1. サイトTOP>
  2. 『メギド72』感電に勝算あり!?サバト召喚&イベントで登場する新メギド“インプ”&“シトリー”の性能まとめ

『メギド72』感電に勝算あり!?サバト召喚&イベントで登場する新メギド“インプ”&“シトリー”の性能まとめ

2018-10-31 16:00 投稿

性能も演出もグッドなメギド登場!

2018年10月28日に初のリアルイベントを開催したDeNAのスマホアプリ『メギド72』。

10月31日からは、召喚で登場する“インプ”とイベントクエストクリアで仲間になる“シトリー(ラッシュ)”が新たに登場する。

本記事では、これら新メギドの性能を紹介していく。

インプの感電がヤバい!

10月31日から11月6日までのあいだ開催されるサバト召喚“阿鼻叫喚ブギウギナイト!”では、バーストスタイルのトルーパーであるインプが初めて登場。

サバトではメギドの登場確率がふだんの2倍になっているため、新たにメギドを入手したい場合は温存していた召喚チケットをここで使うのもアリだろう。

▼インプのここに注目!

・★4以上に超進化すればスキルの感電確率100%!
・特性の効果で敵を感電させると覚醒ゲージ増加!(★2以上に超進化してから)
・スキルや奥義のアクションがかわいい!

メギド_20181029_新メギド紹介 (1)

インプに関してとくに注目したいのは、雷ダメージを与えつつ敵を感電状態にするスキルだ。

初期状態で感電を付与する確率が90%と非常に高く、超進化によってスキルを強化すれば、なんと確率表記なし、つまり確実に敵を感電状態にすることが可能となる

感電を無効化する敵や、感電に耐性を持つ敵でなければ問答無用で感電状態にできるため、敵のスキル封じや感電特効のオーブ“禁断の書”によるダメージ増加など、とにかく便利のひと言に尽きる。

メギド_20181029_インプ (2)

▲雷ダメージによる攻撃なので、相手を滞水状態にしておけばスキル自体のダメージにも期待できる。インプの特性によって、敵を感電状態にすれば自分の覚醒ゲージが+1されるのもポイントだ。

メギド_20181029_インプ (4)

▲奥義は敵全体を攻撃しつつ感電を付与する強力なもの。感電確率も初期状態で80%、強化後は90%と高く、各種クエストはもちろん、PvPでも猛威を振るう攻撃となるだろう。

感電効果の強力さが目を引くインプだが、覚醒スキルもユニークだ。

覚醒スキルは味方単体を2ターンのあいだゾンビ状態)にし、最大HPの10%以下のダメージ無効化、攻撃力20%上昇の効果を付与するという支援系の効果となっている。

ゾンビ状態になると最大HPと攻撃力が上昇するが、防御力と素早さは0となり、HP回復効果で逆にダメージを受けるようになる。

ゾンビ状態自体の効果で最大HPが50%上昇するので、防御力は0になるがある程度のダメージなら無効化できる。とくに、一撃あたりのダメージが低い多段攻撃を使う相手に対しては一定の耐久力を発揮するぞ。また、敵が貫通攻撃などで“防御無視”するなら、防御力が0になってもリスクがない。

メギド_20181029_インプ (5)

▲イタズラでうっかり味方をゾンビにしてしまうという、茶目っ気のある演出にも注目だ(うっかりでゾンビにさせられる側はたまったものではないが)。

マスエフェクトでは、バーストスタイルの味方に感電無効の効果を与えることができ、トルーパーには感電攻撃による反撃、スナイパーには攻撃力アップの効果が発生する。

自身の素早さをアップすることができるので、先手を取って相手を感電状態にしやすいのもポイントだ。

メギド_20181029_インプ (3)

▲PvPで互いにインプをリーダーにしているとどちらにも感電が効かないというユニークなシチュエーションが発生する。バーストスタイルでなければ感電無効の効果は発生しないので、そういった場合は相手メギドのスタイルをしっかり確認してから戦おう。

シトリー(ラッシュ)はハイドロボムに特化!

10月31日から11月13日までに渡って開催されるイベントクエスト“怒れる勇者とプチマゲドン”では、クエストクリアーでラッシュスタイルのトルーパーであるシトリー(ラッシュ)が仲間になる。

リジェネレイトによって生まれ変わった外見や各種攻撃などの演出面でも目を引くメギドだ。

▼シトリー(ラッシュ)のここに注目!

・覚醒スキルのハイドロボム重はダメージ倍率4倍!
・奥義がハイドロボム特効なので、敵の種族に関係を問わず高火力が出せる!
・身体を水に変化させる攻撃演出が格好いい!

メギド_20181029_新メギド紹介 (2)

シトリー(ラッシュ)はハイドロボムを使った戦いに特化しており、敵全体にハイドロボムが付与されているほど攻撃力が上昇する。

スキルでは3ターンで弾けるハイドロボム速を、覚醒スキルでは7ターンで弾けるハイドロボム重を敵単体に付与することが可能だ。

ハイドロボム重のダメージ倍率は初期状態で4倍、超進化による強化後には4.5倍と、威力が高めになっている。

覚醒スキルは例外的に覚醒ゲージを全消費するが、ゲージ数が2なのでチャージフォトンひとつですぐさま覚醒状態に持っていけるため、デメリットはそこまで大きくはない。

メギド_20181030_シトリー(ラッシュ) (1)メギド_20181030_シトリー(ラッシュ) (2)

▲スキルの“水天彷彿戟”ではシトリー(ラッシュ)が水の精霊を思わせる姿に変身して突撃する。雷属性に特化していたリジェネレイト前とは印象が大きく変わるぞ。

弾けるまでの時間が長いハイドロボム重をハイドロボム速によって誘爆させてダメージを狙うのが定番だったが、シトリー(ラッシュ)はひと味違う。

攻撃力2倍のダメージを与える奥義は、敵にハイドロボムが付与されていればダメージがさらに2倍、つまり4倍ダメージとなり、戦力として十分な威力を発揮する。

メギド_20181029_シトリー(ラッシュ) (4)

▲演出面にはきびしい宮前プロデューサーが1発オーケーを出したという演出にも要注目。

シトリー(ラッシュ)はマスエフェクトもハイドロボムに特化したものになっている。

ラッシュスタイルのトルーパーとスナイパーであれば、シトリー(ラッシュ)と同じく敵に付与されているハイドロボムの数に応じて攻撃力が上昇するようになる。

マスエフェクトの対象にはならないが、敵横一列にハイドロボムを付与できるフラウロス(バースト)とセットにすれば、ハイドロボムを複数付与して攻撃力を一気に上げることが可能だ。

メギド_20181029_シトリー(ラッシュ) (3)

▲自身には単体攻撃のダメージアップが発生するため、奥義による火力もさらに上昇する。

そのほか、ウェパル(バースト)やヴィネ(ラッシュ)といったハイドロボムを付与できるメギドと組み合わせれば、シトリー(ラッシュ)はハイドロボム重の付与に専念しつつ、ほかのメギドでハイドロボム速を付与していくといった戦いかたもできるぞ。

メギド72

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDeNA
公式サイトhttps://megido72.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧