1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 【パズドラ攻略】十字消しなどが組みやすい6色生成スキルが優秀!LF756倍の超火力リーダー“相良宗介”の評価&使い道を考察

【パズドラ攻略】十字消しなどが組みやすい6色生成スキルが優秀!LF756倍の超火力リーダー“相良宗介”の評価&使い道を考察

2019-11-05 21:09 投稿

5b6cf26b46522-1-1-e1535455290986
  • 約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本
  • “暗路守の玄武・メイメイ”
  • のモンスターメモリー付!
  • (パズドラ本編でも使用可)
  • “『読む!『パズドラ』~大塚角満の『熱血パズドラ部!』ベストセレクション~』”
  • 好評発売中!
Amazonで買う


進化前は覚醒&超覚醒でHP80%以上強化×6個持ち!

『富士見ファンタジア文庫レジェンド』コラボキャラクター“相良宗介”、究極進化“相良宗介&アーバレスト”、究極進化“相良宗介&レーバテイン”、アシスト進化“ボン太くん”の評価と使い道について考察していく。

相良宗介

pazu_1

リーダー評価

・高耐久に加えて暗闇対策も万全
闇属性限定で全パラメータに補正倍率が発動する。HP、回復力ともに高いチームを構築でき、安定感のあるダンジョン攻略を実行可能。また、超覚醒で“暗闇耐性+”を付けられ、暗闇状態や超暗闇状態を100%防げるのも強み。

・闇ドロップの確保が重要
相良宗介をリーダー×フレンドに選択すると、闇属性限定で常時2.25倍、闇の2~3コンボ以上で最大100倍の攻撃倍率を出せる。操作延長効果もあり、コンボ数は稼ぎやすいものの、最大火力発動には最低6個の闇が必須。そのため、闇を6個以上常に供給し続けることが運用するうえで重要となる。

サブ/アシスト評価

・HP80%以上強化×6の高火力アタッカー
相良宗介最大の特徴は覚醒スキル“HP80%以上強化”を5個、超覚醒で1個持つ。HP80%以上で単体11倍の攻撃倍率が発動。指定HPを維持すれば常時倍率が発動するのでチームを選ばないアタッカーとして様々なチームで活躍すること間違いなし。

・お邪魔や毒を攻撃色に変化
1ターン遅延+木/光/お邪魔/毒を闇ドロップに変化させるスキルを持っている。盤面整地や緊急時の対策、お邪魔や毒の除去などを一手に行うことができる優秀なスキル。ただし、ロック解除効果はないのでロック状態でのスキル使用は控えること。

総合的な評価

リーダーでは全パラ補正で秀でた耐久性能を発揮。最大火力を常に出せるようにエスカマリなどの闇の目覚めスキル持ちを採用すること。サブでは覚醒&超覚醒のHP80%以上強化を活かして様々なチームの火力要員として起用するのがおすすめ。

おすすめ潜在覚醒スキル

潜在画像名称ポイント
パズドラ_t3スキル遅延耐性【妨害ギミック:スキル遅延】があるダンジョンに挑む際の対策
パズドラ_t10悪魔キラー対象タイプが数多くの高難度ダンジョンで出現。常に火力枠として活躍が見込める

【相良宗介のセット可能な超覚醒スキル】

名称効果おすすめ度
ダメージ無効貫通自分と同じ属性のドロップを3×3の正方形で消すと攻撃力がアップし、ダメージ無効を貫通する
HP80%以上強化HP80%以上で攻撃力がアップする
暗闇耐性+暗闇攻撃を無効化する

相良宗介&アーバレスト

pazu_2

リーダー評価

・LF324倍のマシンタイプリーダー
リーダー×フレンドで最大324倍。条件は闇の2コンボ以上と6コンボ以上の2パターン。6コンボ以上は比較的簡単に達成できるが、闇の2コンボ以上を常に組むには盤面に左右される。エスカマリなどの闇の目覚めスキル持ちを選択し、最大火力を出しやすくすること。

・HP倍率+軽減で高耐久
究極相良宗介はマシンタイプ限定で2倍、LFで4倍のHP倍率が発動する。加えて、6コンボ以上で軽減効果も発動するので高難度にも挑める優れた耐久性能を発揮する。しかし、恩恵を得るのマシンタイプのみとサブ候補が限定されるのが難点。

サブ/アシスト評価

・コンボ強化×3の優秀なアタッカー
究極相良宗介は覚醒スキルで“コンボ強化”を3個所持している。7コンボ以上組めてば単体8倍の火力が出せるため、多色/コンボパを中心にアタッカーとして活躍。また、覚醒で追加攻撃、超覚醒で暗闇耐性+持ちで根性と暗闇対策としても採用できる。

・大量の闇ドロップを手軽に供給できる
スキルで1ターン遅延+木/光/お邪魔/毒を闇ドロップに変化する。闇の一列や十字消し、無効貫通などを組むのに十分な個数の闇を確保可能。遅延効果で盤面整地や緊急時の対処などがしやすいのも◎。

総合的な評価

攻守のバランスが取れたリーダーだが、耐久の要となるHP倍率を恩恵を得るのはマシンタイプのみ。サブ候補が限られ、ギミック対策が積みにくい。サブでは覚醒と超覚醒を活かしてコンボパのアタッカーや根性対策、暗闇対策で起用しよう。

おすすめ潜在覚醒スキル

潜在画像名称ポイント
パズドラ_t3スキル遅延耐性【妨害ギミック:スキル遅延】があるダンジョンに挑む際の対策
パズドラ_t10悪魔キラー対象タイプが数多くの高難度ダンジョンで出現。常に火力枠として活躍が見込める

【相良宗介&アーバレストのセット可能な超覚醒スキル】

名称効果おすすめ度
ダメージ無効貫通自分と同じ属性のドロップを3×3の正方形で消すと攻撃力がアップし、ダメージ無効を貫通する
HP80%以上強化HP80%以上で攻撃力がアップする
暗闇耐性+暗闇攻撃を無効化する

相良宗介&レーバテイン

pazu_3

リーダー評価

・LF765倍の十字消しリーダー
リーダー×フレンドに選択すると、4色以上同時攻撃で49倍、5属性いずれかの5個十字消し1個につき最大15.625倍の攻撃倍率が発動する。合算で765倍の超火力。自身のスキルで指定色を手軽に供給でき、安定して火力を出すことができる。

・攻撃タイプ限定のHP倍率
究極相良宗介は攻撃タイプの縛りはあるものの、LF4倍のHP倍率が発生。大ダメージをしっかりと受けきれる高HPパを手軽に構築できる。しかし、LSに回復倍率が発動しないので耐久後の復帰が困難。運用時は覚醒バッジなどで復帰力を高めよう。

サブ/アシスト評価

・5属性+回復を5個ずつスキルで生成
究極相良宗介はスキルで5属性+回復を5個ずつ生成する。多色パやコンボパの攻撃色確保に加え、L字消しや十字消しなど面倒な達成条件を整えられる汎用性の高いスキルだ。同時効果でコンボ数を2コンボ加算でき、コンボ吸収対策で重宝する。

・暗闇&操作不可対策におすすめ
覚醒スキルで“操作不可耐性”を所持している。ケプリやエイルなどの一定箇所のパズル操作を封じるギミック“操作不可攻撃”対策に最適。超覚醒で暗闇対策も万全にできるのも◎。

総合的な評価

最大765倍(【6×5】盤面の場合)を手軽に出せる点からリーダー運用がおすすめ。作成した十字消しの個数で火力を更に向上でき、極練の闘技場など高防御&高HPの敵が出現するダンジョンの攻略で重宝すること間違いなし。サブではスキルを活かして十字消しなどの発動支援目的で採用しよう。

おすすめ潜在覚醒スキル

潜在画像名称ポイント
パズドラ_t3スキル遅延耐性【妨害ギミック:スキル遅延】があるダンジョンに挑む際の対策
パズドラ_t10悪魔キラー対象タイプが数多くの高難度ダンジョンで出現。常に火力枠として活躍が見込める

【相良宗介&アーバレストのセット可能な超覚醒スキル】

名称効果おすすめ度
ダメージ無効貫通自分と同じ属性のドロップを3×3の正方形で消すと攻撃力がアップし、ダメージ無効を貫通する
HP80%以上強化HP80%以上で攻撃力がアップする
暗闇耐性+暗闇攻撃を無効化する

ボン太くん

pazu_4

アシスト評価

・雲&毒対策におすすめ
ボン太くんは覚醒で雲耐性、暗闇耐性×2を持つ。アシストに選択すると、盤面を一部を覆ってパズルを妨害するギミック“雲攻撃”、ドロップを暗闇状態にして属性を確認を不可能にするギミック“暗闇攻撃”対策に適したアシスト装備。

・どんなチームも【7×6】盤面で攻略できる
サブの時、リーダーと入れ替わる所謂“リダチェン”スキルを持っているボン太くん。特定の条件を満たせば、どんなリーダーでも【7×6】盤面の状態でダンジョン攻略が可能。リーダー性能は優秀だが、条件が厳しいモンスターのアシスト枠に選択し、【7×6】盤面の状態で本来の力を発揮できるようにしよう。

最新版初心者講座やってます
▼月~土毎日更新中! パズドラ情報・攻略まとめ▼
puzzledragons640
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

5b6cf26b46522-1-1-e1535455290986
  • 約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本
  • “暗路守の玄武・メイメイ”
  • のモンスターメモリー付!
  • (パズドラ本編でも使用可)
  • “『読む!『パズドラ』~大塚角満の『熱血パズドラ部!』ベストセレクション~』”
  • 好評発売中!
Amazonで買う


パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧