1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. あの感動が再び!『アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』東京公演ゲネプロリポート

あの感動が再び!『アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』東京公演ゲネプロリポート

2018-02-23 03:02 投稿

ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
女子向けコンテンツ最新情報をチェック!
@girlsApp_m

サンシャイン劇場にアイチュウたちが帰ってきた!

2017年の9月に千秋楽を迎えた、恋愛リズムアドベンチャーゲーム『アイ★チュウ』の舞台化作品『アイ★チュウ ザ・ステージ』が、新たな演出と新キャストを迎えて再び上演されます!

TN4_6133

当記事では、本公演前日に行われた公開ゲネプロの様子をお届けします♪

▼こちらの『アイステージ』記事もチェック!
裏話続出! 読めば舞台が100倍楽しくなる“アイ★チュウ ザ・ステージ”川井雅弘&設楽銀河インタビュー

新メンバー&ステージパフォーマンスも! 舞台『アイ★チュウ ザ・ステージ』公開制作発表会リポート

さらにパワーアップした『アイ★チュウ ザ・ステージ』!

舞台の物語は、前回公演と同じく新人アイドルの登竜門“輝け!サンシャインキラキラ新人アイドルコンテスト”に参加する3期生アイチュウと2期生の華房心、舞台オリジナルキャラクターの人々を描いたオリジナルストーリー。

アイチュウたちは、コンテストの優勝賞品である“超大物作曲家の書き下ろし新曲”を手に入れるため、コンテストに挑みます。

コンテストには予選と本戦があり、さらにシャッフルユニットのライブがあるので、アイチュウたちはそれぞれ3曲ずつ歌うことになります。

シャッフルユニットはコンテストの順位には関係ないゲストユニットで、公演日にそれぞれひと組ずつ登場します。

どのシャッフルユニットが登場するかは公式サイトにて公開されていますので、観劇前にチェックをお忘れなく!

TN4_5388
TN4_5413
TN4_5474

不在のプロデューサーのかわりに、アイチュウたちを支える新人プロデューサーの二夕川諭吉や、コンテストの主催で業界用語を巧みに操るハイテンションな池袋太陽、元アイドルで現在は作曲家として活動する飯田橋ジェイムズおさみなど、舞台オリジナルの登場人物たちも、アイチュウに負けず劣らず個性的!

また、『アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』では“シャッフルユニット”が4組登場します。

TN4_5511
TN4_5516
TN4_5523
TN4_5534
▲上から、ダイヤ、スペード、クローバー、ハート

それぞれのユニットメンバーをシャッフルした舞台オリジナルのユニットです。

みんな個性豊かなので、どんなユニットになるかワクワクしますね! プロデューサーからそれぞれ新曲も用意されているとのことで、ステージで聞くのが楽しみです。

波乱のコンテストがついにスタート!

ついに迎えたコンテスト当日。司会の田中実と主催の池袋による小粋なパフォーマンスで、会場ではあちこちから笑いが起こります。

場も温まったところで、コンテスト予選ライブがスタート!

TN4_5564
▲トップバッターは芸術家アイチュウたちが集まるユニット・ArS。掛け合いがリズミカルな『ちょっとまってよ Give me a break!』。
TN4_5598
▲2番手は国際派ユニット・I▼B(※▼はハートマーク)の『深海マーメイド』。こちらはサンシャインシティの制作発表で披露された楽曲ですね。
TN4_5625
▲双子のテクノユニット・TwinkleBellはピコピコサウンドが心地いい『ちゃちゃ めっちゃ I love you』を披露しました。
TN4_5645
▲王道ヒーローユニット・F∞F(ファイアーフェニックス)は、かなりセクシーなダンスとともに『イッちゃいそうだよ』を熱唱!
TN4_5703
▲男の娘ユニット・POP’N STARの心は、デートに向かう女の子の心情を歌った『オレンジピールと恋の味』をきゃわゆく歌いあげました。

それぞれがライブを終え、いざ投票! というときに、優勝賞品の楽譜がなくなってしまう事件が発生。微妙な雰囲気のまま、休憩時間兼投票タイムに入ります。

 TN4_5718

予選の結果は、観客によるガチ投票で決定! 入場時に配られるプレートを、予選でいちばん輝いていたと思うユニットに投票します。

投票結果によって本戦で歌う順番が変化するので、公演ごとに本戦での歌う順番が違ってくるのもリアルなコンテストのようで楽しいですね。

コンテスト本戦ではシャッフルユニットも登場!

休憩が明け、本戦開始が迫るアイチュウたちですが、行方不明になった楽譜はまだ見つからず。何とも言えない雰囲気の中、フランスに研修中の彼らのプロデューサーから電話が!

TN4_5739
▲晃にかかってきた電話を奏多にバトンタッチ。すると奏多からサプライズが……
TN4_5745
TN4_5752

なんとゲネプロ公開日の2月22日は朝陽(ちゃおやん)の誕生日。会場のファンを先導し、サプライズを成功させた奏多のドヤ顔がたいへんかわいいですね!

楽譜が見つからないまま、投票結果の発表を向かえるアイチュウたち。楽譜がなくても、コンテストを最後までやりきると主催たちへ伝えた彼らは、本戦のライブに臨みます。

そして本公演での目玉のひとつ、シャッフルユニットがついに登場!

ゲネプロでは、星夜、虎彦、輝、レオン、リュカのダイヤチームのステージが披露されました。

TN4_5799
daiya
▲さわやかで熱い楽曲を高らかに歌いあげたダイヤチーム。ノリノリの新曲にファンのテンションもアップ!

投票結果で歌唱順が決まるコンテスト本戦。ゲネプロでは、心→TwinkleBell→F∞F→I▼B(※▼はハートマーク)→ArSの順番になりました。

TN4_5829
▲『さよならメモリーズ』
TN4_5879
▲『ミラクル☆トゥインクル』
TN4_5905
▲『I am a HERO!』
TN4_5955
▲『Fly Fly!』
TN4_5992
▲『手を伸ばせ!』

なくなった楽譜の行方は……?

TN4_6025

ライブ後、作曲家の飯田橋のもとへ訪れる心。彼らの会話を聞いてしまった星夜と心の掛け合いを見て、飯田橋はある真実をふたりに告げます……。

TN4_6043

アイチュウたちが集まる部屋に、ひとり戻る心。秘密を抱えたまま、それでも信じてほしいとみんなに伝えます。

星夜が戻らぬまま、本戦の投票時間に。投票方法は、ファンからの応援の音声を数値にするというもの。

TN4_6048
▲アイチュウファンにはおなじみの測定器。この投票で、コンテストの優勝ユニットが決定します!
TN4_6053
TN4_6055
TN4_6056
TN4_6059

それぞれアピールするアイチュウたちの姿に、ファンの声援も力が入ります。

TN4_6060
▲投票中に星夜が楽譜を持って合流! 無事に新曲が見つかったようです。

投票の結果、ゲネプロでの優勝はI▼B(※▼はハートマーク)に決定。ステージでアイステージオリジナル楽曲の『Brand New Day』を披露しました。

TN4_6071
TN4_6090

大団円の後はみんなの笑顔で〆!

コンテストを終え、それぞれ仲間をねぎらうアイチュウたち。

舞台が終わってしまうのは名残惜しいですが、最後にキャスト全員で歌った『We are I★CHU!』の後に、アイチュウたちはステージを飛び出し観客席へ!

通路を進みながらファンサービスを送る彼らに、ファンから声援が飛び交いました。

TN4_6141
TN4_6147
▲写真がぶれてしまっていますが、それでもかわいい!!

最後にはキャスト全員が並んで〆の挨拶。これからの本公演に向けての意気込みを表明し、ゲネプロは終了となりました。

TN4_6154

日替わりのシャッフルユニットや観客による投票で優勝ユニットが変わる舞台『アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』。

当記事でお伝えできたおもしろさはごく一部。伝えきれないほど見どころ満載なアイチュウたちの舞台を、ぜひ劇場でお楽しみください☆

TN4_5437
▲ライターイチオシのアドリブシーンはこちら。黒板の落書きまでかわいいアイチュウたちの魅力をお見逃しなく!

『アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』公演情報

【開催日】
2018年2月23日~3月1日  全9公演

2月23日18時、24日12時/17時30分、25日12時/17時30分、26日休演日、27日12時30分/18時、28日18時、3月1日16時

※23日、27日、28日の4公演終了後、スペシャルアフタートークショーあり。

【アフタートークショー出演メンバー】
23日18時:Twinkle Bel、華房心、27日12時30分:ArS、27日18時:I▼B(※▼はハートマーク)、28日18時:F∞F

【シャッフルユニット出演スケジュール】
23日18時:ハート、24日12時:ダイヤ/17時半:クローバー、25日12時:スペード/17時半:ダイヤ、7日12時半:ハート/18時:クローバー、28日18時:スペード、3月1日16時:全チーム

【出演者】
“F∞F”
愛童星夜役:川井雅弘、湊奏多役:丸目聖人、御剣晃役:小波津亜廉

“I▼B(※▼はハートマーク)”
ノア役:佐川大樹、レオン役:結城伽寿也、黎朝陽役:登野城佑真、ラビ役:須永風汰、リュカ役:田中晃平

“ArS”
日下部虎彦役:綾切拓也、桃井恭介役:神越将、鳶倉アキヲ役:菊地燎、海部子規役:山内圭輔、折原輝役:荒一陽、若王子楽役:岸本卓也

“POP’N STAR”
華房心役:設楽銀河

【会場】
サンシャイン劇場

【主催】
アイ★チュウ ザ・ステージ製作委員会

(リベル・エンタテインメント/ビクターエンタテインメント/キョードーファクトリー)

【制作】
エルアンドエル・ビクターエンタテインメント/キョードーファクトリー

【協力】
サンシャイン劇場、ヤマハミュージックジャパン

▼こちらの『アイステージ』記事もチェック!
裏話続出! 読めば舞台が100倍楽しくなる“アイ★チュウ ザ・ステージ”川井雅弘&設楽銀河インタビュー

新メンバー&ステージパフォーマンスも! 舞台『アイ★チュウ ザ・ステージ』公開制作発表会リポート

ファミ通App for girlsのTwitterやってます! 
女子向けコンテンツ最新情報をチェック!
@girlsApp_m

ban

↑A3!、あんスタ、刀剣、おそ松さんなど
女子向けコーナー展開中!

アイ★チュウ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリズムアクション
メーカーリベル・エンタテインメント
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧