モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク【モンスト】ターザン馬場園が奇跡を起こす!“モンスト獣王戦”予選大会リポート【闘会議2017】

モンスターストライクの攻略記事

【モンスト】ターザン馬場園が奇跡を起こす!“モンスト獣王戦”予選大会リポート【闘会議2017】

2017-02-13 02:59 更新

^C344B668002D19005829CC628D7B421375F07E125D271735BC^pimgpsh_fullsize_distr【闘会議2017情報まとめはこちら】

プレイヤースキルを競う新機軸バトル!

2017年2月11日、千葉県・幕張メッセにて開催された“闘会議2017”。そのXFLAGブースで行われた、“モンスト獣王戦”予選ステージの模様をお届けする。

獣王戦

“獣王戦”とは?

“モンストGP”のような従来の大会形式とは異なる尺度で、『モンスターストライク』(以下、『モンスト』)の実力を競いあう大会。

ふたり1組のチームで指定されたモンスターを使い、クエストクリアーまでの手数の少ないチームが勝利となる。

予選大会では全6チームがAブロックとBブロックに分かれて争い、各ブロックの上位1チームが翌日の2月12日開催の決勝大会へと進出する。

波乱のAブロック!

Aブロックのレギュレーションと参加チームは以下の通り。

挑戦クエスト:爆絶“アヴァロン”
使用モンスター
(1)始皇帝(進化)
(2)シンドバッド(進化)ケガ減り特級付き
(3)周瑜(進化)ケガ減り特級付き
(4)アンデルセン(進化)速必殺特級L付き
【参加チーム】
(1)“最強コンビネーション”こっさり&シュンタソチーム
(2)“モンストグランプリ全国No.1”なんとかキララEL&そふぁ。チーム
(3)“ダークホース中のダークホース”(ターザン馬場園&ベイビーかわけ)

Aブロック・第1戦

最初の挑戦はこっさり&シュンタソチーム。

ステージ2でミスが続き、手数が伸びてしまうも、ステージ3をシンドバッド(進化)のストライクショットで一気に突破。伸びた分の手数を圧縮する、冷静な判断力を見せた。

しかしその後のステージ6にて、42手で惜しくも敗退。

挑戦後のインタビューでは、「攻めた結果だったので(クエスト失敗は)しょうがない」と振り返った。

こっさりシュンタソ

Aブロック・第2戦

1チーム目からクエスト失敗という、波乱の展開となったAブロック。

続いて、“モンストグランプリ全国No.1”なんとかキララEL&そふぁ。チームが挑む。

序盤は好調に進むも、ステージ3にて操作ミスから窮地に陥り、始皇帝(進化)とシンドバッド(進化)のストライクショットを使わざるを得ない事態に。

その後は復調し粘りを見せるが、ステージ7、57手でクエスト失敗。実力者とはいえ容易にはいかない結果に、本大会の難しさが感じられた。

壁ドンズ

Aブロック・第3戦

荒れる展開を見せる予選Aブロック、最後の挑戦者はターザン馬場園&ベイビーかわけチーム。

馬場園かわけ

『モンスト』プレイヤーによる優勝の事前予想では得票率3.4%と、もっとも得票数の少なかった本チームだったが、結果次第では予選突破という未曾有のチャンスがここに到来。

奮起したふたりは下馬評を覆す活躍を見せ、最短手数で第7ステージに到達。予選突破を早々に確定させる。

そして最終ステージ、49手目のターザン馬場園。即死攻撃を仕掛けてくる敵を処理すべく一打を放つも、カンカン失敗! ……かと思いきや、ほかのモンスターを処理して改めて隙間に入り直すという奇跡のスーパーショットを決めて会場を大いに沸かせる。

馬場園かわけ2

これには解説のS嶋も、興奮の面持ちで「そんなことある!?」と叫んでしまったほど。

しかし続く50手目。即死攻撃を回避すべく敵の処理を試みるも、まさかのミスショット。ここでゲームオーバーとなってしまった。

クエストクリアーこそ成らなかったものの想像を超えるミラクルショットを連発した本チームが、見事予選を突破した。

馬場園かわけ3

実力派チームが“エデン”で激突!

Bブロックのレギュレーションと参加チームは以下の通り。

挑戦クエスト:爆絶“エデン”
使用モンスター
(1)サタン(獣神化)同族加撃特L、撃種加撃特L付き
(2)サタン(獣神化)同族加速特L、戦型加撃特L付き
(3)茶々(神化)ケガ減り特級付き
(4)飛影(進化)友撃特級付き
【参加チーム】
(1)“ファミ通App PRIDE”タイガー桜井&宮坊チーム
(2)“ヴィジュアルストライカーズ”Kazuyoshi&ぎこちゃんチーム
(3)“感覚派天才&理論派天才”ありすぅ&ぺんぺんチーム

Bブロック・第1戦

実力者ひしめく予選Bブロック、最初の挑戦者はタイガー桜井&宮坊チーム。

各チームが口々に「初手が重要」と口を揃えた通り、エデンのクエストは最初の1手をミスした時点で、勝利が大きく遠のいてしまう高難易度。

まさに“言うは易く行うは難し”といったところだが、タイガー桜井は慎重な手つきで見事な一打を決め、安定した実力を見せつけた。

その後も宮坊が放ったサタン(獣神化)のストライクショットを限界ギリギリで弱点に届く形で放つなど、攻めの姿勢で手数を短縮。

結果、難関クエストのエデンを34手でクリアー。圧倒的なスピードクリアーで、後続のチームにプレッシャーを与えた。

スターズ

Bブロック・第2戦

2番手のKazuyoshi&ぎこちゃんチームは、大きなミスはなく順調な滑り出しを見せる。

しかし、ステージ4で窮地に陥ってしまうことに。サタン(獣神化)のストライクショットで挽回を図るも、21手でまさかのクエスト失敗。

実力者でも安定しない爆絶クエストの難易度を、会場中が再認識することとなった。

Kuzuyosiギコちゃん

Bブロック・第3戦

予選大会のトリを飾るのは、事前人気ナンバー1、大本命のぺんぺん&ありすぅチーム。

しかしそんなプレッシャーを感じさせることなく、ファンの期待を上回る驚異のテクニックを見せる両名。

“いかに敵を処理するか”ではなく“敵を処理した後に、いかにモンスターを配置するか”という高次元のプレイングに、会場が沸きに沸いた。

最終的には1ミスありながらも、29ターンという脅威のスピードでクエストをクリアー。

つねに数手先を見据えたことによる、サタン(獣神化)と飛影の丁寧な配置が勝利へとつながった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

衝撃の戦いを見逃すな!

2月12日の“闘会議2017”2日目では、いよいよ決勝大会が開催!

Aブロックを勝ち抜いたターザン馬場園&ベイビーかわけチームと、Bブロック勝者のぺんぺん&ありすぅチームが激突する。

大会の模様は、ニコ生“XFLAG BATTLE KINGDOM@闘会議2017[DAY2]でも確認可能だ。

あわせて読みたい

⇒ターザン馬場園が奇跡を起こす!“モンスト獣王戦”予選大会リポート【闘会議2017】

⇒“激戦!闘会議2017!”オラゴンテレビちゃん戦攻略
⇒オラゴンテレビちゃんの運極オススメ度まとめ
⇒ライトニング、クラウド、スコールなどが登場!セフィロスは降臨モンスターに!!『FF』コラボ新情報まとめ
⇒待望の爆絶アルカディア適正か!?アテナの獣神化&バレンタインバージョンが発表!
⇒大人のためのリアルイベント“MONST NIGHT”が開催

^C344B668002D19005829CC628D7B421375F07E125D271735BC^pimgpsh_fullsize_distr【闘会議2017情報まとめはこちら】

モンスターストライク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://www.monster-strike.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る