#コンパス攻略まとめ

#コンパス【#コンパス攻略】めぐみんの性能やステータスを詳しく解説

#コンパスの攻略記事

【#コンパス攻略】めぐみんの性能やステータスを詳しく解説

2019-01-02 18:42 更新

#コンパスアートブック2018(小)『#コンパス 戦闘摂理解析システム オフィシャルアートブック2018』好評発売中!

【Amazonでこの本を購入】

【結論】ヒーロースキル全振りタンク

#コンパスフェス 2nd ANNIVERSERYにて発表された『このすば』コラボヒーローのめぐみん。原作を忠実に再現した一撃必殺のヒーロースキルが特徴的なタンクだ。
本記事では、改めてめぐみんの長所や立ち回りをより深く検証していく。

⇒めぐみんのデッキや基本的な立ち回りはこちら

※2018年12月29日時点の記事です。

ステータス

優秀な攻撃防御。致命的な体力の低さ。

攻撃、防御、体力のステータスを同ロール(タンク内、計7人)と比較する。

ステータス名倍率順位(タンク内)
攻撃0.956位/7位
防御1.056位/7位
体力1.353位/7位

・ステータスは中の下
体力はタンク中3位とそこそこ。しかし、攻撃防御は6位/7位と決して高くない。ヒーロースキルに長所を全振りしている故、攻撃はあまり影響がないが防御と体力はタンクの性能に直結するため、立ち回りに十分注意したい。

⇒全ヒーローのステータスとおすすめ理想デッキまとめ

攻撃カード発動速度

突出して早いカードはない。

めぐみんのカード発動速度は以下の通り。

【近】 19位(マリア、サーティーン、エミリアとヒットまで同速。打ち終わりの隙が少し遅い
【遠】 32位(打ち終わりの硬直時間がマルコスと同速)
【周】 24位(同速キャラなし)
【連】 24位(打ち終わりの硬直時間がマルコス・ジャンヌと同速キャラ)

・特別に早いというカードはない。カードを中心に戦うキャラではない。

まとめ

得意なカードはない。生存用に回復、ダメージカット、防御アップなどを多めに積むか、発動速度が遅いのを承知でHS吸収系を積むのがいいだろう。

アビリティ

アビリティもヒーロースキル全振り

アビリティ“爆裂魔法だけは負けたくないのです”は、残りライフが多い程ヒーロースキルの範囲が拡大される。

一撃必殺のヒーロースキルを少しでも広範囲に当てるためライフは100%にしてから撃とう。

めぐみんHP1

ライフ1の場合。Cポータルをかろうじて覆う

めぐみんHP100

ライフ100%の場合。B-Dポータルまで届く

▲範囲の違いは明らか。必ず100%で撃ちたい。

⇒各ステージでのめぐみんのHSの範囲はこちら

ヒーローアクション

めぐみんの要。HSゲージ増加とライフ回復

どこでもポータル拡張時と同じ増加量
めぐみんのヒーローアクションは、HSゲージ増加+ライフ回復。HSゲージはどこにいてもポータル拡張時と同様の増加量。ポータル拡張時の増加とは重複しないことに注意。
自陣に敵がいてもHSゲージが溜められるというのは大きなメリットだ。タンクとして防衛をしつつHSゲージをどんどん溜めよう。

耐久に必須となるライフ回復
ライフ回復もかなり強力。ヒーローアクション実行中1秒ごとに10%のライフが回復する。打ち上げ花火(10秒間で120%回復)にかなり近い回復量となる。
めぐみんのHP量も相まって、HS実行中だと同格のキャラクターひとりではHSを実行しているめぐみんをキルするのは難しいほどの強固さとなる。
しかし、スタンやマジスク、カードスキルによる吹き飛ばしやダウンでヒーローアクションを中断させられてしまうとかなり脆い。
ゲージを溜めつつも、要所ではしっかりと回避を行うことを忘れずに。

ヒーロースキル

めぐみんの最重要スキル。必中させたい。

・HSは貫通超広範囲の99999ダメージ。

・ダメージカット、防御アップ、カウンターすべてを貫く。

めぐみん_HS01

▲現行最強威力HS。

・アビリティにも書いたが残ライフ量が多い程ヒーロースキルの範囲が増加する。必ず100%で撃ちたい。

・強力だが敵がヒーロースキルを合わせてしまうと回避されてしまう。敵のヒーロースキル残量にも注意して撃つタイミングを見極めよう。

めぐみんのデッキ構成

【自由枠】【移】【防】【癒】が基本!

めぐみんはタンクとしての役割をこなしつつヒーロースキルを必中させることが要。生存能力とヒーロースキルを優先させるデッキにしたい。

【自由枠】生存能力を増やすものかHS吸収系を入れたい
1)【癒】を追加してさらに回復力を高める
2)【防】を追加してダメージカットと状態異常をさらに防ぐ
3)UR“ドルケストル”などの防御アップでヒーローアクション中のダメージを減らす
4)UR“全員集合”やUR“旗”でHSの吸収を行う。

【移】(ドア)開始時のアドバンテージ、終盤の防衛に使用。固定であれば外してヒーロースキル特化型にするのも選択肢。
【防】50%カット、発動【無】のイェーガー系を採用したい。
【癒】基本即時回復が望ましい。(ヒーロースキル後対策)ステータスと色、カードレベルを考慮して選びたい。

まずはこの構成を基本に、自分の手持ちのカードと相談してデッキを組んでみるといいだろう。

デッキ例

めぐみんデッキ
ドア/旗/イェーガー/打ち上げ花火

基本的な立ち回りかた

相手のカードを把握する

まずは相手のカードを把握する。めぐみんはタンクとしてポータル防衛が基本的な仕事となる。
ポータル奪還につながりやすい吹き飛ばし系カードやデスにつながるスタンなどを持っているキャラを把握して立ち回ろう。

タンクとしての役割を行いつつHAで溜める。

ヒーロースキルをヒットさせることは重要だがそれのみに特化して対戦中の役割を放棄してしまっては逆転も難しくなってしまう。防衛に加わりつつヒーロースキルを溜めよう。
UR“ドア”を持っている場合各マップのセオリーの陣に飛んで確保防衛を行うところから始めたい。
ドア飛び後は、ヒーローアクションを使用してHSゲージを溜めつつ耐久を狙う。ヒーローアクションを敵陣で行えば敵はHSゲージを溜められないのにこちらだけ一方的に溜められるというめぐみんにな有利な状況を作れる。状態異常やダウン、吹き飛ばしを避けつつ隙あらば溜める、を心掛けよう。

いつヒーロースキルを発動するか

強力なヒーロースキルであるが、敵のヒーロースキル回避では避けられてしまうためただ撃つだけでは効果が薄い。

敵のヒーロースキルが溜まっていない状態で撃つ。(4-1狙い)
めぐみんのメリットとして敵陣上でもヒーローアクションでHSゲージを溜められる。立ち回りによっては敵HSが溜まりきる前にヒーロースキルを溜めることも出来るだろう。
その場合は先に撃って状況を安定させるのも選択肢のひとつになる。ただし敵のヒーロースキルで逆転されるリスクが増えるため撃つ際は4-1が狙えるような状況で撃とう。

HS吸収系カードで吸い取ってから撃つ
HS吸収系の役割のひとつに敵のゲージを吸収して撃たせないというものがある。この状態を作り出してから撃てばヒット率が高くなるだろう。
とはいえ強力なヒーロースキルを持つめぐみんに吸われそうになると吸われるくらいなら撃ってしまおうという敵も少なくない。なるべく悟られない位置からカードを使おう。

ヒーロースキル合戦の最後に撃つ
終盤のヒーロースキルの打ち合いの際に最後に撃てれば強い。味方にデズなどの強力なヒーロースキルを持っているキャラがいれば先打ちしてもらって敵がヒーロースキルを撃たざるを得ない状況を作ってからめぐみんが撃つことで逆転も狙えるだろう。固定の選択肢のひとつとなる。

ヒーロースキル吸収系カードについて解説

ヒーロースキルが重要なめぐみん。確実に溜めて撃つための方法としてヒーロースキル吸収系カードを積むという選択肢がある。ここではヒーロースキル吸収系カードについて解説する。

ヒットさせることで相手の“溜まっている”ヒーロースキルゲージを吸収する。
ヒーロースキル吸収系カードはカード詳細に記載されている割合のヒーロースキルゲージを吸収する。注意したいのがあくまでヒットさせた敵の溜まっているゲージから割合で吸収するということ。
たとえばUR“全員集合”は25%吸収だが、20%しか溜まっていない敵にヒットさせた場合、20%のうちの1/4(25%)=5%しか吸い取らない。

全員集合

UR“全員集合”【遠】25%

旗

UR“革命の旗”【周】30%

ベガ

UR“ベガ”【近】40%

 カズマ

SR“カズマ”【遠】20%

▲主なヒーロースキル吸収系カード。

ダメージカットカード貫通
吸収効果はダメージカットカードを貫通する。ダメカの有無に関わらず吸収可能だ。ただし、ヒットした際のノックバックなどは発生しなくなるので敵の反撃に注意しよう。

複数ヒットの場合人数分吸い取る。
1度のカードスキルで複数の敵にヒットさせた場合、吸収効果×人数分のゲージを吸い取れる。UR“旗”(30%吸収)で3人にヒットさせた場合30%×3=90%吸い取ることが可能だ。
吸い取る際は狙っていきたい。

吸収は割合。敵のHSゲージの増加量は関係ない
こちらも共通仕様になる。カード詳細に記載されている吸収量(%)で吸い取る。敵が溜まりやすいサーティーンであっても溜まりづらいディズィーやマリアであっても同じ割合を吸収する。

・溜まりやすい相手からは何度も吸い取りやすい
・溜まりづらい相手から吸うと敵のヒーロースキル妨害になりやすい。

HS吸収01のほHS吸収02アタリ

▲のほ、アタリにUR“旗”を当てた場合。どちらも等しく30%吸収されている。

遠距離系カードは最終段のヒットで吸収発動
UR“全員集合”、SR“カズマ”などの遠距離カードは最大5ヒットする。じつは1~4段目には吸収効果はない。最終段を当てることで初めて吸収が発揮される。遠距離カードを積む際は被弾を恐れすぎて範囲ギリギリから撃つと5ヒット目が回避されやすい。注意したい。

溜まっている敵を見極めよう
吸収カードはHSゲージが溜まっている敵に当てないと意味がない。
・Cポータルに向かい、そのまま前線で立ち回るスプリンター
・スプリンターを守るべくすぐにCに上がってきたアタッカー

このような相手に撃っても溜まっていないことが多々あるだろう。逆に
・自陣を固めるために陣を広げたガンナー
・ルチアーノ、ディズィー、マリアのようなヒーロースキルが強力なキャラ

このようなキャラはゲージが溜まっていることが多い。相手の立ち回りを注視して溜まっている敵にキッチリ命中させよう。

参考:ヒーロースキル増加量メダルの影響

ギルドミッションが実装され、課金要素に関係なく毎週最大20枚のメダルが入手できるようになった。以前よりはメダルを意識する人が増えているだろう。
ここではめぐみんと相性がいいと思われる“ヒーロースキルゲージ増加量”を同色9でそろえた場合のヒーロースキルゲージ増加量について比較してみた。

その結果“ヒーロースキルゲージ増加量”を同色9メダルつきの場合、通常よりも約5秒速くゲージが貯まることがわかった。

▼動画でチェック!

ツイッターでも『#コンパス』更新!

公式⇒#コンパス 戦闘摂理解析システム(@cps_niconico)
最新情報を逃さずチェック⇒ファミ通App(@famitsuApp)
最強を決める大会⇒ファミ通コンパス杯(@Fami_cps)
更新担当⇒さあや(@saaya_111 ‏


#コンパス動画

#コンパスニュース

コンパスレポート
[毎週更新]全ヒーロー使用率&勝率ランキング
全ヒーロー集合
全ヒーローの特徴やおすすめデッキをチェック

ステージ攻略

序盤・中盤・終盤 全ロールごとの立ち回りをS9ランカーが指南。

でらクラけっこい
たかさんグレウォ
立体交差光と闇
ケルパーズちゅら島リゾート
つっぺる工事現場600a太鼓ステージ(仮)

タイプ別ヒーローキャラクター

全ヒーローの特徴をチェック

アタッカー
双挽乃保
双挽乃保
桜華忠臣
桜華忠臣
マルコス'55
マルコス
マリア
マリア
アダム
アダム
キャライラスト_ソル=バッドガイ - コピー (2)
ソル=バッドガイ
カイ
カイ=キスク
リュウ画像
リュウ
レム
レム
ポロロッチョ150100ポロロッチョ── ──
ガンナー
ルチアーノ
ルチアーノ
リリカ_ヒーロー
リリカ
深川まとい_ヒーロー
深川まとい
サーティーン
13
メグメグ_ガンナー
メグメグ
キャライラスト_ディズィー
ディズィー
エミリア
エミリア
鏡音リン150x100
鏡音リン
イスタカ150x100 イスタカ──── ──
タンク
0e22b9a4181afaab48095c5d3f3d1404-1
ジャスティス
7abccb89a359581940fe7ecb12bda8ef
ジャンヌ
c947b98de93324045c7e545864190f26
グスタフ
005
ヴィオレッタ
鏡音レン150x100
鏡音レン
モノクマ150x100モノクマめぐみん150100
めぐみん
 ──
スプリンター
アタリ
十文字アタリ
ボイドール_ヒーロー
Voidoll
テスラ
ニコラ テスラ 
006-1
コクリコ
勇者
かけだし勇者
15
初音ミク
チュンリー画像
春麗 
ザックレイチェル150x100ザック&レイチェル
輝龍院きらら150x100
輝龍院 きらら
アクア150100
アクア
── ──

全ヒーローの特徴をチェック

おすすめカードまとめ

03s
02s
01s
04
攻撃ランキング
防御ランキング
体力ランキング
速度ランキング攻撃スキル速度ランキング防癒
compassbunner3

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーNHN PlayArt/ドワンゴ
公式サイトhttp://app.nhn-playart.com/compass/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る