1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D×2 真・女神転生 リベレーション』全体万能+MP吸収が強力!デスタッチも秘かな強スキルの★5魔人マザーハーロット(荒神)運用レビュー【D2メガテン攻略】
下記の期間、システムメンテナンスを予定しております。 なお、期間中は、一時的に当サイトをご利用いただけない場合がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】 2018年12月17日 午前1時~当日午前5時まで
※メンテナンスの状況により上記期間が変更になることがあります。

-

『D×2 真・女神転生 リベレーション』全体万能+MP吸収が強力!デスタッチも秘かな強スキルの★5魔人マザーハーロット(荒神)運用レビュー【D2メガテン攻略】

2018-11-26 13:05 投稿

攻めでは無類の強さを発揮する女帝

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』。今回は、★5魔人マザーハーロットの運用レビューを掲載する。

本稿では、デスタッチを習得する荒神タイプを使用した運用レビューとなっているので、その点を踏まえたうえで参考にしていただきたい。(Text / Leyvan)

★5魔人マザーハーロットの注目ポイント
・MP吸収で回転率のいいバビロンの杯を主力に戦う
・魅了を主体とした状態異常パーティーと相性良し
・防魔タイプなら防衛にも向くが編成難度は高い

001
002
003

▲強力な単体スキルのデスタッチを活かすべく、攻めでの運用を重視しているので、魔攻盛り重視の烙印を装着。魅了追撃は、女帝のリビドーやほか悪魔の魅了スキルで魅了状態にした悪魔へのダメージアップ用に継承した。

MP吸収で回転率のいいバビロンの杯を主力に戦う

魔人マザーハーロットの主力スキルといえば、なんといっても、MP吸収効果が強烈な“バビロンの杯”だろう。威力はそれなりだが、敵1体につきMP1、最大で4も吸収できるのはあまりにも強い。

004

▲最大でMPを4吸収できるのは、バビロンの杯の消費MPが7~8であることを考えると、おそろしい効果である。恩恵烙印なら余裕で連発可能だろう。

消費MPは8(スキルLvMAXで7)と重いが、一度発動してしまえば連発可能なので、クエスト周回はもちろん、デュエルにおいても先攻ならパス回しや英雄ジャンヌ・ダルクのスキル“オルレアンの祈り”を活用することで十分に運用可能だ。

005

▲先攻パーティーではラーマ、トランペッターに続いて、もはや欠かせない存在になっている感すらある英雄ジャンヌ・ダルク。オルレアンの祈りは回復とMP供給を同時に行うことで、攻防を兼ねる強力なスキルだ。

魅了を主体とした状態異常パーティーと相性良し

さて、マザーハーロットと相性がいいのはどんな悪魔か? もちろん、ジャンヌ・ダルクや、バトンタッチでパス回しができる加護ジャックフロスト、ジャックランタンが真っ先に挙げられるが、あえてここは状態異常パーティー、とくに魅了効果を持つ★5リリスをオススメしたい。

オススメする理由は、まず攻撃しながら魅了状態にする“肉体の解放”を持つため、魅了を付与できる悪魔の中では群を抜いて攻撃性能が高いこと。そして、呪殺属性であるため、現環境のデュエルでは非常に攻撃が通りやすいこと。

そして、弱点属性が共通して衝撃弱点のため、狙う対象を絞りやすい(衝撃で攻めてくる防衛は相手にしない等)ことだ。

006

▲リリスの“肉体の解放”は、敵全体を呪殺属性で攻撃しつつ確率で魅了を付与する魔法攻撃スキル。やや強めのマハムドオンとマハマリンカリンを同時に発動していると思えば、どれほど強力か理解できるだろう。

実際にマザーハーロットとリリスで編成したパーティーは以下のような感じだ。

魅了追撃+魔封攻め異常先攻パーティー

009

▲高いBSで先攻を取り、バリアコワース→肉体の解放→魔封の異常2点攻めをする。この編成では、マハマカジャマを継承したスザクを編成している。

この編成の利点は、まず、魅了と呪殺が通る相手には無類の強さを発揮する点。魅了が入らなくても、保険として魔封を入れて動きを封じるので、事故は滅多に起こらない。さらに、2ターン目以降はフェンリルがテトラカーンを貼ることで、相手のプレスアイコンを浪費させることができるので、安定度はさらに増す。

そうしているうちに、リリスは肉体の解放orマハジオダインでガンガン攻めて、マザーハーロットはバビロンの杯でMPを吸いながら全体攻撃。敵が残り一体になったら、ダメ押しのデスタッチでトドメをさす。

007

▲フェンリルのテトラカーンが地味にいい仕事をする。とくに、敵の行動をアタックに限定できる魔封と相性がいい。回避重視の烙印にすれば、テトラカーンが剥がれた後の追撃も回避してさらにプレスアイコンを削りやすくなるだろう。

防魔タイプなら防衛にも向くが編成難度は高い

最後に、マザーハーロットの防衛における運用はどうか?という点に触れておきたい。

結論から言うと、防魔タイプ以外は、正直きびしいと言わざるを得ない。

まずマザーハーロット自体が耐久力があるわけではなく、テトラカシフトは、そもそも物理で攻められることが少ない現環境のデュエル上位ではあまり意味をなさない。よって、荒神タイプは防衛による運用の候補からはまず外れる。

実際、荒神マザーハーロットを防衛に置いてランキング1位~100位ほどのランク帯でしばらく戦ってみた結果も芳しくなかった。

防魔マザーハーロットであれば、物理吸収になるので、英雄ラーマとシナジーがあるうえに、マカラカシフトを持っているので、魔人アリスの“死んでくれる?”対策になるため、有用なのは間違いない。実際、防魔マザーハーロットを相手にすると、厄介だと感じるケースは少なくなかった。

防衛で猛威を振るう邪鬼ヘカトンケイルをアリスの“死んでくれる?”で処理したいと思っている人にとっては、防魔マザーハーロットは脅威となるだろう。

008

▲防衛にマザーハーロットを置く場合は、生命の烙印などで耐久力を補強するといい。敵の攻撃を耐えきってからのバビロンの杯で、手痛いカウンターをお見舞いするいやらしい悪魔に仕立て上げよう。

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧