メギド72攻略まとめ

メギド72『メギド72』ハイドロボム錬を使える回復&支援型!7章2節で仲間になるメギドにオススメのメギド&オーブ

メギド72の攻略記事

『メギド72』ハイドロボム錬を使える回復&支援型!7章2節で仲間になるメギドにオススメのメギド&オーブ

2019-11-11 20:04 更新

ストーリー加入でこの優秀さ!

2019年10月28日に行われたアップデートにて、7章2節が実装され、これをクリアーすることで仲間になる新メギドも追加された。

本記事では、メインクエスト7章2節で仲間になるメギドの解説、および組み合わせるのにオススメなメギドやオーブの紹介をしていく。

※以下、7章2節で仲間になるメギドの名前や外見、性能などのネタバレを含みます。ネタバレを望まない場合は該当のメギドを仲間にしてから目を通すようにしてください。

味方を癒して守るヤンママ!

7章2節で仲間になるリヴァイアサンは、ハイドロボム錬を錬成でき、味方全体の支援や蘇生を行うバースト/スナイパーのメギド。

スキルでハイドロボム錬を錬成しつつ滞水地形を付与し、覚醒スキルでは味方全体の攻撃力アップと同時にダメージ軽減とHP回復効果を持つ地形効果“海魔の加護”を発生させ、奥義では戦闘不能の味方を蘇生し、味方全体にアーマーを付与することができる

ハイドロボムを扱うパーティー編成で活躍するのはもちろん、味方全体の支援や蘇生など、防御面のサポートに秀でたメギドであり、とくに火ダメージによる攻撃を行ってくる敵に対しては非常に相性がいい

7章1節で仲間になるベルフェゴール同様、リヴァイアサンにも進化に制限がかかっており、こちらは順次解放されていくようだ。

▼リヴァイアサンのここに注目!
ハイドロボム錬を錬成できる!
・味方全体にメリットがある地形効果を付与する初のメギド!
火ダメージに対しては圧倒的な防御性能を発揮!
全体蘇生&アーマー付与で全員生存の確率を引き上げる!

メギド_20191031リヴァイアサン (14)

リヴァイアサンのスキルは、敵単体を対象としてハイドロボム錬を錬成すると同時に、1ターンのあいだ滞水地形を付与し、雷ダメージに弱くするもの。

アイム(ラッシュ)に続くハイドロボム錬を錬成可能なメギドとなるうえに、メインクエストを進めることで確実に仲間にできるというのは大きい。

▼ハイドロボム錬についてはこちらを参照

ハイドロボムを主軸にしたパーティーでの錬成要員としてはもちろん、突風によって火ダメージを支援するジズのように、雷ダメージを手軽に倍化させる支援要員としても活躍できる。

滞水は1ターンしか持続しないが、リヴァイアサンをリーダーにすれば、マスエフェクトによって地形効果の持続ターンが+1される。滞水を重視する場合はリヴァイアサンをリーダーにしておこう。

メギド_20191031リヴァイアサン (13)r

▲ハイドロボム錬と滞水、どちらの面でも使いやすいスキルだ。

覚醒スキルは、味方全体の攻撃力をアップしつつ、敵ではなく味方全体に地形効果“海魔の加護”を発生させるもの。

海魔の加護は、ターン終了時HP30%回復、ダメージ20%軽減、火ダメージ80%軽減の効果を持っており、持久戦に挑む際は非常に頼りになる性能だ。

火ダメージに対しては非常に高い防御性能を誇るため、アスモデウスなど強力な火ダメージを発生させる敵との戦いではとくに活躍してくれるだろう。

また、味方にかかっている地形効果を上書きすることができるので、単純に地形効果対策としても有効な技となっている。

メギド_20191031リヴァイアサン (12)メギド_20191031リヴァイアサン (11)

▲こちらも、リヴァイアサンをリーダーにしておけば持続ターンが+1される。持久戦を狙う場合は活用していこう。

奥義は、戦闘不能の味方を最大HPの20%で蘇生させ、味方全体にアーマーを付与するものとなっている。

アーマーは、HPとは別の耐久値であり、アーマーが付与されているあいだはダメージを受けてもHPが減少しない。ただし、地形効果や毒などによるダメージはアーマーがあっても直接HPが減少する

アーマーは耐久値が0になると解除され、耐久値を超えるダメージはそのままHPへのダメージとなる。また、すでにアーマーを付与した味方に再びアーマーを付与すると、耐久値は上書きされる

アーマーを付与してもHPの割合には影響しないので、HPが一定以下のときに発動する強化状態をキープしたままで生存率を引き上げることも可能だ。

味方に追加のHPを付与するようなイメージで使うことができ、HPが低い味方の生存率を引き上げるのに役立つぞ。

メギド_20191031リヴァイアサン (10)メギド_20191031リヴァイアサン (9)

▲アーマーが付与されているあいだは、HPに盾のようなマークが表示され、ゲージの色も変化する。特性によってHPが50%以下の味方に付与するアーマー効果量が50%増加するので、味方が蘇生した直後に再び倒されてしまうのを防ぎやすい。

メギド_20191031リヴァイアサン (8)

▲マスエフェクトでは、バースト/スナイパーの覚醒ゲージを戦闘開始時に+2できるほか、バーストメギドにハイドロボムを付与すると覚醒ゲージが増加する効果を与えられる。自身には地形効果の持続ターンが伸びる効果も発生し、全体的に使い勝手がいい。

▼相性のいいメギド

フラウロス
(バースト)
ウェパル
(バースト)
ハックカスピエル
(カウンター)
メギド_20191031リヴァイアサン (4)メギド_20191031リヴァイアサン (5)メギド_20190909ベルフェゴール (16)メギド_20191031リヴァイアサン (7)

※フラウロス(バースト)、ハックはイベントで加入。ウェパル(バースト)はメインクエストで加入。

ハイドロボム錬を活かすのであれば、やはりハイドロボムを扱うメギドとの組み合わせが有効。

リヴァイアサンのマスエフェクトを使えば、フラウロス(バースト)は覚醒スキルで敵横一列にハイドロボム重を付与することによって覚醒ゲージが増加し、覚醒状態を保ち続けることができる。

ウェパル(バースト)やシトリー(ラッシュ)など、ハイドロボム重を手軽に付与できるメギドと組み合わせてハイドロボム錬のダメージ倍率をひたすら高めるのもアリだろう。

また、マスエフェクトを度外視するのであれば、ハックやカスピエル(カウンター)などを主軸にした、HPが一定以下になることで攻撃性能が強化されるパーティーに組み込むのもいい。

先ほども触れた通り、アーマーを付与してもHPの割合には影響しないので、攻撃性能の強化をキープしつつ、敵に倒される可能性を下げることができる。

▼相性のいいオーブ

キャスパリーグメイジマーマン水獣ソーサラー
メギド_20191031リヴァイアサン (3)メギド_20191031リヴァイアサン (2)メギド_20191031リヴァイアサン (1)
耐久型のパーティーに向いており、素早さも高いリヴァイアサンには、サポート用のオーブを持たせていこう。

回復、蘇生系のオーブのほか、覚醒ゲージ支援のオーブを持たせても活躍してくれるだろう。

すぐに取る必要はないが、リヴァイアサンの専用EXオーブであるファロオースは、発動までが1ターンで、味方全体の状態異常治癒とHP回復ができる便利なオーブとなっている。討伐クエストで入手できるので、余裕があればこちらも取得していこう。


▼注目の記事

メギド72

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDeNA
公式サイトhttps://megido72.com/
配信日配信中
コピーライト