1. サイトTOP>
  2. 【逆転オセロニア】“オセロニアンの戦2018”地区予選リポート(関東編)

【逆転オセロニア】“オセロニアンの戦2018”地区予選リポート(関東編)

2018-09-19 17:41 投稿

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!

19a7892917b12cbc1533902826482612_original

詳細はこちら

総勢165名が参戦!

スクリーンショット 2018-08-11 13.44.08

ドーモ、世界のザキヤマです。

今回は、2018年9月15日に開催された、“オセロニアンの戦 2018”の関東地区予選の様子をお届けしていきます。

“オセロニアンの戦 2018”は、10月6日に行われる『逆転オセロニア』最強のプレイヤーを決める大会。“戦”としては第4回目の開催となります。

本イベントでは、全国6都市で開催する予選を勝ち抜いた上位プレイヤーによるトーナメントバトルを予定。その5回目の予選となった関東会場の様子をお伝えします。

⇒詳細なルールは公式サイトにて
⇒押さえておきたい新ルール

会場となったのは、品川フロントビル会議室。総勢165名が参戦し、予選の戦数は“8”とこれまでの予選の中でも最大規模となりました。

P1360001

▲登壇者一同。左から、高梨悠介さん、けいじぇいさん、ごはんさん。

見事予選を勝ち抜いたのは以下の8名。

【関東予選通過者】
1位:@贅肉は飾り
2位:LPS4423
3位:スコフィールド
4位:みはる@B車掌軍
5位:ルイ@
6位:鳳帝式
7位:だみ
8位:ミミック

上記8名の中による第1試合以外の準々決勝は別室にて行われ、以下の4名が準決勝に駒を進めました。

DnHtzWjU0AEeOb1

▲準々決勝は第1試合のみスクリーン投影。禁止駒がひな祭り・ムスタバとフルフルという前代未聞のマッチ──実質的に「なんでもアリ」の戦いとなり、これを@贅肉は飾り選手が制しました。

【関東予選:準決勝進出者】
・@贅肉は飾り選手
・スコフィールド選手
・みはる@B車掌軍選手(以下、みはる選手)
・だみ選手

準決勝第1試合

@贅肉は飾り選手 VS みはる選手

【封印駒】
@贅肉は飾り選手:ポイズントード
スコフィールド選手:ベルゼブブ

第1戦

先攻:@贅肉は飾り選手
後攻:みはる選手

@贅肉は飾り選手はデネヴトップの竜デッキ、みはる選手はヨシノトップの魔デッキ。

@贅肉は飾り選手は初手からサマー・アルンを設置。Xに打たれたヨシノをF5にジェンイーでコンボをつなげ大ダメージ。魔デッキに刺さる猛攻で第1戦を奪いました。

第2戦

先攻:@贅肉は飾り選手
後攻:みはる選手

みはる選手はアルキメデストップの神デッキ、@贅肉は飾り選手はヨシノトップの魔デッキ。

@贅肉は飾り選手は耐久デッキへの対策として、ヨシノのダメマス生成コンボを活かす構え。みはる選手はウサギに打ち、デッキの強みを活かす立ち回り。

@贅肉は飾り選手は被ダメージが少ないデッキが相手ということで、エンデガとアラジンを早めに捨てる選択。みはる選手は中盤からシーラーザードを打ちHPを毎ターン回復していきます。

これに対し、@贅肉は飾り隅を取って辺を与えつつも、シーラーザードを返すことに成功。

中盤以降は、みはる選手がコンボで回復マスを作りつつ、フレデリカのアンデッドを有効活用。回復も併用し、HP差で勝利となりました。

第3戦

先攻:@贅肉は飾り選手
後攻:みはる選手

@贅肉は飾り選手はシーラーザードトップの神デッキ、みはる選手は正月蘭陵王トップの神デッキ。

@贅肉は飾り選手は早々にシーラーザードをC打ち。オーバーロードを使いつつ最大HPを増やしていきます。

みはる選手は強力なアタッカーを温存しつつ機をうかがいます。@贅肉は飾り選手はコンボ導線を許しつつも、メルノガイスの防御も併用し被ダメージ減に成功。さらにデバフを持つオーフェルとアディで攻め手を削いでいきます。

続いて、みはる選手の手にジゼル、ファヌエルといった強力な召喚スキルを持つ駒が到来。さらに召喚駒がベストな位置に出現し、最終的にはジークフリートで50000以上の大ダメージを与えフィニッシュ。予選決勝進出と全国大会への出場が決定しました。

準決勝第2試合

スコフィールド選手 VS だみ選手

【封印駒】
スコフィールド選手:ファヌエル
だみ選手:ベルゼブブ

第1戦

先攻:スコフィールド選手
後攻:だみ選手

スコフィールド選手はヨシノトップの魔デッキ。だみ選手は正月蘭陵王トップの神デッキ。

だみ選手はスコフィールド選手が風車打ちしたピリキナータを読み切ったのか、B1にキムン・カムイを打って直接返し。対するスコフィールド選手は、辺に闘化ブランジェッタと闘化ティターニアを設置する理想的な立ち回りを実現。

しかしだみ選手はキムン・カムイのバフが利いている状態でジークフリートを使用し大ダメージ。さらに盤面優位を確保し、リンガットのコンボ導線を構築します。

対するスコフィールド選手はここぞという局面でルキアを使用するも、だみ選手はリンガットの導線を残しつつ冷静に打ち回していき、最終的にはエンデガでフィニッシュしました。

第2戦

先攻:スコフィールド選手
後攻:だみ選手

スコフィールド選手は正月蘭陵王トップの神デッキ、だみ選手は長期戦を前提としたヘイラントップの神デッキ。

だみ選手のデッキは神殴りデッキに有効な耐久とあって、シールドや回復を使いつつの立ち回り。スコフィールド選手は長期戦を不利と見て、アラクで強襲。デバフの合間を縫って大ダメージを与えていきます。

だみ選手は終盤、サマーシュクレの回復を併用。さらにオーフェルのデバフで被害を防いでいきます。

対するスコフィールド選手は、終盤まで頑なに守り通した学園蘭陵王のコンボとエンデガで大ダメージ。続いてエンデガのコンボを使い、第2試合を巻き返しました。

第3戦

先攻:だみ選手
後攻:スコフィールド選手

スコフィールド選手はヘイラントップの耐久デッキ、だみ選手はデネヴトップの竜デッキ。

後攻のスコフィールド選手は早々にヘイランをX打ち。山登りアラジンでデバフをかけるも、だみ選手は手駒のマーリン、場のサマー・アルンと呂蒙により大幅にバフをかけていきます。さらにアラジンとランプの召喚駒により、バフ倍率は2.5倍以上に。

加えてだみ選手はジェンイーをドロー。ここからの猛攻で第三戦を制し、予選決勝戦、ならびに全国大会に駒を進めました。

関東トーナメント決勝戦

みはる選手 VS だみ選手

【封印駒】
みはる選手:ベルゼブブ
だみ選手:ベルゼブブ

第1戦

先攻:みはる選手
後攻:だみ選手

お互いにベルゼブブを封印駒に指定。初戦から正月蘭陵王トップの神デッキというミラーマッチとなりました。

みはる選手は2手目にB2に打つという変則打ちを選択。互いにフェリタ&プティを抱えつつ大ダメージの応酬となります。

中盤、だみ選手は角に織姫を置くことに成功し、2倍以上のバフを獲得。しかし手駒巡りが悪く、ここぞという場面で訪れたのはガラム。盤面を制し優勢と思われたものの、最終的には、みはる選手が神同士の殴り合いを制しました。

第2戦

先攻:だみ選手
後攻:みはる選手

だみ選手はヘイラントップの神デッキ、みはる選手はヨシノトップの魔デッキ。

だみ選手は早々にヘイランをC打ち。風花で回復しつつ高いHPを保っていきたいところでしたが、みはる選手が正月アズリエルをドロー。さらにアズリエルをB2に打って追撃し、毎ターン2000以上の毒ダメージを与えていきます。

苦境に見えただみ選手でしたが、ルキア⇒ヒアソフィアで盤面を取りつつ被害を大幅軽減。さらにヒアソフィアのコンボも活用しHPを大幅に回復。最終的には進化アンドロメダで大ダメージを与え、だみさんが2戦目を取り戻しました。

第3戦

先攻:だみ選手
後攻:みはる選手

だみ選手はデネヴトップの竜デッキ。みはる選手はアルキメデストップの神デッキ。対象的なデッキ同士の対決となりました。

先攻のだみ選手はXに打たず、アラジンとランプの召喚駒・サニアを活用し、C打ちを選択。これを活かしつつ大ダメージを与えていきます。

みはる選手はヒアソフィアでダメージを凌ぐものの、サニアの導線もあり、被ダメージを抑えにくい状態に。最終的にはだみ選手がジェンイーでフィニッシュし第3戦を勝利。

こうして、関東会場から全国大会に、だみ選手(優勝)、みはる選手(準優勝)の進出が決定しました。

P1350971
P1350964

▲だみ選手(画像上)とみはる選手(画像下)には特別デザインのムーニアと、記念メダルが贈呈!

 P1360017

全国大会進出者インタビュー

関東予選を制し、全国決勝進出が決定した、だみ選手(文中:だみ)とみはる選手(文中:みはる)にお話をうかがいました。

だみ選手インタビュー

【プロフィール】
予選戦績:8戦6勝
ランク:300
クラス:ダイヤモンドマスター
公式戦歴:14186勝
プレイ歴:626日
※取材当時

学生選手権の優勝者が全国大会に出場決定!

――関東地区トーナメント、優勝おめでとうございます! 今日の手応えはいかがでしたか?

だみ:予選では耐久対策を捨てたデッキで回っていたのですが、準優勝のみはるさんと、予選1位通過の@贅肉は飾りさんに耐久で負けてしまって……。「マズいな」と思ったのですが、レートで上がることができてよかったです。

──予選はどういったデッキで挑戦されたのでしょうか?

だみ:進化ヨシノと闘化ベルゼブブを軸にし、ランドタイラントでバフをかけていくHP高めのデッキです。エンデガかアラジンでフィニッシュするタイプですね。デバフなどが来ても対応できることを視野に入れています。

――スイスドロー方式を受け、意識した戦法はありますか?

だみ:竜デッキで回る人は少ないと予想しました。どれだけ運に左右されずに戦えるかが大事だと思い、汎用性を重視しています。耐久の相手は想定していませんが、そこまで当たらないだろう……と考えていました。めちゃくちゃ勝てるわけではありませんが、めちゃくちゃ負けることもないというデッキですね。

──ご自身で耐久デッキを使う選択肢はありましたか?

だみ:かなり勉強したのですがあまり勝てず(笑)。「これはダメだ!」と思ってヨシノ・ベルゼブブデッキに切り換えました。

――今回の“戦”には、どのような心構えで臨みましたか?

だみ:ふだんこういった大会に出場することはなく……。それでも、去年の“戦”がとても盛り上がっていたので、「来年こそは出たい!」とずっと思っていました。実現できたことも、予選を勝ち抜けたことも本当にうれしいです!

──学生選手権優勝という実績がおありになりますが、今回の結果は視野に入れていましたか?

だみ:壇上に上がれさえすれば、ベルゼブブ封印で3分の2くらいの確度で勝つ自信はありました。どれだけ予選で勝ち上がれるかが、今回のカギだったのかなと思います。

──それで禁止駒は準決勝、決勝ともにベルゼブブを指定されていたんですね。

だみ:自分のベルゼはかわいいけど、相手のベルゼはイヤですね(笑)。

──痛いほどわかります(笑)。全国を見ていると、やはりベルゼブブかファヌエルを禁止駒にする方が多いのですが、ファヌエルを禁止する予定はなかったのでしょうか?

だみ:昔からクラスマッチなどでも神単を愛用していて、あくまで自称ではあるのですが得意なんです。なので、ファヌエルは自分も編成したいなと考えていて、自ら封印するつもりはなかったです。

――それでは、東京の決勝戦に向けて、意気込みをお願いします!

だみ:九州予選の優勝者である因果さんとは同じチームに所属しているのですが、もしマッチングしたら勝ちたいですね……! 応援してくれるたくさんの人や手伝ってくれるチームのメンバーのためにも、優勝したいと思っています!

みはる選手インタビュー

【プロフィール】
予選戦績:8戦7勝
ランク:300
クラス:ダイヤモンドマスター
公式戦歴:18409勝
プレイ歴:769日
※取材当時

徹底した魔デッキ対策で全国へ!

――関東地区トーナメント、準優勝おめでとうございます! 今日の手応えはいかがでしたか?

みはる:(準優勝は)やっぱり悔しいですね……。ただ予選は読み通りで、ヨシノとロスカの魔デッキが多く。耐久デッキで回っていたのですが、壇上に行けてよかったです。

──決勝戦第1戦の2手目では、定石としてよくあるC打ちや風車打ちではなく、B2のX打ちを選択されましたね。どういった意図があったのでしょうか?

みはる:クラスマッチで先攻を取った際には、いつもあの置きかたをしているんです。

──変則的な手と思うのですが、あそこからの勝ち筋は見えていたのですね。

みはる:そうですね。導線がつながりやすいというのもあります。ただ、角を取られたときの織姫は想定外でした(笑)。

──だみ選手のバフのかかりかたがハンパではなかったですね(笑)。公式戦ではあまり見ない形なのですが、かなり対策されにくい手に見えます。

みはる:ヨシノトップの場合などは高確率でベルゼブブが出てきます。あの打ちかただと辺に置けなくなるので、確実に発動を遅らせられることができるんです。

――今回の“戦”には、どのような思いで臨みましたか?

みはる:デッキは全日の夜、グループのみんなと相談して徹夜で作りました。全国大会への進出はグループの中のひとりでも行ければな、と。

──“戦”に向けての練習はかなりこなしてきたのでしょうか?

みはる:デッキを作ってからですね……(笑)。ただ、つね日頃からクラスマッチはメチャクチャやり込んでいます!

――デッキ作りですが、予選のスイスドロー方式を受け、意識した戦法はありますか?

みはる:魔デッキが多いと予想していました。ダメージソースとしてベルゼブブがほぼ入ってくるので、竜鱗を持つガル・イーラを1枚入れておいて、あとは盤面を取れば──という作戦でしたね。

──棋力的に耐久は難しいというプレイヤーの方もいると思いますが、やはり自信がおありなのでしょうか?

みはる:白番(後攻)ではないときびしいですが……、クラスマッチでは使い込んで練習していますね。

――準決勝と決勝で指定した禁止駒(ベルゼブブ)の意図を教えてください。やはりベルゼブブがイヤだと……?

みはる:まさにその通りではあります(笑)。

──ご自身では普段から使われないのでしょうか?

みはる:ほとんど利用していないですね。クラスマッチの補正によっては稀にあるのですが、できれば使いたくないです。プレイヤースキルが関係なくなってしまうくらい強力なので。あくまで腕で勝負していきたいという気持ちが大きいです。

――それでは東京の決勝戦に向けて、意気込みをお願いします!

みはる:関東予選には、所属しているグループから4名出場したのですが、負けたみんなの分も背負って代表となりました。予選では準優勝でしたが、ぜったいに勝ちたいと思います!

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

『逆転オセロニア』のお役立ち情報満載!

⇒初心者必見の効率的な進めかたまとめ
⇒おすすめイベント入手駒10選
⇒通常クエストで手に入る進化素材まとめ
⇒進化素材まとめ&亀クエ時間割
⇒スキル上げに使える駒まとめ
⇒通常クエストで手に入るオススメBキャラ9選
⇒初期キャラ9体の性能を徹底評価
⇒ダメージ計算式とスキルを理解してバトルをもっと有利に
⇒相手が使ったら要注意!コンボスキルが超強力な駒5選
⇒罠駒の種類と対処方法

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!

19a7892917b12cbc1533902826482612_original

詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧