1. サイトTOP>
  2. 間もなくリリース!話題作『キャラバン ストーリーズ』配信直前特集その1“いまさらだけど『キャラスト』ってどんなゲーム?”

間もなくリリース!話題作『キャラバン ストーリーズ』配信直前特集その1“いまさらだけど『キャラスト』ってどんなゲーム?”

2017-11-25 18:00 投稿

【Amazonでこの本を購入する】

初見さんにもわかりやすく『キャラスト』の内側と外側を紹介

01_キービジュアル

AimingのMMORPG『CARAVAN STORIES(キャラバン ストーリーズ)』(以下『キャラスト』)の配信が間近に迫りはじめてきた今日このごろ。しかし、過去の情報や生放送などを見逃し続けてしまい、イマイチブームに乗り切れてないというソコのアナタ!

そんなアナタも本記事をチェックすればブームに乗り遅れず本作を配信開始時から楽しめること間違いなし。ということで、さっそく『キャラスト』がどんなゲームなのか?  配信開始までどのような活動を行ってきたのかについてポイントを抑えつつ紹介していこう。

※記事で使用されているゲーム画像は開発中のものになります。

『剣と魔法のログレス』開発の“Aiming”が贈るハイクオリティ作品

本作は、『剣と魔法のログレス いにしえの女神』、『ロードオブナイツ』、『ロストレガリア』など、数々のスマホゲームを開発・運営してきたAimingがスマホでの限界に挑むべく開発を進めてきた大作。

限界に挑んだ部分は? と、聞かれれば、ゲーム内世界全体の広大な3Dグラフィック、プレイヤーアバターをはじめとしたまるでそこに生きているかの如く動き出すキャラクター、戦闘時の演出・各種エフェクト、物語を彩るムービーなどなど数をあげればきりがないほどである。

もちろん操作性やUI関連も抜かりは無く、スマホへの最適化を行っていく中で、βテストの意見なども真摯に受け取り、より遊びやすく進化をし続けているのだ。たとえばタップ操作のみだったのが、疑似コントローラによるスワイプ操作にも対応したことなどが挙げられる。

02
▲プレイヤーアバターや生い茂る木々、家屋などすべてがきめ細やかに描かれているのがお分かりいただけるだろう。

そんな本作は、スマホゲームでありながらコンシューマーゲーム顔負けのクオリティを実現しており、掌に広がる広大な世界をみずからの足で冒険するリッチなRPG体験が魅力。ほかのユーザーとの協力要素や、対戦といったやり込み要素がふんだんに用意されている点にも注目したい。

02
▲通常攻撃のみ常時オートで、個々のスキルはセミオートとなる。右上のアイコンをONにすることでフルオートによる楽々プレイも可能だ。

基本は主軸となるクエストをこなしていくのだが、話しかけることでさまざまなサブクエストやミッションを依頼してくるNPCが多数存在しており、これらをクリアーすることで、キャラの進化や武器の強化に必要な素材やゴールド、ガチャなどに利用可能な幻魔石が入手できる。

最短距離で進めるのもアリだが、回り道をしてみるのも本作を深く遊ぶためには大事な要素だ。

03
▲敢えて回り道をしてサブクエストなどを消化していくのもRPGの醍醐味と言える。

キャラの成長要素もやり応え抜群となっている。基本的なレベルは勿論、レア度を上昇させる進化。レア度最大値からレベルをさらに上乗せする限界突破。さらに各種装備など、突き詰めれば果て無き旅路とも思える数々の要素がキャラひとりひとりに用意されている。

また、敵として登場する“ビースト”は倒すことで味方にし、ともに戦う仲間にすることができる。総数100を超えるビーストを集めることも、本作の楽しみかたのひとつとして挙げられる。

04
▲各キャラごとに攻撃特化、防御特化、魔法攻撃特化などなどバトルスタイルにあわせて千差万別。そんな彼らから最強パーティーを編成するのも楽しみのひとつと言えるだろう。

上記のほかにも、“デュエル、コロシアム”という対戦要素や、異世界から侵略してきた不気味な存在をほかのプレイヤーたちと協力して撃破する“レイドボス”が用意されている。

“デュエル、コロシアム”はそれまでのゲーム性とは異なるほぼ完全な別ゲーと言えるクオリティに仕上がっている。こちらは別記事で深く掘り下げる予定なのでお楽しみに。

03
▲デュエルの様子。通常のバトルとはまったく異なる、“戦略型ストラテジー要素”が強いシステム。

レイドボスに関しては、『キャラスト』公式Twitterでも触れられているのだが、非常に強力でまがまがしい存在が『キャラスト』の大地に突如出現するとのこと。出現の仕方も斬新で、空から飛来するのだ(この登場に関しては実際にゲームをプレイし、その目で確認してもらいたい)。

非常に強力なレイドボスたちは、ソロで撃破が非常に難しいまさに強敵と言える存在。さまざまな部位をほかのプレイヤーたちと協力して攻撃し続け、レイドボスたちの弱点“コア”を打ち砕き、勝利を手にしよう。

04
▲エンドコンテンツのレイドボス。禍々しい見た目に相応しい実力を兼ね備えている模様。

タイトルにもある“キャラバン”は各プレイヤーの相棒

そんな本作を紹介するうえで忘れてはいけないのがタイトルにもある“キャラバン”の存在だ。

05

この生き物のようにも見える乗り物がキャラバンで、マップ移動中はプレイヤーアバターといっしょに移動することになる。内装・外装の2種類のカスタマイズ要素があり、内部は箱庭、外部はアバターのように見た目の変更が可能だ。

キャラバンの見た目は、フィールドでほかのプレイヤーの目に入るので、自慢できる要素としても楽しめるだろう。

内部では各種生産施設を建設し、時間経過で溜まるゲーム内通貨を回収したり、本作のガチャ要素施設を建設し、有償ガチャにチャレンジしたりといったことが可能だ。プレイヤーの冒険に欠かせない相棒とも言える“キャラバン”をキミ色に染め上げてみてほしい。

05
▲キャラバン内部。上でも紹介した通り箱庭要素のように、さまざまな施設を作成し、設置していく。
06
▲中にはキャラの装備を作成する施設も。素材を集め、強力な力を秘めた装備をキミの手で生み出してみてはいかが?

ふたつの項目で紹介させていただいた『キャラスト』のゲーム内容紹介に関しては終わりとさせてもらう。最後にまとめると“スマホRPGとしては類を見ないクオリティ。本作ならではの遊びが充実したやらなきゃ損なタイトル”と、自信を持って推せる。ぜひ、遊んでみてもらえればと思う。

オーディション、アイドルグループの設立など独自のアプローチで注目を集める

続いては本作のタイトルが正式に発表された2017年5月下旬からの“ならでは”の宣伝手法の数々を紹介。

■MMORPG初の2.5次元アイドルグループ“ゆめふわマカロン”誕生

本作では、ゲーム内にアイドルを目指すキャラクターが登場するのだが、そんなキャラクターたちを演じる声優3名を起用した2.5次元アイドルグループ“ゆめふわマカロン”が『キャラスト』を盛り上げるために誕生した。

01_集合
キャラスト_0723_01

彼女たちはこれまで『キャラスト』公式生放送や、ラジオ番組への出演、さらにはCDデビューやライブなど、さまざまな方法で活動してきた。まさに、『キャラスト』の看板キャラクターと言えるだろう。配信開始後も彼女たちをゲーム内外で応援してもらえればと思う。

■イラスト、声優など各種オーディション実施

『キャラスト』を多角的に盛り上げていく手段のひとつとして、本作に登場するキャラクターの声優オーディション、ならびにキャラクターイラストオーディションなどが実施されてきた。

これは、本作の開発コンセプトのひとつ“みんなで作る”を形にした施策のひとつとして実施され、各オーディションのグランプリは実際に『キャラスト』の一員としてゲームに名を刻むことができている。

キャラスト_0723_06

■公式生放送をこまめに配信

スマホ向けアプリの公式生放送と聞くと、そこまで珍しくない印象だが、本作は配信開始前から何度も公式生放送を実施するというほかではあまり見られないことをやってきた。

その中にはクローズドβテスト版のゲーム画面を先行披露したり、先ほどのオーディションの最終審査の様子を配信したりと、『キャラスト』を楽しみにしているユーザーが本作の開発の進捗を見て取れるようにするといった考えがあった模様。

以上のほかにも、これまでに数々のアプローチを行ってきた本作。もちろんこれらの一部は配信開始後も続いていくものと思われるので、そういった情報を追いかけて、『キャラスト』の世界をゲーム内外両方で堪能してみてもらいたい。

ということで、『キャラスト』を知らないという初見の皆様に向けてお送りしてきた『キャラスト』まとめ情報はいかがだっただろうか? 本作の配信開始を盛り上げる記事を順次公開していくので、次回以降の記事もお楽しみに!

キャラバン ストーリーズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーAiming
公式サイトhttps://caravan-stories.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧