シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース】RAGEファイナリスト全選手の使用デッキ一覧

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース】RAGEファイナリスト全選手の使用デッキ一覧

2017-09-18 15:12 投稿

ファイナリストが持ち込んだデッキ一覧

優勝賞金400万円をかけてトッププレイヤーたちが熱いバトルをくり広げる“RAGE vol.5 with シャドバフェス”が、東京ビッグサイトで開催された。

ここでは、決勝大会まで勝ち残ったファイナリストたちが大会に向けて仕上げたデッキを紹介していく。

Surre選手

【持ち込んだデッキ】
・コントロールヴァンパイア
・ヘクターネクロ
・ランプドラゴン
コントロールヴァンパイア
Surre01
数多くの体力回復カードと全体除去黙示録でアグロに対して非常に強く戦えるデッキ。オーディン、バハムートも採用しており、ドラゴンとも真正面からでも戦えるレシピとなっている。
ヘクターネクロ
Surre02
 ヘクターでのフィニッシュを見据える一般的なミッドレンジネクロ型。不死の大王を採用し、長期戦でも戦えるデッキとなっている。
 ランプドラゴン
Surre03
 サハクィエル軸のランプドラゴン。サハルシコンボでドラゴンの得意の終盤戦まで持ちこみやすい調整。連なる咆哮、ゼウス、オーディンなどで対ドラゴンでも有利に戦いやすくなっている。

kira選手

【持ち込んだデッキ】
・超越ウィッチ
・ヘクターネクロ
・ニュートラルビショップ
超越ウィッチ
kira01
 ウィンドブラストを3枚、炎の握撃を2枚採用しており、大型フォロワーの処理もしやすい形の超越ウィッチ。ドラゴンにぶつけたいという思いだろうか?
 ヘクターネクロ
kira02
 ヘクターを軸としたミッドレンジネクロ。よろめく不死者、闇の従者とのコンボが強いウルズや、アグロデッキの攻撃をしのげる死の祝福など、状況によって非常に強い動きが可能となるカードを1枚刺ししているのが印象的。
 ニュートラルビショップ
kira03
 ガルラ3枚採用と、獅子展開以外にも5ターン目三月ウサギのお茶会、6ターン目ガルラという強い動きもしやすい調整。場のフォロワーがさばかれてもギルガメッシュによるフィニッシュも狙えるため、ある程度長期戦も戦えるデッキとなっている。

りんご選手

【持ち込んだデッキ】
・ヘクターネクロ
・ニュートラルビショップ
・魔海ランプドラゴン
ヘクターネクロ
りんご01
 ヘクターを軸としたミッドレンジネクロ。確定除去が非常に多いため、ニュートラルビショップによる大量展開、ランプドラゴンによる大型フォロワーの処理もしやすい。1枚刺しの冥河の導き手でヘクター・大王の再利用も可能と、息長く戦えるようになっている。
 ニュートラルビショップ
りんご02
 全体的にオーソドックスなニュートラルビショップ。エルタの2枚採用により、強固な盤面を形成した後のバハムートによる一掃をケアしやすいレシピとなっている。
 魔海ランプドラゴン
りんご03
 豊富な除去やPPブースト、サハルシ、サハイスラなどのコンボで序盤・中盤をしのぎ、フィニッシャーの魔海の女王へ繋げるのが基本的な戦いかた。うまく回ればどのデッキに対しても勝てる圧倒的パワーを持っている。

ファント選手

【持ち込んだデッキ】
・ニュートラルウィッチ
・ヘクターネクロ
・ニュートラルロイヤル
 ニュートラルウィッチ
ファント01
 御言葉の天使、ヘクトル、死の舞踏、変異の雷撃と直接ダメージ手段が多いアグレッシブなアグロデッキ。オズによる手札補充、ギルガメッシュの疾走と序盤をさばかれても戦える構成となっている。
 ヘクターネクロ
ファント02
 闇の従者、ネクロアサシン、骨の貴公子、ケルベロス、死の祝福を2枚ずつ採用しており、状況に合わせて柔軟に戦いかたを対応できる構成。ネクロのグッドスタッフのようなデッキ。
 ニュートラルロイヤル
ファント03
 ツバキ、ファングスレイヤーなど大型フォロワーを除去しつつ、相手リーダーへダメージを見こめるカードを採用しており、コントロールデッキにさばかれてもこれらのカード+アルベールでフィニッシュを狙えるデッキとなっている。

オチ選手

【持ち込んだデッキ】
・アグロヴァンパイア
・潜伏ロイヤル
・アグロネクロ
アグロヴァンパイア
オチ01
デモンストライクも採用しているゴリゴリのアグロデッキ。コスト6以上のフォロワーを採用しておらず、即座にカラボスをプレイしてもPPが伸びなくなるデメリットを軽減している。
潜伏ロイヤル
オチ02
こちらもアグロタイプのデッキ。旅ガエルを軸にしたデッキと思いきや採用枚数が2枚に抑えられている。コストの軽いフォロワーに疾走と潜伏が多く、エフェメラが3枚採用されている点、コスト5以降はすべての採用カードに疾走が含まれるため、先攻時の爆発力に注目だ。
 アグロネクロ
オチ03
魔将軍・へクターを採用していないアグロデッキ。オチ選手は3デッキすべてアグロタイプのものを選択している。妨害手段がなければ浅いターンで一気に11点を削り取る“ココミミハウル”のコンボを軸に、ダメージを底上げするエフェメラ、場持ちの良さを提供するボーンキマイラ&骨の貴公子と序盤~中盤にかけてのキルルートが多彩。

misobon選手

【持ち込んだデッキ】
・ニュートラルビショップ
・ニュートラルウィッチ
・ヘクターネクロ
ニュートラルビショップ
misobon01
2017年9月18日現在、目下大流行中のニュートラルビショップ。早い段階でイーグルマンや黄金郷の獅子を引き込めていて、かつゴブリンからテンポよくスタートできれば無類の強さを発揮するデッキだ。これらのカードのコストを一気に3下げるゴブリンプリンセスを3枚採用しているため、一気に強固な盤面を構築することが可能。5ターン目付近の爆発力に注目したい。
ニュートラルウィッチ
misobon02
攻撃的なデッキでありながら豊富な手札補充手段を持つニュートラルウィッチ。オズの大魔女→変異の雷撃は攻守にわたり強力なウィッチならではの武器。ニュートラルビショップやドラゴン(魔海の女王)が押し付けてくる強烈な盤面に対して回答手段になり得るため、極端に不利なデッキが存在しない。
 ヘクターネクロ
misobon03
不死の大王、魔将軍・へクターのコスト7を象徴する2大フォロワーをフル投入したミッドレンジタイプのデッキ。自壊要素の強いデッキかつ、ネクロマンス効果を持つカードが少ないため、1枚だけ採用したデスタイラントのネクロマンス条件を満たしやすい。現環境を象徴するデッキタイプなだけあり、デッキパワーは誰もが認めるところだろう。

あぐのむ/SVG選手

【持ち込んだデッキ】
・ヘクターネクロ
・ニュートラルビショップ
・魔海ランプドラゴン
ヘクターネクロ
あぐのむ01
採用フォロワーの分布は低コストに寄っているが、冥河の導き手や不死の大王&魔将軍・へクターの存在から長期戦を本領としたデッキに見える。ソウルコンバージョンとデーモンイーターが回りはじめると手札が減らないデッキなので、序盤~中盤は大量の低コストフォロワー群で捌き、7PP以降からは不死の大王&へクターを軸に物量で圧し潰していく。安定感が高く、わかっていてもこの勝ち筋を潰しにくい点がこのデッキの強みだろう。
ニュートラルビショップ
あぐのむ02
ニュートラルフォロワーと黄金郷の獅子&イーグルマンのシナジーを軸にしたニュートラルビショップ。注目点はコスト2の枠に彷徨の詩人・エルタが採用されているところだろう。このフォロワーは進化後にしか効果を発揮しないが、ファンファーレの封印は強力。エルタにEPを使い、かつ相手ターンまで生存させるのはなかなかに難しいため、流れを読み切ってエルタをピンポイントで差し込むことができるかどうかはプレイヤースキルが問われるだろう。
 魔海ランプドラゴン
あぐのむ03
構造そのものは典型的なランプドラゴンだが、魔海の女王が2枚入っていることから魔海を起点にしたコンボを重視していることがうかがえる。PP加速からこのコンボが決まったときに対処できるクラス、デッキは限られるが、魔海で選んだ手札以外をすべて捨ててしまうため返された場合のリスクは甚大。どのタイミングでこのコンボを切るか、もしくは切らずに温存するかが腕の見せ所だ。

tizin選手

【持ち込んだデッキ】
・潜伏ロイヤル
・アグロヴァンパイア
・ニュートラルウィッチ
潜伏ロイヤル
tizin01
潜伏を持つフォロワーが軸になる潜伏ロイヤル。潜伏フォロワーは対象に取れないため場持ちがよく、かつ疾走を持つフォロワーが多いため相手リーダーを攻撃することに特化している。潜伏フォロワーが場にいると火遁の術のダメージが6に跳ねあがるため守護の突破も比較的容易で、とくに先攻時の爆発力に秀でたデッキだ。
アグロヴァンパイア
tizin02
復讐状態に左右されないアグロデッキ。基本的には前のめりに相手リーダーを狙い続ける構造だが、屈強な山岳隊長の採用に注目したい。このフォロワーはうまくかみ合うと強力だが、受け身の要素が強いため減速につながってしまう可能性も大いにある。カラボスによるターンダメージがあるとはいえ長期戦に向いたデッキには見えないため、このチョイスがどう転ぶかが見どころになりそうだ。
 ニュートラルウィッチ
tizin03
ニュートラルを軸にしたデッキだが序盤~中盤に寄せたものではなく、サハクィエルを筆頭に重量級フォロワーが軸になったコントロールタイプ。スペルを1枚も採用していないためマナリアグリモワールにデメリットが存在せず、バハムートが採用されていることからどんな不利盤面も返せるポテンシャルを持つ。重量級のフォロワーが多いため更地にアリスを出しても恩恵を受けやすく、強化が積み重なった状態でこれらが続々と出てくる状況は脅威のひと言。

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る