クラッシュ・ロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】どんな環境にも適応可能!“2.9クロスデッキ”

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】どんな環境にも適応可能!“2.9クロスデッキ”

2019-07-04 11:39 更新

2.9クロスデッキ

『クラロワ』のおすすめ最強デッキを紹介。今回は、完成されたのは少し前ながら、いまなおグラチャレで猛威を振るう“2.9クロスデッキ”について詳しく解説する。

S__28786691

【デッキコピーはこちらから】

2.9クロスデッキの各カードの役割

ロイヤルホグ巨大クロスボウ攻撃・防衛ともにこのデッキのメインとなるカード。防衛でエリクサーリードをとってから使用する。
 スケルトンこのデッキを高回転で回すだけでなく、防衛の際の囮やクロスボウの前に出して延命としても利用する。
インフェルノドラゴンアーチャー3コストと手軽ながら防衛の際に大活躍する。出す際は、ほかユニットやテスラと離れた場所に出すことで呪文の範囲外を意識しよう。
ロイヤルゴーストアイススピリットテスラやクロスボウの延命に使用する。
アイスゴーレム防衛の際のターゲット誘導や、クロスボウの盾として利用する。
ロイヤルゴーストローリングウッドクロスボウ設置の際の敵ユニットの処理や、相手たタワーの削りに使う。
ロイヤルゴーストテスラこのデッキの防衛のメインカード。テスラのほかのカードで延命を図り、防衛する。
ローリングウッドファイアボールおもに攻撃の際に相手タワーに打ち込み使用する。使う際は、タワーだけでなく相手施設やユニットにも当てることを意識する

2.9クロスデッキ使用時の攻撃方法

<攻撃時に主力となるカード>

ファイアボールとローリングウッドで削り、クロスボウはチャンスでのみ使用。

このデッキは、防衛をしつつファイアボールとローリングウッドで削り、チャンスが来たらクロスボウを出すというもの。クロスボウの攻撃がすべて入るということはなかなかないので、クロスボウのHPがミリ残りの場面でどれだけ相手タワーにダメージを入れられるかが大事。

 

▲ファイアボールをうてる場面では迷わず使う。この削りが試合終盤に活きてくる。相手タワーのHPが残り1000を切ったら、クロスボウは攻撃には使わずファイボールとローリングウッドのみで削る戦略も有効だ。

▲ファイアボールと同じように、ローリングウッドもタワーとユニットにダメージを入れられる場合は積極的に使う。

▲相手が、高コストユニットを後ろから出したらすかさず逆サイドにクロスボウを展開する。

2.9クロスボウデッキ使用時の防御方法

<防御時に主力となるカード>

アイスゴレとテスラが防衛のカギ

このデッキは攻撃よりも防衛のほうが重要度が高い。低コストで相手のターゲット誘導をしつつテスラで相手ユニットを削る。

防衛に際に重要なのは、いかに相手ユニットの足を止められるかということ

▲後方ユニットのターゲット誘導をアイスゴレで行いつつ、前にいるユニットはアーチャーやテスラでしっかりとダメージを与えていく。

▲相手タワーにある程度ダメージを与えることができたら、クロスボウで防衛をする。クロスボウの防衛がうまくできてエリクサーリードがとれたら、2周目のクロスボウで敵タワーを削る。

▲相手の手札にメインとなるカードがあると予想できる場合は、あえて橋前に出してクロスボウの対処に使わせるテクニックも有効だ。敵は、メインカードが手札に回らないうちにこちらは2回目のクロスボウが設置可能となる。高回転の強みはこのように使う。

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト