモバイルで勝つコツ:攻略第11回】シーズン3から登場の新モード“Rapid Fire”と新マップ“Scrapyard”を解説

2020-02-28 15:31 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

コール オブ デューティ:モバイル

注目の新要素をまとめて攻略

『Call of Duty:Mobile』(以下『CoDモバイル』)のお役立ち情報をお届けする攻略記事の第11回は、シーズン3のアップデートで追加された新要素をピックアップ!

今回のアップデートのいちばんの注目ポイントは、新マルチモード“Rapid Fire”の登場。そして新マップ“Scrapyard”の追加だろう。そこで、今回はそのモードでの立ち回りや、マップの特徴を紹介する。

Ph01-600

第11回解説要素
■試合展開が早いマルチ新モード“Rapid Fire”
・“Rapid Fire”のオススメ立ち回り
■急な接敵が多いマルチ新マップ“Scrapyard”
・“Scrapyard”の強力なポジション

試合展開が早いマルチ新モード“Rapid Fire”

新モード“Rapid Fire”は、基本的なルールはチームデスマッチと同じだが、弾薬や手榴弾が無限になっていたり、オペレータースキルのクールダウン高速化や、スコアストリークが貯まりやすい。スコア上限も65で、チームデスマッチよりも多く設定されているのが特徴。

試合展開がかなり早く、激しい銃撃戦が起きやすいので、スピーディーな戦闘をしたい人にはオススメだ。

Ph02

“Rapid Fire”オススメの立ち回り その1
強力な攻撃オペレーターを使う

オペレータースキルのクールダウンが高速化されているので、かなりの頻度でオペレータースキルが使用できる。そのため、ウォーマシーンなどの強力な攻撃オペレーターをセットして、使用可能になったらすぐに活用することで敵を倒しやすくなる。とくにオススメのオペレータースキルは以下のふたつ。

・ウォーマシーン

フルオートのグレネードランチャー。高威力のグレネードを連射できるため、敵が密集しそうな場所に撃てば多くの敵を一気に倒すことが可能。

Ph03-600

・テンペスト

稲妻を撃ち出して攻撃する。射程はあまり長くはないが、敵を最大9人まで攻撃可能。稲妻は敵を巻き込むため、敵が固まっている状況で活躍する。

Ph04-600

“Rapid Fire”オススメの立ち回り その2
高スコアストリークを狙う

オペレータースキルのクールダウン高速化のほか、スコアストリークも貯まりやすくなっているので、高スコアストリークが出しやすくなっている。それを活かし、あらかじめ高スコアストリークをセットしておきたい。

また、敵も強力なスコアストリークを出してくることを想定して、対空ミサイルターレットなどの対策スコアストリークを入れるのも効果的だ。

Ph05-600

▲ステルスヘリや、VTOLなど通常のモードでは出しにくい強力な高スコアストリークも有効に。

●“Rapid Fire”オススメの立ち回り その3
手榴弾やタクティカルを忘れずに活用

無限に使用できる手榴弾なども利用したい。ただし、手榴弾やタクティカルを装備しているときは銃を撃つことができないため、使うタイミングはしっかりと見極めること。使用するタイミングは、戦闘が発生しやすい場所に突入する前。敵がいそうなポイントを爆破してから突入したほうが、被弾した体力の少ない敵を一方的に倒すことができる。

Ph06-600

急な接敵が多いマルチ新マップ“Scrapyard”

マルチプレイに追加された“Scrapyard”は、『コール オブ デューティ:モダン・ウォーフェア2』にも登場するマップ。長方形の比較的狭いエリアで、遮蔽物が非常に多いのが特徴だ。以下の画像に印で記している場所が強力なポジション。それぞれ順に解説するので、うまく活用して戦おう。

 マップ

●南側倉庫の3階

南側倉庫の3階からは中央の3つの通路を確認できるほか、スナイパーライフルのスコープを使うことで敵のリスポーン地点まで見ることができるので、非常に強力なポジション。もし敵に占領されてしまっているときは、障害物に隠れながら裏を取ろう。

Ph07-600

▲敵側からも狙われやすいので、適度に隠れながら戦いたい。

●それぞれの障害物の角

“Scrapyard”は障害物が非常に多く、行動するにはクリアリングする回数が多くなる。そのため、障害物に隠れて待機し、現れた敵と戦うのも有効だ。敵が出てくる通路に銃口を向けておけば、撃ち合いになっても勝ちやすい。ただし、同じ場所で待ち続けていると警戒されるため、適度に場所を変えるようにしたい。

 Ph08-600

▲マップを見てどこから敵がくるかを把握し、移動してきそうな場所にエイムを置いておこう。

●西側の倉庫

西側にある倉庫の周りは柵で囲まれており、頭だけを出して撃つことができる。そのことから、かなり撃ち合いに強いポジションと言える。リロードする際は、一回倉庫に身を隠すことで安全に行える。

注意点は、片方のリスポーン地点と一直線で繋がっているため、敵がそこからリスポーンすると障害物がない状態で戦闘になりやすい。敵のリスポーンも警戒しておくことが大切。

Ph09-600

で記した場所がリスポーン地点。バスの裏から敵がリスポーンすることもあるので、味方の位置を確認しながら同時にチェックしたい。

Ph10-600

▲もう片方のリスポーン地点も見ることが可能。

なお、今後の予定として新スコアストリーク“XS1 Goliath”と“MQ-27 ドラゴンファイア”の追加や、新オペレータースキル“H.I.V.E”が登場予定。それらの実装によって新たな戦略などが生まれ、より一層白熱した試合が楽しめること間違いなし! それまでにしっかり腕を磨いておこう。

攻略
第10回へ

コール オブ デューティ:モバイル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルFPS/TPS
メーカーActivision
公式サイトhttps://www.callofduty.com/ja/mobile
配信日配信中
コピーライト

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧