1. サイトTOP>
  2. 【ファイトリーグ】“FIGHT LEAGUE 闘会議 SPECIAL STAGE”リポート【闘会議2018】

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【ファイトリーグ】“FIGHT LEAGUE 闘会議 SPECIAL STAGE”リポート【闘会議2018】

2018-02-11 18:30 投稿

トップリーガーによる白熱のバトル!

DVodfs3WsAALqZa

2018年2月10~11日の2日間、千葉・幕張メッセにて開催された“闘会議2018”。

その2日目、XFLAGブースにて行われた、『ファイトリーグ』トッププレイヤーたちによる大会、“FIGHT LEAGUE 闘会議 SPECIAL STAGE”の様子をお届けする。

GrabberRaster 0009
▲登壇者一覧。左から、アシダJr.、バイソンおーた、ゴー☆ジャス、中原麻衣。

“トップリーガー杯”概要

GrabberRaster 0015

出場チーム

負け知らず

GrabberRaster 0017
GrabberRaster 0019
『ポケモン』世界チャンピオンのビエラと、『ハースストーン』日本チャンピオンのSweepによるタッグ。

CQCQ

GrabberRaster 0020
GrabberRaster 0022
公式オフライン大会“トップリーガーズアリーナ”常連の、“なる”と“びーはち”によるタッグ。

Ryuji&めーや

GrabberRaster 0024
GrabberRaster 0026
“トップリーガーズアリーナ”を2度制覇したRyujiと、トッププレイヤー“めーや”によるタッグ。

アシダJr.の先輩

GrabberRaster 0029
GrabberRaster 0031
XFLAGの中の人、ぱなえとベイビーかわけによるチーム。

負け知らず VS アシダJr.の先輩

第1試合

○負け知らず:十八番街&GGG
●アシダJr.の先輩:十八番街&JP(先攻)

“アシダJr.の先輩”は守備に徹するゲーム運びを展開。“負け知らず”は、敵ファイターの除去とリーダーへのダメージを両立する理想的な立ち回り。

後半、“アシダJr.の先輩”はようやく攻撃に転じるものの、押し切られる形で敗北。始終優勢のまま、“負け知らず”が第1戦を勝ち取った。

GrabberRaster 0056
▲“負け知らず”は、攻撃力をアップする10番のファイターを敢えて除去せず、リーダーを直接攻撃する攻めを選択。ここで一気に差が開いた。

第2戦

○負け知らず:アスクリ&JP
●アシダJr.の先輩:GGG&GGG(先攻)

“アシダJr.の先輩”は、両名ともGGGを選択する尖った組み合わせ。“負け知らず”はアスクリによる攻めとJPの汎用性を活かしつつ、中央のラインを堅実に確保。

“アシダJr.の先輩”はエイミーによるバフをうまく使い、敵リーダーへの攻撃に成功。“負け知らず”を防戦に回らせることに成功する。

しかし終盤、“負け知らず”がリーダーのプロテクターにより延命。さらにネネメタルのバーンによってダメージを加速させ、第2戦も勝ち取った。

GrabberRaster 0062
▲“アシダJr.の先輩”はFB(ファイティングバースト)でアーツを増やし攻撃に転じたが、8番に置けば、“負け知らず”の攻撃を潰せる可能性もあった。

CQCQ VS Ryuji&めーや

第1試合

○CQCQ:十八番街&GGG
●Ryuji&めーや:トイズ&十八番街(先攻)

“CQCQ”は、十八番街の一刻ニャニャコロビを活かしつつ、FBとレンチで大幅なバフ。“Ryuji&めーや”に勝負を仕掛ける。

さらに“むつき”による攻撃無効も活用し鉄壁の布陣。互いのHPは拮抗したものの、最終的には“CQCQ”が第1戦を制した。

GrabberRaster 0089
▲“CQCQ”によるニャニャコロビの使いかたが絶妙。出現したマスも非常によく、一瞬のチャンスをものにしたことが勝利へとつながった。

第2戦

○CQCQ:アスクリ&トイズ
●Ryuji&めーや:十八番街&GGG(先攻)

“Ryuji&めーや”は初手にラムちゃんを配置。これに対して序盤から“CQCQ”はハーモニーを使用。敵ファイターを除去しつつプレッシャーを与えていく。

互いに5分の体力差のまま中盤戦に突入。“CQCQ”はプロップによる敵除去のうえ、入れ換えスキルでハーモニーの召喚に成功。一気に優勢に立つ。

続いてFBによるリーダーへの直ダメージも加わり、第2戦も“CQCQ”が勝利した。

GrabberRaster 0123
▲この局面、“CQCQ”のプロップによる守りが秀逸。さらにハーモニーも呼び寄せたことが勝利を後押しした。

決勝戦:“負け知らず”VS“CQCQ”

第1戦

○負け知らず:十八番街&GGG(先攻)
●CQCQ:十八番街&GGG

“負け知らず”は初手で“むつき”を使用。プレッシャーを与えつつ、リーダーにバリアを展開し攻撃をしのぐ。

“CQCQ”は、“負け知らず”の危険ファイター・我武者羅の処理に徹する立ち回り。“負け知らず”は一刻ニャニャコロビが最高のマスに出現。ランたんによる回復も手伝い優位に立ち、そのままの勢いで第1戦は“負け知らず”が勝利した。

GrabberRaster 0152
▲“負け知らず”のニャニャコロビの使いかたが勝敗を分けた。

第2戦

●負け知らず:アスクリ&JP(先攻)
○CQCQ:アスクリ&トイズ

“負け知らず”はバランス重視のタッグ、“CQCQ”は攻撃重視の組み合わせ。

互いに序盤から大ダメージの応酬。“負け知らず”は亀田による大ダメージで敵リーダーのHPを削っていくものの、結果として“CQCQ”のファイターを存命させてしまうことに。ここから状況が大きく動き、第2戦は“CQCQ”が勝利した。

GrabberRaster 0183
▲勝負の決め手となった局面。ここから“CQCQ”が怒濤の攻めを展開した。

第3戦

負け知らず:アスクリ&JP
CQCQ:十八番街&GGG(先攻)

“負け知らず”は初手からやむなくアスクリで守りに回る状態。“CQCQ”は長射タイプで敵リーダーを攻撃しつつ、自陣リーダーの正面8番を守る巧みな配置を披露。

さらに“CQCQ”はそのままファイターを増やし続け猛攻。始終リードを奪い続け第3戦を勝利。“トップリーガー杯”を制した。

GrabberRaster 0234
▲ニャニャコロビを召喚するFBが勝利の決め手に。
FL109
 FL140
▲優勝チーム“CQCQ”にはメダルと記念ボードが贈られた。

ファイトリーグ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://fight-league.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧