1. サイトTOP>
  2. 『Ingress』過去最大規模の大バトル:XMアノマリー“イージスノヴァ東京”リポート(後編)

『Ingress』過去最大規模の大バトル:XMアノマリー“イージスノヴァ東京”リポート(後編)

2016-07-25 14:09 投稿

真夏の東京を舞台にしたメガ級ハイブリイッド戦

世界各地を使って開催される『Ingress』の大イベントXMアノマリー。その最終決戦が7月16日、お台場、新宿、渋谷、秋葉原、上野など、東京各地を使って開催された。

▼イベント前にゆりかもめ沿線探査
ポータル探査の旅まとめ

【Ingress記事まとめ】
イベントリポートや取材記事も

 

 ingress01-1

本イベントの様子を前編から引き続き、ライターの深津庵とイラストレーターのあしたづひむ(カメラアシスタント)が、いろいろな角度からリポートしていく!!

▼XMを調査するバスNL-PRIMEに乗車
XMアノマリー“イージスノヴァ東京”潜入(前編)

7月16日17時
シャードを両手で受け止める!!

NL-PRIMEに関する取材開始時間と本戦のタイムスケジュールがまるかぶりだったこともあり、現地で戦うチームメンバーたちと合流できたのは第3計測時間直前のこと。

深津とあしたづが参加したのは、通称“玉転がし”と呼ばれるシャード戦。簡単に説明すると、ポータル上に出現するシャードという欠片を、ゴールのポータルまでリンクを結んで1個でも多く運んでいく戦いだ。運搬するためには広域の情報を把握、みんなで連携を取りながらゴールに向かって導かなければならない。

 ingress09.jpg書き込み
▲ここは、木場の伝統芸“木場の角乗”が行われる場所でも有名で、深津もこれまでに2回ほどそのイベントを見に来たことがある。

 

この日、シャードのゴールに設定されたポータルのひとつである木場公園には、ふたりが所属する四国のチームのほか、栃木県、韓国のチームが参加(もっといたのかもしれませんが広域のため確認取れず)。ここまでシャードを運んできてくれた同陣営の活躍を受け継ぐため、ゴールであるポータルと、その道となるリンクの防衛を固めていた。

 ingress10.jpg書き込み ingress11.jpg書き込み

 

大空をまたぐリンクに乗って自分のいるポータル上空にシャードが飛んでくる
そんな勝手な設定で盛り上がる深津は、幸いにも公園の隅で誰もいなかったポータルの中心で仰向けになり、シャードの到着を待ち続けた。

 ingress12-1.jpg書き込み

 

そして迎えた運命の瞬間

ingress13.jpg書き込みingress14.jpg書き込み

 

正確に言えば深津とあしたづはその場に立ち会っただけで、戦いにまったく関与していない。
ここまで繋いでくれたエージェントの皆さん、そしてゴールを死守した目の前にいるみんなに、この瞬間を味合わせてくれたことを心から感謝!!

 ingress15.jpg書き込み
 ingress16.jpg書き込み
 ingress17.jpg書き込み

 

7月16日19時
アフターパーティースタート!!

お台場海浜公園駅と青海駅の中間に位置するアフターパーティー会場に到着したのは19時10分過ぎ。
ステージでは、約1年前に開催されたXMアノマリー“ダルサナ東京”が印象的だった、メディアアーティストの真鍋大度さんと黒瀧節也さん率いるライゾマティクスのDJ&VJがスタート。

 ingress18.jpg書き込み

 

続いては“かぐづち-KAGUZUCHI-”によるパフォーマンスアート。これがね、写真じゃまったく伝わらないけど本当にすばらしいのひと言。
かぐづち公式サイト上で当日の動画が公開されていたので、そのリンクを下記に掲載する。

INGRESS Aegis Nova Tokyo OPact by KAGUZUCHI

かぐつち公式サイト

 ingress19.jpg書き込み
▲ライゾマティクスからの豪華2部構成で、深津のテンションは上がりつぱなし。瞬きするのももったいないほど、一生忘れない最高のパフォーマンスだ!!

 

7月16日19時40分
NIAの川島さん&須賀さん登場!!

2013年に開催されたXMアノマリー“カサンドラ”では約60人しか集まらなかった『Ingress』が、この日は1万人を軽く超える大きなものになったことは、エージェントの皆さんひとりひとりの歩みの結果。『Ingress』は人が集まり繋がっていくゲームであり、皆さんの協力があってこれだけの規模に成長したこと、これからも歩み続けていくことを川島氏は感謝の言葉と合わせて宣言してくれた。

 ingress20.jpg書き込み

 

また、須賀氏は『Ingress』でみんなと築いてきた時間は財産であり礎。ここまでいっしょに歩んできたエージェントはNIAの一員だと語り、これからもサポートしてくれるとうれしいと語った。

 ingress21.jpg書き込み
▲ふたりが語ったこの言葉にステージ最前列でビデオを回していた深津は涙が止まらず、手振れを堪えるのでたいへんだった。

 

XMアノマリーのファクションリーダーを務めた両陣営のエージェントも登場。どちらも人の数に圧倒されながらもしっかりコメント。この大役を最後までやり遂げてくれたことに心からありがとうとおつかれさまを言いたい。

ingress30.jpg書き込み

 

そして、このXMアノマリー前から気になっていたことがあった。それがプレス用に配られたタイムスケジュールに記されていたスペシャルゲスト枠の“人気声優”という文字。
その正体はエージェントでもある緒方恵美さんだった!!

 ingress22.jpg書き込み

 

新世紀で補完とか計画しちゃうアニメの大ファンである深津。
それを知るあしたづはきっと隣りで、俺が舞いあがっていることを察していたに違いない。さらに、ステージ中央の巨大スクリーンに突然ADA(本作の重要な人工知能)が出現。
これまで英語でしか喋れなかったADAが日本語を学習したと語りだし、会場にいた緒方さんの音声をサンプリングしたと答えたのだ。

 ingress23.jpg書き込み
▲もちろんこれも『Ingress』のストーリー。つぎのアップデートで日本語が選択できるようになるようだぞ。

 

続いて現れたXMの研究者である司アキラは今回のXMアノマリーを振り返り、「とてもパワフルだった。自身のまわりを流れる空気からもXMがみなぎっていることを感じた」と語った。

さらに、リサーチプログラム“NL-PRIME”が立ちあがったこと、その目的がもっとも優秀な“センシティブエージェント”をこの中から見つけ出すことだと説明したほか、“NL-PRIME”の高XM環境内にいるエージェントは強力なXM感覚を実感、あらたなる境地に達することができるはずだと、興味深いコメントを残したぞ。

ingress24.jpg書き込み
▲NL-PRIMEを体感、ともに史上最強のプログラムを作り出しましょうと語る。バスを予約してねってことですよね、わかります。

7月16日20時25分
結果発表のとき

そして長かった戦いの結果を告げるためヤーハンが登場。
エンライテンドはつねに優位を保ち、この日がレジスタンスにとってアコライトの攻撃からADAを守る最後のチャンスだったことを告げ、「準備はいい!?」と会場を盛り上げて出された答えはエンライテンドの勝利だ。

ステージ上のヤーハンはクールなイメージとは異なり、とってもキュートで素敵なお姉さんで、その一喜一憂するしぐさに会場にいたすべてのエージェントの緊張を解してくれた。

ingress25.jpg書き込み

 

そして最後、グランドフィナーレを飾るのは『Ingress』の生みの親であるジョン・ハンケ氏
最初に、ボランティアで手伝ってくれた人に向けてねぎらいの言葉を述べ、このイベントを成功させるために約3ヵ月尽力した須賀氏をクレイジーだと称賛。

また、川島氏がXMアノマリー“ダルサナ東京”のヴィジョンを描き、その後、「東京で世界最大のイベントをしたい、1万人以上集めることができる」と言ったとき、彼は狂っていると思ったことをジョンは笑いながら語った。

 ingress26.jpg書き込み
▲『Ingress』はみんなが作ったポータル、コミュニティでできている。今日そのすべてを作ってくれた皆さんに心から感謝したい、自分自身に拍手をとジョン氏。
 ingress27.jpg書き込み
 ingress28.jpg書き込み

 

iPhoneユーザーの深津は遅れてリリースされたiOS版からプレイ開始。その当初から記事を書きたいと交渉するも、なかなか想いが届かず、XMアノマリーやミッションディ、それなりに大きなイベントごとでないと書くチャンスが与えられてこなかった。それにめげずに書き続けた結果、少しずつ皆さんの目に留まるようになり、念願叶って、7月からはイベントに限らず『Ingress』の記事を書けるようになりました。

これもね、読んでくれるエージェントの皆さんあってのこと。自分なりに『Ingress』を盛りあげたい、知ってほしいという想いをあきらめず、進んできてよかったと心から感謝しています

今後も『Ingress』は歩みを止めることなく、新たなチャレンジをしていくことでしょう。
それを可能にするNIA、全力で支えるエージェントたちを、深津はこれまらもずっと追いかけていきますので引き続きよろしくお願いします!!

 ingress29.jpg書き込み
▲とある事情からとんでもないことになってしまった深津とあしたづのミッションディ。そのきっかけはXMアノマリー終了後の夜に始まるのだが……。詳しくは別記事でっ。

P.N.深津庵/あしたづひむ(カメラアシスト)
※深津庵のTwitterはこちら

▼XMを調査するバスNL-PRIMEに乗車
XMアノマリー“イージスノヴァ東京”潜入(前編)

▼イベント前にゆりかもめ沿線探査
ポータル探査の旅まとめ

【Ingress記事まとめ】
イベントリポートや取材記事も

 

Ingress(イングレス)

ジャンル
オンライン位置情報ゲーム
メーカー
Niantic, Inc.
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧