1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 逆転オセロニア>
  4. 決戦!イベント>
  5. 高難度決戦>
  6. 【逆転オセロニア攻略】“最凶!ライム(激級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介

【逆転オセロニア攻略】“最凶!ライム(激級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介

2018-02-13 18:01 投稿

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!

19a7892917b12cbc1533902826482612_original

詳細はこちら

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

ライム戦・攻略

ライムバナー

“最凶!ライム”は神属性のS駒・ライムを入手できるイベント。

※編集部で確認できた敵駒のみを掲載しています。

クエスト情報

ステージ数:3
相手リーダーの属性:神
敵HP
1戦目:20000
2戦目:21000
3戦目:24000
ライム(進化)ライム(闘化)
▲ドロップ入手できるライム。進化は防御、闘化は使い勝手のよい3ターンバフが特長。

攻略ポイント

呪い・毒が有効
イベントを通して特殊ダメージが大幅に軽減される。魔をメインとした呪いや毒持ちが有効だ。
特殊ダメージ罠が有効
被ダメージが高い。特殊ダメージ持ちも多いため、イヴェットやピリキナータを仕込んでおけば大ダメージを返せる。
竜デッキはNG
ステージ2では、竜リーダーに12倍のバフコンボを持つ専用駒と竜のATKを10%にする駒が登場。竜デッキは避けよう。

オススメの駒

ベルゼブブ(闘化)ベルゼブブ(闘化)
最強の呪い持ち。持っているorフレンドにいれば魔染めにしてぜひ連れていこう。
ロスカ(闘化)ロスカ(闘化)
召喚駒のルーシーが強力。呪いだけでなく、強力なカウンターとしても機能する。

デッキ構築例1(呪いメイン)

ライム戦呪い
S駒:ヴォルート、ククルカ、ベルゼブブ(闘化)、トゥナトゥナ、クローマ
A駒:セリーヌ、ビビ、奏庵、ルーティル、徐庶、リューク、黄金リッチ、ピリキナータ、イヴェット
B駒:ツヴァイクフント×2
【ポイント】
呪い持ちを多めに編成したデッキ。ストラクチャーセットも含め構築難度は高いが、効率よくクリアーしやすい。

デッキ構築例2(呪い少なめ)

ライム戦呪い少なめ
S駒:ロスカ(闘化)、アズリエル、エクローシア(闘化)、ルエド
A駒:トウーミエ、ブライダル・ポーリュプス、黄金リッチ、ブランジェッタ(闘化)、アゲハ(闘化)、サリー、ジルドレ、ピリキナータ、サマー・ルサリィ、イヴェット、ポーリュプス、バンシー
【ポイント】
ロスカをトップに、毒、罠、カウンターを軸に編成。ステージ3は返されない位置に早めに置くことが難しいため、ヘイラントップの場合は注意。

ステージ1

ライム_ステージ1
【敵が使用する駒】
ライム(進化)⇒セツナ⇒金色フギン&ムギン⇒祝融⇒アルベルダ⇒ライム(進化)⇒イクシラ⇒アムジェラアンドロメダ(進化)⇒フェアリーフェンサー⇒八房⇒オキクルミ
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります
【ステージ専用駒】
◆左上
┗コンボ:500オルス
◆右上
┗コンボ:5000特殊ダメージ
◆左下
┗スキル:特殊ダメージ30%防御(6ターン)
┗コンボ:110%特殊ダメージ
◆右下
┗スキル:通常ダメージ50%防御(6ターン)
┗コンボ:3250特殊ダメージ

ステージ専用駒のコンボスキルはいずれも危険。導線がつながる場合は、罠やカウンターで対策しつつ立ち回ろう。セツナが召喚するクオンのコンボが危険なため、早めに返しておきたい。

オススメ定石の例

ライム_ステージ1_オススメ
▲○のマスからはじめよう。残りふたつのマスからの場合、ステージ駒のコンボ導線がつながってしまう。

ステージ2

ライム_ステージ2
【敵が使用する駒】
ライム(闘化)⇒アシュナリー(闘化)⇒ルイザ⇒レーティア⇒アリス(闘化)⇒ライム(進化)⇒ユルグ⇒レクシア(スキル特殊ダメ闘化)⇒アストライア⇒金色アラジン⇒迦楼羅(進化)⇒女神像(竜駒のATK90%現)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります
【ステージ専用駒】
◆左上
┗コンボ:リーダーが竜駒の際に12倍バフ
◆右上
┗スキル:1ターン後に1.4倍バフ
┗コンボ:100%特殊ダメージ
◆左下
┗スキル:4000特殊ダメージ(3ターン後)
┗コンボ:1.4倍特殊ダメージ(HP50%以下)
◆右下
┗スキル:特殊ダメージ50%防御(6ターン)
┗コンボ:通常攻撃の110%特殊ダメージ

攻撃的な駒が多数登場。本ステージでは通常ダメージが軽減されないため、バフスキルなども活かしやすい。

3手目には、オルロ・ソルシエの特殊ダメージが確実に飛んでくるため、事前にイヴェットなどが手駒にいれば優先的に使っておきたい。

つぎの最終ステージに備え、ムリのない範囲で回復マスは踏んでおこう。

オススメ定石の例

ライム_ステージ2_オススメ
▲左上のステージ駒は、竜リーダーを対象にしたコンボを持つ。ほかの属性ならば○のマスから始めたほうが安全だ。

ステージ3

ライム_ステージ3
【敵が使用する駒】
ライム(闘化)⇒スーリヤ⇒ハクアラニ(進化)ライム(闘化)ゼルエル(闘化)⇒ジークフリート(闘化)ニコ(闘化)ローラン(闘化)
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります
【ステージ専用駒】
◆左上
┗スキル:特殊ダメージ10%防御(6ターン後)
┗コンボ:110%特殊ダメージ
◆右上
┗スキル:特殊ダメージ10%防御(8ターン後)
┗コンボ:1000オルス
◆左
┗スキル:特殊ダメージ10%防御(7ターン後)
┗コンボ:1.6倍特殊ダメージ(2枚以上返し)
◆右
┗スキル:160オルス(2ターン後)
┗コンボ:1.7倍バフ(2枚以上返し)
◆左下
┗スキル:特殊ダメージ10%防御(9ターン後)
┗コンボ:2.5倍バフ
◆右下
┗スキル:通常攻撃10%防御
┗コンボ:3250特殊ダメージ

通常・特殊ダメージともにまともに通らないため、呪いや毒を積極的に使っていこう。

また、強力なアタッカーが連続するため、安易に導線をつながせるとすぐに負けてしまうこともありえる。

出現する駒の中ではライム(闘化)がもっとも危険。スキルで常時バフを持つうえ、ステージ専用駒の存在により、コンボは確定で1.7倍。ハクアなどのアタッカーに導線を渡さないことはもちろん、ムリのない範囲で返していきたい。

オススメ定石の例

ライム_ステージ3_オススメ
▲どこからも始めてもステージ駒への導線が通ってしまう。敵の動き次第ではあるが、○のマスからならば比較的被害が少ない。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

『逆転オセロニア』のお役立ち情報満載!

⇒初心者必見の効率的な進めかたまとめ
⇒おすすめイベント入手駒10選
⇒通常クエストで手に入る進化素材まとめ
⇒進化素材まとめ&亀クエ時間割
⇒スキル上げに使える駒まとめ
⇒通常クエストで手に入るオススメBキャラ9選
⇒初期キャラ9体の性能を徹底評価
⇒ダメージ計算式とスキルを理解してバトルをもっと有利に
⇒相手が使ったら要注意!コンボスキルが超強力な駒5選
⇒罠駒の種類と対処方法

▼『逆転オセロニア』初の公式ビジュアルファンブック好評発売中!

19a7892917b12cbc1533902826482612_original

詳細はこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧