1. サイトTOP>
  2. 『逆転オセロニア』ザドキエル編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE12】

『逆転オセロニア』ザドキエル編/世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s 【FILE12】

2020-01-18 19:00 投稿

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

最古参にしていまだ最強の防御スキル&特殊コンボ持ち!

 ザドキエル_トップ

ドーモ、世界のザキヤマです。

2020年1日1日から晴れてシーズン制が開幕となったけれど、皆さまいかがお過ごしだろうか。

一部駒のスキルダウン、エクストラHPなどが追加されたことで不平等感なく遊びやすくなったことに加え、ちょっとしたプレイミスが響いてくるので、「負けても自分の腕のせいだから上手くなりたい!」と思えるいい環境になったと思う。

さて、そんなシーズンマッチは、公式からの見解にもあった通り「試合終了までのターン数を伸ばしたい」という意図から実装されたルシファー(進化・闘化)やヴィーナス(闘化)の存在がやはり大きく、これまでと異なる新鮮な体験を味わえるように。また進化バハムートによってラニやデネヴトップの火力がさらにアップしたことにより、その対策も求められるようになった。

【シーズンマッチでよく見かけるデッキタイプ(主観)】
ラニ:ランドタイラント、アイシェ積み。ジェンイーと進化バハムートで殴ってくる
魔フェリヤ:安定の毒ダメージ&魔デッキらしい絡め手からのサタンor進化ルシファーでフィニッシュ
闘化ルシファー:ミアズマによる吸収&デバフで耐久戦からのサタンorルクスリアでフィニッシュ
納涼メフィスト:キー駒であるティターニアとサマー・シュクレがスキルダウン適用ながら安定して強い
竜単:速攻竜が多め、暗黒もチラホラ
神単:ハルアキがズルい

どのデッキタイプでも最適解はある程度決まっていて、勝敗は駒が揃っていればプレイスキルによるところがかなり大きいようにも思える。

そして竜単以外に共通するのが、デバフを多めに積んでいるという印象が強い。

過剰なバフがあったとしても、デバフで抑えられれば恩恵は受けにくく、フィニッシュで火力を出せずに負けてしまったという経験はだれしもあるのではないだろうか。

だからこそ敵駒の数によって火力を出せる進化サタンや、盤面総数に応じて強力になる進化ルシファーが活きてくるわけだけれど、ちょっと待ってほしい。

デバフをかけられても、フィニッシュに届く火力を出すことができたらどうだろう。

前置きが長くなってしまったが、いまだからこそ「長期戦になってデバフをかけられても火力に期待できる」駒としてザドキエルを紹介していこう。

※キャラクターに対する設定上の考察は、あくまで個人的な感想であり、公式の情報ではありません

【ザドキエルのここを推したい!】
・知ってる?リリース初期からいる大先輩なんだよ
・同系統の中では最強!キレッキレなスキル&コンボ!
・それでもロマン火力で未来を見据える

知ってる?リリース初期からいる大先輩なんだよ

 古参

ザドキエルは、アーシェラに続いて2番目となるガチャに実装されたSの神駒。リリース初期はガチャ限定駒が恒常になる運営形態でなかったものの、ザドキエルを筆頭にメフィストやお花見ドラゴン、ベリアルあたりの駒は“*”付きで現在は復刻している。

 アスタリスク

▲ザドキエル・アスタリスクって呼ぶとなんだかカッコイイ。

その口調からは真面目で正義を重んじることがうかがえる反面、ハロウィンバージョンではこの手のパーティイベントにまったく触れてこなかった浮き世離れした台詞を聞くことができるので、ギャップ好きはぜひ聞いてみてもらいたい。

2020-01-15 20.08.562020-01-15 20.08.59

▲キリっとした女騎士的な子が日常に困惑するという王道のシチュエーションを堪能できる。控えめに言って好き。

ちなみに僕はザキエルと名前を間違えることが多く、「なぜ美女とダンディなおっさんの区別が付かないのか」と自問自答することがしょっちゅうある──という個人的な悩みはさておき、じつはS駒としては初めて実装された天使(堕天使は除く)である点は興味深い。

このあたりからいわゆる四大天使の一角であると混合しがちだが、こちらはミカエル、ウリエル、ラファエル、ガブリエルという構成が一般的なようで、ザドキエルはここに入らない(ガブリエルは未実装)。

諸説ある中では七大天使に数えられることもあるようだが、ハロウィンバージョンの闘化で「ミカエル様、わたし、どうしたら……!?」と言っているあたり、彼女たちのあいだに明確な序列があることも見て取れる。このへんの“『オセロニア』天界の偉い人ランキング”もいつかやってみたいなあ。

同系統の中では最強格のキレッキレなスキル&コンボ!

スキル

そんなザドキエルだが、スキルはひっくり返されたときに発動する通常ダメージ防御、コンボはHP15%以下で使える通常依存の特殊ダメージとなっている。

【ひっくり返されて発動する防御スキル比較】
ザドキエル:通常10%
闘化アリス:通常10%
ハーピストエンジェル:通常18%
ラクシュミー:通常&特殊45%
進化アシュナリー:通常&特殊40%
ナイスゴッド先生:通常&特殊50%

ご覧の通り、似たタイプの中での通常ダメージの軽減率は最強。流石だぞ!

……でも……うん、正直に言おう。いや、たしかに強いよ。明らかに強いのは分かるんだよ。ただ、通常だけ防御されても特殊には弱いし、貫通には無力だし、長期戦になって導線のあいだに挟んだらぜったい強いけど、そのためにS枠を割くっていうのも……。

というか、ひっくり返されて発動するタイプの防御持ちってメチャクチャ少ないのね。通常ダメージのみ防ぐキャラに至っては、リリースから4年経ってもザドキエル以外にアリスしかいないのか。

「……それってつまり、Sとしてはあまり需要がないのでは?」

いやいや、そう決めつけるのは早計だ。ザドキエルの真骨頂はコンボにこそあるんだから!

【通常依存の特殊ダメージコンボ持ち比較】
ザドキエル:2.5倍(HP15%以下)
サリエル:2倍(HP25%以下)
進化メフィストフェレス:1.8倍(3枚以上)
アウロラ:1.8倍(3枚以上)
進化アシュナリー:1.7倍(HP40%以下)
ハーピストエンジェル:1.6倍(HP50%以下)
闘化アンドロメダ:1.6倍(2枚以上)
進化アズリエル:1.5倍(2枚以上)
闘化ヒルデブラント:1.4倍(盤面総数12枚以上)
ブレスドソーディアン:1.4倍(HP50%以下)
進化フレイヤ:1.3倍(2枚以上)

いかがだろう。ザドキエルのコンボは、じつはアズリエルやフレイヤといった常連さんたちよりも断然高い。発動条件こそきびしいものの、決めることができれば相手をワンパンすることも夢じゃないのだ!(そしてサリエルの倍率の高さにちょっと驚愕してる)。

……うん、わかってる。じつはここに挙げた大半の連中は、防御であれ特殊であれバフであれ、置いてあるだけで複数ターンに渡って貢献してくれるキャラがほとんど。返されないことで戦局を有利にできて、なおかつコンボも現実的な発動条件だから腐りにくい。

そして、いつかは言わなくちゃならないと思ってたけど……。

ぶっちゃけると、ハーピストエンジェルが優秀すぎたんだよね!

【スキル】
ザドキエル:通常10%
ハーピストエンジェル:通常18%
【コンボ】
ザドキエル:2.5倍(HP15%以下)
ハーピストエンジェル:1.6倍(HP50%以下)

ハーピストエンジェルは返されたらコスト10に見合った働きができる。返されない場合でもコンボの発動条件が現実的だし、1.6倍でも十分に脅威となる。

その点ザドキエルはハーピストエンジェルとそこまで軽減率が違わないし、コンボで威嚇しようにも発動条件があまりにきびしい。ましてコストは20だ。

ザドキエルは実戦の場でまず姿を見かけないが、その理由として、リリース当初が防御よりも“囁きバフを重ねて一撃必殺を狙う”環境だったことに加え、囁きの青天井が修正された後はハーピストエンジェル(に加えてブレストソーディアン)が登場し、「えっ……こいつらでよくない……?」となってしまった背景があることは否めない。高性能にも関わらず、時代に翻弄され続けた不遇のキャラとも言えるだろう。

それでもロマン火力で未来を見据えたい

ここまでの説明を見ると「結局使いようがないじゃん!」と単なるネガキャンに見えてしまうかもしれないが、やはりちょっと待ってほしい。

現環境では、たしかにHP15%を切るまで──なんならHP半分くらいの時点でも──飛ばされることはままある。それはいまだに第一線のジェンイーに加え、進化バハムートの存在によるところも大きい。

しかし、だ。仮に今後、長期的に大幅なデバフがかかり、尚且つ戦いがより長引く環境になると、前述の通りコンボ要員の倍率不足でフィニッシュに届かないという可能性もあり得る。

そこで、今後の環境を加味して施策してみたデッキがこちら!

 デッキ

▲ひたすらにデバフや防御を重ねてHPをコントールしつつ、バハムート&ザドキエルで一撃必殺を狙う!

……という、理論上すばらしい構築だったはずなのだが、前述の通りHPが15%以下になる前にやられてしまうことがほとんどだった。コンボ導線が作れなかったり、そもそも戦いが長引くと自分のオセロ力のなさから盤面を取られるなど散々な結果に。せっかく戻ったダイマスからもサクっと落ちるハメになってしまった。

ただ、その火力は発動さえできれば素晴らしく、脳みそからヘンな汁が出るとんでもない快感に浸れることは全力で保証したい。

21

▲ラニのバフのみでバハムート×ザドキエルで17000越え! 1枚返しだよ!?

もっとも、現環境ではここまで粘りに粘って過剰な一撃必殺を狙うより、やっぱりブレスドソーディアンであったり、似た性能のハーピストエンジェルでも十分というのが正直なところ。

それでも、スキル・コンボともに同系統では間違いなく最強の力を持っていることは事実だ。意外性のあるキャラゆえに使いこなして勝ったら最高にシビれるし、ゆくゆくの環境次第では輝くこともあるのでは、と期待を寄せざるを得ない。

アベレージを求めるならば現段階ではエンジョイの域を出ないものの、ゆくゆくの可能性のひとつとして、ザドキエルが活きるデッキメイクや打ち回しを研究してみるのもおもしろいかもしれない。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!
19a7892917b12cbc1533902826482612_original
詳細はこちら

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧