1. サイトTOP>
  2. 【逆転オセロニア】“オセロニアンの戦2017 夏”地区予選リポート(東京編)

【逆転オセロニア】“オセロニアンの戦2017 夏”地区予選リポート(東京編)

2017-09-04 12:21 投稿

予選最大級の激戦につぐ激戦!

オセロニアンの戦2017バナー

ドーモ、世界のザキヤマです。

今回は、2017年9月3日に開催された、“オセロニアンの戦 2017 夏”の東京地区予選の様子をお届けしていきます。

“オセロニアンの戦 2017 夏”は、9月30日に開催される、『逆転オセロニア』最強のプレイヤーを決める大会。

本イベントでは、全国6都市で開催する予選を勝ち抜いた上位プレイヤーによるトーナメントバトルを予定しています。

その6回目の予選となった東京会場の様子をチェックしていきましょう。

【“オセロニアンの戦2017 夏”予選リポート】
⇒仙台編
⇒札幌編
⇒福岡編
⇒名古屋編
⇒大阪編
【過去の“オセロニアンの戦”の様子はコチラ!】
⇒第1回
⇒第2回
スパイラルホール

会場となったのは、東京・青山にあるスパイラルホール。

仙台、札幌、福岡、名古屋、大阪、そして東京と都合6箇所を巡る予選もついに大詰め。出場者数は過去最高となりました。

演者
▲左から、プロデューサーのけいじぇいさん、MC/解説のごはんさん。
予選
▲出場者は130名越え! 決勝への切符をかけての真剣勝負が展開されました。

“オセロニアンの戦 2017”ルール

【地区予選&決勝デッキルール】
・デッキコスト180以下
・以下のいずれかの条件を満たすデッキを使用
┗神属性の駒が10枚以上
┗魔属性の駒が10枚以上
┗竜属性の駒が10枚以上
┗神、魔、竜属性の駒がそれぞれ4枚以上
※神7枚、魔2枚、竜7枚のような構成はNG
【地区大会予選ルール】
・勝利するごとに勝ち星を獲得
・制限時間内に獲得した勝ち星数の上位4名(東京会場は8名)が決勝トーナメントに進出
・勝ち星が同数の場合、決定戦を実施
・前回大会の優勝者は地区大会決勝トーナメントからの出場となる
【地区大会決勝トーナメントルール】
・予選を勝ち抜いた4名で実施(東京会場のみ8名)
・最大3戦、2本先取
・各対戦では4つのデッキの中から3つのデッキを試合前に選択し、発表
・端末は大会運営が用意したものを使用
・アカウントはプレイヤー自身のものを使用
・試合開始後のデッキ変更は不可
・勝利したデッキはその対戦では使用不可
⇒より詳細なルールは公式サイトにて
⇒予選の具体的な流れはコチラ!

続いて、予選を勝ち抜いた7名と前回の“戦”優勝者であるアズマさんを加えた計8名でのトーナメトが開始。

なお、予選のボーダーは過去最高となる10勝と非常にハイレベル。予選をトップで通過したフラウさんは、これまでの全国予選でも最高となる12勝を記録しました。

準決勝に勝ち進んだ選手は以下の4名。

【準決勝進出者】
フラウさん
社畜坊主@登山部さん
kousei06さん
アズマさん(前回優勝者)

準決勝第1試合

社畜坊主@登山部さん VS フラウさん

第1戦

先攻:社畜坊主@登山部さん
後攻:フラウさん

社畜坊主@登山部さんはフルカストップの魔デッキ。フラウさんは正月蘭陵王トップの神デッキ。

社畜坊主@登山部さんは初手からアルカード(闘化)が手駒にある好調な引き。序盤から大ダメージを与えていきます。

フラウさんはカウンターを慎重に返し反撃の機会をうかがうものの、社畜坊主@登山部さんはアズリエル、エンデガを使い猛烈な攻めを展開。第1戦を制しました。

第2戦

先攻:フラウさん
後攻:社畜坊主@登山部さん

社畜坊主@登山部さんは蘭陵王トップの神デッキ、フラウさんは蘭陵王トップの混合デッキ。

社畜坊主@登山部さんは序盤からジークフリート(闘化)によりリードを奪うことに成功。対するフラウさんは、ザフキエルによるシールドやイヴェットによる罠など、テクニカルな打ち回しを展開。

最終的にはフラウさんが、ブランジェッタ(進化)のコンボをカーリー(進化)でつなげたことが決め手となり、第2戦を勝利しました。

第3戦

先攻:フラウさん
後攻:社畜坊主@登山部さん

フラウさんは正月蘭陵王トップの神デッキ、社畜坊主@登山部さんは蘭陵王トップの神デッキ。

互いに序盤はシールドや防御駒で様子を伺いつつ、徐々にHPを削っていく流れ。

終盤、フラウさんがアラクによる奇襲をかけるものの、強力なアタッカーに恵まれず、社畜坊主@登山部さんのHPをギリギリ削り切ることができない状態に。

結果、社畜坊主@登山部さんがヴィクトリアでフィニッシュ。決勝戦に駒を進めました。

準決勝第2試合

kousei06さん VS アズマさん

第1戦

先攻:アズマさん
後攻:kousei06さん

アズマさんはムーニアトップの混合デッキ。kousei06さんはヨシノ(進化)トップの混合デッキ。

kousei06さんは初手からアズリエルが手駒にある好配牌。巧みなプレイングを展開しつつ、モルジアナ(進化)でメーティス(進化)のコンボを発動し大ダメージ。第1戦を制しました。

第2戦

先攻:kousei06さん
後攻:アズマさん

kousei06さんは正月蘭陵王トップの神デッキ。アズマさんはムーニアトップの混合デッキ。

アズマさんは中盤、クリスマスハーピストエンジェル、アズリエルをX打ちする積極的な攻めを展開。角にイヴェットを仕込みます。

これに対し、kousei06さんはフェアリーフェンサーでクリスマスハーピストエンジェルを返し、被害を最小限に留めることに成功。

その後、kousei06さんが慎重かつ大胆な攻めを披露して勝利。決勝戦への切符を手にしました。

東京トーナメント決勝戦

社畜坊主@登山部さん VS kousei06さん

第1戦

先攻:社畜坊主@登山部さん
後攻:kousei06さん

社畜坊主@登山部さんは蘭陵王トップの神デッキ、kousei06さんは正月蘭陵王トップの神デッキ。

単純な火力は正月蘭陵王トップのkousei06さんのデッキのほうが上ながら、社畜坊主@登山部さんは金色フギン&ムニンを辺に仕込むことに成功。五分以上の火力を獲得します。

しかしkousei06さんは、定石とは異なる打ち回しで、アラクのコンボ導線を巧みに確保。これをプレッシャーとして活用しつつ、一見不利に見えた盤面を完全に制圧。第1戦を勝利しました。

第2戦

先攻:kousei06さん
後攻:社畜坊主@登山部さん

kousei06さんはヨシノ(進化)トップの魔デッキ、社畜坊主@登山部さんはフルカストップの魔デッキ。

kousei06さんは初手からヨシノ(進化)ではなく、アズリエルを起点にX打ちを敢行。カウンターを意に介せずダメージを与え、大きくリードを奪っていきます。

そして終盤、kousei06がモルジアナ(進化)を使用。スキル発動の自傷ダメージにより、なんとHPをわずかに4だけ残しフィニッシュ。

こうして、東京会場の勝者は、kousei06さんに決定しました。

優勝者&準優勝者
▲左から、本選出場が決定した準優勝の社畜坊主@登山部さん、優勝者のkousei06さん。

地区大会優勝賞品

地区大会優勝賞品
▲優勝のkousei06さんには、限定仕様のハーピストエンジェルと、メダルが贈呈されました。

本選出場者インタビュー

東京予選を優勝されたkousei06さんと、準優勝の社畜坊主@登山部さんにお話をうかがいました。

※文中、敬称略

kousei06さん・インタビュー

【プロフィール】
予選戦績:13戦11勝
ランク:232
クラス:ダイヤモンドマスター
公式戦歴:11133勝
プレイ歴:2016年6月1日から
※取材当時

カップ戦最強のタイトルホルダーが語る強さの秘訣

――東京地区トーナメント、優勝おめでとうございます! 今日の手応えはいかがでしたか?

kousei06:ウラニアなどのB駒が初手に多かったものの、中盤からS駒が来てくれる流れとなり助かりました。結果的にはB駒を序盤に引いておいてよかったのですが、駒巡りとしては不安になりましたね(笑)。

――今回の“戦”のために、準備はされましたでしょうか?

kousei06:予選に向けての特別な練習や、デッキ調整はこれといってしていないですね。あくまで、自分が使い込んだデッキを採用しました。

──ほぼ準備されていないで、この結果はすごいですね……!

kousei06:正確には、前回のカップ戦(※1)で使っていたようなデッキをそのまま持ってきました。ルール的に今回の予選と近いものでしたので、ちょうどよかったですね。

※1:ゲーム内で毎月末に開催される大会。毎回異なるルールでプレイヤー同士が腕を競い合う。本取材時までに計13回が開催されている。

──駒によるコストの増減がほぼなかった、8月末開催のスプラッシュサマー杯ですね。kousei06さんは、カップ戦ではかなりの戦績を収めているとのことですが……?

kousei06:これまでのカップ戦は、すべてレジェンド(※2)ですね。

※2:カップ戦100位以内入賞者に贈られる称号。ユーザー数の増加によりレジェンド獲得は回を重ねるごとに難しくなっており、上位争いは熾烈を極める。

──すべてというのは本当にスゴいですね……! あの戦いを13ヵ月に渡ってコンスタントに勝ち続けていることに加え、11000以上の勝数で培った経験こそが、何よりの予選対策と言えるかもしれませんね。

kousei06:4回目のカップ戦で勝率ランキング1位を取ることができ、これがキッカケでプレイにも自信がつきデッキ構築もしっかりできるようになりました。デッキメイクは、持っている駒の中からどれをチョイスするのか。その最適解へのルートを捉えることが非常に大切と思います。

だれもが驚いた!
神の一手をプレイバック

──kousei06さんの戦いを拝見していて、ここぞという局面での判断力がズバ抜けていると感じました。まず決勝第1戦の、アラク(※3)をプレッシャーとして活用した一手ですが、あの打ちかたはふだんからされているのでしょうか?

※3:神属性のA駒。2ターンのあいだ自身の神駒にバフをかけることに加え、神駒の数に応じて威力が高まるコンボを所持。対神デッキとの戦いでは、アラクのコンボスキルを発動させないことが非常に重要となる。

アラク打ち
▲決勝戦第1戦の手。通常、この場合は赤丸のマスに駒を置かれてしまうため、盤面を制圧されやすい。ただし相手が該当のマスに駒を置いた場合、アラクのコンボをつなげることが可能。これを抑止力としてチラつかせることでkousei06さんは逆に盤面を制圧、勝利を掴んだ。

kousei06:あまり見ない手とは思いますが、ふだんから使うことはありますね

──あの一手から盤面を制圧して勝ったというのは、まず見たことがありません。どういった判断だったのでしょうか?

kousei06:隙間にアンドロメダ(闘化)や強力なデバフを置かれると、アラクの導線を活かし切れず劣勢となってしまいますが……、ただあの戦いでは、経験と確率から、相手のデッキにこれらの駒が入っていないと判断しました。

──膨大な戦いの経験が産んだ一手だったのですね。続いて決勝第2戦ですが、ヨシノ(進化)トップのデッキにも関わらず、なぜ初手でアズリエルを使ったのでしょうか?

アズX
▲ヨシノ(進化)は相手のターン開始時のHPに依存してダメージを与えるスキルを持つため、初手での使用が効果大。しかしkousei06さんは初手でアズリエルを使いX打ちを選択した。

kousei06:じつは、予選の2位対決のときに、対戦相手の方とすでに一度戦っていまして。そのときに最高のタイミングでルキアを使ったのですが、アンデッドスキルを持つアンダーランデスを引き出してしまい(笑)。高確率で同じデッキだと思ったので、同様の事態になる可能性を危惧しました。

──対戦相手のデッキの内容をしっかり把握されていたのですね。それをキッカケにあそこまで思い切った手を打てるのは、凄まじい判断力としか言いようがないです……。

kousei06アンデッドで吸収されるくらいならば、できるだけダメージを与えてしまおうという作戦でした。

──そして同じく決勝第2戦。モルジアナ(進化)を使いギリギリで勝利されましたが、あれは計算されたうえでのことだったのでしょうか?

モルジアナ
▲モルジアナ(進化)は最大HPの14%の自傷ダメージと引き換えに大ダメージを狙える駒。終盤になるほど自滅するリスクが増していくものの、kousei06さんはなんと残存HP4で踏みとどまりフィニッシュを決めた。

kousei06:いえ、しっかりした計算はできていなかったです(笑)。ふだんのカップ戦は(自宅でプレイしているので)、自傷ダメージと与える特殊ダメージを書いたメモを傍らにプレイしているんですが……。今回は正確な数字はわからなかったものの、残りHP的にギリギリいけると判断しました。

カップ戦オールレジェンド!
生きる伝説が全国制覇を狙う!

──決勝戦のファイナリストの中で、気になる方はいらっしゃいますか?

kousei06:まずは、すでに面識がある、名古屋代表のほそドゥンさんですね(笑)。後は、ヨシノ(進化)トップで戦われていた、大阪代表の伊丹さんです。僕もヨシノが大好きなので、ヨシノ同士のデッキでのマッチングに期待したいです!

――それでは、東京の決勝戦に向けて、意気込みをお願いします!

kousei06:今回の結果のひとつに、運がよかったというのはもちろんあると思います。なので、本選の日もよい駒巡りで勝たせてもらえればと(笑)。あと、僕は魔デッキ同士の読み合いがとにかく大好きなんです。伊丹さんをはじめ、凄腕の魔デッキ使いとの戦いを楽しみにしています!

社畜坊主@登山部さん・インタビュー

【プロフィール】
予選戦績:12戦11勝
ランク:225
クラス:ダイヤモンドマスター
公式戦歴:6264勝
プレイ歴:2016年5月上旬から
※取材当時

勝てたのは、仲間のおかげです

――東京地区トーナメント、準優勝おめでとうございます!

社畜坊主@登山部:ありがとうございます! 自分が思っていた以上に成果を出すことができ、本当によかったです!

――今回の予選に向け、どういった準備をされましたでしょうか?

社畜坊主@登山部:僕は有志の『オセロニア』グループに所属していまして。仕事が終わった後、彼らとデッキ構築やバトルの練習を、だいたい毎晩2~3時間くらいしていました。予選参加を決めてから、約1ヵ月くらいの期間です。

──お仕事の後に毎晩2〜3時間の時間を使われていたとは、かなり入念に準備されたのですね。

社畜坊主@登山部:予選の段階で、みんなに相談しながら作ったデッキで連勝を重ねることができ、「これは、かなりいいところまでイケるのでは!?」と思いました。

──ご自身の努力に加え、グループの皆さんとの絆が結果につながったように思えます。

社畜坊主@登山部:正直、僕はグループの中だとうまくないほうなんですよ(笑)。元々オセロも得意ではないので、耐久デッキを使っても盤面を取られて負けてしまいますし、プレイミスも多いです。それでも準優勝という結果を出すことができたのは、何よりも今日のために協力してくれた仲間のおかげです。

──グループからの助力が、非常に大きなものなんですね。

社畜坊主@登山部:もし自分だけでデッキを構築していたら、勝てていなかったと思いますね(笑)。今日の戦いでも、グループのリーダーに勧められた駒には、何度も助けられました。「準決勝くらいまでは行くよ」と冗談めかして言ってはいたのですが……、練習に付き合ってくれた彼らには本当に感謝していますし、決勝まで進んでビックリさせたい、恩返しをしたいという気持ちは強かったですね。

罠はブームに乗ると読まれる

――予選にはどういったデッキで挑戦されましたか?

社畜坊主@登山部:Aの罠駒を軸とした魔デッキです。

──魔デッキの採用率は高めになっていますが、罠主体のデッキはめずらしいですね!

社畜坊主@登山部:S駒はフルカスをリーダーに、アズリエル、ヴィクトリアを採用しています。後は、エンデガと通常のアラジンがキーとなっています。

──ヴィクトリア、エンデガ、アラジンは、いずれもHPが50%を下回らないと発動できないスキルを持っています。かなり尖った編成では……?

社畜坊主@登山部:そうなんですよね。ただ、これらの駒は残りHPに依存するライフバースト系のコンボ持ちです。なので、手駒巡りによっては、スキルは捨ててコンボ要員として使っていました。罠で相手の動きを封じてから、ライフバーストでトドメを刺す、という作戦ですね。

──デッキのエンジンとなったAの罠駒はなんだったのでしょうか?

社畜坊主@登山部正月カミュ(※4)です。

※4:正式名称は“ニューイヤー・カミュ”。2017年1月に登場した期間限定入手の魔駒で、相手が2枚以上ひっくり返した際に発動する罠スキルを持つ。通常のカミュ(進化)と異なり、罠発動をある程度コントロールできる点が強み。

──めずらしい駒ですね! 正月カミュは実装時はこぞって使われましたが、現環境で見る機会はグっと減っています。

社畜坊主@登山部だからこそ、刺さるんですよ。僕は罠デッキが大好きなのですが「罠はブームに乗ると読まれる」とつねに思っています。現環境では、直接返すと発動するアゲハ(闘化)や、1枚返しで発動するトゥーミエ、そして特殊ダメージを返すイヴェットやジルドレが人気です。だからこそ、逆張りすれば相手には警戒されにくいんですね。

──たしかに、流行っている罠は、相手に対策されてしまっていることと同義ですものね。

社畜坊主@登山部:罠を置かれると、相手はまず弱い駒で様子を見ますよね。1枚返しでも発動しないからトゥーミエじゃない、特殊ダメージでも発動しないからイヴェットじゃない……。そうなると後は、2000以上の特殊ダメージで発動するジルドレ、もしくはブラフを疑われるだけとなります。この時点で、2枚返しで通常ダメージを返す正月カミュの存在は、相手の考えからほぼ消えているんです

──罠駒の編成数にはバランス的にかぎりがありますので、どうしても安定して活躍できる駒を編成したくなりますが、それを逆手に取ったと……。

社畜坊主@登山部:罠好きとして言えることは、「廃れた罠のほうが役に立つ」ということです。結果、予選の段階では正月カミュが相手のフィニッシャーに対して刺さりまくり、11勝もすることができました。

決勝でも逆張りが炸裂するか!?
仲間との絆で優勝を目指す!

──各会場のファイナリトで気になる選手はいますか?

社畜坊主@登山部:仙台代表の、ぱてぃちえーるさんです。元々面識があるというのもあるのですが……、なによりも、その強さをだれよりもよく知っています。(ぱてぃちえーるさんが)仙台の予選に挑む前日も、練習にお付き合いしたのですが、ぜんぜん勝てませんでした(笑)。

――それでは最後に、東京の決勝戦に向けて、意気込みをお願いします!

社畜坊主@登山部:僕は、こういった大会で結果を出せたことは、なかなかありません。だからこそ、協力してくれたグループの仲間のためにも、この機会を大切にしたいです。本選では、これまでずっと負け続けている、ぱてぃちえーるさんを下しての優勝を狙います!!

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

『逆転オセロニア』のお役立ち情報満載!

⇒初心者必見の効率的な進めかたまとめ
⇒おすすめイベント入手駒10選
⇒通常クエストで手に入る進化素材まとめ
⇒進化素材まとめ&亀クエ時間割
⇒スキル上げに使える駒まとめ
⇒通常クエストで手に入るオススメBキャラ9選
⇒初期キャラ9体の性能を徹底評価
⇒ダメージ計算式とスキルを理解してバトルをもっと有利に
⇒相手が使ったら要注意!コンボスキルが超強力な駒5選
⇒罠駒の種類と対処方法

逆転オセロニア概要

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧