1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D×2 真・女神転生 リベレーション』目指せ熟練リベレイター!合体で仲魔にしておきたい悪魔10選【D2メガテン攻略】

『D×2 真・女神転生 リベレーション』目指せ熟練リベレイター!合体で仲魔にしておきたい悪魔10選【D2メガテン攻略】

2019-02-10 14:54 投稿

何体持っているかチェックしてみよう

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』(以下、『D2メガテン』)。この記事では『D2メガテン』をプレイするうえでぜひとも合体しておきたい、育成して手持ちに加えておきたい悪魔10体を紹介していく。熟練プレイヤーは漏れがないかのチェックを、そして初心者プレイヤーは今後の合体の参考にしてみてもらいたい。

ゲームを始めたばかりのプレイヤーにはすぐには手が届かないであろう★5悪魔もラインアップしているが、目指すべき目標のひとつと捉えていただければ幸いだ。

megami

▼絶対に合体しておきたい悪魔10選のポイント
・選考の基準について
・絶対に合体しておきたい悪魔たち
・有用な悪魔を準備しておこう

選考の基準について

デビルバスターやジゴクパーク、アウラゲートやゲートキーパー戦など幅広いコンテンツで役に立つ悪魔、という基準で選考。突出した性能で、今後も腐らないであろうスキルを持っている悪魔をピックアップした。つまり、めまぐるしくトレンドが変化するデュエルでの性能はあまり考慮していないのでそこは念頭に置いてもらいたい。もちろんタイトルにもある通り、すべて合体可能な悪魔となっているぞ。

ファミ通Appの攻略記事にも幾度となく登場している悪魔も多いと思うので、まだ作るか迷っているプレイヤーはこれを機会に検討してみてはいかがだろうか。

その① ロキ

IMG_0207_result

攻略チーム内ではキング・オブ・デビルバスターとして愛用されているロキは、素体を含むほぼすべてのアーキタイプが有用だ。敵の弱点をついたときに20%の確率でプレスターンアイコンを消費しない”トリックスター”が圧倒的性能を誇る。基本スキルに2色のダイン系、素体、荒神はこれが3色となり、異能であればダークゾーン無効でアウラゲート向き、防魔であれば弱点がなくなり完全体へ、加護の覚醒スキルは精神支配にアップデートされデュエルにも乗り込む勢いだ。

IMG_0205_result

▲まずは加護以外のロキを育ててみるといいだろう。

ステータスの振り分けも魔と体の数値が高く、魔が高く低HPの悪魔と違い烙印のハードルも低め。どこへ連れて行っても安定した活躍をしてくれるのが強みとなっている。

ただし★4としてはグレードが75と高く、合体しにくいというのが難点だ。現状では★4同士でしか合体できないので、召喚産の★4を素材にしたり、合体マグネタイト割引などを利用するといいだろう。

▼ロキのおもな合体ルート
プロメテウス×ホクトセイクン
スフィンクス×セイリュウ
スカディ×ビシャモンテン
※このほかにも多数のルートが存在するが、いずれも★4同士の合体になる。

その② 2体目のアリラト

IMG_0206_result

貫通対策の代名詞となっているアリラト。多身合体で作ることのできる★5の悪魔だ。弱点がないうえに基礎能力が高く、ビルドにより大きく性能が変化することからデュエルでは何がでるかわからないビックリ箱として恐れられる存在だ。

デビルバスターなどでも貫通対策としての出番は多い。しかしデュエル用にスキルを継承しているとそれが貴重で重いスキルであることが多く、気軽に付け替えできないということが足を引っ張ってしまう。

そこでおすすめしたいのは2体目のアリラト作成だ。デュエルでは使わないアリラトを用意することで格段に汎用性があがる存在となるので検討してみるといいだろう。

IMG_0204_result

▲継承自由なアリラトは使い勝手が格別だ。マグネタイトに余裕があるときは合体の候補に入れてみよう。

▼多身合体素材
・ペレ
・クシナダヒメ
・サンダルフォン
・アズラエル

その③ 加護ミトラ

IMG_0216_result

アリラトを合体したら当然物理反射の悪魔も用意しておきたい。ミトラは★3以下で唯一物理反射を持つ悪魔で、育てておいて間違いなし。体の数値が高く落ちにくいのも魅力だ。

ただし攻撃能力が決して高い悪魔ではないので、役割としてはサポートに徹するのがいいだろう。そこでおすすめなのがフォッグブレスを持つ加護ミトラを使う時点で物理攻撃を警戒していることがほぼ確定するので、タルンダ+スクンダ効果のフォッグブレスは完全にマッチしている。しかもMP5で使うことができるのでチームへの貢献度は計り知れないぞ。

また、ミトラはウォンテッドに出現する悪魔。かなりレアな存在となるが、ある程度ストックしておくと継承ポイントにも困らないという利点もある。みかけたら何よりも優先で周回しておきたい。

その④ イシュタル

IMG_0213_result

攻撃、回復、補助とどこへ連れていっても大活躍する女神だ。とくにその存在価値を押しあげているのが”メソポタミアの星”。そこで同系統の万能+バフデバフスキルと性能を見比べてみよう。

●ジャッジメント MP9
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、味方全体の攻撃力を20%増加させる。
●悪魔の産声 MP9
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、敵全体の攻撃力を20%減少させる。
●ネクロ・ドグマ
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、味方全体の防御力を20%増加させる。
●混沌の海 MP9
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、敵全体の防御力を20%減少させる。
●先見の啓示 MP9
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、味方全体の回避と命中を20%増加させる。
●ディスタブ MP9
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、敵全体の回避と命中を20%減少させる。
●メソポタミアの星 MP8
敵全体に万能属性の魔法型ダメージを威力100で与え、3ターンのあいだ、敵全体の攻撃力を20%減少させ、味方全体の攻撃力を20%増加させる。
スキルレベル4で20%の確率でMP1返却・消費MP1減少

※混沌の海、ジャッジメント、悪魔の産声、ネクロ・ドグマ、ディスタブ、先見の啓示は2019年2月7日のアップデートでスキルレベルが追加されています。

固有スキルであることの強みを存分に活かして、頭ひとつ抜けた性能を持っていることがわかる。タルカジャ+タルンダという1番ほしいところを両方備えているというのが便利で幅広く活躍してくれるぞ。

ただし弱点をふたつ持っているというのが最大の難点。幅広い運用を想定するのであれば、防魔で作り、連れていける場面を増やしたいところだ。

その⑤ キンマモン

IMG_0214_result

すべての状態異常にかかることのない”マレビト”を唯一持つ悪魔だ。多身合体で作ることのできる★3で、合体のしやすさ、継承ポイントの手軽さからは想像もつかないほどの活躍をしてくれる。

体、速、運の数値が高く、落ちにくく回避ビルドにも対応できるステータスも魅力。『D2メガテン』をプレイする以上、絶対に1体は育てておきたい悪魔だ。静寂の祈りなどの貴重な状態異常回復を継承する場合、そのキンマモンはカスタマイズしにくくなってしまうので、アリラトと同様に複数体育てておくのももちろんアリだ。

▼多身合体素材
・ヘケト
・レギオン
・モスマン
・アラハバキ

その⑥ ガルーダ

IMG_0210_result

全悪魔中、最速となるガルーダ。バトルスピードが重要なシステムだけに活躍する場が多いことで知られる悪魔だ。速の高い悪魔は回避性能に優れているが、ガルーダはさらに物理回避率を15%増加、状態異常になる確率を30%減少する”ヴァーハナ”を搭載。魔の数値も高いので、避けまくるアタッカーを実現することが可能だ。

素体を含めた全アーキタイプが有用であるが、なかでもおすすめなのが異能だ。どんな攻撃に対しても10%のダメージバフが適用されるので、スキルを都度付け替えても最大限のパフォーマンスを発揮してくれるぞ。

その⑦ 加護メタトロン

IMG_0212_result

最高グレード99のメタトロン。注目すべきは加護で新たにアップデートされた”討滅の咆哮”で、このスキルは3ターンのあいだ、敵全体の防御力を20%減少させ、味方全体の攻撃力を20%増加させるスキルとなっている。

タルカジャ&ラクンダといえばゲートキーパー戦においてほぼ必須クラスのスキルとなっており、加護メタトロンはそれらを一手に引き受けることができる。

メタトロン自身の性能も非常に優秀なので、サポートだけでなくアタッカーとしても大活躍してくれるぞ。ゲートキーパー討伐イベントは『D2メガテン』でも恒例となりつつあるので加護メタトロンの有無はイベントを快適に立ち回れるか否かを大きく左右するはずだ。幸いデビルシフターの登場により入手のしやすさもかなりあがったのでいまなら言える!「加護メタトロンを作ろう!」。

▼メタトロンの合体ルート
ヴィシュヌ×バロンのみ
★4同士で合体可能なバロンを素体で用意するのがおすすめ。となるとヴィシュヌの用意が難関なので、加護で辿りつけなければアーキ不問の最短ルートでヴィシュヌを合体し、デビルシフターを使うといいだろう。

その⑧ パズス

IMG_0217_result

回復役といえばパズスをおいてほかにないだろう。魔と体の数値が高く、回復役として理想的なステータスだ。とくにHPはトップクラスで落ちにくいというのも高ポイント。

★4で合体しやすく、回復のほしい序盤から中盤にかけて比較的入手しやすい強い味方だ。もちろん高難度のクエストでも活躍してくれるので、とにかく1体は作っておいて間違いない悪魔。

現状活躍の場の少ない慈愛の烙印の保管所として使うのもおすすめで、虚飾の罪を周回したらパズスに付けた慈愛の烙印を更新。ほかの慈愛を全部売却してしまえば所持枠の節約にもなる。どこまで回復量を伸ばせるかチャレンジしてみるのもおもしろいぞ。おすすめのアーキタイプは防魔加護だ。

絶対に合体しておきたい悪魔その⑨ コウリュウ

IMG_0211_result

役割的に不要な力の最大値が50と極限まで低くなっており、そのほかのステータスが非常に優秀な悪魔だ。万能属性を反射する”五行思想”も唯一無二で、これを最大限に活かす高い速も完全にマッチしている。

HPが高いにも関わらず、物理、呪殺以外すべてをフォローしている耐性が生存率を底上げし、防魔ならさらに呪殺無効を手にしてしまう。なかでも加護の覚醒スキルとなっているラスタキャンディが便利で、高難度クエストに連れていけば安定した活躍をしてくれるぞ。

弱点もなく、まるでメタトロンとガルーダが合体したかのような悪魔となっているので、ぜひとも育てて手持ちに加えておきたい。

その⑩ ツクヨミ

IMG_0208_result

最大MPが1増加する”一分の魔脈”とMP消費が1減少する”月の加護”の組み合わせが強力。これらのパッシブスキルにより攻撃スキルの回転率が非常に高い。物理弱点という大きなデメリットはあるものの、火炎と氷結が無効という痛いところを塞いでいてくれるのがチームにとってもうれしい。

デュエルでは”二分の活泉”を持つ異能が人気であるが、ここでのおすすめは荒神と素体だ。とくに荒神は覚醒スキルがムドオンで、月の加護があるためMP3で撃てるという優れモノだ。さまざまな場面で幅広い活躍が見込めるぞ。

有用な悪魔を準備しておこう

『D2メガテン』にはさまざまなコンテンツが存在し、今後もさらに充実していくことだろう。毎月更新されるデビルバスター極もかなり高難度なだけに、その都度有用な悪魔を育成していてはかなり大変なことになってしまう。

イベントに追われるようなアプリとは一線を画しているのが『D2メガテン』の魅力のひとつにもなっているので、必要になる前にふだんから悪魔をある程度育成しておくのが肝心だ。この記事の悪魔を持っていないのであればぜひとも合体・育成計画に加えてみてもらいたい。

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧