1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. LINE: ガンダム ウォーズ>
  4. 『LINE: ガンダム ウォーズ』は女性プレイヤーが多い!?『ガンダムさん』イベントや今後の情報も

『LINE: ガンダム ウォーズ』は女性プレイヤーが多い!?『ガンダムさん』イベントや今後の情報も

2017-03-24 15:00 投稿

200万DL突破で好調!『ガンダム ウォーズ』今後の展開

バンダイナムコエンターテインメントの人気アプリ『LINE: ガンダム ウォーズ』(以下『ガンダム ウォーズ』)。ワールドワイド200万ダウンロードを突破し、ますます勢いに乗る本作。今回は、開発者インタビューを実施して、皆が気になっているアレコレを伺いました!

TAK_4242

(左)
バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー
伊藤翔平(文中:伊藤

(中)
LINE株式会社 ゲーム事業部
白井雄一朗(文中:白井

(右)
LINE株式会社 ゲーム事業部
豊田匡(文中:豊田

サービス開始から200万DLまでの歩み

――2016年7月のサービス開始から現在まで、振り返ってみていかがでしょうか。

伊藤 ずっと走り続けていた感じがします(笑)。その結果、ゲームの内容に対して、「これが『ガンダム ウォーズ』の遊び方だよね」というものが、お客様の中で定着してきていると思っています。

白井 まだまだよくしていける部分も多々ございますので、これからもお客様のご意見に耳を傾け「こうすればもっとゲームがおもしろくなる」という部分を大事にした運営が必要と強く感じています。

伊藤 また、2017年3月上旬にタイでもリリースされ、おかげさまで、登録者数がワールドワイドで200万を超えました。200万という数は、ひとつの節目ですよね。

 S__14229522
▲200万DLキャンペーンとして、☆4機体が選べるチケットをプレゼント中。
S__14229523
▲迫りくるベアッガイIIIを倒しまくる、イベントミッションも同日にスタート!

白井 節目としつつも、今後とも広く展開したいと思っています。ゲームの中身も随時改修することで、もっといろいろな方に遊んでいただきたいですね。

――たとえば2017年1月のアップデートで、バトルアリーナの内容を大きく改善されたりしていますが、改修や調整はどのように行っているのでしょう?

【関連記事】
⇒アリーナがリニューアル

伊藤 当然、我々開発チームの中で意見が上がってくるものもあれば、SNSや掲示板などの意見を吸い上げることもあるんです。今後はアンケートと言う形で、お客様の意見をダイレクトにお伝えいただけるような場も設けようと考えています。

 LINE:ガンダムウォーズ005

バトルタワーはいつ始まる!?

――2016年11月にβ版を実施していました”バトルタワー”は、その後どのような状況になっているのですか?

【関連記事】
⇒頂上を目指して戦う”バトルタワー(β版)”スタート!

豊田 バトルタワーはβ版という形でリリースさせていただきましたが、実際に遊んでいただくことで明確になった課題や、お客様からいただいたご意見に可能な限りお応えすべく、鋭意制作中です。現段階では具体的な日程はお話できませんが、バランスを見ながら実装タイミングを調整しているところです。

――ユーザーからはどのような意見があったのでしょう?

豊田 「バトルアリーナと、もっと差別化してほしい」という意見が多かったですね。バトルアリーナもバトルタワーも、”敵として出てくるのがほかのお客様のデッキ”という同じような点がありますが、その部分が最初に受ける印象としてフォーカスされたことが大きな要因だと考えています。バトルタワーの本来のコンセプトは、”さまざまな機体が活躍できるコンテンツ”というものです。固定の5機だけではなく、さまざまな特性を持った機体を適材適所で活かせるところを、最大限表現できるようにしたいと考えています。

伊藤 現状、基礎的な部分で改善すべき点もまだまだ多数あると考えています。たとえばそのひとつが、お気に入りのMSチームを保存できないことです。

――いまは各モードで直前に使ったデッキが、自動保存される仕様ですよね。

伊藤 そうですね。ミッションやイベントごとに毎回パイロットも乗せ換えしないといけないので、そういった利便性を高める部分の改修を優先的に進めていく予定です。

――バトルアリーナ用のデッキや、イベント用のデッキ、余裕があればネタデッキといったように使い分けができるようになると。

伊藤 “出てきた相手に対してどう攻略していくか”を考えるゲームなので、トライ&エラーがやりやすいゲームの仕様にしたいと考えています。

――デッキ編成といえば、ダメージのログを見られるようになりましたが、あれはすごくいいですよね。デッキ編成の楽しみが広がりました。

伊藤 ログの機能はたいへん好評です。どの機体が活躍しているか、あるいはしていないかが分かりやすくなりました。行動のログもあるのですが、例えば分身がいつ解除されたのかというのが分かると対策が立てやすくなると思います。この機能も実装されたばかりなので、今後もお客様の意見を集約して改修していきたいと思っています。

 LINE:ガンダムウォーズ004

今後のアリーナは?

――バトルアリーナについて、今後アップデートの予定はありますか。

伊藤 『ガンダム ウォーズ』を遊ぶうえで、バトルアリーナは大きなコンテンツになっているのでとくに力をいれています。モビルスーツのスキルや強さのバランスがいちばん影響する場所なので、ゲームバランスを考えつつ随時調整をかけていきます。

豊田 バトルアリーナの仕組みを変えた段階で、お客様のデッキ編成に大きな動きが見られましたね。

白井 今後の運営の参考にするために、バトルアリーナでよく使われるモビルスーツの上位10体のデータを集計しています。1000位までに入るお客様はリック・ディアスを使っている方が多いですが、10000位までの方はブリッツガンダムを使っている方が多いなど、遊びかたによって大きくトレンドが異なっています。

●アリーナ1~1000位攻撃チームユニット使用率

 順位ユニット名使用率順位ユニット名使用率
1位リック・ディアス12.811位νガンダム4.2%
2位ブリッツガンダム8.5%12位ガンダム
デスサイズヘル
3.5%
3位 Hi-νガンダム7%13位ドム3.5%
4位リボーンズガンダム6.6%14位ウイングガンダム
(EW)
3.3%
5位フルアーマー・
ユニコーンガンダム
(デストロイモード)
6.2%15位ユニコーンガンダム
(デストロイモード)
2.9%
6位ウイングガンダム
ゼロ(EW)
6.1%16位デスティニー
ガンダム
2.4%
7位キュベレイ5.5%17位ガンダムデスサイズ1.6%
8位ストライクフリーダム
ガンダム
4.4%18位ガンダム・
ヴィダール
1.4%
9位ガンキャノン4.3%19位ギュネイ専用
ヤクト・ドーガ
1.2%
10位ガンダムMk-II
(ティターンズ)
4.3%20位クロスボーン・
ガンダムX1
フルクロス
1.2%

●アリーナ1000~10000位攻撃チームユニット使用率

順位ユニット名使用率順位ユニット名使用率
1位ブリッツガンダム16.0%11位ウイングガンダム
ゼロ(EW)
1.7%
2位リボーンズガンダム12.4%12位メタス1.6%
3位ウイングガンダム
(EW)
11.7%13位ストライク
フリーダムガンダム
1.6%
4位リック・ディアス9.5%14位ランチャー
ストライクガンダム
1.5%
5位ガンキャノン7.9%15位キュベレイ1.5%
6位ガンダムMk-II
(ティターンズ)
7.3%16位ユニコーンガンダム
(デストロイモード)
1.3%
7位ドム5.9%17位デスティニーガンダム1.3%
8位νガンダム3.9%18位ガンダムMk-II
(エゥーゴ)
1%
9位Hi-νガンダム1.8%19位デュエルガンダム
アサルトシュラウド
0.7%
10位フルアーマー・
ユニコーンガンダム
(デストロイモード)
1.8%20位ガンダム0.7%

伊藤 このデータを見ていると、”ガンダムタイプ以外のMSが使用率の上位に来ている”ことが、他のガンダムゲームと異なる点ですね。これは『ガンダム ウォーズ』のひとつの個性であると言えるかもしれません。

白井 ランキング上位の方ほど、個性的な機体やポテンシャルの高い機体をデッキに入れている傾向がありますね。

――バトルに大きくかかわる要素として、現在☆6が最大レアリティですが、☆7の構想はあるのでしょうか?

伊藤 その構想は現在ありません。レアリティの段階を増やしていくのではなく、別の手段で深堀りしていく仕様にしたいと考えています。

――なるほど。では、レアリティではなくレベル上限の開放などは?

白井 そちらは考えています。機体の強化の幅やカスタマイズ性を高めることで、モビルスーツごとに個性を出せるような仕組みを、現在検討中です。

 TAK_4156

TGS 2016で発表したアレはどうなる!?

――去年の東京ゲームショウで『機動戦士ガンダムさん』とのコラボを発表されていましたが、その後の進展はいかがでしょうか。

【関連記事】
⇒『LINE: ガンダム ウォーズ』にまさかの『ガンダムさん』が登場!?

伊藤 大変お待たせしております! 『ガンダムさん』のイベントは春頃に始動する予定です。今回敵がヒヨコなんですけど……。

――えっ!?

伊藤 『ガンダムさん』がガンダムゲームに出てくるのはこれが初めてだと思います。作品の世界観が独特なので『ガンダム ウォーズに』マッチしたイベント内容を考えるのがたいへんだったのですが、ようやくお見せできる日が来ました! ひと言で言えば、”いままでのガンダムゲームでは見たことがない戦い”が待ってます(笑)。

彗星ヒヨコアルテイピヨガルマピヨコ
▲『機動戦士ガンダムさん』コラボレーションイベントでは、ヒヨコたちが登場する。
画面イメージ のコピー
▲こちらがバトル画面。舞台となるのはララァの部屋。相対するのは3羽(?)のヒヨコたちのようだが、どんな動きを見せて、どのような強さなのか!? イベントの報酬も気になるところ。

――これらのヒヨコたちは自分でも使えるのですか?

伊藤 今回は敵専用になります。『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』コラボイベントのときの、ハロやサイコガンダムと同じ立ち位置ですね。

『ガンダム ウォーズ』は女性も多い!

――本作は、かわいらしい見た目と簡単な操作で、とても遊びやすいですが、実際に遊んでいるのはどういったプレイヤー層なのでしょうか?

伊藤 男女比における女性の比率が二桁を超えていて、女性プレイヤーの割合がとても多いんです。

――ガンダムのゲームとしては驚異的な数字じゃないですかね? 男性プレイヤーがほとんどのイメージがあります。

伊藤 その点がLINEさんと組んだ大きな特徴になっていると感じています。あとはプレイヤーの年齢層として、10代後半と40代前半が多いのも特徴的です。

――LINEさんといえば、いままでに2回配布されているLINEスタンプも可愛いですよね。

【関連記事】
⇒『LINE: ガンダム ウォーズ』の動くLINEスタンプ
(※現在配布は終了しております)

豊田 そうですね。そういった施策も含めて、幅広い層のお客様へアプローチできる点はLINEとしての強みなので、今後も継続して、認知度を高めること貢献ができればと思っています。

伊藤 このゲームは、いろいろな方に楽しんでもらいたいと思っています。そのために今後もゲームの改善やイベント内容だけでなく、LINEスタンプ施策など様々な切り口から、幅広いプレイヤーが楽しめるようにしていきますのでご期待ください。

 TAK_4047

7月の一周年に向けて

――今後の展望について聞かせて下さい。

伊藤 ひとまず2017年7月19日迎える1周年を大きな節目にしたいと考えています。先程もお話しした通り、それまでの間にいろいろなネタを仕込んでいきたいと考えているのでご期待ください。

――それは期待ができそうです。最後に、ユーザーに向けて一言お願いします。

白井 『ガンダムウォーズ』を遊んでいただけることは本当に嬉しいですし、光栄なことだと思っています。より楽しんでいただけるように、お客様に向けていろいろな施策を発信していきたいです。また、こちら側からの一方的なものではなく、皆様と一緒にコンテンツを作り上げる運営でありたいと考えていますので、ぜひご意見をいただければと思います。

豊田 お客様あってのサービスですので、お問い合わせやSNSなどを中心に、お客様からいただけるご要望に関しては、つねに耳を傾けるよう心がけています。問題点の改修にはある程度の時間が必要になりますが、できるだけ早く解決できるように運営・開発チーム一丸となって日々尽力しております。問題点の改修はもちろんのこと、今後もさまざまなコンテンツや新機体、新パイロットの追加を予定しておりますので、引き続きお楽しみいただければ幸いです。

伊藤 『ガンダム ウォーズ』を楽しんでいただけるよう、今後とも開発、運営を進めていきます。そのうえで、今後はユーザー間のゲーム内コミュニケーションを強めていきたいと考えています。どのような形になるのかは検討中ですが、新しい遊び方を入れようと思っています。より遊びやすく、いい意味で期待を裏切るイベントも企画しながら、皆さんに楽しんでいただけるゲームを目指していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 TAK_4246
【関連記事】
⇒【LINE: ガンダム ウォーズ攻略まとめ】
⇒生まれ変わったアリーナで勝つための5つのポイント
⇒効率よくプレイするための5箇条! いまから始める人もバッチリ
⇒おすすめ機体をピックアップ
⇒お役立ち間違いなしのおすすめパイロットを紹介
⇒各モードを攻略するコツ
⇒バトルのコツを紹介
⇒さあや(/・ω・)/もバッチリわかるプレイガイド

LINE: ガンダム ウォーズ

ジャンル
ニュータイプ★突撃バトルSLG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧