シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドバ世界大会2018】Shadowverse World Grand Prix 2018出場選手紹介/Crumsion/TS選手編【シャドウバース】

シャドウバースの攻略記事

【シャドバ世界大会2018】Shadowverse World Grand Prix 2018出場選手紹介/Crumsion/TS選手編【シャドウバース】

2018-12-15 01:33 更新

そのほかのおすすめ記事

初心者向け記事

 

選手名

Crumsion/TS

Crumsion_選手写真

Day1デッキリスト

ローテーション

045
 046

アンリミテッド

047
 048

動画

プロフィール

2018年度総獲得ポイント数1位、「PAM Shadowverse Open:Brigade of the Sky」優勝など、
圧倒的な熱量を持ってプレイを続ける“努力の天才”。
「PAM Shadowverse Open: 2018 Contenders Cup」において、
「Shadowverse World Grand Prix 2018」への出場権を獲得した。

Q&A

――一言でいうと、あなたのプレイスタイルは?

アグロデッキが好きですね。アグロデッキは他のデッキより攻撃のバリエーションも多いし、攻撃の効果も高い気がするんですよね。と言っても、僕は基本メタデッキを使うプレイヤーです。そのデッキが最強だと思ったら、自分の戦い方に最初は合わないなと思っても好きになるまでやりこんで自分のものにします。

――好きな、リーダー、カード、必勝パターン、戦術は?

エルフが好きなのでアリサです。OTKエルフが流行ってたときからなのでもうかなり長い間エルフユーザーですね。まとめてプレイした時に大きなコンボが連鎖するところが特に気に入っています。最近ではアグロエルフが特に強くなっていますよね。勝率の高さと戦い方の面で、相手のミスにつけ込むには非常にいいデッキだと思います。ミラーマッチも楽しいんですよね。勝ち方がいろいろあるので。

――Shadowverseの全キャラクターの中で、好きなキャラクターを教えてください。

太陽の巫女・パメラが好きです。まだShadowverseをプレイしたての頃に2枚引いたので土の秘術デッキを作りました。その頃はまだCランクだったので10/10のゴーレムを作れば最強だと思ってたんですよね。その頃からお気に入りのカードです。

――参考にしているデッキがあればお願いします。

デッキを新しく組む時にはいつもJCG・Rageとかの大会の出場デッキだったりデッキランキングだったりをたくさん見ます。とは言え、一番参考にしているのはPotwasher選手ですね。彼は僕なんかよりずっとデッキを改良するのがうまいんですよ。彼とデッキリストについてや戦法について話すのは本当に楽しいです。

――簡単な自己紹介をお願いします。

僕の名前はCrumsionです。Tempo StormでShadowverseのプロ選手として活動しています。RoBから本格的に大会にも参加しています。過去にもいろいろと戦績を残してきましたが、2018年が最もいい結果が出せています。

・2018年ポイント獲得者1位
・Dreamhack Montreal Champion
・Singapore World Circuit swiss MVP、およびTop 8
・2018年3地域すべてで決勝進出
・Chronogenesisシーズン3位
・起源の光、終焉の闇シーズン3位
・蒼空の騎士シーズン1位
・コンテンダーカップ枠でWGPへの出場権獲得

――学生時代に何をしていたかお教えください。

僕は現在テキサス大学ダラス校に在籍し、コンピューターサイエンスを学んでいます。常に学業を優先してきました。勉強とShadowverse、あとはソーシャルライフを両立させるのは大変ですが、時間をできるだけ有効活用できるようにがんばっています。

――最近合った良いこと、悪いことは?

両方ともコンテンダーズカップに関わることです。WGP2018に駒を進めたことは本当にうれしいのですが、反面友達の多くが敗退してしまったのはとてもつらい経験でした。みんな本当に日本に行きたがってたので、敗退が決まってがっかりしている姿を見るのは耐えられなかったですね。あと自分の勝ち方にも納得いっていなかったので自分に腹が立ってもいました。いまはもっと高みを目指して、日本の舞台ではよいパフォーマンスができるようにしたいと思っています。

――Shadowverseとの出会いは?

Discord上の友達から教えてもらいました。彼らがその時ちょうどShadowverseの話をしていて、その時は何の知識もなかったので興味があって聞いてみました。ちょうど退屈もしてたしSteamでもプレイできたのでちょっとやってみることにしたんです。それ以来ハマってます。

――Shadowverse歴を教えてください。

大会歴でいうと2年くらいになります。SVOが始まる以前の2017年にはEXGシリーズとかShadow Nexusみたいな小さ目の大会に出場していました。2017年のはじめにはランキングにも名前が入るようになってちょっと有名にもなってたと思います。SVOのシーズン1・2の頃はランクイン自体はしていたものの地域の決勝には出ることはまだできませんでした。2018年に入っても自分のパフォーマンスに納得がいかずにイライラすることが多かったのですが、その分練習を意識的に増やすようにしていました。2018年の最初の予選では1位を取ることができました。その後も安定して高い成績を残すことができ、結果としてTempo Stormからも声がかかったりこれまでにない好調をキープできています。
2018年の成績:

● #1 points holder for 2018
● Dreamhack Montreal Champion
● Singapore World Circuit swiss MVP and top 8
● Qualified for all 3 regional finals of 2018
● 3rd Place Chronogenesis season
● 3rd Place Dawnbreak Nightedge season
● 1st place Brigade of the Sky season
● Qualified for WGP through Contenders Cup

――Shadowverseをはじめて1番の出来事、楽しかったことは何ですか?

一番他楽しかったのはなんといってもLANイベントですかね。自分が初めて参加したのは8月のWorld Circuit Singaporeなんですが、オンライン上でいつも話をしていた世界のプレイヤーたちと直に会えたのは本当に素晴らしい経験でした。またこの場に戻ってこれるようにもっと練習しなきゃというモチベーションにもなりましたね。

――座右の銘、スローガン、テーマ、アピールポイントがあれば教えてください。

成功に秘訣はない、そこにあるのはただ準備、絶え間ない努力と失敗から学ぶ姿勢である。(コリン・パウウェル)
僕は結果がたとえ1位でも最下位でも満足することはないと思います。1つでもミスがあればそれを反省し、より強くなるためにさらに練習をします。

――Shadowverseの日々の練習、予選などを通して、成長したなと思うことや、良い経験になったこと、印象的なエピソードはありますか?

台湾のシャドバコミュニティが主催したSCLイベントでAxisというとても強い日本のチームと戦う機会がありました。日本人選手と当たるのが初めてだったこともあり、すごく緊張してまったくいつもの調子が出ませんでした。大事な局面では緊張からことごとくミスをしてしまいました。欧米では自分はトッププレイヤーなのに、こんな簡単に負けてしまうなんて、欧米とアジアの実力の差を見せつけられた気がしました。結果的に次のBrigade of the Skyでは気を引き締めて一層がんばろうというモチベーションになりました。もう一度あの強い日本の選手たちと戦いたいという気持ちがあったからです。そのために努力が必要なのはわかっていました。それによって、念願だったBOTSの最初の地域決勝に勝利することができ、またDreamhack Montrealのチャンピオン、SVOの予選シーズンでの3回の決勝進出といった大きな戦績を数々残すことができました。より強くなりたいというモチベーションがあったからこそ、最近の自分の成功があると思います。

――WGP2018進出の要因は何だと思いますか?

たゆまぬ努力、あとは熱量ですかね。また、自分は素晴らしい仲間やチームメイトに恵まれていて、いつも練習相手になってくれたり、戦い方についていろいろと論じたりもできます。特にチームメイトのPotwasherさん、マネージャーのLCさん、そしてDisastraチームの友達のおかげでここまで来れた感じですね。

――WGP2018への意気込み、気持ちは?

ずっと夢だったのでようやく日本に行けるなんて、とても嬉しいです。また、世界中の強い選手たちと勝負できるのもモチベーションになります。普段、普通のシーズンであれば、自分の地域以外の選手と勝負はほとんどできません。私はPAMアメリカ地域のトップに立っているものの、まだまだ学べることが多くあると思っています。ただ自分の地域のトップになっても満足できません。だから他の強い選手と勝負して、自分をさらに成長させて、2019年のシーズンに挑みたいと思っています。

――優勝したら何したい?100万ドルで何をしたい?

100万ドルって実感沸きませんよね、、、そもそもまだ19歳でそんな大金を獲得できるチャンスなんて来ると思ってもいませんでした。もし本当に勝てたとしても、ほとんどを銀行に預けて、まあちょっとはお小遣いで手元に残しつつ普段通りの生活をしていくと思います。まあ僕はまだ若いので、いまは自分の人生の土台を固めるために勉強する時期だと思ってます。なので結局いつもサポートしてくれている家族や友達にお返しすることになるんじゃないかと思います。

――好きなShadowverseのプレイヤーは?

好きなプレイヤーというか尊敬できるプレイヤーはPotwasherさんです。彼とは一緒に過ごすことも多いので、すごく頭が切れて努力家だってことをよく知っています。チームメイト以外でしたら、実はAxisチームのtizinさんのファンです。台湾のシャドウバースコミュニティが企画したSCLトーナメントで彼と勝負しましたが、もうボコボコにされましたね。あれからずっと再戦したいと思っていて、そのためにずっと頑張ってきたので成長したところを見せられると思います。まあ彼は非常に強いのできっと苦戦するでしょうが。彼に敗れたことでもっと強くなりたい、日本のベスト選手と戦いたいという強いモチベーションになったことは確かです。

――あなたにとって、Shadowverseとは何ですか?

今の私にとっての全てですね。Shadowverseをプレイできてしかもお金も稼げるなんて夢みたいです。あくまでも僕にとってShadowverseは趣味のひとつで、まあ遊びですから、その趣味がお金にもなるなんて本当に恵まれてると思います。

――全世界のShadowverseファンに一言。

WGPにてPAMアメリカを代表できる機会に感謝しています。世界中に欧米圏の強さを見せつけてきます。地元の試合で倒した友達のためにも、1位以外の結果なんてありえないと思っています。

――Shadowverse以外の趣味や特技、好きなこと、嫌いなことは?

Shadowverse以外で興味あることはファッション、勉強、TWICE、ヒップホップとラップ、あとはコンピューターサイエンスです。

――自分のイメージカラーは?

――自分のテーマソングは?

『Psych』というテレビ番組のテーマソング(Friendly Indiansの 「I know you know」という曲)か、Smash Mouthの「All Star」ですね。

――好きな食べ物は?

食べたり飲んだりするのが大好きです。特にフォー、ラーメン、韓国風焼き肉、四川料理、フライドチキン、バブルティー、コーヒー。とにかく辛い物が好き!

――行ってみたいところは?

ずっと日本だったんですけど、もう叶っちゃったから、今度はいつか韓国に行きたいと思っています。

――将来の夢、やってみたいことは?

今自分がやっていることがもう夢みたいな感じですね。お金を稼ぎつつ好きなもの(Shadowverse)をキャリアにできたら最高ですね。もちろん、これからずっとやっていけるか分かりませんが、少なくとも今はこういう状況に身を置けているのがうれしいです。俳優とかにも興味ありますが、まあ可能性は薄いかなと。

――生まれ変わるなら何がしたいですか?

今の人生で満足していますので、今のままで何も変えたくありません。

――1日のプレイ時間は?

その日によって本当にまちまちです。全然プレイしない日もあれば、10時間くらいプレイする日もあります。そのときの学校の成績と空いてる時間がどれくらいあるかによりますね。

――他のトレーディングカードゲームの経験はありますか?

Shadowverseが初めてです。デジタルでもそれ以外でも今までカードゲームの経験がありませんでした。これを他の人に言うと結構ビックリされますね。

最新YouTube動画

そのほかのおすすめ記事

初心者向け記事

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る