クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】7/4のアップデートでゴブリンバレルが来る!?

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】7/4のアップデートでゴブリンバレルが来る!?

2016-07-21 15:46 更新

クラッシュロワイヤル攻略まとめバナー

※クラッシュ・ロワイヤル攻略情報まとめ
▼クラロワ人気記事
※レジェンドランカーが教える要注意のカードの対策 その1【ホグライダー編】
※レジェンドランカーが教える要注意カードの対策 その2【ロイヤルジャイアント編】
※レジェンドランカーが教える要注意カードの対策 その3【エアバルーン編】

アップデートで一部カードのバランス調整

2016年7月4日のアップデートで一部カードのバランス調整が行われる。今回はその対象カードを1枚づつ解説。事前に変更点を予習して、新環境にすばやく対応せよ!
ファミ通App的注目カード

1.ゴブリンバレル:コストが1さがり、穴掘り師と双璧をなす!?
2.ダークプリンス:前回修正されたプリンスとのコンビが流行!?
3.ボンバー:ダメージアップで採用率があがるか?
 クラロワアプデユニット
▲今回のアップデートで修正される8枚。

調整されるカード一覧

クラロワスケルトン集団スケルトン部隊(コスト4): スケルトンの数を20から21に増加
前回のスケルトンの下方修正で1体減り、行方不明になっていた1体がスケルトン部隊に合流。こういったお茶目な修正も『クラッシュロワイヤル』の魅力だろう。ただスケルトン部隊が1体増えたところでほとんど意味がない。
クラロワゴブリンバレルゴブリンバレル(コスト3): コストが4から3に減少、ゴブリン出現までの時間を1秒から1.2秒に変更、衝撃ダメージがなくなる
今回の目玉上方修正。コストが1さがったことで単体で使いやすくなり、採用率があがるとみられる。また、直接タワーに攻撃できる穴掘り師との組み合わせに期待できる。ちなみにカードとしての扱いはユニットではなく呪文。
クラロワgiant_skeleton巨大スケルトン(コスト6): ダメージを20%増加(死亡時のダメージは変更なし) 
最近めっきりみなくなった巨大スケルトン。単体攻撃のダメージが大幅にアップしたことで、より敵陣の奥へと進軍しやすくなった。ただし死亡時のダメージは増えていないので注意。
 クラロワダークプリンスダークプリンス(コスト4): ダメージを8%増加
前回のアップデートでプリンスのダメージが8%アップして、相方のダークプリンスも今回ダメージが8%アップした。これにより一時期多かったプリプリコンビでの速攻デッキが増える!?
クラロワボンバーボンバー(コスト3): ダメージを9%増加
地上複数ユニットにめっぽう強いボンバーがまたもや上方修正。かなりダメージが上昇したので、バルキリーと選択の余地が生まれるだろう。
クラロワウィザードウィザード(コスト5): 攻撃速度を1.7秒から1.6秒に向上
攻撃速度が上昇しアイスウィザードとの選択の余地が生まれた。ロイヤルジャイアントスパーキーとの組み合わせで輝く。
クラロワインフェルノタワーインフェルノタワー(コスト5): ヒットポイントを6%増加
ヒットポイントが6%上昇し、ロイヤルジャイアントエアバルーンなどに対してさらに有利に立ち回れるようになった。大砲の代わりにデッキに採用するのもありかも?
クラロワエリクサーポンプエリクサーポンプ(コスト5): スピードを増減する効果(ポイズンフリーズザップレイジアイスウィザード)の影響を受けるように変更
スピードが増減する効果に影響を受けるように変更された。スピードアップするレイジを使う人はほとんどいないと思われるので、事実上は下方修正。とくにポイズンでの対策が有効になったのはうれしい。
クラロワ墓場墓石(コスト3): ヒットポイントを9%増加
ヒットポイントがあがり、ホグライダーの受けには使えるようになったか? それでも同じコストの大砲のには大きく劣るので、ロイヤルジャイアント対策には使えない。
クラロワボムタワーボムタワー(コスト5): ヒットポイントを6%増加
対地上で優秀な防衛施設。もともと場持はいい方なので、相手の攻め待ちにさらに有効になった。対空攻撃はできないので、ほかのユニットで補うようにしよう。

▼いっしょに読みたい記事
トロフィー4000超のプレイヤーが考えるホグライダー、大砲の下方修正対策

※クラッシュ・ロワイヤル攻略情報まとめ

クラッシュロワイヤル攻略まとめバナー

ピックアップ 一覧を見る