1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 無限にお着替えを楽しめる『アリス・ギア・アイギス』沼にハマった男【美少女を愛でるゲーム生活 第4回】

無限にお着替えを楽しめる『アリス・ギア・アイギス』沼にハマった男【美少女を愛でるゲーム生活 第4回】

2019-10-25 12:00 投稿

美少女を愛でるゲーム生活 第4回

ハローハロー、嫌いなことより好きなことを語りたい竹中プレジデントです。

最近、ファミ通Appでもサーバーを開設(詳細はコチラ)したゲーマー御用達のボイスチャットサービス“Discord(ディスコード)”、僕自身もゲーム内のギルドの連絡用や、雑談用でなにかとお世話になっています。

そんなDiscord生活の中で、僕とゲームの好みがめっっちゃくちゃ似ている方がいて、しかも、

「このゲームのリリース日発表されたよ!」とか「このゲームの新キャラがかわいい」

とか、情報がとにかく早くて、悟空を見るベジータみたいに勝手にライバル心を抱いている今日このごろ。いまセル編くらいのデレ度なので、そのうちブウ編終盤くらいになると思います。

竹中プレジデントの“今週愛した美少女ゲーム”

その週に僕が新たにプレイした美少女ゲームを紹介していくコーナー“今週愛した美少女ゲーム”

今週紹介するのは、2018年1月22日にリリースされた『アリス・ギア・アイギス』です。

 IMG_1083

じつはリリースしてからすぐ気になっていたタイトルではあるんですが、友人が無限に課金する石油王プレイをしていたのを間近で見たのもあって、自然とプレイを避けていたんですよね(笑)。完全に食わず嫌いってやつです。

ただ、最近になって僕の周囲でけっこうプレイしている方が増えてきていて、しかもみんなおすすめしてくるので徐々に徐々に触ってみたい欲が高まり、今週ついにインストールした次第。

今週愛したゲームは『アリス・ギア・アイギス』

さて、そんなこんなでインストールを済ませプレイ開始に至った『アリス・ギア・アイギス』。

もう最初に暴露しちゃいますが、本作をプレイしてもっともやりたかったこと、それは……

 

“美少女たちを着せ替えさせてスクショを撮って楽しむこと”

 

IMG_1070IMG_1069
IMG_1072IMG_1071

ほぉ~やりますね。

拡大縮小は思いのまま、カメラアングルも360度完備、さらに鏡が設置されており鏡越しで目が合うなんてトキメキ体験も可能。

ふむ、気に入りました。『アリス・ギア・アイギス』はいいぞ。『アリス・ギア・アイギス』はいい。

しかもゲーム内には30人を優に超える美少女が登場するということで、

褐色巨乳あり

黒髪ロングあり

メガネあり

ロリロリあり

あざとかわいいあり

ギャルあり

と、もう萌え属性の宝石箱のごとく!! 自分が推したい女の子を見つけやすいというのはすばらポイントです。

 

ストーリーを見ていくと、アリスギアと呼ばれる武装を纏った少女たちが人類の敵であるヴァイスという謎の機械生命体と戦っていくという、美少女×バトルものとしては王道的な展開。

秘境GUNMAを探索するなんてトンチキイベントが開催されていたので、てっきりギャグ盛り盛りかなのかと思っていましたが、いまのところけっこうシリアスシリアスしてます。

んで、序盤のストーリーでメインになるのが、成子坂製作所という中小企業に所属する3人の美少女たち。3人の掛け合いはテンポよくてかなり好みでした。

■比良坂夜露

IMG_1064

成子坂製作所に入所したばかりの新人さんの夜露(よつゆ)ちゃん。活発で積極的な戦隊モノならレッド! って感じの女の子。

完全妄想ですが、アニメだったら最終回直前に闇の力に目覚めて暗黒オーラを纏いそう。かわいい。

■兼志谷シタラ

IMG_1066

シタラちゃんは、褐色、巨乳、小っちゃい、オタク、と属性盛り盛り。すごい人気高そうだなってのが第一印象。褐色少女は大好き。

攻略サイトで見かけた制服姿が死ぬほど好きだった……ほしい。あとかわいい。

■百科文嘉

IMG_1068

パッと見、クールで分析が得意そうな文嘉(ふみか)さん。キャラ紹介ページやストーリーを見る限り、イメージどおりっぽい。

個人的に“目線”がたまらなく好きで、放課後に教室に居残りさせられて叱られながら勉強を教えてもらいたいタイプの女の子。かわいい。

 

また余談ですが、本作のジャンルはアクションシューティングゲーム。タップやフリックなどの簡単操作で美少女たちを操作して続々現れる敵を撃墜しまくる、一撃当たったらゲームオーバーなタイプではなく、どちらかというと無双系に近いタイプ。

シビアな操作を求められることがないので(現時点では)、シューティングのセンスが壊滅的にない僕でも楽しめてます。

IMG_1077

あと、プレイする前に、どのキャラが強いのかなーって、いわゆるリセマラランキングを覗いていたんですが、定番の性能ランキングだけでなく、おっぱいにおける“巨乳派”や“透けブラ派”、おしりにおける“半ケツ派”や“見せ付け派 ”(見せ付け派ってなんやねん!)など、

僕 が も っ と も 求 め て い た 情 報

がまとめられているサイトを見つけてどちゃくそ感動しました。

このゲームにしてこのユーザーあり、このユーザーにしてこのゲームあり。世の摂理を感じた瞬間です。

オート、スキップ機能がないものの、イベント期間が長めに設定されていて短期間でガッツリプレイせずとも楽しめることはうれしく、課金圧もかなーり低い(一点狙いは当然除く)のもよきのよき。

『アリス・ギア・アイギス』はいいぞ。『アリス・ギア・アイギス』はいい(2度目)。

『アリス・ギア・アイギス』
登場する美少女数:★★★★★
登場する美少女割合:★★★★★
美少女と触れ合える度:★★★★★
美少女たくさん! 着せ替えに撮影に神だよなあっ!!!

竹中プレジデントの“今週心惹かれた美少女たち”

その週に僕が心を奪われた美少女を紹介していくコーナー“今週心惹かれた美少女たち”

今回は、

『八月のシンデレラナイン』の月島結衣ちゃん
『荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!』のヘレンちゃん
『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』の春花ちゃん

の3人を紹介していきます。

月島結衣(『八月のシンデレラナイン』)

IMG_0930

『八月のシンデレラナイン』より、真面目が服を着ているようなキッチリ学級委員長な月島ちゃん。そんな真面目な月島ちゃんがまさかこんな格好をしちゃうなんて……。

うーん、けしからんですよけしからん!! 

恥ずかしがっている表情もツボ。

あとあと、なんと言っても髪型がイイ。ふだんはとくに髪型をいじらない月島ちゃん。これはこれで風になびくロングヘアーが美しいのですが、今回見せてくれたおさげっていうんでしょうか? グッドグッド!

IMG_0954

ハロウィン衣装に包まれた美少女を見るたびに頭を巡らすことなのですが、もし彼女から「トリックオアトリート?」と尋ねられたら僕はどうすればいいのか。

イタズラを選択して困らせればいいのか、お菓子を選択してあーんしてもらうのがいいのか。

……月島ちゃんならトリックかな。

ヘレン(『荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!』)

IMG_1085

見ただけでセクシー属性&お姉さん属性オーラ全開なのが『荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!』のヘレンちゃん、いやヘレンさん。

ハロウィン風衣装に身を包んでにゃんにゃん的なポーズを取ってくれている彼女、上から下まで全身凶器と化しています。衣装の一部は開放的であるものの、全体で見れば露出控え目なコーデなのも好み。

んで、見てほしいのが、これこれ。公式Twitterで公開している動画なのですが、

「こんな身体でパイロットは無理でしょ???」

と思わずにはいられないほどの“揺れ”。

「ごほうびくれる?」「かみついちゃうぞー?」となかなかに妄想を掻き立てるセリフを搭載しているみたいで、かなりの“強さ”を感じます。

春花(『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』)

IMG_0948

Twitterを眺めていたら突如飛び込んできた“爆乳祭”という文字。

なんじゃこの頭の悪い(最上級の誉め言葉)ガチャは!! と、すぐにどんなゲームか見てみたら、そこに並んでいたのは『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』という名前が。納得しかなかった。

すげえ大胆な衣装だなーと眺めつつ、これはアウトじゃろーーーと叫んでしまったのが、春花ちゃん。よく見なくてもポーズに衣装にお色気の国士無双ですごい。

IMG_0950

そもそも『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』2017年11月からリリースされているタイトルで、今日この日まで、約2年ものあいだ本作をプレイしないできた自分が情けない。

衣装すごい

揺れる

撮影やお着替え機能がある

ふむ、プレイしない選択肢がないですよね?

IMG_0951

お 布 施 と と も に プ レ イ 開 始 し ま し た

不安点として、ムフフな撮影を楽しむには衣装の入手が必要なため、僕の性癖に刺さる衣装が連発されてしまうと財布がキケンなことくらい。自分の理性を信じてまったりお付き合いしていこうかと思います(フラグ)。

 

このブログが公開されているころには、以前から楽しみにしていた『アッシュアームズ‐灰燼戦線‐』と『アークオーダー』がリリースされているハズなので、2台持ちプレイで美少女たちにぐへへしている予定。

嬉しさと睡眠不足への不安が半々……。

文/竹中プレジデント(@takepresident

第3回

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧