1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 【パズドラ攻略】タマゾーX覚醒秘神・オーディンの評価&使い道を実装前に考察

【パズドラ攻略】タマゾーX覚醒秘神・オーディンの評価&使い道を実装前に考察

2016-09-07 17:24 投稿

ファミ通App028_表紙ファミ通App NO.029 Android(2016年7月28日発売!
『パズドラ』の特典あります!
★Amazonでの購入はこちら!

秘神・オーディンの姿をしたタマゾーの性能は?

“一度きりチャレンジ!”ダンジョンのクリアー報酬でゲットできるマゾーX覚醒秘神・オーディンの使い道について考察していく。(あくまで実装前の考察です。)

タマゾーX覚醒秘神・オーディン

リーダー評価:○ サブ評価:○

【リーダー起用時の長所】
・高HPのチームを編成できる
・ダメージ吸収に対応可能
・最大244倍の高火力(【6×5マス】の場合)
・サブ候補が豊富

【リーダー起用時の短所】
・コンボ吸収に対応するのが難しい


【サブ起用時の長所】
・スキルと覚醒スキルで水と闇属性チームの火力アップに貢献
・操作時間延長×2でパズルをサポート
・スキル継承のベースモンスターに最適
・サブとして多くのチームに採用可能

【サブ起用時の短所】
・火力要員としては活躍できない


【水か闇の5個十字消しを組んだ際の倍率】
・水か闇の5個十字消しを1個:6.25倍
・水か闇の5個十字消しを2個:39倍
・水か闇の5個十字消しを2個+水か闇の5個十字消しを1個:244倍

パズドラ_青タマゾー

タマゾーX覚醒秘神・オーディンのリーダースキルは“水属性と神タイプのHPが2倍。水か闇の5個十字消し1個につき攻撃力が2.5倍。”だ。水か闇の5個十字消しの数で倍率を出すため、ダメージ吸収には対応できる。だが、コンボ数を稼ぐのが難しくコンボ吸収を多用するダンジョン攻略には向かない。対策としては、操作時間延長の覚醒スキルを複数体起用して、パズルを組みやすくことが挙げられる。

一方、サブとしては溜まりの早いスキルでスキル継承のベースモンスターとして最適。また、スキルと覚醒スキルで水、闇属性チームの火力を上昇させる役割も担える。

以上のことから、リーダーとサブどちらでも運用することが可能だ。今回はリーダーで使用した際のチーム編成例を紹介する。

おすすめチーム編成例

パズドラ_チーム

覚醒スキル合計数
“暗闇耐性”2個 “水ドロップ強化”12個 “操作時間延長”6個
“バインド回復”1個 “スキルブースト”12個 “水属性強化”4個
“闇属性強化”1個 “2体攻撃”3個 “封印耐性”5個
“回復ドロップ強化”2個 “神キラー”1個 “バインド耐性”4個

おすすめ覚醒バッジ
覚醒バッジ“操作延長+1秒”
覚醒バッジ“回復力25%アップ”

そのほかサブ候補
愛楽の魔君主・シトリー、藍海の水龍喚士・スミレ、還爪の青龍契士・リューネ
鉄機帝・アナザージャスティス、覚醒ヤマタノオロチなど

編成ポイント
水と闇の5個十字消しを組みやすくするために操作時間延長を5個積んだチーム編成。攻撃系覚醒スキルはリーダースキルとの相性を考えて水ドロップ強化に重きを置いて、水属性強化と2体攻撃は少なめにしている。道中の水ドロップ変換枠としてアルレシャ、覚醒ウミサチヤマサチ、覚醒ヘルメスを選出している。

ボス戦はソニア→タマゾーの順でスキルを使い、盤面を強化水闇ドロップを2色に変換。水または闇の5個十字消しを2個+水または闇の5個十字消しを1個組んでHPを1発で削りきろう。

ちなみにフレンドに覚醒イズン&イズーナなどの水属性の攻撃力と回復力に補正がかかるモンスターを選択すると耐久性能に優れたチームを組むことができるぞ。

【最近注目の記事】

“キン肉マン コラボ杯”固定チームでの高得点の出し方

“降臨チャレンジ!【全属性必須/ノーコン】”の出現降臨ダンジョン&報酬一覧

Pepper(ペッパー)“サンバモード”の評価&使い道を考察

ファミ通App028_表紙ファミ通App NO.029 Android(2016年7月28日発売!
『パズドラ』の特典あります!
★Amazonでの購入はこちら!
パズドラ_3

▲最新版初心者講座やってます▲

▼月~土毎日更新中! パズドラ情報・攻略まとめ▼

puzzledragons640

[関連記事]
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧