1. サイトTOP>
  2. 『アイドルマスター シンデレラガールズ』【年末年始連続朗報記念】話題となった声優陣が演じるアイドル達を紹介

【年末年始休業のお知らせ】
2019年12月27日(金)15時~2020年1月6日(月)11時まで、お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

『アイドルマスター シンデレラガールズ』【年末年始連続朗報記念】話題となった声優陣が演じるアイドル達を紹介

2020-01-07 14:53 投稿

令和初の越年で朗報続々

2019年~20年の年末年始にかけて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』に関わる声優陣が次々と入籍、または出産報告を行い同業者やファンたちから多くの祝福を受けた。今回はその記念として各声優が演じるアイドル達を紹介しよう。

・小早川紗枝(CV:立花理香)
京都出身の黒髪ロングのストレートに和服が似合う京都美人。実家は地主のお嬢様アイドルだ。普段から京言葉で話し、学校の制服であるセーラー服以外はほとんどを和服で過ごしている純和風スタイル。はんなりとした優しい物腰とおっとりした佇まいがとても高校1年生とは思えない落ち着いた雰囲気を纏っている。
お嬢様らしく、幼少の頃より様々なお稽古事をしていたようで、趣味も日本舞踊となっている。両親には「京女は、京で通じればいい」と言われたが、これらの身に着けた芸事を広い世界で試してみたいという反骨精神と向上心でアイドルを志した。ゆったりとした雰囲気から天然キャラのように思われるが、このように芯の強さを持っていたり、同年代のアイドル達の中では周りのフォローもするしっかり者である。また、関西人らしく、お笑いや洒落の利いた会話もこなしたり、悪戯っぽいところや、ノリの良さも見せるなど茶目っ気もある。
ちなみにCV担当の立花理香さんのお相手はオリックス・バファローズの若月健矢選手で、2017年に開催された『アイドルマスター シンデレラガールズ』とパ・リーグのコラボでは小早川紗枝が同球団の担当だったという縁もある。

IMG_7461
 IMG_7462

・相葉夕美(CV:木村珠莉)
神奈川県出身の18歳でガーデニングが趣味のショートヘアと笑顔が似合うアイドルだ。花が大好きで、近くの公園の花壇をボランティアで世話しているところに通りかかったプロデューサーから声を掛けてスカウトされた。
明るく前向き、素直な性格でコミュ力も高い。料理もこなし、ガーデニングが趣味の女子大生という現代の正統派アイドルと言えるスペックの持ち主だ。花好きらしく様々な花言葉を知っており、自身の気持ちを花言葉で表現したりする。花に関する話となると、ついつい意気込んでしまい、最初にプロデューサーと会った時にも前のめりで花の紹介をしていたり、仕事の撮影でも熱くなり過ぎてクライアントから注意される事があった。
プロデューサーに対して、花言葉で感謝の気持ちを語る事もあるが、時には意図せずにストレートに好意を伝えるようなシチュエーションになってしまうことがあり、照れ隠しで必死に否定する可愛らしいところも見せてくれる。

 IMG_7463
 IMG_7465

・諸星きらり(CV:松嵜麗)
東京都出身の17歳で何と言ってもインパクトがあるのが、その高身長。『アイドルマスター』全シリーズに登場する女性アイドルではダントツトップの186cm越えである。
また、「にょわー☆」という挨拶や、嬉しい時に出る「はぴはぴ☆」という表現、「~だにぃ☆」、「~すゆ」といった語尾など、独特の言い回しでやや子供っぽい喋り方が特徴的。趣味が“かわいい物集め”となっており、小物やアクセサリーが大好きで、普段着から衣装までパステルカラーを中心としたファンシーで派手なファッションを好む。
言動から幼い印象を受けるが、周囲もしっかり見ており天真爛漫な明るさで周りを励ましたり、悩んでいる仲間を慰めたりするなど、優しくて面倒見の良い包容力も持っている。
子供のような低身長と見た目に、やや達観した考え方で基本やる気なしのマイペースアイドル“双葉杏”とは“あんきら”と呼ばれシリーズ屈指の名コンビ。サボりたがりの杏の世話を焼くきらりと、イヤイヤながらも一緒にいる事がまんざらでもない杏のやり取りで和ませてくれる。

IMG_7466
IMG_7467

・新田美波(CV:洲崎綾)
広島県出身の19歳で年齢よりも大分落ち着いた雰囲気を持っている女子大生アイドル。趣味はラクロスと資格取得で、部活動に励みながらも大学の勉強や資格に関する勉強もこなす。好奇心旺盛でスポーツや勉強など、色々な事を学んで自分の可能性を知りたいと思っている文武両道で熱いチャレンジ精神の持ち主だ。
アイドルにもチャレンジしてみないかとプロデューサーに誘われた事がきっかけでデビューを果たす。勉強好きな上、スポーツにも真面目に取り組んでいるため、学力や運動神経もがよく、さらにプロポーションも抜群というハイスペック。さらに、失敗も明日の糧になるという持論の持ち主で様々な仕事にチャレンジし、見事にこなしていく。
面倒見が良く、年下のアイドル達と一緒にいる際には何かと世話を焼く事が多い。また、仕事やプライベートを問わず、本人が意図せずに年齢以上の色っぽさを見せるシーンも見所だ。
ちなみにCV担当の洲崎綾さんのお相手は、放送作家・ミュージシャン・脚本家として活躍している伊福部崇さん。『アイドルマスター』関連のラジオの構成や、『アイドルマスター ミリオンライブ!』では作詞提供もするなど『アイドルマスター』シリーズとの関りも深い。

IMG_7468
 IMG_7469

・城ヶ崎美嘉(CV:佳村はるか)
埼玉県出身の17歳で女子高生ファッションモデルとしても活動しているアイドルで、ピンク髪の派手な見た目が特徴的なカリスマギャル。明るいノリとイケイケな性格で、プロデューサーにスカウトされた際、既にモデルとして芸能関係の仕事をしており自信もあったが、一方でアイドルというのはもっと清楚で可憐なイメージなのではないかと戸惑いもあったと語るシーンがある。
見た目の派手さに反して、性格は素直で純情。また、正月にはおせち料理を作ったりする家庭的で古風な一面もある。
プロデューサーに対しては、時にからかうように誘惑したりする事もあるが、ムードのある場面でドギマギしたり、本気でアプローチするようなそぶりをするなど、可愛らしい表情も見せる。同年代のアイドル達にはどちらかと言えば、そういった純情さや奥ゆかしさをいじられる事も多い。また、仕事柄アイドル達からファッションに関する相談をされたり、時に自らメイクを手伝ったりする事もあるようだ。また、妹の“城ヶ崎莉嘉”もアイドルとして活躍している。
CV担当の佳村はるかさんのお相手は、埼玉西武ライオンズの野田昇吾選手で、パ・リーグとのコラボでは城ヶ崎美嘉が同球団の担当だった。同じく野球選手がお相手の立花理香さんと合わせて、コラボからの結婚として話題となった。

IMG_7470
 IMG_7471

・城ヶ崎莉嘉(CV:山本希望)
カリスマギャルでファッションモデルの姉、“城ヶ崎美嘉”に憧れる12歳の中学生。アイドルになった理由も姉に憧れての事で、同じ環境で育った姉妹だから絶対に自分もカリスマギャルアイドルになれると、姉への尊敬と自信でプロデューサーに直訴してアイドルになった。
美嘉と一緒に過ごしているだけにファッションセンスも良く、金髪のロングヘアのイケイケな派手さもカリスマギャルになる将来性を感じさせるが、カブトムシを捕まえてきては自慢したり、小学生アイドル達と一緒になって遊びまわっている姿は年相応の子供らしさを感じさせる。
プロデューサーに対しては好意を寄せているようだが、美嘉とプロデューサーが一緒にいる時は冷やかしてみたり、「私も仲間に入れて!」と主張したりと、独占欲や恋愛感情は強く感じられない。どちらかといえば、恋に恋していると言った感じで、大人の付き合いに対する憧れのような感情も混じっているのではないだろうか。

IMG_7472
 IMG_7473

アイドルマスターシンデレラガールズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーション
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttps://cinderella.idolmaster.jp/
配信日配信中

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧