モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク【モンスト】モンストグランプリ2016の頂点となるチームが決定!

モンスターストライクの攻略記事

【モンスト】モンストグランプリ2016の頂点となるチームが決定!

2016-09-26 11:10 更新

モンマガ17表紙-200『モンスト』公式マガジン第17弾
9
月29日(木)発売
★Amazonで予約・購入
★ebtenで予約・購入

優勝は超絶テクニックを見せつけた “今池壁ドンズ”

e-sports促進機構が主催の“モンストグランプリ2016チャンピオンシップ決勝大会”が、2016年9月25日に幕張メッセの6ホールにて開催された。本記事では、その決勝戦の模様をお届けする。

 XFRAG_31

“モンストグランプリ2016”とは、『モンスターストライク』のスピンオフタイトルである『モンストスタジアム』を使用し、4対4で対戦するe-sportsイベント。その決勝大会は、全国7ヵ所の地方大会を勝ち抜いた15チームと、当日予選大会を勝ち抜いた1チームの計16チームがトーナメント方式で勝敗を競い合った。

決勝戦ルール

決勝戦は2本先取の3本勝負。これまでと同様に2チームが同時にクエストをプレイし、対戦相手よりも早くクリアーしたチームが勝利となる。決勝の舞台では、以下の3つのステージが選ばれた。

・緑林の邪竜
・黄泉の主宰神
・漆黒の巨鯨

 XFRAG_32

決勝戦![笑]獣心亭一門VS今池壁ドンズ

決勝に勝ち進んだ1組目は、準決勝で“今池壁ドンズ”との勝負を願っていた、関西予選大会2位の“[笑]獣心亭一門”。準決勝では、対戦相手の“金色の怪童”と同じパーティー構成で挑み、堅実なプレイでミスなくステージを突破。順当に決勝戦にコマを進めた。

 XFRAG_33
▲関西地方予選大会を勝ち抜いた“[笑]獣心亭一門”。

もう1組は中部予選大会1位で通過した“今池壁ドンズ”。強気な口調と凄腕テクニックで多くのストライカーを魅了してきた強者チーム。準決勝ではヤマトタケル零をメンバーに加えるなど、ほかのチームとは異なる編成で挑みつつ、緻密な位置取りによる高度なテクニックを披露した。

 XFRAG_34
▲中部地方予選大会を勝ち抜いた“今池壁ドンズ”

第1試合“緑林の邪竜”

決勝戦の第1試合は、全プレイヤーになじみあるステージの“緑林の邪竜”。さまざまな意見交流がなされ、攻略法が確定しているだけに、決勝チームはどんなパーティーで挑むのか気になるところ。

 XFRAG_35

第1試合“緑林の邪竜”のメンバー構成は以下の通り。

[笑]獣心亭一門
モンストローズ(神化)
アザゼル(神化)
卑弥呼(進化)
天叢雲(進化)

今池壁ドンズ
アザゼル(神化)
卑弥呼(進化)
デッドラビッツLtd.(神化)
天叢雲(進化)

緻密なキャラクター配置

お互いが選んだメンバーにそれほど違いはなかったが、開始からつねに“今池壁ドンズ”が一歩リードする展開。緻密な調整による配置は観客席から歓声が飛び交うほどだ。さらに、最後のバトルで驚きのプレイがさく裂! しかも、その伏線はひとつ前のステージから張られていた。

XFRAG_36
▲“今池壁ドンズ”は天叢雲をほぼ垂直にショットしたときに、真ん中の敵に当てつつ、右下に止まるようにショットをきめる。

天叢雲をショットする際に敵を利用しつつ、つぎのステージでベストポジションになるように配置。速さが命の今大会の試合で、瞬時に成功させたのには圧巻。これが最後のバトルの決定打となる。

 XFRAG_37
▲ラストステージで天叢雲がちょうどボスの真下に! そこはマッチショットのベストポジション。

ラストステージでは、天叢雲の番が回ってきたときに、マッチショットを決めて見事ボスを撃破! 決勝戦の第一試合は“[笑]獣心亭一門”に大きな差をつけての勝利となった。

 XFRAG_38
▲見事第1試合を勝利した“今池壁ドンズ”。

第2試合“黄泉の主宰神”

続く第2試合は超絶ダンジョン“黄泉の主宰神”。ボスのイザナミを中心に強力なモンスターが大量に出現する、バトル数も多いステージだ。

 XFRAG_39

第2試合“冥界の主宰神”のそれぞれのキャラクターは以下の通り。

[笑]獣心亭一門
ナポレオン(進化)
ノア(神化)
ダルタニャン(神化)
シリウス(進化)

今池壁ドンズ
ノンノα(進化)
リコル(神化)
ヴェルダンディ (神化)
ナポレオン(進化)

“今池壁ドンズ”はノンノが好きだからという理由でノンノを中心に据えたオリジナルの編成。第1試合とは異なり、お互いが選択したモンスターはほぼ異なる編成になった。

XFRAG_40
▲つねに一歩リードする“今池壁ドンズ”に死角はない。

第2試合でも、レーザーなど友情コンボを的確な位置で発動する“今池壁ドンズ”。すべてはキャラクターを理解しつくしていないとできない芸当だ。緻密なショットの数々で、第1試合同様に“[笑]獣心亭一門”と差をつけていく。

 XFRAG_41
▲第2試合で見事“今池壁ドンズ”が優勝を決めた瞬間。

大きなミスもなく、小さな誤差はすぐに修正し一瞬の隙も見せない“今池壁ドンズ”。最後はパーティーの中心となったキャラクターのノンノαで大勝利!

「最高に気持ちいい!」「確信はあった。楽しい雰囲気でやれてよかった」

試合終了後のインタビューで“今池壁ドンズ”はこう答えた。完璧なプレイを魅せた“今池壁ドンズ”に観客から惜しみない拍手がプレゼントされた。

 XFRAG_42
▲互いの健闘を称えて握手を交わす選手たち。
 XFRAG_041
▲ここまで競い合ったチームが登壇し、最後の授与式を迎えた。
 XFRAG_43
▲プレゼンターとして登壇したXFLAG総監督の木村氏。

ここでプレゼンターであるXFLAG総監督の木村氏も登壇。“今池壁ドンズ”のプレイをみて、「こんなゲーム作ったっけ?」と思えるほどのプレイだったと称賛。

また、“今池壁ドンズ”はまるでアニメのように、あらかじめストーリーがあって、その通りに敵をぶちのめすようなプレイだとも語った。

 XFRAG_30
▲優勝した“今池壁ドンズ”。両手じゃ抱えきれないほどの賞金と副賞を獲得した。

【優勝チーム 賞金/商品】
優勝トロフィー+賞金2000万円
副賞:ダイハツ ウェイク1台、エクスペディア ハワイ旅行券、オリジナルAndroidスマートフォン(アーサー×2、ルシファー×2)+Google Playギフトカード10000円×4

最後に「次回以降も大会が盛り上がるようにさらに驚きの仕掛けを作っていき、楽しい試合を作っていけたらいい」と木村氏が語り、“モンストグランプリ2016”のイベントが幕を閉じた。

あわせて読みたい

⇒白雪姫リボンやHIDEBOHが登壇!EXCITING STAGE午前の部リポート
⇒XFLAG PARK 2016でタイガー桜井や宮坊がオーブをかけてヴェノムに挑む!

⇒ついにナナミとエクリプスが獣神化!実装は9月27日
リボンの獣神化が発表&CDデビュー決定!
⇒XFLAG PARK 2016にタイガー桜井、宮坊らファミ通Appメンバーが出演!

攻略動画、やってます。

■ターザン馬場園のTwitter
http://twitter.com/tarzanbbzn

■タイガー桜井のTwitter
http://twitter.com/tiger_sakurai

 

ピックアップ 一覧を見る