モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク『モンスト』トッププレイヤーが集結!“ソロ”トーナメント超選手権で栄光を手にしたのは?【超会議2017】

モンスターストライクの攻略記事

『モンスト』トッププレイヤーが集結!“ソロ”トーナメント超選手権で栄光を手にしたのは?【超会議2017】

2017-05-01 04:10 更新

niconico-chokaigi-2017
【超会議2017情報まとめはこちら】

超選手権でも“獣神王”のテクニックが炸裂!

2017年4月29日~30日に幕張メッセで開催された“超会議2017”。その2日目の“激闘!スマホゲームブース by AppBank”では、『モンストスタジアム』を使ったエキシビションマッチのモンスト“ソロ”トーナメント超選手権が開催された。

ブース前01
▲開演30分前にも関わらず、ブース前には大勢の観客が!

“ソロ”トーナメント超選手権のステージには、『モンスト』初代“獣神王”のありすぅぺんぺん、準獣神王のターザン馬場園、モンストグランプリ2016優勝チームの今池壁ドンズ、さらにファミ通Appでもおなじみのタイガー桜井宮坊など、名だたる『モンスト』トッププレイヤーたちが集結。総勢10名たちがトーナメント形式で白熱のバトルをくり広げた。

ブース05
ステージ01
▲チーム戦で競うモンストグランプリとは異なり、今回のエキシビションマッチではひとりで対決。
ブース02
▲MCはドワンゴの中條(画像左)、解説はAppBankのS嶋(画像右)が担当。
モンスト“ソロ”トーナメント超選手権 参加者
タイガー桜井
宮坊
ターザン馬場園
ぺんぺん
ありすぅ
なんとかキララEL(今池壁ドンズ)
そふぁ。(今池壁ドンズ)
べーこん(今池壁ドンズ)
ナウ・ピロ(GameWith)
しろ(GameWith)

トーナメントの組み合わせは、AppBankの番組内で視聴者によって決められたこともあり、ありすぅ VS なんとかキララELタイガー桜井 VS 宮坊など、1回戦から注目カードが連続。さらに、3回戦までの勝敗が1発勝負で決まるだけあって、最後まで目が離せないバトルが展開した。

ブース03
ブース06
▲エキシビションマッチといえども、優勝者には豪華なトロフィーが贈られる。

ボスを倒すまで油断できない1回戦

1回戦はモンストグランプリ2017で使用されるステージ“水天の猫神”で対決。ボスの近くに配置されたザコ敵をうまく活用しながら攻略するとボスのHPを一気に減らせるため、その対処法によってクリアータイムが大きく変わるのが特徴。今回のバトルでもラストステージで形勢が逆転するといったシーンが見受けられた。

1回戦 第1試合 ありすぅ VS なんとかキララEL

ブー04

第1試合は、今回の参加メンバーの中でも上位の実力を持った両者の対決。使用モンスターは1体だけ違ったものの、ほぼ同じ条件でスタート。試合は開始早々にミスをしたありすぅに対して、なんとかキララELは安定した攻略でリードを続ける。しかし、ラストステージでボスのHPを一気に削ったありすぅが勝利した。

ブース07

1回戦 第2試合 ターザン馬場園 VS ナウ・ピロ

ブース09

どことなく似たもの対決の第2試合では、ステージをしっかりと研究していたナウ・ピロが終始リードするも、ラストステージでターザン馬場園がストライクショットでボスのHPを大幅に削ることに成功! あと1回ボスを攻撃すれば勝てるといった状況だったが、つぎのショットで痛恨のミス。そのスキにナウ・ピロがボスを撃破。勝利の女神はナウ・ピロに微笑んだ。

ブース08
▲画面右側がターザン馬場園のゲーム画面。ボスのHPは残りわずかで勝利目前だったが……。

1回戦 第3試合 タイガー桜井 VS 宮坊

ブース12

M4(XFLAG公認の『モンスト』うまい4人組)対決で、1回戦のなかでもっとも注目されたカード。ふたりが選んだモンスターは4体とも同じのうえ順番も同じ。まさにテクニック勝負となった第3試合では、序盤から落ち着いてステージを突破していった宮坊がラストステージまで大きく先行。しかし、ボスの処理にもたついている間に、タイガー桜井が使うベルフェゴールのストライクショットが炸裂し、ボスのHPを一気に削ってクリアー。M4対決はタイガー桜井に軍配が上がった。

ブース11

1回戦 第4試合 べーこん VS しろ

ブース13

1回戦のラストの試合は、今池壁ドンズべーこんとGameWithのしろの対決。このバトルでひと際目立ったのが、べーこんがショットを打ち出すまでの速度。ステージ1で遅れをとったしろが懸命に追いかけるも、素早いショットをつぎつぎとくり出すべーこんがその差を少しずつ広げ、そのまま勝利。モンストグランプリ2016王者のテクニックを見せ付けた。

ブース15
ブース14

2回戦は“炎撃の凶弾”でバトル

2回戦で選ばれたステージは、こちらもモンストグランプリ2017で使われる“炎撃の凶弾”。加速床の使いかたが重要となるステージのうえ、ボスがブロックに挟まれているため、1ショットも気が抜けない厄介なステージが舞台となった。

2回戦 第1試合 ありすぅ VS ぺんぺん

ブース16A

2回戦の第1試合では、モンスト獣神戦に同じチームで参加し、獣神王に輝いたふたりが対決。ステージ1でザコ処理でミスをしたぺんぺんに対して、ありすぅは確実にステージを突破。その後も安定した攻略でラストステージに突入したありすぅが、ボスの弱点を狙いつつブロックを活かしたテクニックで一気に勝利をもぎ取った。

ブース17

2回戦 第2試合 べーこん VS そふぁ。

ブース18

2回戦の第2試合は、今池壁ドンズのメンバー対決。『モンストスタジアム』を知り尽くしているふたりだったが、両者が選んだモンスターで同じだったのはキグナス氷河のみ。その結果は、「このステージは難しい」とコメントしていたそふぁ。が、ステージ序盤からリード。さらにラストステージではキグナス氷河の配置がバッチリ決まり、強力な友情コンボが炸裂! 3回戦にコマを進めたのはそふぁ。だった。

ブース19

3回戦の舞台に選ばれたのは“緑雪の精霊”

準決勝は“緑雪の精霊”で対決。こちらもモンストグランプリ2017に使用されるステージで、スピードダウンをくり出すグリーンリドラやサソリの対処法が重要となる。そのこともあり、今回の出場メンバーの多くが苦手なステージに挙げていたほど。

3回戦  第1試合 ありすぅ VS ナウ・ピロ

ブース21

準決勝の第1試合では、ありすぅナウ・ピロが激突。どちらもこれまでの試合で会場を沸かせてきただけに、目が離せないバトル。ちなみに、この試合では、両者が選んだモンスターやその順番も同じだった。試合展開は、序盤から落ち着いて敵を対処するありすぅが、リードした状態でボスステージに突入。そのまま獣神王の貫禄を見せ付けて勝利した。

 ブース22

3回戦 第2試合 そふぁ。 VS タイガー桜井

ブース23

第1試合がロキの友情コンボを活かした編成だったのに対し、第2試合の両者は曹操を選ぶなど、それとは異なるメンバーをチョイス。その試合はラストステージまでわからないシーソーゲームとなったが、戦いに勝利したのはタイガー桜井。ラストステージでそふぁ。が曹操のストライクショットをうまく活かしきれなったスキに、ボスを倒して決勝進出を果たした。

 ブース24

決勝戦に進んだのはありすぅとタイガー桜井

モンスト“ソロ”トーナメント超選手権の決勝戦は、どちらかが2本先取した時点で勝者が決まるルール。また、モンスター選びではピックシステムが採用された。ちなみに、ピックシステムは、モンストグランプリ2017から採用されるルールで、使用するモンスターをプレイヤーが交互に選ぶシステム。どちらかが選んだモンスターは選択できなくなるうえ、並び順が選んだ順になるため、このピックも勝敗をわける重要な要素のひとつ。

ブース26

決勝戦 第1試合は“水天の猫神”

ブース27

ピックシステムによって使用キャラクターが制限された第1試合。ありすぅは、1回戦で使用した巴御前(神化)とロビン・フッド(神化)に加え、エメラルド(神化)とラー(獣神化)をチョイス。タイガー桜井宮坊対決で使用したベルフェゴール(神化)と趙雲(神化)の組み合わせに、デッドラビッツLtd.(神化)とギムレット(獣神化)を選択した。

1回戦とは異なるキャラクターだったが、両者はステージ1を最短ターンでクリアー。さらにショットを放つスピードも速く、決勝戦らしい拮抗した展開に。最後までどちらか勝つかわからない状態だったが、わずかの差でありすぅが第1試合に勝利した。

 ブース28

第2試合も序盤から大接戦

ブース29

決勝戦の第2試合は“炎撃の凶弾”でバトル。ありすぅは2回戦で使用したナポレオン(進化)とキグナス氷河(進化)に加え、マリーアントワネット(神化)とノア(神化)を選択。いっぽう、タイガー桜井は、ウリエル(地獄)、ネフティス(神化)、ノンノα(進化)、シリウス(神化)で対向。

ブース30

第2試合も序盤から大接戦だったが、ボスステージに突入するとありすぅのテクニックが冴え渡り、大きくリードを広げることに成功。タイガー桜井がボスのHPを一気に削ってラストステージに突入するも、それとほぼ同時にありすぅがラストステージのボスを倒してクリアー。こうして、2連勝したありすぅがモンスト“ソロ”トーナメント超選手権を制した。

 ブース31
ブース32
▲モンスト“ソロ”トーナメント超選手権の優勝はありすぅ。獣神王に引き続き、新たなタイトルを手にした。

最後に、決勝戦を戦ったふたりが感想を聞かれ、タイガー桜井は「貴重な機会に参加できて楽しかった。いつかありすぅさんを倒したい」とコメント。優勝者のありすぅは「モンストグランプリの本番に近い環境でプレイでき、勉強にもなったのでよかった」と語った。

ブース33
モンスト初心者最新画像
▲初心者&中級者向けお役立ち情報まとめ▲
24_H1-200『モンスト』公式マガジン第24弾
4月27日(木)発売

★Amazonで購入
★ebtenで購入

攻略動画、やってます。

■ターザン馬場園のTwitter
■タイガー桜井のTwitter
■宮坊のTwitter

▲効率のいいラック上げの方法などの攻略テクはこちら▲

モンスターストライク概要

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://www.monster-strike.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る