1. サイトTOP>
  2. 【逆転オセロニア】“オセロニアンの戦2017 夏”地区予選リポート(札幌編)

【逆転オセロニア】“オセロニアンの戦2017 夏”地区予選リポート(札幌編)

2017-08-07 12:12 投稿

北海道の覇者は誰だ!?

オセロニアンの戦2017バナー

ドーモ、世界のザキヤマです。

今回は、2017年8月6日に開催された、“オセロニアンの戦 2017 夏”の札幌地区予選の様子をお届けしていきます。

“オセロニアンの戦 2017 夏”は、9月30日に開催される、『逆転オセロニア』最強のプレイヤーを決める大会。

本イベントでは、全国6都市で開催する予選を勝ち抜いた上位プレイヤーによるトーナメントバトルを予定しています。

その2回目の予選となった札幌会場の様子をチェックしていきましょう。

【“オセロニアンの戦2017 夏”予選リポート】
⇒仙台編
【過去の“オセロニアンの戦”の様子はコチラ!】
⇒第1回
⇒第2回

幅広い年齢層が参戦!

テレビ塔

会場となったのは、同地のランドマークでもある、さっぽろテレビ塔のイベントスペース。“戦”特有の心地よい緊張感の中、まずは予選がスタートしました。

けいじぇいさん、ごはんさん
▲『逆転オセロニア』プロデューサーのけいじぇいさん(左)、MCのごはんさん(右)が登壇。
会場
▲参加者の中には、小・中学生と見られる若手プレイヤーも多数。会場各地で、年齢の壁を越えたアツい攻防がくり広げられました。

“オセロニアンの戦 2017”ルール

【地区予選&決勝デッキルール】
・デッキコスト180以下
・以下のいずれかの条件を満たすデッキのみ使用可
┗神属性の駒が10枚以上
┗魔属性の駒が10枚以上
┗竜属性の駒が10枚以上
┗神、魔、竜属性の駒がそれぞれ4枚以上
※神7枚、魔2枚、竜7枚のような構成はNG
【地区大会予選ルール】
・勝利するごとに勝ち星を獲得
・制限時間内に獲得した勝ち星数の上位4名(東京会場は8名)が決勝トーナメントに進出
・勝ち星が同数の場合、決定戦を実施
・前回大会の優勝者は地区大会決勝トーナメントからの出場となる
【地区大会決勝トーナメントルール】
・予選を勝ち抜いた4名で実施(東京会場のみ8名)
・最大3戦、2本先取
・各対戦では4つのデッキの中から3つのデッキを試合前に選択し、発表
・端末は大会運営が用意したものを使用
・アカウントはプレイヤー自身のものを使用
・試合開始後のデッキ変更は不可
・勝利したデッキはその対戦では使用不可
⇒より詳細なルールは公式サイトにて
⇒予選の具体的な流れはコチラ!

見事予選を勝ち進み、地区大会決勝トーナメントに駒を進めたのは、以下の4名。

【札幌大会決勝トーナメント進出者】
キキさん(10勝)
ドリルくちばしさん(10勝)
ようようさん(9勝)
すけへい@宴さん(8勝)

なお、8勝のプレイヤーは5名。その中でトーナメントを行い、すけへい@宴さんが地区予選決勝への切符を手にしました。

準決勝第1試合

キキさん VS すけへい@宴さん

第1戦

先攻:キキさん
後攻:すけへい@宴さん

キキさんは吸収スキル持ちを多めに編成した、蘭陵王トップの魔デッキ。

すけへい@宴さんはシーラーザードトップの回復耐久デッキ。あまりお目にかからないシベリウス(闘化)や、新駒のリナリアなども編成した意欲的な構成でした。

キキさんは回復耐久を徹底して警戒しつつ立ち回るも、長期戦に持ち込まれてしまい敗北。すけへい@宴さんが1戦目を先取しました。

第2戦

先攻:すけへい@宴さん
後攻:キキさん

すけへい@宴は竜デッキ、キキさんは1戦目と同じ蘭陵王トップの吸収デッキ。

X置きを仕掛けようとするすけへい@宴さんに対し、キキさんは初手でアズリエルを設置。コンボスキル発動を警戒させることで、すけへい@宴さんの攻め手を抑えます。

そのままキキさんは竜デッキの火力を出し切らせず、危なげない立ち回りを披露。キキさんが2戦目の勝者となりました。

第3戦

先攻:キキさん
後攻:すけへい@宴さん

キキさんは正月蘭陵王トップの神染めデッキ。すけへい@宴はフルカストップの魔デッキ。

キキさんはアラク⇒ジークフリート(闘化)⇒アンドロメダ(闘化)⇒アシュナリー(闘化)と好調な引き。

すけへい@宴さんのアヌビスによりコンボスキルを封じられてしまうものの、キキさんは確実にHPを削っていく堅実な戦いを展開。結果、キキさんが決勝戦に駒を進めました。

準決勝第2試合

ドリルくちばしさん VS ようようさん

第1戦

先攻:ドリルくちばしさん
後攻:ようようさん

ドリルくちばしさんは、正月蘭陵王トップの混合という変則的な編成。ようようさんは蘭陵王トップの混合デッキ。

常時バフ系の駒を使用しつつも、必殺の一撃を互いに阻止しながら立ち回り、中盤戦に突入。

結果、ようようさんがキムン・カムイ(闘化)のコンボをヴィクトリアでつなぎ、第1戦を勝ち取りました。

第2戦

先攻:ようようさん
後攻:ドリルくちばしさん

ようようさん、ドリルくちばしさんともに、蘭陵王トップの混合デッキ。

ようようさんは先攻でアズリエルを設置。さらにアンドロメダ(闘化)でのコンボ発動を誘うものの、ドリルくちばしさんは冷静な立ち回りで応戦。第2試合の勝者となりました。

第3戦

先攻:ようようさん
後攻:ドリルくちばしさん

両者とも、蘭陵王トップの編成。しかし序盤から、ドリルくちばしさんの蘭陵王が、ルキアによって引き出されてしまう事態に。

一見不利に見えたドリルくちばしでしたが、ランドライタント(進化)が手駒に残っていたこともあり、さほど火力ダウンの印象はなし。

そのまま沈着冷静なプレイングで、ドリルくちばしさんが決勝戦へと進みました。

札幌トーナメント決勝戦

キキさん VS ドリルくちばしさん

第1戦

先攻:ドリルくちばしさん
後攻:ようようさん

ドリルくちばしさんは蘭陵王トップの混合デッキ、キキさんは蘭陵王トップの魔デッキ。

キキさんは定石にない、トリッキーな打ち回しで相手を翻弄。対するドリルくちばしさんは、ヴェノムバジリスクを先置きすることで、キキさんのアズリエルの出現を牽制。

途中まではドリルくちばしさんが圧倒的に優勢な流れに見えたものの、最後の最後でキキさんが踏みとどまることに。

ベノムバジリスクのアンデッドが切れたタイミングでアズリエルを使い、キキさんが第1戦を勝ち取りました。

第2戦

先攻:キキさん
後攻:ドリルくちばしさん

キキさん、ドリルくちばしともに、蘭陵王トップの混合デッキ。Xにダメージマスのある盤面での勝負となりました。

両者互いに譲らずの流れでしたが、ドリルくちばしさんは後半にフィニッシャーを引くことができず、劣勢に。さらにキキさんは、あえて辺を取らせつつもコンボスキルを発動を阻止するという、巧みな駆け引きを展開。

こうしてギリギリの接戦を制し、キキさんが札幌会場の勝者に決定しました。

キキさん
▲優勝者のキキさん(左)。

地区大会優勝賞品

地区大会優勝賞品
▲キキさんには、限定仕様のハーピストエンジェルと、メダルが贈呈されました。

札幌予選・優勝者インタビュー

札幌予選を制した、キキさん(文中:キキ)にお話をうかがいました。

【キキさん:プロフィール】
予選戦績:10戦10勝
ランク:220
クラス:ダイヤモンドマスター
公式戦歴:5639勝
プレイ歴:2017年1月1日から
※取材時

駒が少なくても勝てると証明したい

――札幌地区トーナメント、優勝おめでとうございます! 今回の“戦”には、どのような心構えで臨みましたか?

キキ:じつは自分は、ぜんぜん駒が揃っていなくて。ダイヤモンドマスターの中で、いちばん手持ちが少ない自信があります(笑)。だからこそ、持っている駒が少なくても勝てる! ということを、証明したかったんです。

――プレイ歴は1年未満とうかがいましたが、相当やり込まれていますよね。

キキ:本当は、ほかのアプリの合間にプレイしていたんです。ただ、元々オセロが好きだったこともあり、すっかりハマってしまい、いまでは『オセロニア』1本ですね。空いている時間は、ほぼプレイに費やしています(笑)。

コスト180でのデッキメイクを考察

――7月末から呪いスキル(※注1)が実装されましたが、今回の予選での活用は検討されましたか?

※注1=発動すると、対戦相手の駒のいずれかが“呪い”状態になる。効果は、該当の駒を場に出さないかぎり継続。魔属性の超駒・ロスカの召喚駒・ルーシーにはじめて実装された。

キキ魔属性がいちばん好きなので、ロスカの起用はもちろん考えました。ただ、戦のデッキコストが180ということを考えると、安定しての勝利は難しいかと思い、残念ながら見送りました。

――難しいというと?

キキ:ロスカが召喚するルーシーは、呪いを抜きにしても非常に強力なカウンターを持っています。ただ、確実に活躍できるわけではありませんし、後攻の場合はルーシーを活かしにくいです。また、呪いを発動させるために、魔属性のみで構築しなければならない、という点もネックです。限られたコストの中で安定して勝つためには、いつでも使えるS駒を編成したほうがよいと判断しました。

吸収はシンプルゆえに強い

――決勝戦でも使われていた魔デッキですが、吸収スキル持ちを多く編成していたのが印象的でした。

キキ:魔属性は総じてHPが少なめですよね。今回使った魔デッキも、HPとしては23000くらいです。ただ、そこに吸収持ちを盛り込むことで、HPは見込みで28000を越えます。神染めデッキ以上のHPですよ。

――吸収を総動員すれば、そうなる計算ですね。

キキ:以前は罠やカウンターをよく使っていたのですが、現環境では貫通スキルで対策されてしまい、苦戦することが多いです。吸収は対策方法がアンデッドくらいしかなく、シンプルに強いと思います。相手に精神的プレッシャーを与えられる点もいいですね。予選の段階でも吸収を多用したのですが、対戦いただいた方々に「いつまでもHPが減らないんですけど」と言われました(笑)。

ルキア対策は“もったいない”

――現環境では、多くの上位勢がルキア対策(※注2)を徹底している印象です。キキさんは駒のATK調整はされていますか?

※注2=ルキアは、ATKのもっとも弱い駒を引き出す駒。これを阻止するため、駒のレベルを敢えて上げきらないことを、“ルキア対策”や“○○調整”と呼ぶ。引き出されたくない駒よりも、ATKが低い駒を多めに編成する方法もアリ。

キキ:基本的に、ATK調整はしないことにしています。

――大胆な逆張りですね!

キキ:ルキア対策そのものをちゃんと理解したのが、1ヵ月くらい前というのもありますが(笑)。ただ、『オセロニア』はつまるところ、HPの高さが勝敗を分けます。当たり前ですが、高い攻撃力とHPは有利に働きますよね。なので、祝融やフェアリーフェンサーなど、ATK由来の特殊ダメージと、高いHPを持つ駒を調整するというのは、あまり好きではないんです。長所を殺してしまうので。

――そもそも相手がルキアを編成していない可能性もありますものね。

キキ:アタッカーとして用を為さない、アラクとメルノガイスのみ調整しましたが……、後は一切やっていないですね。ルキア対策としては、レベル最大時に蘭陵王よりもATKが低い駒をある程度編成しておくという、オーソドックスな方法を採用しています。

定石を外し、強者を狩る

――ふだん、まずお目にかからないような、独特の打ち筋が印象的でした。

キキ:「変わった打ちかただね」とはよく言われます(笑)。強い人には、いわゆる“当たり前”のパターン、いわゆる定石が体に染みついていますよね。だからこそ、ここぞという場面では、定石以外のマスに置くことにしています。定石から外れた動きをした場合、強い人ほど対応しきれないことが多いですね。

――なるほど、そういった意図が……。決勝戦では、「えっ、なんでそこに置くの!?」と会場中が驚いていました。

キキさん棋譜
▲決勝戦第1試合の一幕。この場合、青丸のマスに打つパターンが一般的ですが、キキさんはあえて赤丸のマスに罠を配置。一見すると不利な手ながら、キキさんは本試合を見事に制しました。

――変則的な手を好まれるんですね。戦いにおけるポリシーやスタイルのようなものはありますか?

キキ:いかにコンボをつながせず、相手のHPを上回るかを考えています。決勝戦での罠駒の使いかたも、アズリエルを守るため、確実に相手が返すと分かっていたからですね。これによるカウンターダメージも折り込み済みでした。さまざまな可能性を計算したうえで、対戦相手を混乱させる打ちかたを心がけています。

北の大地が生んだトリックスター!
独自の勝負哲学で全国制覇を狙う

――東京の決勝戦に向けて、意気込みをお願いします!

キキ:決勝戦には、ふだんクラスマッチで戦っている、ものすごく強い人たちも出場されると思います。仙台代表の“ぱてぃちえーる”さんも、クラスマッチでは何度もお相手いただいていますしね。ただ、僕はクラスマッチで連戦連勝というわけではありません。むしろ、負けてしまうことも多いです。だからこそ、人によっては「キキには勝てる!」と思うかもしれません。その油断を逆に利用し、虚を突いて勝ちたいですね。それに、札幌予選で戦った多くの方々の想いを、僕は背負っています。自分のためというよりも、みんなのために負けるわけにはいかない……、その一念で挑みます!

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

『逆転オセロニア』のお役立ち情報満載!

⇒初心者必見の効率的な進めかたまとめ
⇒おすすめイベント入手駒10選
⇒通常クエストで手に入る進化素材まとめ
⇒進化素材まとめ&亀クエ時間割
⇒スキル上げに使える駒まとめ
⇒通常クエストで手に入るオススメBキャラ9選
⇒初期キャラ9体の性能を徹底評価
⇒ダメージ計算式とスキルを理解してバトルをもっと有利に
⇒相手が使ったら要注意!コンボスキルが超強力な駒5選
⇒罠駒の種類と対処方法

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧