1. サイトTOP>
  2. 『機動戦士ガンダム 即応戦線』幕張メッセC3で開催のGGGPで初のe-スポーツ大会が開催!優勝はトンボ選手

『機動戦士ガンダム 即応戦線』幕張メッセC3で開催のGGGPで初のe-スポーツ大会が開催!優勝はトンボ選手

2018-08-26 23:34 投稿

『ガンソク』初のe-スポーツ大会が開催!

2018年8月26日に”C3AFA TOKYO 2018″でガンダムゲームとして国内初の賞金付きオフラインゲーム大会”GGGP(ガンダムゲームグランプリ)”が開催された。今回は『機動戦士ガンダム 即応戦線』(以下『ガンソク』)部門の模様をリポート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


【登壇者】
【スペシャルゲスト】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 三日月・オーガス役 河西健吾
【総合MC】 コーリー
【機動戦士ガンダム 即応戦線部門 実況】 大楽聡嗣
【ガンソクプロデューサー】オオチ ヒロアキ

ルールは勝ち抜きトーナメント

大会ルール
・シングルエリミネーション方式 参加者8名
・1試合の最大時間 1回戦~決勝戦 4分
・ユニット、拠点ともにレベル1
・エントリーの際に所属陣営を選択。大会中の陣営の変更は禁止。
・毎試合デッキは変更可能。
・拠点破壊数が同数だった場合、「トーチカ+母艦」の残りHP合計を計算、多い方のプレイヤーが勝利。
・デッキは試合ごとに変更可能。

【出場者】
1.黄色鳥Ver.清春
2.ジャミトフ・幸村
3.スザクラキ
4.一一
5.Kasakin
6.黒子
7.ミンチよりひでぇ
8.トンボ

優勝はトンボ選手

選抜8名によるトーナメントを制し、見事優勝したのはジオン軍のトンボ選手。ヒルドルブ【特射】やゾック【範射】で守りを固めトーチカを削り、虚をついて逆サイドに繰り出すライデン専用高機動型ゲルググ【施専】が非常に強力だった。優勝したトンボ選手には株式会社JTBコミュニケーションデザイン常務取締役 大塚 雅樹氏から優勝賞金10万円と副賞が贈られた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第一回戦
黄色鳥Ver.清春VSジャミトフ・幸村

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開幕に黄色鳥Ver.清春さんのライデン専用高機動型ゲルググ【施専】とアッガイ【奇襲】のコンボで一気に先制し、リード。続いてジャミトフ・幸村さんのユニコーンガンダム(NT-D)【範格】によるカウンターが決まるも最後は母艦の殴り合いになり黄色鳥Ver.清春さんの勝利。
第二回戦
スザクラキVS一一

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BD1【特格】を起点に攻めたスザクラキさんに対し、一一さんがフェデリコ搭乗鹵獲ザク【射撃】に散開指令を絡めらコンボで先制。そのままリードを守り切った一一さんが勝利。
第三回戦
黒子VSKasakin

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

序盤から黒子さんがザクI(ゲラート専用機)【範射】やヒルドルブ【特射】の攻撃で削りを入れ、さらにシナンジュ【範格】を起点にした攻めで一気に母艦を攻め切って勝利した。
第四回戦
ミンチよりひでぇVSトンボ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ユニコーンガンダム(NT-D)【範格】を起点に攻めの体制を作るミンチよりひでぇさんに対し、トンボさんはグフ(先行量産型)【特格】でしっかりと対策。そこにギャン【格闘】やゾック【範射】でダメージを与えて勝利した。
準決勝
黄色鳥Ver.清春VS一

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一回戦と同様に黄色鳥Ver.清春さんのライデン専用高機動型ゲルググ【施専】とアッガイ【奇襲】のコンボで一気に削りを入れた。一さんも返しのピクシー【格闘】とガンキャノン【範射】で攻めるも、黄色鳥Ver.清春さんが一本先取。そのままコンスタントにトーチカにダメージを与え続けた黄色鳥Ver.清春

さんが勝利した。
準決勝
黒子VSトンボ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

序盤にトンボさんのヒルドルブ【特射】対し、黒子さんが操作ミスで黒い三連星を外したところを見逃さず、ライデン専用高機動型ゲルググ【施専】、BD2【射撃】を両サイドに展開、そこで得たアドバンテージを付けたままトンボさんが勝利した。
決勝戦
黄色鳥Ver.清春VSトンボ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

決勝戦は2本先取。一回戦は黄色鳥Ver.清春さんがシナンジュ【範格】で攻め込み1本先取するも、トンボさんがヒルドルブ【特射】やゾック【範射】でBD2【射撃】で反撃しつつ逆サイドにライデン専用高機動型ゲルググ【施専】を展開。鉄壁の守りでユニットを自陣に溜めこみ、母艦に攻め込んで勝利した。
二回戦は黄色鳥Ver.清春さんがギャン【格闘】やザクI(ゲラート専用機)【範射】などのダメージで先制するも、トンボさんはENを温存、中盤に溜めこんだユニットとENで両サイドをせめて2本とし返し、見事優勝を決めた。

機動戦士ガンダム 即応戦線

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttps://gansoku.ggame.jp/jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧