シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】アリーナ(2Pick)でデッキに入れたいネクロマンサーのおすすめカード(2017/05/31更新)

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】アリーナ(2Pick)でデッキに入れたいネクロマンサーのおすすめカード(2017/05/31更新)

2017-05-31 14:06 更新

アリーナで活躍できるネクロマンサークラスのカード

『シャドウバース』のアリーナ(2Pick)において、優先してデッキに入れたいカードを紹介。

本記事では、ネクロマンサークラスのおすすめカードをお届け。

アリーナ(2Pick)の遊びかたと報酬一覧
5勝するためのデッキ構築のコツ

優先度:SS

ネクロマンサーのクラスカード

SV_N_魔将軍・へクター_0_進化前魔将軍・へクター
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ 場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 3;ゾンビ1体を出す」をくり返す。その後、ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては+2/+0されて、突進を持つ。
【解説】
構築戦とは違い、全体強化のほうはそこまで2Pickのゲーム性にかみ合ってるわけではない(横方向にワラワラと展開できるかはピックの運が絡む)。しかし、ゾンビを出して突撃させる効果は除去と展開を両立できるためとても強力になる。そもそものカードパワーが高く、完成されているため環境に左右されない。
SV_N_不死の大王_0_進化前不死の大王
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ ワイト2体を出す。
ラストワード ワイトキング1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
【解説】
魔将軍・へクターとかみ合いのいい1枚で3体のフォロワーを展開するカード。ステータスもお供のワイトと合計すれば8/7と優秀で、そのうえやられるとコスト0のワイトキングをくれるためつぎの動きも保証される。ワイトはワイトでリーダーにダメージを飛ばす効果が厄介で攻撃能力が高く、3体の処理にそれなりのリソース消費を要求できる点も強い。
SV_N_06冥守の戦士・カムラ
フォロワー(バハムート降臨)
守護
ラストワード 攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。「そのフォロワーの攻撃力の値」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
【解説】
相手の大型フォロワーに対する強烈なカウンターカード。PPどおりの強力なフォロワーを出す流れになりやすい2Pickにおいて、一度相手の流れを切る、もしくは場の優位性を放棄させられる点が優秀。2Pick最大の脅威となるバハムートに睨みを利かせられるという意味でも、このカードの価値は高い。

ニュートラルカード

SV_NE_01バハムート
フォロワー(バハムート降臨)
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
【解説】
どんな不利な場も1枚でリセットし、かつ13/13が場に残るとんでもないカード。フォロワー同士の殴り合いがメインになる2Pickで、“出された返しに殴り倒すのはほぼ不可能”な時点で異常な強さを誇る。ネクロマンサーのカードにはラストワード持ちが多く、全破壊に巻き込んでも何らかのメリットをもたらす可能性が高い点もいい。
SV_NE_ダークエンジェル・オリヴィエダークエンジェル・オリヴィエ
フォロワー(ダークネス・エボルヴ)
ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする。
【解説】
EPを使ってサイズアップしつつ、疑似的な突進持ちとして相手フォロワーにぶつけて場を制圧する。この2Pickの基本的な流れにおいて、EPを倍使えるというのは計り知れないアドバンテージになる。構築戦と違い、2Pickでは前のめりなデッキが組みにくい点も追い風。オリヴィエを出す余裕がないor出す前に倒された、というシーンも減っているのだ。
SV_NE_風の軍神・グリームニル_0_進化前風の軍神・グリームニル
フォロワー(神々の騒嵐)
守護
ファンファーレ エンハンス 10; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。
【解説】
コスト3として理想的なステータスと守護を持ち、序盤のストッパーとして活躍するのはもちろん、エンハンス時の全体4ダメージによる全体除去、リーダーへの直接ダメージ、2/3守護が場に残る、といった点もとても使いやすい。状況を有利に傾ける一手としても、決定打としても強力な1枚だ。

優先度:S

ネクロマンサーのクラスカード

SV_N_蝿の王蝿の王
フォロワー(ダークネス・エボルヴ)
ファンファーレ と自分のターン開始時、絶速の甲虫、絶死の毒蜂、絶護の魔蠍の中から、ランダムに1体を出す。
【解説】
処理されない限り、無限にフォロワーを生産し続けるボード制圧の鬼。4/4と処理しやすい控えめステータスではあるものの、守護などでうまく守ればゲームを決定するほどの働きをしてくれることも。呼び出すフォロワーがランダムなことから若干の“ブレ”があるが、だいたいどれが出ても最低限の仕事はしてくれる。最悪、“破壊しなければならないフォロワー”という点を利用して疑似的な守護持ちとして扱えばコストに見合った仕事は果たせるだろう。
SV_N_ゾンビパーティゾンビパーティ
スペル(神々の騒嵐)
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
エンハンス 7; その後、ゾンビ3体を出す。
【解説】
コスト2の3ダメージカードという優れたダメージスペル。とくに中盤のEPを使った場の奪い合いでEPを節約するのに役立つ。そのうえ、エンハンス効果を使えば魔将軍・へクターと相性のいい横方向(2/2のゾンビを3体場に出す)への展開もこなしてくれる。ヘクター抜きにしても、1枚のカードで除去しつつ3体のフォロワーを場に出せる能力は2Pickで猛威を振るうことは間違いない。

ニュートラルカード

SV_NE_激震のオーガ_0_進化前激震のオーガ
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

進化時 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

【解説】
EPを消費しなければデモンストライクを1枚、消費すれば2枚内蔵していることになるカード。デモンストライクがコスト4なことを考えると、4PPで6/6を出してるようなもの。といえばこのカードの強さが伝わるだろうか。問答無用の6点火力をリーダーに浴びせて勝利、というのも珍しくなく、場の巻き返しにもフィニッシャーとしても頼りになる1枚だ。
SV_NE_ゴブリンプリンセス_0_進化前ゴブリンプリンセス
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ ゴブリン2体を出す。
ラストワード ゴブリンキング1枚を手札に加える。
【解説】
1体1体のステータスが低いため貧弱に見えるが、じつは合計で4/5と悪くない。ラストワードでゴブリンキングを手札に補充してくれるのも便利だし、横方向に展開するため魔将軍・へクターとのかみ合いもいい。ただし、3体の中では攻撃力の高いゴブリンプリンセスを進化させても攻撃力4しかないので、これ+もともと場にいたフォロワーで倒せない相手フォロワーがいる場合は使いにくくなってしまうためこの位置に。

ピックアップ 一覧を見る