1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 逆転オセロニア>
  4. 決戦!イベント>
  5. 高難度決戦>
  6. 【逆転オセロニア攻略】“最凶!マダム・デヴィ(絶級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介

【逆転オセロニア攻略】“最凶!マダム・デヴィ(絶級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介

2017-04-03 12:06 投稿

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

マダム・デヴィ戦攻略

マダム・デヴィ

“決戦!マダム・デヴィ”は魔属性のS駒“マダム・デヴィ”を入手できるイベント。

※編集部で確認できた敵駒のみを掲載しています。

【初回イベント開催期間】
4月6日11時59分まで

“マダム・デヴィ”は、ヴィクトリア、アズリエル、レグスをモチーフとした各属性への分岐闘化が可能だ。

デヴィクトリア(神闘化)

デヴィクトリア

デヴィリエル(魔闘化)

デヴィリエル

デヴィス(竜闘化)

デヴィス

クエスト情報

ステージ数:6
相手リーダーの属性:全属性
敵HP
1戦目:8000
2戦目:12000
3戦目:7000
4戦目:14000
5戦目:5000
6戦目:21000

攻略ポイント

バフ主体のデッキがオススメ
罠駒無効、特殊ダメージ無効、アンデッド、特殊ダメージカウンターなど、さまざまな要素が絡んでいるイベント。しかしデバフ持ちなどは出現しないため、通常攻撃ダメージを重視したデッキがオススメだ。
毒対策は必須
最終ステージでの毒ダメージが非常に高い。ラーニやベノムバジリスクなどの、敵からの毒を回復に転じることができるアンデッドスキル持ちを連れていきたい。

オススメの駒

ラーニラーニ
アンデッドスキル持ち。最終ステージでの被ダメージを大幅に軽減可能。コンボスキルも強力。
同種のスキル持ち:ベノムバジリスク
ラナキュラスラナキュラス
竜メインの編成ならば、毒スキルをふたつ無効化。アンデッドが使えない局面で活躍できる。
サマー・アルンサマー・アルン
3ターンバフ。魔属性リーダーへのバフコンボも優秀。

デッキ構築例

竜パ
S駒:アムルガル、デネヴ(進化)、ミューニ、景光、ユルルングル(進化)
A駒:ラーニ、ラナキュラス、ディーチェ、クロリス、ベノムバジリスク、サマー・アルン、オルムバラス、アルン、グローツラング
B駒:セイントドラゴン×2
【ポイント】
毒対策を主眼とした竜デッキ。リーダーはデネヴ(闘化)などオーラバフ持ちのほうが火力は出るが、最終ステージでアンデッド持ちを引けなかった場合、高確率で負けやすい。運要素を排除したい場合は、アンデッド持ちをリーダーにした編成がオススメだ。

ステージ1

ステージ1_マダム・デヴィ
【敵の使用する駒】
マダム・デヴィ⇒スカルドラゴ⇒ガイストドラゴン⇒ソゥヴォドゥル⇒ダウンフォール⇒ミューニ⇒グリードドラグーン⇒ウルガルド⇒デュランダル⇒グローツラング
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

ステージ専用駒により、防御、罠、カウンターが無効化される。

敵のHPはさほど高くないため、コンボスキルを活かし素早く突破しよう。

オススメ定石の例

ステージ1_マダム・デヴィオススメ
▲先攻は敵から。X字に置き、強引にコンボを絡めていこう。

ステージ2

ステージ2_マダム・デヴィ
【敵の使用する駒】
デヴィス⇒ガルア⇒ベルーガ(進化)ノイレ(進化)⇒ムンザムンザ⇒シャンティ・ハリベルーガ(闘化)⇒ガルア
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

敵デッキの大半は貫通スキル持ち。守りよりも攻めを重視したい。

ステージ専用駒のコンボスキルは、すべて2倍のバフ。つなげられないように立ち回ろう。

オススメ定石の例

ステージ2_マダム・デヴィオススメ
▲敵が初手に使うデヴィスのコンボ倍率が高い。導線を回避して打とう。×のマスに置くとすべての駒を返される可能性があるためNG。

ステージ3

ステージ3_マダム・デヴィ
【敵の使用する駒】
マダム・デヴィ⇒タキリビメ⇒ケット・シー⇒タロス⇒八房⇒ラトール⇒さほ姫⇒アストライア⇒クリムヒルト⇒木花咲耶姫⇒イクシラ⇒クレア⇒織姫⇒織姫⇒ソードヴァルキリー
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

敵デッキの大半は神駒。HPは低いものの回復やシールド持ちが多い。コンボスキル発動を重視して早めに突破し、HPを温存しよう。

オススメ定石の例

ステージ3_マダム・デヴィオススメ
▲X打ちならば素早いコンボ発動が見込める。

ステージ4

ステージ4_マダム・デヴィ
【敵の使用する駒】
クリムヒルトイクシラヴァイセ⇒アルーシャ⇒アールマティ(進化)⇒ウル祈りの女神像祈りの女神像⇒デヴィクトリア⇒祈りの女神像⇒アルーシャ
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

敵デッキには、残存HP依存スキル持ちが多く、長期戦になるほど被ダメージが増える。とくに、後半に出現する祈りの女神像は最大4500の特殊ダメージを与えてくるため非常に危険。

また、こちらからの特殊ダメージがすべて無効化されるため、神メインの場合はきびしい戦いとなる。

こちらが竜デッキの場合、5手目まで打たせてしまうと勝ちの芽が薄くなる。攻撃重視で素早く抜けよう。

オススメ定石の例

ステージ4_マダム・デヴィオススメ
▲クリムヒルトのコンボスキルを受けないように立ち回ろう。×印のマスに置くのはNG。

ステージ5

ステージ5_マダム・デヴィ
【敵の使用する駒】
マダム・デヴィ⇒カミュ⇒エクローシア⇒アルタイル⇒アマデウス⇒エリファス
ステージ専用罠駒:特殊ダメージ300%カウンター
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

ステージ専用駒により、相手への毒が回復に転じてしまう。毒スキル持ちを場に出すことは避けたい。

敵が2手目に使用する駒にはブレがあるが、罠駒の場合はカミュ。強力な通常攻撃を避けるか、貫通持ちを使おう。

オススメ定石の例

ステージ5_マダム・デヴィオススメ
▲X打ちが有効。すぐに突破して最終ステージでのHPを確保したい。

ステージ6

ステージ6_マダム・デヴィ
【敵の使用する駒】
デヴィリエルスパルム(進化)ルエド⇒ヴェヴェ邪悪な悪魔像(50%毒バフ)デヴィリエルヴェヴェヨシノ(闘化)邪悪な悪魔像(毒バフ50%)アバドン⇒邪悪な悪魔像(50%毒バフ)ドゥルジ
ステージ専用罠駒:特殊ダメージ150%カウンター
※赤字は危険度の高い駒
※順番は前後する可能性があります

敵デッキのすべてが毒系スキル持ちのうえ、ステージ専用駒による毒バフにより、被ダメージが非常に高い。

ラーニやベノムバジリスクなどアンデッドスキル持ちがいる場合は、序盤に辺に置くことで大幅にHPを回復可能だ。

敵の使用する駒の危険度はいずれも高いため、アンデッドスキルの効果が切れたときのことも見越し、できるだけ返しておいたほうが安全に戦える。

オススメ定石の例

ステージ6_マダム・デヴィオススメ
▲角や辺にアンデッド持ちを置けるかどうかが勝負の分かれ目。すべての駒を返される可能性のある×印のマスに指すことは避けよう。

タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

世界のザキヤマのTwitterはこちら

『逆転オセロニア』のお役立ち情報満載!

⇒初心者必見の効率的な進めかたまとめ
⇒おすすめイベント入手駒10選
⇒通常クエストで手に入る進化素材まとめ
⇒進化素材まとめ&亀クエ時間割
⇒スキル上げに使える駒まとめ
⇒通常クエストで手に入るオススメBキャラ9選
⇒初期キャラ9体の性能を徹底評価
⇒ダメージ計算式とスキルを理解してバトルをもっと有利に
⇒相手が使ったら要注意!コンボスキルが超強力な駒5選
⇒罠駒の種類と対処方法

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧