TEPPEN攻略まとめ

TEPPEN【TEPPEN】台湾の“台灣最後守護者”選手が世界最強プレイヤーに輝く!TOP4プレイヤーのデッキまとめ&大会インタビュー

TEPPENの攻略記事

【TEPPEN】台湾の“台灣最後守護者”選手が世界最強プレイヤーに輝く!TOP4プレイヤーのデッキまとめ&大会インタビュー

2019-12-21 23:29 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

TEPPEN

デッキレシピも公開!

『TEPPEN』の世界最強プレイヤーを決める大会“TEPPEN WORLD CHAMPIONSHIP 2019”が、ついに決着! ASIA Pacific Region予選1位通過を果たした“台灣最後守護者”(ラストガーディアン)選手が見事世界大会も制し、最強プレイヤーの栄冠を獲得した。

D1

ここでは本大会の決勝戦のミニリポートと、大会で公開されたTOP4選手のデッキレシピ紹介のほか、大会終了後に行われたインタビューの内容をお届けしていく。

決勝戦ミニリポート

ラストガーディアン選手と最強の座を巡って争ったのは、日本代表の“tarakoman”選手。両者のファーストバウトは、テンプテーションモリガン同士のミラーマッチに。

試合展開は、予想された通り<呼応>や<空戦>、“隠密”によって成長した“いぶき”同士によるダメージレース。しかしtarakoman選手はアクションカードがうまく回らず、“いぶき”の成長量に差が生まれ始めてしまう。

試合はそのまま、生じた盤面の戦力差を埋めさせることなくラストガーディアン選手が押し切る形で決着。ラストガーディアン選手が1勝目を勝ち取った。

セカンドバウトは、早くも追い込まれてしまったtarakoman選手がテンプテーションモリガン、ラストガーディアン選手がデビルトリガーダンテという構図。

試合はまずお互いの“いぶき”が潰し合うところから始まり、続けて、ラストガーディアン選手の2枚目の“いぶき”とtarakoman選手の“闇を彷徨うリビドー モリガン”がぶつかり合う形に。お互い、ここを攻めの起点にしようと決めたようで、ここからお互いにあらゆる手を使って、リードを奪いにかかる。

<呼応>、<停止>、<空戦>など、さまざまな効果ガ飛び交う、激しい主導権獲得競争となったが、これを制したのはラストガーディアン選手の“いぶき”。アクションカードの応酬によって、地道に成長を続けた“いぶき”が、“闇を彷徨うリビドー モリガン”を倒し切ることに成功した。

ここから、tarakoman選手は別レーンに配置した“いぶき”によるダメージレースを展開しようと試みるも、試合序盤から成長を続けていたラストガーディアン選手の“いぶき”を処理できず、そのまま決着。ラストガーディアン選手の2連取という形で決勝戦は幕を閉じた。

fin

【大会順位表】(敬称略)

順位プレイヤー名
(リージョン、リージョン予選順位)
優勝台灣最後守護者
(ASIA Pacific Region、1位)
2位tarakoman
(HOST Region、1位)
3位Ryuuzu
(America Region、1位)
4位Taiga
(HOST Region、2位)

 

TOP4選手が使ったデッキを紹介!

ここからは、3位決定戦、および決勝戦に登録された各選手のデッキレシピを紹介!

Taiga選手

【モリガン・アーンスランド(テンプテーション)】

IMG_0279

【春麗(あくび)】

IMG_0281

Ryuuzu選手

【モリガン・アーンスランド(テンプテーション)】

IMG_0277

【ジル・バレンタイン(抗体の活性化)】

IMG_0278

tarakoman選手

【モリガン・アーンスランド(テンプテーション)】

IMG_0284

【ダンテ(デビルトリガー)】

IMG_0285

台灣最後守護者選手

【モリガン・アーンスランド(テンプテーション)】

IMG_0282

【ダンテ(デビルトリガー)】

IMG_0283

大会インタビューをお届け!

大会終了後には、上位入賞者3名と『TEPPEN』エグゼクティブプロデューサーの森下一喜氏(ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役社長CEO)と、辻本良三氏(カプコン常務執行役員)への囲み取材が行われた。

ここでは、そこで行われた質疑応答をまとめていくぞ。

Q.今日一日戦い抜いてみて、もっとも苦しかったシーンは?

ラストガーディアン選手:すべての試合がたいへんでした。相手がどのようなデッキを出してくるのかもわからなかったので、すべてに全力で臨みました。

tarakoman選手:僕は1試合目の阿德選手との試合が苦しかったですね。3試合とも追い込まれたので、たいへんでした。

Ryuuzu選手:非常に苦しい1日でした。というのも、昨日頭をぶつけてしまって、ずっと頭痛がしていたので(笑)

Q.『TEPPEN』の魅力とは?

ラストガーディアン選手:まったく新しいカードゲームの可能性を提供しているという点が魅力だと思います。

tarakoman選手:カードゲームの中でも実力が出やすい、運要素が少ない点が魅力だと感じています。

Ryuuzu選手:リアルタイムで試合が展開していくので、反射神経や集中力が問われる点。そしてさまざまな要素が組み合わさって新しさのあるカードゲームになっている点を好きになりました。

Q.大会で得た賞金の使い道は?

ラストガーディアン選手:それほど使い道を考えていなかったので、とりあえず銀行に預けて年利3%を受け取っていこうと思います(笑)。

tarakoman選手:回らないお寿司が食べたいです(笑)。それと、今回の大会出場にあたっていっしょに調整をしてくれた人たちに、ご馳走ができたらと思います。

Ryuuzu選手:仲間にビールをおごりたいですね!

Q.2020年の大会はどういった大会にしたいですか?

森下氏:今回の決勝大会が始まる前は「日本人優勢」といった話をちらほら聞いていたのですが、蓋を開けてみたら1~3位まですべて違うリージョンの選手という形になったので、来年もこうして世界中から猛者が集まって来てくれるような大会にしたいです。

辻本氏:発表もさせていただきましたが、2020年の大会はさまざまな予選方式を取る予定でいますので、世界中の人が気軽にいろいろな方法で参加していただきたいです。

カード一覧

赤_icon緑_icon紫_icon黒_icon
赤のカード一覧緑のカード一覧紫のカード一覧黒のカード一覧

TEPPEN

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーカプコン/ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日配信中
コピーライト