1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 競馬シミュレーション『ダビオナ』をいま始めると超お得!育成からレースまで攻略まとめ

競馬シミュレーション『ダビオナ』をいま始めると超お得!育成からレースまで攻略まとめ

2016-08-09 17:00 投稿

これを読んでスタートダッシュ!

2016年8月9日に、4周年を迎えたセガゲームスの競走馬育成レースゲーム『ダービーオーナーズクラブ』(以下、『ダビオナ』)。新規登録キャンペーンもスタートし、いまゲームを始めればいろいろとお得なアイテムや親馬、現役馬などをゲットできるのだ。

そこで今回は、新たに『ダビオナ』を遊びはじめたプレイヤーのために、攻略情報を総まとめにしてお届け。ベテラン勢に少しでも早く追いつくためにも、ぜひとも読んでみてほしい。

基本的なゲームの流れ

競馬が題材のゲームゆえに、ちょっぴり構えてプレイを開始するかもしれないが、基本的な進行はじつにシンプル。

チュートリアル終了後、何をすればいいかわからなくなったら画面下の愛馬カードに注目してみよう。ここに“調教まち”と書かれていれば調教を、“エサまち”ならエサやりを、“出走まち”ならレースに出走すればいい。愛馬カードをタッチするだけでつぎに取るべき行動の選択画面に遷移するため、とくに何も考えずにタッチしてもオーケーだ。

基本はこのパターン
調教

エサやり

出走

調教(以下繰り返し)
ダビオナ_01
▲とりあえず愛馬カードをタッチすればいいのだ。

上記の一連の流れの中で注意すべき点は、馬の信頼度の高さをキープすること。信頼度が低いと競走馬が本領を発揮できないのだ。調教の成長度にも影響を与えるため、高い状態を保つほど成長もしやすくなる。

信頼度は、エサやりで水以外のエサを与えれば上がるほか、調教の際にふれあいの森へ行き、ブラッシングをしてあげると上昇する仕組みだ。

ダビオナ_02
▲信頼度は愛馬カードのハートマーク、または愛馬情報で確認できる。

競走馬の育成方法

競走馬は自身のパラメーターに応じて、逃げ、先行、差し、追い込みといった脚質が決まる。この脚質の中で、プレイヤーが最初に覚えておくべきなのは逃げ追込のふたつ。もらえる馬は、1頭目が逃げで2頭目が追込の脚質になっているからだ。レース展開の仕方が非常にわかりやすく、初心者にも扱いやすいのもうれしい点。

逃げタイプの育成方法

逃げとは?
スタート直後からダッシュして後続を引き離し、そのリードを保ってゴールへ飛び込む戦法。

重要なアビリティ
スタートと瞬発力。両方がある程度上がったらコーナーと粘り強さも上げる。

おすすめ調教施設
プール(スタート、粘り強さ、瞬発力)、各種単走施設。

コーナーを除き、スタートがいちばん高いと逃げの脚質になる。芝と坂路の単走でスピードと瞬発力を鍛えて、最初からぶっちぎっていこう。

その後はコーナーと粘り強さも上げておくのがセオリーだが、このふたつのアビリティを鍛えるには、ショップでダート単走とウッドチップ単走の施設を購入しなければならない。

 ダビオナ_03
▲とにかく逃げる! レースの進めかたがわかりやすいのがいい。

追込タイプの育成方法

追込とは?
馬の集団の最後方を進んでじっくり体力温存。溜めた力を最後の直線で一気に開放して前を抜く戦法。

重要アビリティ
コーナーと馬群突破。続いて競り合いと瞬発力も上げていこう。

おすすめ調教施設
ウッド併せ(コーナー、馬群突破)、坂路併せ(競り合い、瞬発力)。

スタートがいちばん低くなるように育成するのがポイント。より正確に言うなら、スタートの高さが、コーナーを除いて4番目以下だと追込となる。

中盤から少しずつ順位を上げて最後に一気に追い込みをかける戦法ゆえに、レースの距離が長いほど力を発揮できる。

理想的なのはコーナーと馬群突破を上げること。その後、競り合いと瞬発力も上昇させよう。馬群突破と競り合いは併せの施設のみで鍛えられるので、施設の配置をすること。

 ダビオナ_04
▲ひとまず逃げが短距離、追込が長距離向けくらいに覚えればいい。

なお、調教時の調教強化にメジロマックイーンを使用すると、8時間限定で効果を超特大に高めることができる。メジロマックイーンは新規ユーザーならボーナスとして付与されているガチャ馬だが、使用するとなくなってしまうのでガッツリ集中して遊べるときに使おう。

 ダビオナ_05
▲調教すると100%“完璧”の結果となり、パラメーターが一気に成長する。

ムチの叩きかた

本作では、ムチの叩きかたが異なるノーマル操作ベテラン操作が存在。最初は前者しか選べないが、ゲームをある程度進めると後者もアンロックされる仕組みだ。

ノーマル操作
“ムチ”ボタンひとつで操作。ムチの叩きどころも教えてくれる。ベテラン操作
“ムチ”、“追い”、“抑え”ボタンで操作。馬をよりコントロールしやすくなる。

ノーマル操作は後述する“ムチの有効ゾーン”を含め、コース全体でのムチの叩きどころを指示してくれるため、非常に便利。まずはこちらの操作でムチの叩きどころを覚えるといい。ムチを打つテンポもリズムゲームよろしく指示してくれるのでわかりやすいだろう。

 ダビオナ_06
▲コースマップの赤い部分がムチの叩きどころ。叩くテンポも体で覚えよう。

脚質ごとのムチの叩きどころを覚えたら、ベテラン操作に変更するのがおすすめだ。ノーマル操作との大きな違いは叩きどころの指示がなくなる点。いきなり「どこで叩けばいいの?」と不安になるかもしれないが、どちらの操作方法でもムチの叩きどころ自体に大きな違いはない。ノーマル操作のときに叩けと指示された位置で叩けばオーケーなのだ。叩くべき位置がイマイチわからなければ、もう一度ノーマル操作に戻して覚えてくればいい。

もうひとつの違いはボタンの数だが、これも案外簡単。むしろ馬のコントロールの微調整がしやすくなるので重宝するはずだ。

ベテラン操作で増える追いは、少ないスタミナ消費で加速できるボタン。ムチボタンがアクセルベタ踏みなら、追いはアクセルを半分踏んだくらいと考えておけばいい。ムチボタンほどスタミナを消費せずにライバル馬に付かず離れず走ることが可能だ。

抑えはスピードが落ちるが、スタミナの回復効果も持つボタン。こちらはザックリ言えばブレーキのようなもの。前に出過ぎてしまったときなど、少し下がりたいときに使うとスタミナの回復までできてしまうというスグレモノだ。

このようにボタンは3つになってしまうものの、レースでは絶対に有利になるのでぜひともマスターしておくべし。

ダビオナ_07
▲ゲートが開くと同時にムチボタン、または追いボタンを押すとロケットスタートになる。目押し可能だ。

レースをより有利にする方法

レースを有利に展開するためにもムチ有効ゾーンの存在は覚えておきたい。この範囲内でムチを叩くと、通常よりも加速度がアップし、体力の減りが少ないという大きな利点があるからだ。有効ゾーンの位置は馬の脚質によって異なるため、最初は逃げと追込さえ覚えておけばいいだろう。

脚質別のムチ有効ゾーン
逃げ……スタート直後~レース前半
追込……レース後半~ゴール
有効ゾーンの利点
加速度がアップ
体力の減りが少ない
 ダビオナ_08
▲コースマップの白い部分が有効ゾーン。ノーマル操作ならムチの叩きどころとして指示してもらえる。

また、脚質ごとに異なる体力の回復量が高くなるポジションも頭に叩き込んでもらいたい。この位置のキープを心掛けるだけで、レース展開がかなり有利になるはずだ。該当のポジションに馬がいると、体力ゲージに効果の度合いが表示されるので、それを参考にポジションを調整しよう。

もっとも回復量が多いポジション
逃げ……前後に他の馬がいない位置
追込……ほかの馬の後ろに位置する
 ダビオナ_09
▲回復量大! 追いと抑えボタンを駆使して、回復量が少しでもアップする位置に移動しよう。

生産で総合力をアップ

競走馬の強さを表す“馬総合力”は、戦績を重ねるごとに上昇する。しかし、30戦をピークに衰えて……引退となってしまう。そこで“生産”を使い、次世代の愛馬へ能力を引き継いでいくのだ。馬総合力は、基本的に代を重ねるごとに底上げされるので、やればやるほど強くなるというワケ。また、記事の冒頭で解説した信頼度は、親馬になる際にも影響するので、つねに高くキープしていよう。

引退時期の目安
早熟馬……20戦~25戦
普通馬……25戦~30戦
晩成馬……30戦~35戦
 ダビオナ_10
▲最初は生産もあまり深く考えず、代を重ねて強くすることだけ考えればいい。

もっとも効率的と言われているのは、4頭まわしという方法。下の図のように基本となる4頭さえ揃えれば、近親配合にならずに少ない頭数で代重ねが可能だ。下の図以降の代でも同様にくり返していけばオーケー。

新規プレイヤーは、親馬として“ディープインパクト”をゲットしているはずなので、これを利用することで一気に代重ねを進められるのでおすすめだ。

ダビオナ_11
▲最初の4頭さえきっちり揃えれば、後は図のように配合するのみ。

代を重ねて総合力を上げれば、強豪揃いの重賞制覇も夢ではない。生産にも慣れてきたら、もっと緻密な育成計画に挑戦してみるといいだろう。そうすれば、本作のおもしろさをもっともっと感じることができるはずだ。

いま始めるとお得な理由

冒頭でも触れた新規登録キャンペーンで付与される特典はこちら。

・LE+親馬ディープインパクト×1枚
・アクションチケット×50枚
・LE現役馬メジロマックイーン×1枚
・DP(ダービーポイント)3000
・GP(ガチャポイント)3000

念のため解説しておくと、ディープインパクトは生産する際に親として使用可能な馬。アクションチケットは、AT(スタミナ的なもの)を回復するチケット。メジロマックイーンは、調教強化を超絶アップさせる馬。DPはおもに建物の建設に使用し、GPはいわゆる無課金ガチャに使用するものとなっている。

ダビオナ_00
▲最初から施設を購入して強化も可能。効率よく育成できて便利だ。

ダービーオーナーズクラブ(DERBY OWNERS CLUB)

ジャンル
競走馬育成レースゲーム
メーカー
セガゲームス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧