1. サイトTOP>
  2. コラボだけじゃない!『D×2 真・女神転生 リベレーション』の最新アップデート内容を先行入手

コラボだけじゃない!『D×2 真・女神転生 リベレーション』の最新アップデート内容を先行入手

2019-03-06 19:30 投稿

待望の機能追加が続々

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』。3月14日より『デビル メイ クライ 5』コラボがスタートするが、同時に機能追加等のアップデートも実施される。ここでは、その内容を紹介していこう。

①烙印ロック機能
烙印の誤販売や誤上書きなどを防止する、待望の烙印ロック機能が実装される。烙印を長押ししたときに出てくる烙印パネルにロックボタンが追加され、烙印パネルが表示されるところであればどこでもロック可能。ロックされた烙印を装備している悪魔の売却、合体はできないようになっているぞ。

アップデート後は、まず手持ちの良烙印にロックをかけるのが最初の仕事になりそうだ。

 IMG_0037 烙印ロック右差替え用

②烙印連続強化機能
烙印の強化をスムーズに行える、自動強化機能が実装される。烙印強化時の確認ボタンに自動強化ボタンが設置され、ボタンはオン・オフで切り替えが可能。自動強化オンで強化を開始すると、

・その烙印の最大レベルに到達する
・マッカがなくなる
・中断ボタンを押す

まで強化が行われる。マッカの枯渇には注意が必要だが、烙印強化の際の煩雑さはだいぶ緩和されるだろう。

 自動強化確認自動強化on
 自動強化中 強化終了

③スキル転移機能
悪魔のカスタマイズ性向上を目的とした、継承スキルをスキル因子に変換できるようになる。万魔の社のメニュー“継承”に新たに“スキル転移”が追加。悪魔を選択し、抽出したいスキルを選択して因子化できるようになる。因子化するためには、新アイテム“空の因子”が必要となる。空の因子はショップでジェムで購入できる。また、スキルを因子化した場合、スキルレベルは1に戻るとのこと。

 万魔の社スキル継承①
 スキル継承②スキル継承③_差替え用 (1)

④悪魔倉庫
悪魔所持数を増やす悪魔倉庫が追加される。全所持悪魔(※悪魔一覧から名称が変更)内に“倉庫”と“倉庫へ送る”ボタンが追加。悪魔を選択して倉庫へ送ることができる。倉庫の枠は初期が50、最大で300とのこと。

 悪魔倉庫①悪魔倉庫②
 悪魔倉庫③悪魔倉庫④

⑤Dx2デュエルにランダムマッチ機能を追加
デュエルの新たなポイント入手方法としてランダムマッチが追加される。ランダムマッチでは、バトルを開始するまで対戦相手は不明で、勝利すると100%分のランキングポイントが増加する。

 リスト 対戦前

⑥AR非対応端末向けデビルスキャナ
AR非対応端末でも使用できるデビルスキャナ機能が実装される。

⑦その他
バトルに救援オート設定ボタンを追加

注目はランダムマッチ機能?

プレイヤーからの改善、機能追加要望が多かったと思われる要素に手が入り、さらに快適な『D2メガテン』ライフが送れるようになりそうなアップデートだが、気になるのはDx2デュエルのランダムマッチ機能だろうか。

公開された情報からの所感は以下。

①1800後半まで上がる際の戦闘回数減少
ゴールド帯後半まではランダムマッチを使うリスクはさほどないと思われるので、極端に一気にやらないのであれば積極的に使っていって問題ないだろう。ダイヤ以上を狙うプレイヤーもゴールド帯をショートカットしやすくなりそうだ。

②全体のポイント底上げ
多くの人がランダムマッチを利用することが前提だが、これまでになかった+100%分のボーナスポイントがどんどん追加されていくことになれば、全体のポイントはかなり底上げされるだろう。

③攻めパーティーの1本化
相手の編成がわからないということは、ランダムマッチに挑む際には基本的に自信のあるパーティーがひとつあればいい。もちろん、防衛のトレンド等も加味して戦うのであれば手札が多いに越したことはないが、編成を1本化しリソースもそこに集中できるのはありがたいプレイヤーも多いのではないだろうか。

概ね、現在ブロンズやシルバー、ゴールド帯でプレイしているプレイヤーが活用しやすい機能という印象だ。

一方で、常に100位以内を狙いキープしているような上位プレイヤーには、このランダムマッチを利用するかどうかは悩ましい選択となるだろう。こういったプレイヤーは、現状相手をしっかりと選んで攻めれば勝率が9割を超えるようなことも珍しくないはずだ。これを前提に、連勝ボーナスや防衛成功、復讐されなかったぶんのプラスポイントを積み上げているというのが基本的なスタイルだろうか。

つまり、この現状以上にランダムマッチのほうがポイントを積み上げられる可能性が高くないと、やる意味があまりない。となると、いくつか判断のポイントが見えてくる。

①そもそもある程度安定して勝てるのか?
こればかりはやってみないとわからないが、相手がまったくわからないとなると上位ランクのプレイヤーでも勝率が下がるのは間違いない。仮にわかりやすく10ポイントが行き来すると考えると、2勝1敗ペースで

勝利20P+
勝利20P+
復讐10P-
復讐10P-
敗北10P-

と一応10ポイントは増えるが……。この10Pも1回の負けで飛んでしまう。また、ランダムマッチでは大きな連敗をしてしまうということもありえない話ではない。どんな相手でも勝てるという攻めパーティーが存在しない限りリスクが付いて回るのは当然で、場合によってはマッチング運がすべてということにもなるだろう。もちろん、連勝すれば一気に大量のポイントを獲得できるという大きなリターンもある

②攻めパーティーをどうする?
研究の余地は多分にあると思うが、多様な相手を想定するというと、手動で防衛をやるイメージが近いか。パッと思いつく範囲で有効そうなのは、Lv1イシュタムとマサカド公を軸にした低速2威圧編成あたり。とはいえ、その対策防衛が流行るのか? 通常マッチング向けの防衛は? などなど、イタチごっこになりがちな点なども加味すると考えることは多い。

ランダムマッチは追加要素で、これオンリーになるという仕様変更ではないようなので、上位プレイヤーにとっては好みで選択するものになりそうだ。仮にランダムマッチで連勝を重ねてポイントを一気に積み上げられたとしても、他の上位陣から一斉に標的にされそうなのも不安要素となる。また、ランダムマッチでの連敗したときに通常マッチで取り返そう、というのでは結果論になるが最初から通常マッチでやっていれば……となってしまう。やるならランダムマッチ1本でそのシーズンは通す、ということになるだろうか。

とはいえ、せっかくなのでランダムマッチに賭けて一発狙うもよし、これまでどおりのスタイルで堅実に戦うもよし。実際にどのようなムーブメントが起きるかはわからないので、実装を楽しみに待とう。

いろいろありすぎのアップデートに!

というわけで、3月14日に実施予定のアップデート内容を紹介してきたがいかがだったろうか。これに先んじて、3月7日に、アリス、クー・フーリン、ジャンヌ・ダルクの上方修正、滅びの騎士の調整が入ることも発表されており、また少し環境が変わりそうだ。今回紹介した『DMC 5』コラボと同時に実装されるアップデートも、先ほども述べたようにこれまで改善要望が多かった点に一気に手が入る形になっている。新要素のデュエルのランダムマッチも、実際に稼働してみて手触りを確かめるのが楽しみだ。2年を迎えて、さらに加速して行く『D2メガテン』から、これからも目が離せない。

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧