シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース】高校生選手権決勝進出12チームを紹介!果たして頂点に立つのは!?

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース】高校生選手権決勝進出12チームを紹介!果たして頂点に立つのは!?

2017-08-15 17:42 更新

決戦は8月25日・26日!AbemaTVで完全生中継!

日本一の高校生チームを決定する、“全国高校生シャドウバース選手権”。その決勝大会が2017年8月25日・26日の2日間、東京で開催される。

出場するのは、7月21日から始まった北海道から沖縄まで、地方予選を勝ち上がった12チーム。この記事では、決勝進出を決めた12チームを紹介していく。決勝の模様は、AbemaTVでの完全生中継されるので、ぜひ激戦の行方を見守ってほしい。

北海道予選

決勝大会進出チーム:都会っ子(嘘)(北海道 士別翔雲高等学校)
チームメンバー:シュヲン選手、かかを選手、アルバ選手

都会っ子

予選大会では全勝優勝を飾った“都会っ子(嘘)”。特に練習などはせず、「各々でいけたら」と個人の力で勝負し勝ち上がった実力派のチームだ。チーム名“都会っ子(嘘)”は「どうせみんな都会だろうな」、「せめてチーム名だけでも」と都会への対抗意識から付けた名前で、その精神が勝利に結びついたのかも。

通常対戦はシュヲン選手とかかを選手、2Pickをアルバ選手が担当。決勝大会への意気込みとして「全勝で来たので、決勝も全勝したい」(シュヲン選手)、「引きの強さを武器に頑張ります」(アルバ選手)、「ふたりに任せてのびのびしたい」(かかを選手)とそれぞれの性格が出たコメントを残した。

東北予選

決勝大会進出チーム:あ、リーサルですね(笑)(宮城県 東北学院高等学校)
チームメンバー:よーぐると選手、ToRon選手、やかさん選手

リーサルですね

「顔をつき合わせてやるのが初めてで緊張した」、「ちょっとプレミしました」など大会での緊張感をにじませながらも冷静な立ち回りで決勝進出を決めた“あ、リーサルですね(笑)”。3人で集まって練習をすることはなく、「ルームマッチで楽しみながらプレイしていました」と、とくに準備することなく大会へ挑み、結果を出した。

通常対戦はよーぐると選手とToRon選手、2Pickをやかさん選手が担当。ToRon選手はマンモス愛好家とのことだが、「今回はガチでいこうと思い、お休みさせていただきました」とチームのためにふだん愛用しているデッキを封印し、しっかりと勝ち点をもぎ取った。

決勝大会に向けてのコメントでは「落ち着いてやれば勝てる」、「冷静にプレイングを進めて出来るだけ多く勝ちたい」と自信と慎重さをみせた。

北関東予選

決勝大会進出チーム:スケルトンズ(埼玉県 大宮開成高等学校)
チームメンバー:bicycle選手、黒うさぎ選手、てーたらんかー選手

スケルトンズ

「初戦で敗退すると思っていた」、「(予選大会を)優勝できるなんて夢にも思わなかった」と、自信なさげなコメントを残しつつも、堅実なプレイで見事決戦進出を決めたスケルトンズ。じつはワンダーランド・ドリームズ配信後にテスト週間に入ってしまい、全環境の神々の騒嵐でやり込んだときの“カン”を頼りに勝負したというから驚き。

bicycle選手、黒うさぎ選手、てーたらんかー選手の3人は同じソフトテニス部のメンバーで、「みんなで力を合わせて頑張ったので、優勝できてうれしいです」とチームワークのよさを感じさせるコメントも。決勝大会に向けては「ここまできたからには一戦必勝で優勝を目指します!」と意気込みを語ってくれた。

南関東予選

決勝大会進出チーム:3F精神(東京都 駒場東邦高等学校)
チームメンバー:Fairplay選手、Friendship 選手、Fightingspirit 選手

3F精神

同校の校訓である3つの精神、ファイティングスピリッツ、フレンドシップ、フェアプレイをそのままチーム名、プレイヤーにした母校愛溢れるチーム。リーダーのファイティングスピリッツ選手がチームの精神的支柱となっており、予選無敗のフェアプレイ選手も「初戦がいちばん緊張して手が震えた。精神面で主将に助けれた」とコメント。

また、デッキ構築はフェアプレイ選手が担当。カギを握ったのが、ウィッチ、ビショップ、ヴァンプに対して構築しだいで対等に戦えると語ってくれたドラゴンデッキ。その虎の子のデッキを自身が使うのではなく、「ドラゴンの引きがとにかく強い!」というフレンドシップ選手に託したという話も印象的だ。決勝に向けて「実感がまだ沸いていませんが、優勝目指してがんばりたいと思います」と初々しいコメントを残していた。

決勝大会進出チーム:Gladiolus(神奈川県 慶應義塾湘南藤沢高等部)
チームメンバー:そうちゃん選手、姫林檎選手、コロン選手

Gladiolus

南関東予選からは3チームが決勝大会に進出する。ふたつ目のチームは“Gladiolus”(グラジオラス)。チーム名の由来について「花の名前です。花言葉が“勝利”なので、ぴったりかなと」。その花言葉通り、勝利を掴み決勝の舞台へ。

通常対戦を行ったのは姫林檎選手とそうちゃん選手、2Pick対戦を行ったのがコロン選手。通常対戦ではニュートラル軸のデッキが多いと予想し、ビショップにゴブリンブレイカー・ティナを3枚採用するなどしっかりと対策。2Pickでもビショップをおもに選び、かなりいいピックができたとのこと。

決勝大会に向けたては「(7月31日の調整を受けて)環境がかわると思うので、また3人で研究して勝ちたいと思います」とコメントした。

決勝大会進出チーム:SOX(千葉県 市原中央高等学校)
チームメンバー:ウパマル選手、める選手、みょん選手

SOX

南関東予選を勝ち抜いた最後のチームがSOX。ウパマル選手、める選手、みょん選手の3人のうち、なんと、める選手とみょん選手は今大会で初対面。大会を通じて仲良くなり、見事決勝進出を決めた。

通常対戦ではウパマル選手がヴァンパイアとネクロマンサーを使用し「火力重視のデッキ」とのこと。める選手はドラゴンとビショップで、「ドラゴニュートフィストと灼熱の嵐で暗き底より出でる者を消すのが気持ちいい」と好きなムーブについてコメント。2Pick対戦をしたみょん選手は「とにかくヴァンパイアが好きなので、クラス選択はヴァンプ1択。カードの引きがよくて大好きなバンダースナッチを3枚もピックできました」とうれしそうに語ってくれた。

決勝大会へ向けた意気込みを聞くと「優勝するだけです」とリーダーのウパマル選手から自信に満ちたコメントが。決勝大会へ向けてさらにチームワークを磨き、どんな戦いを見せてくれるのか、期待したい。

 

中部予選 第1ターム

決勝大会進出チーム:JTP(愛知県 名古屋工業高等学校)
チームメンバー:ジブリール選手、たーる選手、ぷっちょ選手

JTP

ジブリール選手、たーる選手、ぷっちょ選手は入学時に『シャドバ』で仲よくなったという背景からチームを組み、今回の選手権に参加。デッキに関しては「流行のデッキを対策しつつも、ランクマッチとは違う大会用の対策を意識して構築をした」と本大会への気合の入り具合をみせてくれた。

決勝大会には「ここまで勝ち進めることは中々ないので、このチャンスを無駄にせずに上の方にいけるように全力を尽くしたい」(ジブリール選手)、「自分の持ってる全部をぶつけてこようと思います」(ぷっちょ選手)、「運を極めたい」(たーる選手)と、それぞれの熱い想いを胸に挑む。

中部予選 第2ターム

決勝大会進出チーム:Aust(愛知県 桜丘高等学校)
チームメンバー:Aden選手、Robot…R選手、なかとぅー選手

Aust

チーム名が「ドイツ語の“出発点”という意味の単語から作った」とインテリさを醸し出す“Aust”。プレイ時間に関しては「空いている時間はもちろんですけど、学校が終わってからも2、3時間」と練習にも余念がない。

Aden選手、Robot…R選手、なかとぅー選手は中高一貫校で中学からいっしょに過ごしてきた3人のチームとなっている。「LINEでどんなデッキがいいか話し合った」など3人が協力してどう勝つかを考えているのは中学からの仲でこそ発揮できる強みであろう。3人の仲の良さを見せながらも、最後には「学校のみんなで話し合ってきたので学校を背負って頑張りたい」と、多くの仲間を背負って戦う決意を示した。

近畿予選 第1ターム

決勝大会進出チーム:ズィーク(兵庫県 宝塚東高等学校)
チームメンバー:chino選手、SONchamp選手、ガリレイ選手

ズィーク

全員が『シャドバ』歴1年というベテランチーム。リーダーであるchino選手は個人で大会を主催しており、優勝経験も豊富。決勝大会について「自信があるので絶対に優勝します!」と闘志をみなぎらせる。

通常対戦を行ったchino選手が6勝1敗、SONchamp選手は7勝全勝という見事な戦績。「土ウィッチは今流行っている(カード調整前)ネクロ、ヴァンプに6割以上は勝てる」(chino選手)というコメントからも環境研究をしっかり行い、勝ちに繋げる堅実さが感じられる。全勝のSONchamp選手の使用クラスはヴァンパイアとビショップ。ヴァンパイアは一般的なニュートラルヴァンプ、ビショップは黄金郷の獅子とイージスビショップを一緒に入れたハイブリット型。ビショップの状況に応じてプランを変更する柔軟な戦略が全勝につながった。

2Pickを担当したのはガリレイ選手。3勝4敗という成績だったが、「決勝ではしっかり勝つところを勝って、チームのためになるようにしたいです」と前向きなコメント。

決勝大会は予選と環境が大きく変わっているが、そこでも華麗な戦いで会場を沸かせてくれるはず。

近畿予選 第2ターム

決勝大会進出チーム:ぽくりょー(京都府 北稜高等学校)
チームメンバー:kuririnn選手、エトーカ選手、雷来選手

ぽくりょー

kuririnn選手と雷来選手は同じクラスの同級生。エトーカ選手は将棋部で『シャドバ』をプレイしていたことからチームに参加。将棋と『シャドバ』で通ずるものはありますか?という質問に「戦略性や緊張の中でもいつも通りプレイすることが大切という部分は共通していると思います」とコメント。将棋で培った勝負強さを武器に6勝1敗という好成績を収めた。

選手権予選は準決勝、決勝以外はチーム内で相談OKというルール。雷来選手は『シャドバ』歴が浅いため、「ある程度試合を左右する戦局はふたりに任せた」とのころ。しかし、決勝ではしっかりと自身の力で勝利をもぎ取りチームに貢献。リーダーであるkuririnn選手は決勝大会へ向けて「負けていった人たちからも声をかけてもらい力をもらったので、その人たちのためにも絶対に優勝したいと思います」と闘志を燃やす。

中国・四国予選

決勝大会進出チーム:エッグトマトの汁(愛媛県 新田高等学校)
チームメンバー:ノイズ選手、みやちゅう選手、ぽんクン選手

エッグトマトの汁

予選大会時の環境はヴァンパイア1強時代。その中であえて「ヴァンプは使わない」という選択をし、対策を講じて見事予選を勝ち抜いた“エッグトマトの汁”。チーム名は好きなYouTUberからもじったとのこと。通常対戦をノイズ選手、みやちゅう選手、2Pickをぽんクン選手が担当。

決勝に向けては「優勝目指してがんばります!」(ノイズ選手)、「最後の試合で2Pickで足をひっぱたので、友達を調整しながら構成を考えたいです」(ぽんクン選手)、「大好きなエルフのデッキで優勝します!」(みやちゅう選手)とコメントした。

九州予選

決勝大会進出チーム:サハバハゼル(鹿児島県 国分高等学校)
チームメンバー:光の帝王選手、幽幽_Leaf選手、matsu @Even選手

サハバハゼル

サハバハゼルは非常に練習熱心なチーム。平日は2時間、休日は5時間やり込み、大会前は一晩中プレイしていたとのこと。実際に集まってプレイすることはなかったが、通話しながら練習を重ね、見事決勝大会への切符を手にした。

決勝大会に向けては「小さいころに東京に行ったけど、あまり覚えていないので、今回またいけることになってうれしいです」、「東京でしか買えないものを買い集めたいです」とリラックスしたコメントを残した。

全クラスデッキ一覧と戦いかた

シャドウバース_アリサシャドウバース_エリカシャドウバース_イザベルシャドウバース_ローウェン
エルフロイヤルウィッチドラゴン
シャドウバース_ルナシャドウバース_ユリアスシャドウバース_イリスシャドウバース 格安 デッキ
ネクロマンサーヴァンパイアビショップ格安デッキ

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る