1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 白猫プロジェクト>
  4. 『白猫プロジェクト』リーラン初期案はおてんばなお姫さま!? ファンミーティング2019-2020横浜会場リポート

『白猫プロジェクト』リーラン初期案はおてんばなお姫さま!? ファンミーティング2019-2020横浜会場リポート

2019-09-13 15:37 投稿

2019年初のファンミーティングは横浜!

2019年8月24日、『白猫プロジェクト』のリアルイベント“白猫プロジェクトファンミーティング 2019-2020”最初の公演が神奈川県の横浜にて開催された。

fanm001

▲ファンミーティングの概要はこちら

本イベントは、『白猫プロジェクト』のプロデューサー浅井P、アシスタントプロデューサーのぶちゃん(中村AP)ファミ通App公式攻略DBの運営おせニャんに出演するライター・ケンちゃん、おせにゃん生放送のMCでおなじみのドグマ風見氏の4人が2019年から2020年のあいだ合計10都市を巡ってファンと交流する。今回はその最初のファンミーティングとなっている。会場だけでしか聞けない開発秘話や開発画像が飛び交うなど『白猫』ファン垂涎となったイベントの模様をお届けしていこう。

浅井Pのぶちゃん(中村AP)ケンちゃん
fanmi002fanmi003fanmi004

▲今回、横浜公演の出演者となる3人。これに加え、今回はお休みだがおせにゃん生放送のMCでおなじみのドグマ風見氏の4人が全国のファンミーティング会場を回っていく。(※出演者は会場によって異なります)

白猫ファンで交流

開演の1時間前には席が解放されており、同じ席に座ったファン同士で会話したり、協力バトルで交流したり。軽食も食べれるので、食事をしながら白猫友達を作るチャンスだ!

fanmi005

▲乾杯の音頭はもちろん浅井Pの「やろうよぉ!白猫!」。このあと、出演者3人が各テーブルを回って乾杯です。

item001item002item004
item006item003item005
item007item008item009
item010  

▲推しキャラで埋め尽くされたバッグを持参したユーザーさんたちもたくさん!

白猫のここが好き!これが好き!

会場のユーザーさんから集められた“白猫のここが好き!これが好き!”をお披露目。みなさんの白猫愛が届いてました!

fanm006

▲かわいい武器スキルでスクショを撮るのが好きという話から、武器スキルの開発秘話に話が移行。のぶちゃんAPによると、「武器スキルの演出は開発チームの趣味オブ趣味です。」

覇戦のレガリア・ダークラグナロクのマル秘画像公開!

開発トークコーナーでは、“覇戦のレガリア”、“DARK RAGNAROK ~黒の後継者~”のキャラ、メインビジュアルの作成過程などをお披露目。リーラン、ケンセイ、黒の後継者、セレナ、ヴァイス、ネロたちの初期案から完成するまでの工程が解説されたり、身長表などなど白猫ファンにはたまらない情報が盛りだくさん。

「おせにゃんでは解説の半分以上カットされちゃう」と自虐するのぶちゃんAPがじっくりと時間をかけた渾身の解説。あまりに濃い白猫情報にユーザーさんたちは目が釘付けでした。

fanmi006

▲1キャラずつキャラの初期案から完成するまでを解説するのぶちゃんAP。みんな真剣に聞き入ってました。

fanmi007

▲黒の後継者のカラーリングについて解説するのぶちゃんAPと身を乗り出して該当箇所を指す浅井P。白は主人公の内面を示していてるが、そこに血痕が残っているなど戦いのなかで彼が頑張っている姿を苦心して表現されていて、カラーのひとつひとつに込められた想いがあることがわかります。

fanm008

▲リーランの初期案。最初はおてんばなお姫さまだったらしく、右のポーズなどはお姫さま感を感じさせます。

fanm009

▲ダークラグナロクのメインビジュアルの初期案。最初は後継者たちが立っているだけだったのが、剣をついてやっと立ち上がる姿に変更されるなどより絶望感を感じさせる形へ。

オリジナル協力バトル作ってみたin横浜

なんとファンミーティング会場限定のオリジナルの協力バトルが作られており、出演者で挑戦してみるというお披露目コーナーです。

このオリジナル協力バトルは公演終了後のファン同士の交流会でたっぷり遊ぶ時間が用意されていたので、ユーザーさん同士で頑張って挑戦し続ける姿がたくさん見られました。

【開発コンセプト】
この場所でせっかく友達を作ったみなさんが、共通してなにかに取り組めるものはやはり協力バトルかなと。
定常協力や決戦クエストではみなさんは遊びつくしているだろうと思い、簡単にでも用意してみました。

※ファンミーティングの時間内だけプレイ可能になっており、あくまでクローズドなものなのでSNSへの投稿はご遠慮させていただいてます。

fanmi009

▲難易度“0”という名の超高難度に出演者3人+開発助っ人で挑むもみごとに全滅!

ハマの最速は誰だ!? タイムアタックチャレンジ!

さらにはファンミーティング会場限定のオリジナルのタイムアタッククエストも開催。

会場のみんなが一斉にチャレンジし、最速タイムを競うというちょっとした大会のような形式になっており、会場は大盛り上がりでした。

【開発コンセプト】
前年度協力バトルをやって好評だったのですが、参加者が限られており、くじ運次第で楽しめた人とそうでなかった人が出てしまいました。今年はみんなでわいわいとひとつのものに取り組めるものを作ってみたく、タイムアタックという形で開催させていただきました。

fanmi008

▲みんなが同じタイムアタッククエストに挑戦するという珍しい光景。みなさん真剣そのものです。夜の部では浅井Pがタイムアタック上位7名に入るぐらいに奮闘してました!

fanmi010
fanmi011

▲3位までに入賞すると、名前入りのサイン色紙をプレゼント。昼の部と夜の部で攻略方法が違ったりと、練習本番合わせて10分のうちに攻略するセンスが問われて非常に面白かったです。

ハイタッチで終演!

最後は、ファンミーティングお馴染みのご当地イラストが公開され、出演者全員が各テーブルをハイタッチで回って終演となりました。

しかし、演目自体は終わったものの、このあと1時間ほどユーザー同士の交流時間があり、オリジナル協力やタイムアタックを和気あいあいとプレイしてみなさんたっぷりと白猫を堪能していました。白猫友達の輪が広がったかな!?

fanmi018

▲横浜会場限定のご当地イラストがこちら。リーラン、セレナ、ネロ、ヴァイスたちが肉まんやタピオカを食べて楽しんでる姿!よくみると後ろ姿のケンセイもいたり。

fanmi020

▲すべてのテーブルにハイタッチで回る浅井P、のぶちゃんAP、ケンちゃんの3人。ファンミーティングの近さならではです!

出演者からのコメント

fanmi019

【浅井P】
僕は白猫のファンミーティング初だったんですが、バックにいるあいだから盛り上がっててこれはすごく楽しい会になるなという予感しかなかったです。協力バトルがメインでみんなでワイワイ盛り上がろうよと開発しリリースしたのですが、こうだったらいいなという思い描いていた世界が実現されていて本当によかったなと思います。今日は感謝と楽しかったですという感想が全部です。

【のぶちゃんAP】
初回でかなり緊張していましたが、みなさんがあたたかく迎えてくれました。今回の東京を合わせて合計10ヵ所回るんですが、いろんな場所でこういうあったかいイベントをみんなの声が届く距離でやれたらいいなと思ってます。これからも応募はありますので是非来てください。

【ケンちゃん】
今日よかったのはタイムアタック大会ですね。5年間で初めての試みだったんですが、やってみるとみなさん真剣だし、ユーザーさん同士でヒントを教えあったりしてましたし、ゲームコミュニティーのあるべき姿だなと感じました。すごく楽しかったです。またこういうイベント欲しいなと思いますし、全国のみなさんも楽しみに待っていてください。本日はありがとうございました。

次回は徳島会場!

次回のファンミーティングは徳島会場で開催!現在、9月21日開催予定の徳島会場の応募は終了しているが、10月26日開催予定の札幌会場は絶賛受付中(2019年9月13日~9月30日15時59分まで)だ。また、11月以降の会場はまだ応募が始まってないので、公式Twitterなどをチェックして応募開始を待っていよう。

白猫好きなかたなら絶対楽しいので、是非とも参加してほしい!

▶白猫プロジェクトファンミーティング2019-2020特設サイト

kaijou

▲2020年までに合計10都市回る今回のファンミーティング。近くで開催されていれば応募してみてはいかがだろうか。

 

fanmi014
fanmi015

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧