1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 【キャラスト攻略】これから始める人は必見!“デュエル”の基礎講座&おすすめユニット紹介

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【キャラスト攻略】これから始める人は必見!“デュエル”の基礎講座&おすすめユニット紹介

2018-02-20 18:00 投稿

準備が重要となる“デュエル”のポイントを紹介

01

Aimingより配信中の新作RPG『キャラバン ストーリーズ』(以下、『キャラスト』)。皆さんはもうプレイされていますか?

今回は本作の対戦型コンテンツのひとつである“デュエル”を楽しむための準備や、おすすめユニット紹介、立ち回りなどを紹介していく。すでにプレイしている人は復習用に、これからプレイしてみようという人は予習用に要チェックだ。

また、本記事で紹介している内容は、もうひとつの対戦型コンテンツである“コロシアム”でも生かせる内容となっているので、両方で活用してみてほしい。

▼ルールなどさらに初歩的な内容は以下をチェック

デュエル前の準備

本作のPVP要素“デュエル”(およびコロシアム)は、RPGパートと非常に密接な関係となっており、事前に準備をしていくと安心して戦える。

■準備1:ユニットを集めよう

まず最重要事項として、デュエルで編成できるデッキに組み込めるユニットは、プレイヤーがRPGパートで仲間にしたユニットのみということ。

ユニットを仲間にする手段は、ヒーローであればストーリーの進行。ビーストなら戦闘でのテイム。ほかにも運命の箱(ガチャ)などがあり、ユニットの種類が多ければおのずと戦術の幅も広がる。

逆にユニットの数が少ないと、やれることは限られてしまう。とくにビーストには特徴的な能力を持ったものが多々存在し、同じユニットを複数編成することも可能なので、プレイヤー間の差が出やすい。まずはRPGパートをしっかり進めて仲間を集めよう

k02

■準備2:ユニットを育てよう

RPGパートで手に入れたデュエルに使えるユニットは、ほかにもユニットのレベルや装備、スキルの熟練度なども引き継がれた状態で戦いをくり広げることとなる。

このため、経験値ダンジョンや精神と修行の間、経験値取得率上昇の消費アイテムなどを駆使して最低限レベルは上限まで上げておきたいところだ。

デュエルスコアが上昇していくにつれ、マッチングする相手も手練ればかりとなってくる。進化やスキルの強化といった数々の育成要素を駆使してもらいたい。

以下で、入手しやすくデュエルにおいて活躍が見込めるユニットを紹介していく。まずはこのユニットたちを軸に育てて、RPG、デュエルの両方を進めてみてはいかがだろうか?

■おすすめユニット(ヒーロー編)

【ソフィア】

k03

防御力が高く、タンク役としてRPGパートでも活躍が期待できるソフィアはデュエルでも近くの仲間の防御力をあげてくれる。彼女を軸に持久戦に持ち込むのもアリだ。

【マルバス】

k04

遠距離アタッカーのマルバスはストーリーを進めていくだけでも進化させやすいのが特徴。攻撃力も申し分ないので、敵の近接ユニットなら一方的に撃破できるだろう。

【ミンミ】

k05

遠距離範囲アタッカーのミンミは固まった敵すべてにダメージを与えることができる優秀なユニット。敵が複数で攻めてきた場合などの防衛に彼女を使ってみよう。ただし、防御力が低いので、防御力が高いビーストとセットで出したいところだ。

■おすすめビースト

【オオカミ】

k06

最低レア度が★3で即戦力として活躍が狙える。さらにスキルのブリザードで相手を凍らせることもできるので、敵を一方的に倒せることもある優秀なビーストだ。

生息地(ゲーム内図鑑情報より):オレスト渓谷北部、ラナスク平野、チャブ村、スコーフェル山

【アースストーン】

k07

その場から一歩も動かない風変わりなビースト。RPGパートでは、陣形で敵の目の前にくるように配置させ、都度自爆でダメージを稼ぐといった戦い方がいいだろう。デュエルでも同じく、橋を渡ってこようとしているユニットの目の前に出し防衛させつつ、自爆で敵の進行を阻止しよう。

生息地(ゲーム内図鑑情報より):オレスト渓谷北部、ラナスク平野、チャブ村

【メンダコ】

k08

デバフ使いとしての活躍が期待できる1体。スキルで攻撃相手を暗闇状態にできるため、敵の攻撃がミスになりやすくなる。メンダコ1体では防御力にかけるので、防御力の高いユニットとセットで運用していきたい。

生息地(ゲーム内図鑑情報より):ギール青空劇場、ラナスク平野、グアラニ段瀑

デュエルでの立ち回り

つづいては、デュエルでの基本的な立ち回りについて紹介していく。

■その1:最初はコスト10までためろ

デュエル開始の最初のターンはコスト7の状態でスタートする。この際、いきなりユニットを出すのではなく最初はコストをためて10にするといいだろう。こうすることで、ヒーロー+ビーストという形でユニットを展開できる。また、相手の攻めに対して自陣でコスト6のヒーローで防衛し、カウンターでヒーロー2体での攻めに繋げるといった動きも強力だ。

k09

■その2:後出しを心掛けろ

先ほどのコストを10までためるというのは、敵のユニットを見て、対策を立ててから行動に移す戦略も兼ねている。いわゆる“後出し”を心がけるのが基本だ。そうすることで、相手のユニットの“弱点属性”を突くことができ、格上との戦いでも勝機を見いだせる。

以上が、初心者向けのデュエル講座。立ち回りも重要な要素にはなってくるが、何よりユニットの育成度合が大きく明暗を分けることとなる。RPGパートで鍛えた自慢のユニットを駆使して勝利を目指そう!

▼『キャラスト』攻略記事関連リンク

▼初心者向けのプレイ動画はこちら

キャラバン ストーリーズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーAiming
公式サイトhttps://caravan-stories.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧