1. サイトTOP>
  2. 『逆転オセロニア』世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s~FILE04:アザゼル編~

『逆転オセロニア』世界のザキヤマが独断と偏見で選ぶ推し駒`s~FILE04:アザゼル編~

2019-11-09 19:00 投稿

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!

19a7892917b12cbc1533902826482612_original

詳細はこちら

冷静の仮面を被った激情家!

ドーモ、世界のザキヤマです。

感情というものは上がったり下がったりするものだけど、その振れ幅が大きい人っていると思う。「ついカっとなってやってしまいました」というアレです。

『オセロニア』にはクラフィールのような「実際はドスが利いた性格だけど普段ブリっ子している」というキャラもいるけれど、感情の二面性という点だとアザゼルに勝るキャラはいないんじゃないだろうか。

そんなアザゼルは、進化・闘化ともにスキル一点突破でコンボなしという尖りまくった駒。性格・性能の両面でキレッキレなキャラクターって控えめに言って大好きなんですよね! 「アザゼルってだれだっけ?」という人もぜひ一読いただきたい!

※キャラクターに対する設定上の考察は、あくまで個人的な感想であり、公式の情報ではありません

【アザゼルのここを推したい!】
・冷静とブチ切れの危うすぎる二面性
・進化は魔属性屈指のロマン砲!
・闘化は最強の直接返し罠! A駒偽装でさらに楽しく

冷静とブチ切れの危うすぎる二面性

2019-11-01 21.52.50

アザゼルは旧約聖書が由来と思われるキャラクター。元々は天使だったものの紆余曲折あって堕天した──というくだりは『オセロニア』でも踏襲されているようで、そのバックグラウンドを感じる台詞を聞くこともできる。

【進化前】
・天よ。支配者ぶっていられるのもいまの内だ。私がじきに落としてやるぞ(キャラ画面)
・行くぞ、天を落とすために(手駒到来時)

このあたりの台詞を聞くと大物感がアリアリで(出典に基づけばかなりの大物)、冷静さを持って復讐を遂げようとするハードな悪役らしさに溢れている。

【進化前】
・ふん、少々高ぶりすぎたか。下賎の者に本気になるとは、大人げなかったな(勝利時)
【進化】
・所詮その程度か、実力が伴わないなら、相応の生き方をするのだな(勝利時)

このあたりもプライドと実力の高さを感じられて素直に恰好いい。ただ、アザゼルの冷静な部分はあくまで表面上のもので、実際に使ってみると「どうしてこうなった」、「沸点低すぎ」、「どのタイミングでキレるかわかんなくて怖い」という台詞のオンパレードとなっている。

とくに「ブチ切れたぜ! 地獄を見せてやる!」、「身の程を教えてやるぜ!」、「クソがあっ!」、あたりの言葉から「あっ、この人冷静ぶってるだけでこっちが本性なんだ」という点がわかってもらえると思う。

「私はベリアルやアドラのような粗暴者とは違う。先を見据え、つねに冷静に事を運ぶのだ」という発言もあるものの、一度キレたら冷静さを放り投げて暴れ回ることは想像に難くない。

2019-11-01 21.48.432019-11-01 21.51.13

▲アザゼル的にはいっしょにしてほしくない人たち(職場の同僚的な)。ただこのふたりは純粋に戦いを楽しんでいる感が強いので、そもそも張り合う対象としてズレてるのかなとも思ったり。

立場的には大物かつ実力もあるのだろうけど、発言から漂うこの小物っぷりよ! 努めて冷静を装っているものの、実際はキレやすいという危うさは、なんとも人間臭くて一周回って愛おしさすら感じる。

闘化リーダー時の敗北ボイス「ふんっ……! 私の相手は天だ。貴様に関わっているヒマはない」という負け惜しみもこれに拍車をかけていて、プライドが高すぎて人生損してる残念イケメンぶりも最高だと思っている。

ちなみに『オセロニア』ではこれといって言及されていないけど、原典には「ラファエルに荒野の穴に放り込まれた」という一節があるらしく、このあたりの関係性も気になるところだ。

2019-11-01 21.52.40

▲関係がある(かもしれない)天真爛漫なラファエルさん。でも、もし恨みを買っていたとしても性格的にぜんぜん意に介していない気もする。

進化は魔属性屈指のロマン砲!

2019-11-01 21.52.53

進化はいわゆる特殊殴り系。魔属性では殴りがメインストリームではないこともあって使用頻度は低いものの、火力は進化アエーシェマに次ぐほどに高い。

【通常依存の特殊ダメージスキル】
進化アエーシェマ:ATK1510(4.5倍/HP5%以下)
進化アザゼル:ATK1530(3倍/HP10%以下)
進化貂蝉:ATK1306(1.4倍/HP50%以下)

進化アエーシェマより発動条件が緩く、その分火力が劣るという形ながら、10%以下と5%以下というのは体感としてけっこう違っている。「現実的なロマン砲」という表現がピッタリくる性能と言えるだろう。

vlcsnap-2019-11-01-23h51m39s152

▲この手のスキルの例に漏れず、バフコンボとつなげられれば大ダメージ必至! 決まるとメチャクチャ気持ちいいヤツな!

闘化は最強の直接返し罠! A駒偽装でさらにエンジョイ

 2019-11-01 21.52.58

返された際に通常&特殊を返す罠駒と言えば闘化アゲハという印象が強いけど、じつは闘化アザゼルもこのタイプ……というか2019年11月1日時点では、この手の罠駒の中で最強の倍率となっている。加えてS駒の中で同系統の罠スキルを持つのは闘化アザゼルのみ。じつはメチャクチャ稀少なキャラクターなんですね。

【通常&特殊罠(返された際に発動)】
闘化アザゼル:135%
闘化アゲハ:90%
ボムバット:80%
鬼童:70%

闘化アゲハの優秀さはもはや語るまでもないけど、通常&特殊で135%という倍率は改めて見ると相当なもの。もちろん、相手も警戒して貫通や弱めの駒で返されるとS枠としての働きができるとは言えないものの、スペック的に相当強いことは確かだ。

そこで! ぜひオススメしたいのが通称“偽装アザゼル”。具体的にはレベルを62にしてリトルゴールドエリクシールでATKをプラス1するというものだ。

2019-11-02_00_01_38

▲ATKが1250。つまりA駒のフリができちゃう!

大半の人は、ATK1250の罠を返す際に「発動したら闘化アゲハorカガリ」という想定でいることがほとんどだと思う。オキクルミあたりを使うとそこそこのダメージは返るものの、与えたダメージのほうが上なので心象的に許せる範囲。でもこれが闘化アザゼルだったら、とんでもないダメージが返ってくるわけですよ!

vlcsnap-2019-11-01-23h54m09s135

▲A罠だと思ったらまさかのアザゼル!? この時点で「何してくるかわからないヤバい相手」という意識を植え付けることもできる。

余談だけど、闘化アザゼルは返されると「クソがあっ!」と罵声を吐くけど、相手からしたら「こっちがクソがあっ! だよ!」と思われてるんだろうなと日頃から感じています。

ブチ切れ堕天使を使いこなそう!

以上、キレキレの言動と尖った性能を持つアザゼルの紹介でした。個人的にはA駒偽装の闘化アザゼルが本当に大好きすぎて、勝つよりも相手をビックリさせるためだけに使うことも多い。

実用性という点から見ると使いこなすことは難しいものの、ロマン溢れる立ち回りを求める人はぜったいに満足してもらえるハズ! もし倉庫で眠っているアザゼルがいたら叩き起こして実戦投入して、対戦相手に「身の程を教えて」やっていただきたい!

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!

19a7892917b12cbc1533902826482612_original

詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧