1. サイトTOP>
  2. “GMIC 東京 2016”で『モンスト』木村Pが語った中国市場への再チャレンジ戦略

“GMIC 東京 2016”で『モンスト』木村Pが語った中国市場への再チャレンジ戦略

2016-07-15 16:58 投稿

表紙画像01ノア『モンスト』公式マガジン第14弾
6
月30日(木)発売
★Amazonで予約・購入
★ebtenで予約・購入

日本のフェイストゥフェイスを中国へ

2016年7月15日、東京ミッドタウンにて開催された“GMIC 東京 2016”にて、XFLAGスタジオ総監督の木村弘毅氏(以下、木村氏)が“XFLAGスタジオが描くビジョンと中国市場の捉え方”というテーマで基調講演を行った。

GMIC(グローバル・モバイル・インターネット・カンファレンス)は、日本、中国、インド、アメリカをはじめとする、世界のモバイルテクノロジ―を牽引するビジネスビッグパーソンが多数集う、モバイル業界最大のカンファレンス。

gmic01
gmic03

中国にも遊び場を

モンスト_木村氏

木村氏は、まずXFLAGスタジオは「友だちや家族とワイワイ楽しめる“アドレナリン全開”のバトルエンターテインメントを創出し続ける」集団だということを強調。この“バトルエンターテインメント”はゲームに限ったものではなく、アニメなども含めて、“コミュニケーションを創出する”ものだという。

さらに、中国市場については、オンラインプラットフォームに特化したパートナーと“オンライン戦略”で展開したことにも言及。日本版とは大きく違う、オンライン上で友だちと、あるいは見ず知らずの人と遊ぶことができる仕様として展開したが、つぎに中国での展開を考えているものは、日本と同じ“フェイストゥフェイス”のもので、「その場に集まって遊ぶことを徹底して追及したい。」と意欲を見せた。日本で効果を上げている動画のプロモーション、アニメ版『モンスターストライク』との連携を、つぎの中国でのトライでやっていきたいという。

また、「今後中国で“フェイストゥフェイス”で遊ぶ文化が訪れるのか?」、という点について木村氏は「僕は絶対訪れると思っています。」とし、麻雀、家族集まっての食事、太極拳などを例に、中国でのフェイストゥフェイスの文化が根付くことへの期待を語った。

gmic02
▲XFLAGスタジオ総監督 木村弘毅氏

あわせて読みたい

・メディアミックスという観点から木村Pが『モンスト』を分析“コンテンツ 東京 2016”

攻略動画、やってます。

■ターザン馬場園のTwitter
http://twitter.com/tarzanbbzn

■タイガー桜井のTwitter
http://twitter.com/tiger_sakurai

■宮坊のTwitter
http://twitter.com/Miyabo01

▲効率のいいラック上げの方法などの攻略テクはこちら▲

モンスターストライク

メーカー
ミクシィ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。iPhone 5 用に最適化済みAndroid4.0.3以上(一部非推奨端末あり/Android4.0.3未満は動作不可)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧