ドラゴンクエストライバルズ 攻略まとめ

ドラクエライバルズ攻略まとめ。現環境での最強デッキを紹介。リーダー別のおすすめカードも。

ドラゴンクエストライバルズ【ドラクエライバルズ攻略】 盤面処理は全キャラ最強?いま流行の“ハンドアリーナ”レシピデッキ案

ドラゴンクエストライバルズの攻略記事

【ドラクエライバルズ攻略】 盤面処理は全キャラ最強?いま流行の“ハンドアリーナ”レシピデッキ案

2017-11-14 22:03 更新

最弱キャラではなかった!?

これまで最弱キャラと思われていたアリーナだが、最近はとあるデッキが注目を集め、トップメタに食いこむ勢いで活躍を見せている。それが“ハンドアリーナ”である。

ここでは、『ドラゴンクエストライバルズ』の“ハンドアリーナ”のデッキレシピや戦いかたを紹介していく。

(※ハンドアリーナは、いわゆるコントロールデッキで、高コストのカードが多めのデッキ。ハンドとは手札のことであり、アリーナ特有の武術カードを駆使し、豊富な手札で相手のユニットを除去していくデッキとなる)

【“ハンドアリーナ”のポイント】
・つねにテンションを貯めることを念頭にプレイ。序盤をいかにしのぐか
・アリーナ最大の強み! 武術カードを有効に使おう
・リソース勝負になれば負けない! 無類の強さを誇る終盤

デッキレシピ案

ハンドアリーナ

【デッキコード発行はこちら】

【デッキリスト】
あしばらい 2枚 / ちからの指輪 2枚 / メラゴースト 2枚 / おおくちばし 2枚 / タイガークロー 2枚 / たけやりへい 2枚 / イエローシックル 2枚 / まわしげり 2枚 / ガチャコッコ 2枚 / はぐれメタル 2枚 / オークキング 2枚 / キラーマシン 2枚 / アンルシア 1枚 / ハッサン 1枚 / ゴールドフィンガー 1枚 / りゅうおう 1枚 / シドー 1枚 / ゾーマ 1枚

使用感

テンションスキルのおてんば姫がとにかく強い。ひたすらカードを引き、最終的にハンドアドバンテージの差で押し切るのがハンドアリーナの特徴だ。

その戦力上、後半になればなるほど手札が貯まって有利になるが、どうしても序盤はテンションを貯めるためにMPを使わねばならず、押されやすい。とくにアグロゼシカテンポゼシカなどは天敵である。

中盤以降はテンションスキルによって引き込んだ各武術カードを上手く使おう。飛びげりやストレートパンチなどを絡めると、アリーナの盤面処理能力はかなり高いものとなる。

そして、相手の手が止まったところが反撃のタイミングだ。手札の数では負けないので、丁寧にユニット同士の1対1トレードを仕掛けていけば負ける道理はない。コントロール系のデッキに対しては無類の強さを誇るぞ。

このハンドアリーナは勝負が長引けば長引くほど有利になっていくデッキで、相手の戦法や切り札をすべて封殺するのがコンセプトだ。実際にプレイされたカードから相手の手札やデッキに残っているカードを予測し、読み切った上で勝負をかけることになる。豊富な知識と的確なプレイが求められる、上級者向けのデッキと言えるだろう。

つねにテンションを溜めることを念頭にプレイ! 序盤をいかにしのぐか

アリーナの最大の強さはテンションスキルの優秀さにある。しかし、テンションスキルを使うためには毎ターンMP1を消費することになり、序盤をなるべく低コストのユニットや特技でしのがなければならない。

あしばらいは攻撃力2以下のユニットを消費MP1で無効化できるし、ちからの指輪をアリーナに使えば、同じく消費MP1でHP2以下のユニットを撃破できる。(反撃で自身のHPも削れることになるが)

また、アリーナには前列にダメージを与えるユニットや特技があるため、対戦相手は後列にユニットを出して来ることが多い。そこをおおくちばしで狙ったり、メラゴーストとのコンビでユニットを撃破するなどの工夫が必要になる。 いずれも消費MP1なので、テンションを溜めながら使用できるぞ。

いまや環境を定義する最強ユニット、亡者のひとだまをいかに撃破するかもアリーナの課題だ。今回のデッキレシピでは、はぐれメタルにちからの指輪やたけやりへいの効果を用いることで、なんとか素早く倒そうと試みている。

119310メラゴースト
ユニット(ベーシック)
テンションリンク:自分と相手の最大MPが1増える
542843おおくちばし
ユニット(スタンダードパック)
後列にいるユニット1体に1ダメージ
181985亡者のひとだま
ユニット(スタンダードパック)
このユニットは効果の対象にならない

アリーナ最大の強み! 武術カードを有効に使おう

アリーナはテンションスキルによってデッキからカードを1枚引くとともに、ランダムな武術カードを手に入れることができる。

武術カードは全部で3種類。カードを1枚引ける“精神統一”、何にでも1ダメージ与えることができる“ストレートパンチ”、ユニット1体の位置を前後入れ換える“飛びげり”だ。

どれも非常に強力で、精神統一なら実際にテンションスキルでカードを2枚引いたようなものだし、ストレートパンチはメラゴースト、おおくちばし、キラーマシンといったユニットと合わせて使うと非常に強力なユニット除去方法になる。

飛びげりは場合によっては無意味なカードだが、まわしげりやハッサンが手札にある状態だとこの上ないほど凶悪なカードに化ける。ちなみに、におうだちを持つユニットに対して使うことで効果を発動させないようにすることもできるので、覚えておきたいテクニックだ。

455063まわしげり
ユニット(スタンダードパック)
前列にいる全ての敵ユニットに4ダメージ
275393ハッサン
ユニット(スタンダードパック)
前列に召喚した場合 1マス前にいる敵ユニットに5ダメージ

リソース勝負になれば負けない! 無類の強さを誇る終盤

アリーナの豊富な除去手段と圧倒的な手数を駆使すれば、終盤には相手のユニットも、手札のカードも尽きてくるはずだ。

タイミングをみて、キラーマシン、りゅうおう、ゾーマなどで決着をつけに行こう。とくにキラーマシンは2回攻撃を持っているため、攻撃力を上げるカードと相性がいい。一気に10点、14点といったダメージを叩き出すことも珍しくないぞ。後半に引いてしまったちからの指輪やたけやりへいが有効活用できる。

また、コントロール系のデッキに必ずと言っていいほど入っているりゅうおうは1枚のカードで対処が難しい強力なユニットだ。しかし、アリーナの場合はゴールドフィンガーでいとも簡単に処理することができる。

さらに、アンルシアなどで無効化されたこちらのゾーマに対してゴールドフィンガーを使うことで、攻撃力を10に戻すこともできるぞ。意外と重宝するカードだ。

287385ゴールドフィンガー
特技(スタンダードパック)
ユニット1体を封印し6ダメージを与える
176603キラーマシン
ユニット(スタンダードパック)
2回攻撃
召喚時:敵ユニット1体に2ダメージ
205602りゅうおう
ユニット(スタンダードパック)
死亡時:正体をあらわす(7/7超貫通持ちのドラゴン)
591810ゾーマ
ユニット(スタンダードパック)
召喚時:闇の衣を得る 相手のデッキの1番上に光の玉が置かれる

各リーダー(クラス)の評価

テリーゼシカアリーナククール
テリーゼシカアリーナククール
トルネコミネアピサロ
トルネコミネアピサロ

ドラゴンクエストライバルズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttp://www.dragonquest.jp/rivals/
配信日配信中
コピーライト

関連ツイッター

ピックアップ 一覧を見る