クラッシュ・ロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】今流行りの”アウトロー型ディガー迫撃砲”デッキ

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】今流行りの”アウトロー型ディガー迫撃砲”デッキ

2018-11-01 12:50 投稿

【クラロワ攻略】今グローバルランカーの中で流行の”アウトロー型ディガー迫撃砲”デッキ

『クラッシュ・ロワイヤル』のおすすめ最強デッキを紹介。今回はグローバルランカーも愛用している、”アウトロー型ディガー迫撃砲”デッキを紹介していく。

アイキャッチ2

【デッキコピーはこちらから】

アウトロー型ディガー迫撃砲デッキの各カードの役割

アウトローアウトローベビードラゴンやウィザードなどの範囲攻撃ユニットがきたら、このユニットを盾にして、コウモリやゴブリンギャングで倒していく。
クラロワ迫撃砲迫撃砲 基本はタワーを狙って配置する。大型ユニットが来たら、防衛としてアウトローや他のユニットと組み合わせる事で、固い防衛ができる。
ディガーディガーコウモリやゴブリンギャングと合わせてタワーを狙いに行く。ベビードラゴンなのどの範囲攻撃ユニットの受けとしても使える。
ローリングウッド(Sサイズ)ローリングウッド細かいユニットを一掃できるカード。プリンスや攻城バーバリアンなどの突進系ユニットのリセットも可能
クラロワ コウモリの群れコウモリの群れ基本的にディガーと合わせて使用する。相手がローリングウッドしかなければ、このユニットへ処理がとても難しくなる。相手に空ユニットが多ければ防衛に回そう。
クラロワ槍ゴブリン槍ゴブリンアウトローやディガーで守りつつ、このユニットで防衛をする。相手にザップやローリングウッドなど呪文を使わせることでコウモリの群れ、ゴブリンギャング、アウトローなど活かせる。
ゴブリンギャング(Sサイズ)ゴブリンギャングエリートバーバリアンやミニペッカなど、強力な地上ユニットへの防衛、攻めとしてディガーと組み合わせてタワーを狙う事もでき、非常に強力なユニット。
クラロワファイアボールファイアボール迫撃砲を壊しにくるユニットへの使用や、タワー削りなどで使える。ディガーを守りにきたユニットへ使用するのも良い。

アウトロー型ディガー迫撃砲デッキ使用時の攻撃方法

<攻撃時に主力となるカード>

迫撃砲とディガーでプレッシャーかけて行こう。

攻め手が迫撃砲だけじゃないのがこのデッキのポイント。ディガーでタワーを狙い、相手の地上ユニットを使わせてから迫撃砲で攻めたり、迫撃砲を壊しにきたユニットを防衛して、カウンターでディガーを繋げるなどの攻撃が有効。

 アウトロー5アウトロー1

▲初手からディガーや迫撃砲で、積極的にプレッシャーをかけてゆさぶっていこう。

アウトロー7

▲コウモリやゴブリンギャングで防衛したあと、カウンターでディガーを繋げる。

アウトロー6

▲ディガーで攻めたとき、相手がユニットで守ってくると分かっていたら、ファイアボールを先打ちするのもいい。

アウトロー8

▲ラヴァバルーンが相手の時は、ラヴァを切った瞬間逆サイドを攻めることで、守りにエリクサーを使わせてラヴァバルーンの形を作らせないことが重要。

アウトロー型ディガー迫撃砲デッキ使用時の防御方法

<攻撃時に主力となるカード>

アウトローやディガーで受けつつ、ユニットを追加して守ろう。

アウトローやディガーで範囲攻撃ユニットなどを受け、他のユニットを追加して守るのが基本。ミニペッカやエリートバーバリアンは、細かいユニットのみで受けよう。アウトローにローリングウッドを使わせて、ゴブリンギャングで守るのも効果的。

アウトロー3

▲アウトローで範囲攻撃系ユニットを受けつつ、他のユニットで守る。

アウトロー

▲手札にアウトローがない場合は、ディガーで受けて他のユニットで守ろう。

アウトロー9

▲ラヴァバルーンの場合は、この位置に迫撃砲を置くことによって必ずバルーンが釣れるので、バルーンを先に処理をしてからラヴァハウンドを処理する。後ろにメガガーゴイルなど追加していたら、アウトローやディガーで逆サイドにお散歩してあげよう。

1クロスクロス2

▲相手がクロスボウの場合は、アウトローにローリングウッドを使わせて、その後にゴブリンギャングを出す。相手の呪文を把握して、まとめて処理されないように注意。

最強デッキまとめバナー
カード
crash_league_matome

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る