1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス>
  4. 【FFBE攻略】『FFIII』の新キャラ“暗闇の雲”、『FFBE』の新キャラ“アリエ”の評価と性能まとめ

【FFBE攻略】『FFIII』の新キャラ“暗闇の雲”、『FFBE』の新キャラ“アリエ”の評価と性能まとめ

2019-04-22 10:57 投稿

暗闇の雲は人系特攻の魔法アタッカー!

『FFBE』で、2019年4月19日17時からレア召喚キャラに登場した暗闇の雲と、4月16日に登場した“聖霊殿エルティラ”で入手可能な限定キャラアリエの特徴をまとめて紹介していく。

『FFIII』レイドイベント“シルクスの塔の魔王”の攻略まとめ
3パーティー攻略ダンジョン“聖霊殿エルティラ”の攻略まとめ

暗闇の雲ピックアップ召喚開催期間:4月19日17時〜4月30日23時59分

ファミ通攻略wiki評価まとめ
(レア召喚の新キャラ)
星5~星7

暗闇の雲
星5~星7

アリエ
星7:23.5
星6:13.0
星7:22.5
星6:13.5

詳しい星7覚醒方法についてはこちら
スーパートラストマスター報酬一覧
全星7キャラの性能・評価一覧

全星6キャラの性能・評価一覧

【関連記事】

『FFIII』の新キャラクター

暗闇の雲(星5~星7)

ファミ通攻略wikiの評価】
星7:23.5
星6:13.0
暗闇の雲の特徴】
・雷、風、闇属性チェインが強力な魔法アタッカー
・人系に対してダメージアップ
・1度だけ戦闘不能を耐えられる

雷・風・闇属性チェインが得意な魔法アタッカー。

主力となるのは、連続使用で威力が上がるケイオスウェイヴ系チェインの連射式 波動砲・雷連射式 波動砲・風連射式 波動砲・闇

常時T波動で3回攻撃ができ、SPアビリティ闇の氾濫を使えば、4ターンものあいだ、敵の雷・風・闇耐性を100%下げつつ、IV波動で4回攻撃ができる。

また、人系の敵に対して大ダメージを与えられるという特性も持つ。シリーズボスバトルなど、人系の強敵はほかの種族に比べて多いため、さまざまな強敵戦で火力を出すことが可能だ。

耐久面は少々心もとないが、無の理の効果により1度だけ戦闘不能をHP1%で耐えることができ、闇隠れにより狙われにくくなるため、単体攻撃であればやり過ごせる可能性も高くなっている。

暗闇の雲の評価とステータス

『FFBE』のイベント限定キャラクター

アリエ(星5~星7)

ファミ通攻略wikiの評価】
星7:22.5
星6:13.5
アリエの特徴】
・光属性が得意なにとうりゅうアタッカー
・人、精霊系に対してのダメージが高い
・アイテムドロップ率アップやエンカウント率減少系アビリティも習得

光属性のにとうりゅう物理アタッカー。

連続使用時に威力の上がる聖光爆裂破系チェインのソードブルーム・蕾ソードブルーム・開花による、光属性物理攻撃が高火力。

フラワリングライトを使えば光耐性を75%ダウンできるため、弱点を突いてダメージを上げることもできる。

また、魔物除けゴーグルパワフルスコップの効果など、人・精霊系に対するダメージアップ効果も複数習得するため、該当種族の敵に対してはさらにダメージを伸ばすことも可能。

敵からのアイテムドロップ率がアップする闇照らすカンテラ、エンカウント率が30%減少する魔物除けゴーグルを習得するので、探索などに連れていくことで恩恵を受けることもできるぞ。

アリエの評価とステータス

今回の注目キャラクター

暗闇の雲が高火力の魔法アタッカーとして優秀。

人系に強い魔法アタッカーという点は大魔導士ケフカに似ており、大魔導士ケフカよりも火力面で優れている。

通常時の火力では白百合の魔人フィーナに劣ってしまうが、敵が人系であれば現状最高火力を出せる魔法アタッカーとなっている。

アリエも高倍率の攻撃アビリティを習得する物理アタッカー。

二刀の極意を習得しないため火力を伸ばしづらいが、メインウェポンが聖光爆裂破系チェインなため、光属性武器を持たせたソラクラウド(キングダム ハーツ)などといっしょにエレメントチェインをすることが可能だ。

現在開催中の3パーティー攻略ダンジョン“聖霊殿エルティラ”を15Fまでクリアーすればアリエを星7まで覚醒ができるので、ぜひチャレンジしてみよう。

ケイオスウェイヴ系チェインが可能なキャラクター
聖光爆裂破系チェインが可能なキャラクター

▲STEP5で暗闇の雲が1体手に入るステップアップ召喚も開催中。5枚集めると対象キャラが1体もらえる交換券も付いてくるぞ。

アリエ1アリエ2

▲1F~25F、B1F~B25Fの計50階層ある“聖霊殿エルティラ”。半分の25Fまでクリアーすれば、アリエのトラストマスター、スーパートラストマスターも入手することが可能だ。

(※本文中のデータはすべて編集部の独自調べによるものです。)

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧