クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】きおきお、ハルパパ、KANEと楽しく交流!“STORIA(ストーリア)”オフ会リポート

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】きおきお、ハルパパ、KANEと楽しく交流!“STORIA(ストーリア)”オフ会リポート

2017-05-22 01:29 更新

飲食しながら楽しい時間を満喫

2017年5月21日、東京の池袋にあるTheater Cafe & Dining “STORIA(ストーリア)”にて『クラロワ』のオフ会が実施された。本オフ会にはゲストとしてYouTuberの“きおきお”、“ハルパパ”、そしてクラン“風林火山-JAPAN”で活動し、最多トロフィー5951を誇るプレイヤー“KANE”が登壇したぞ。本記事ではこのオフ会の模様をお伝えしていく。

クラロワ_きおきおイベ01
▲イベント会場全景。
クラロワ_きおきおイベ02
▲登壇ゲスト。左からKANE、きおきお、ハルパパ。
クラロワ_きおきおイベ03
▲ビュッフェ形式で食事も楽しめるストーリア。きおきおも何を食べようか迷ってる?(目線はこちらですが)
クラロワ_きおきおイベ04
▲イベントの模様がストーリアの外にある巨大スクリーンにも表示されることも。

■ストーリアオフ会イベントメニュー
・オフ会参加者での大会→上位6名による対抗戦
・ゲストプレイヤーとのエキシビジョンマッチ
・5回連続スーパー魔法の宝箱開封の儀

オフ会参加者での大会→上位6名による対抗戦

■オフ会大会

ストーリアまで足を運び、本オフ会に参加してくれたプレイヤーのみで大会を実施。最終的に全プレイヤーを偶数チーム、奇数チームの2チームにわけ、上位3名ずつによる対抗戦を行う運びとなった。大会では高回転系デッキ、三銃士が入ったデッキなどの使用率が高かった。

クラロワ_きおきおイベ05
▲取材班もちゃっかり大会に参戦。ハルパパVSバサラ佐藤というマッチングが行われることもあり会場を盛り上げた。ちなみに勝者はハルパパ。

■各チーム上位3名ずつの対抗戦

1時間におよぶ大会が終了し、上位6名が下記のようにチーム分けされた(かっこの中は所属クラン名)。

・奇数チーム
1位:経済動物さん(レモンサワー好きです)、3位:tightさん(シュテルンリッター)、5位:イットリウム(あかずきんのいえ)

・偶数チーム
2位:gayasuさん(トレジャーハンターegg)、4位:伊藤沙莉(トレジャーハンター)、6位:かりこ(シュテルンリッター)

●各試合結果
第1試合:イットリウムVS伊藤沙莉→勝者:伊藤沙莉

クラロワ_きおきおイベ15
▲勝利した伊藤沙莉さんのデッキ。トルネードで敵を集めつつ、ボウラーやベビードラゴンで敵を撃破。確実にジャイアントをタワーに届かせる戦法のようだ。

第2試合:tightVSかりこ→勝者:tight

クラロワ_きおきおイベ16
▲勝利したtightさんのデッキ。さきほどの伊藤さんとほぼほぼ同じようなデッキ。対戦者が枯渇系デッキだったため、トルネードでの防衛が刺さっていたようにも見えた。

第3試合:経済動物VSgayasu→勝者:経済動物

クラロワ_きおきおイベ17
▲勝利した経済動物さんのデッキ。コスト平均4.9とものすごく重いが、三銃士のおかげでエリクサーポンプを多数建てる隙を見つけ、超重量が圧倒的火力で押し切るという形を披露していた。

いずれも白熱のナイスバトルを見せてくれたが、中でも経済動物さんはゴーレムに三銃士というエリクサーポンプを入れていても相当に重たいデッキを用いて勝利をつかんでいた点に関してはお見事のひと言でした。

クラロワ_きおきおイベ06
▲専用のライトアップで会場の視線をくぎ付けにした対抗戦。いずれの戦いも名勝負となったぞ。

ゲストプレイヤーとのエキシビションマッチ

続いて、登壇したきおきお、ハルパパ、KANEの3名と来場したプレイヤーによるエキシビジョンマッチが行われた。その試合結果を掲載していく。

クラロワ_きおきおイベ07
▲各対戦相手は白い箱に入っているくじ引きによって決定していた。

■ハルパパ→ひひ(【ARU】)さんとバトル。
結果:ひひさんの巨大クロスボウを止め切れずに押し切る形でひひさんが勝利。

■きおきお→とらオ(トレジャーハンター)さんとバトル。
結果:ホグライダー中心のデッキできおきおを翻弄。さきにタワーを撃破したあとは無事に逃げ切りとらオさんが勝利。

■KANEさん→ジャマイカ(哀愁の下北沢♪)さんとバトル。
結果:ゴブリンバレルを中心に果敢に攻めるもヒールを用いた回復戦術を駆使し、三銃士、攻城バーバリアン、ガーゴイルの群れが刺さり、KANEが勝利。

■ハルパパ2回目→こじま(Glory Days)さんとバトル。
結果:こじまさんのホグライダーに迫撃砲を守備出ししなければならないハルパパは防戦一方。攻めをロケット主体にするも一瞬の隙で押し切られ、こじまさんが勝利。

■きおきお2回目→小鉢(きくすいコーポ)さんとバトル。
結果:ホグライダーとボウラーが主軸のデッキで挑む小鉢さん。しかし今度はきおきおのスパーキーがタワーに炸裂。火力で押し切りきおきお勝利。

■KANE2回目→gayasu(トレジャーハンターegg)さんとバトル。
結果:対抗戦でも代表となったgayasuさんはラヴァハウンド、エアバルーンの空戦で挑む。しかしエリクサーポンプを迎撃する手段が足りず、高回転三銃士が刺さり、KANE勝利。

■KANE3回目→ユリつん@えりうさ眷属(∽BLAST ARISE∽)さんとバトル。
結果:ユリつんさんはPEKKA、プリンス、ダークプリンスという”PPP”デッキでKANEのタワーをいち早く破壊する。しかし最後まであきらめないKANEが一瞬の隙を突き、残り10秒ほどでタワー破壊に成功。その後、敵陣中央に三銃士を出す攻めでもうひとつのタワーも一気に撃破し、KANE勝利。

5回連続スーパー魔法の宝箱開封の儀

オフ会最後は5月18日に20歳を迎えたきおきおによる怒涛のスーパー魔法の宝箱5連続開封コーナー。このコーナーで開封した宝箱の中からウルトラレアのスパーキーが出れば来場者にエメラルドのプレゼントも実施するという試み。スパーキーは果たしてお目見えするのか!?

■1回目

クラロワ_きおきおイベ08
▲いきなりのウルトラレアカード!しかしお目当てのスパーキーではなくローリングウッド。本人は「うれしいですけどね」とコメントしつつも悔しい表情を見せる。

■2回目

クラロワ_きおきおイベ09
▲続いてもまさかのウルトラレア。だが、こちらもスケルトンラッシュであり「いやいや、違うでしょ」とノリツッコミする羽目に。

■3回目

クラロワ_きおきおイベ10
▲三度目の正直なるか!? という3回目もウルトラレアを出す神引き。しかしインフェルノドラゴンだったため、スパーキーはまたも拝めず。

■4回目

クラロワ_きおきおイベ11
▲連続ウルトラ記録4回目ともはや神の腕を持つきおきお。しかも同じカードを2連続で引くというさらなる神引きも見せるも会場は「それじゃない」雰囲気一色に(汗)

■5回目

クラロワ_きおきおイベ12
▲泣いても笑ってもこれがラスト!ということでみんなに盛大な掛け声をもらい引くもやはりスパーキーはこず。結果的に企画は失敗という形となった。

ということで、5回実施してもスパーキーはきおきおのもとに現れることはなかった。ただ、5回全部ウルトラレアが出るだけでもかなりスゴイことなので彼はやはり何かを持っている!?

オフ会最後には参加者とゲストが一致団結して記念撮影が行われ、イベントは無事幕を閉じた。

クラロワ_きおきおイベ13

イベント主催のキーマンに聞く

今回のイベント開催に深く関わっているクラン“風林火山-JAPAN”所属のプレイヤーネオさんに話を伺ったぞ。

クラロワ_きおきおイベ14
▲“風林火山-JAPAN”所属のプレイヤーのネオさん。

――ネオさんは本イベントにどのような形で携わっているのでしょうか?

ネオ じつは、“風林火山-JAPAN”で『クラロワ』プレイヤーに関わる広報担当をやっている自分ですが、リアルではスクウェア・エニックスに所属しておりまして、会場となったこのストーリアの広報も担当しております。

――そうなんですか!? ちなみにストーリアはスクウェア・エニックスが運営するCAFEだと聞いておりますが、他社タイトルで利用しても大丈夫だったのでしょうか?

ネオ 問題ございません。スクウェア・エニックスだけじゃなく、ほかのメーカーさんと協力し、ゲーム業界をいっしょに盛り上げていこうというところからはじまった施設でして、多くのメーカーさんのイベントをこちらで取り扱わせていただいております。

――なるほど。ちなみに今回『クラロワ』のイベントを開こうと思ったのは何故ですか?

ネオ 私個人が『クラロワ』というタイトルを楽しんでいるということもひとつの理由ではありますが、2017年に入ってから『クラロワ』が公式でオフ会を開催しましたよね。あちらに個人的にも参加させていただきまして、本作の熱量の高さを肌で感じました。これはオフ会をもっと開催していかないと乗り遅れるなと思いまして、スーパーセルに相談させていただき、今回のオフ会開催へとこじつけました。

――全国オフ会でスーパーセルの脇さんが語っていた「みんなでドンドンオフ会をやってほしい」という言葉に賛同しての開催ということですか。

ネオ まさにその通りですね。今回の場合は仕事としても実績を重ねられ、私個人も楽しめる。まさに一石二鳥ですよね(笑)。

――(笑)。ゲストの選び方とかにも気を配ったのでしょうか?

ネオ そうですね。今回は数字を持っているきおきおさん、そしてハルパパさんに来ていただくことで『クラロワ』好きの皆さんにオフ会のことをより知っていただける。そういった面もあって呼ばせていただきました。あとは、実力の高いプレイヤーも呼びたいなと思いました。ただ、私自身がそこまでトッププレイヤーとの繋がりがなかったので、今回は我々のクランでも高い実力を持つKANEさんに来ていただきました。

――ふたりが盛り上げ、実力あるプレイヤーが腕を見せる。完璧な選出でしたね。

ネオ そこは見事に刺さり、オフ会が盛り上がってよかったなと思っています。あとは飲食を楽しみながら交流できる場所としてストーリアというものがあるというのを知っていただきたいなと思いました。今回は『クラロワ』のプレイヤー層が若いということもあり、はやい時間で開催させていただきましたが、たくさんの人が来場してくれてうれしかったです。

――『クラロワ』のイベントは今後も企画されていく予定ですか。

ネオ そうですね、今回初開催でしたが大いに盛り上がりましたので2回目、3回目とアレンジしつつ、企画を進めていければと思っています。

ピックアップ 一覧を見る