シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドバブログ】夏はアツくなれ!【Jくん】

シャドウバースの攻略記事

【シャドバブログ】夏はアツくなれ!【Jくん】

2017-07-19 19:35 投稿

いやー、暑い日が続きますね。皆さん元気にお過ごしですか?

気付けばすっかり梅雨も明けそうで、いよいよ夏が始まりそうですね。

さて、さる先週末(2017年7月15日~17日)のお話ですが、遠く離れたアメリカの地では宇宙最大規模の格闘ゲーム大会である“EVO”(Evolution Championship Series)が行われました。

前にチラッと言ったかもしれませんが僕はもともと格闘ゲームをメインにやっていまして、その時分に知り合った古い友人たちが渡米&大会に参加するとのことで週末はずっと配信を見ながら酒飲んでました。

ラスベガスの街並み
▲“Evo”が行われたのはラスベガス。写真からも非日常感がビシビシ伝わります。

さすがにこの惑星のいたるところからプレイヤーが集まる大会だけあり、見ているこっちも名勝負にエキサイト。

最終日となる3日目は各タイトルのグランドファイナルが集中することもあり、感動&興奮しっぱなしでした。

規模のでかい祭りごとはやっぱり楽しい

少し昔話をすると、かつては日本にも国内最大規模の格闘ゲーム大会である“闘劇”というイベントがありました。

これはアーケード(ゲーセンのことです)で稼働しているさまざまな格闘ゲームの複合大会で、まだまだE-Sportsなどという文化、概念が浸透していない時代のイベントですが、予選会場になる店舗(闘劇は店舗予選→地区予選→決勝大会で行われます)にはとんでもない数のプレイヤーが詰めかけたものです。

“なぜか”北海道や沖縄の店舗予選に関東のプレイヤーと関西のプレイヤーが大量にいたり、仙台は新幹線で一本だから実質関東、などと意味不明なことを口走りながらカジュアルに仙台までいくやつがいたり。

都内の大会に各地方から人が集まってギャラリーを含めた人数が300名を超え、冷房をMAXにしてもまったく利かず、挙句の果てには冷房装置がブッ壊れたり。

振り返ればずいぶんとパワフルなやつがいたもんだなと思うわけです。

最後の闘劇
▲スマホから発掘された“最後の闘劇”の様子。

規模のでかい祭りごとはやっぱり楽しい

ともあれ、僕の原点はそういった格ゲー文化にあるので、熱量を感じられるイベントごとが楽しい。

このまま昔話も無限に続けられますが、これは“シャドバブログ”なのでここらで話を『シャドバ』に戻しましょう。

『シャドバ』でもこれまでにファミ通CUPやRAGE、シャドバフェスなどの大型イベントが行われてきました。

じつは僕も取材やら何やらでこれらのイベントには足を運んでいるのですが、やはり会場独特の熱量というものはゲームのジャンルに関わらず共通していると感じます。

『シャドバ』はまだまだリリースから日が浅く、単一タイトル(先日のRAGEは別ジャンルのタイトルと併設で行われましたが)でのイベント開催がメインですが、ゆくゆくは日本全国、DTCG界隈すべてを巻き込んだムーブメント……そういったシンボリックなイベントが開催されるようになってほしいものですね。

そのために自分にできることがあれば、微力ながらも協力したいと常々思っております。

それでは今週はこのへんで。

あれ、ネクロつよい?【ウルフ北河】

 

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る