1. サイトTOP>
  2. 【編集部流行りゲー】夏へ向けてホラー&ゾンビゲーが流行の兆し

【編集部流行りゲー】夏へ向けてホラー&ゾンビゲーが流行の兆し

2016-06-18 08:00 投稿

【担当者のヒトコト】
太陽王ムハハーン

おはようございます。本日は2016年6月18日、ファミ通App編集部で流行いるスマホアプリを紹介する時間がやって参りました。

毎週編集部内で“最近ハマっているアプリ”を調査し、私太陽王ムハハーンが紹介します。

ファミ通App編集部ランキングTOP3はこちら!

攻略記事、YouTube、ニコ生でも盛り上がりを見せている『クラロワ』が不動の1位。また『ユニゾンリーグ』で知られるエイチームの新作RPG『ヴァルキリーコネクト』も、新作なだけあり皆食い付いている様子です。

 クラロワアイコン1位.『クラッシュ・ロワイヤル』
Supercell(リアルタイム対戦型カードゲーム)
『クラロワ』最新記事はこちら!
 ドラプロアイコン2位.『ドラゴンプロジェクト』
コロプラ(アクションRPG)
『ドラプロ』最新記事はこちら!
 3位.『ヴァルキリーコネクト』
エイチーム(RPG)
『ヴァルコネ』最新記事はこちら!

▼『ヴァルキリーコネクト』の動画はこちら!

夏っぽいアプリも流行ってます!

そして、ランキングには入らなかったものの、一部の編集者が新しく始めたゲームも。夏のせいか、ゾンビやホラーものが仲間入り。

『心霊学校からの脱出』
SEEC(脱出ホラーゲーム)
(c)SEEC inc.

ファミ通AppYouTubeチャンネルの動画企画“編集長!これ、どうでしょう!?”にて、中目黒目黒とみいこが実況プレイした脱出ホラーゲーム。

登場する女子高生はどれも個性派揃いで、見た目も性格も異なるキャラクターたちが、旧校舎に消えていった友人の謎に迫ります。

サービスショットもある萌えな女子高生が主人公の脱出ゲーム 『心霊学校からの脱出』

『1000m ゾンビエスケープ!』
Oink Games(ランゲーム)
(c)2016 Oink Games, Inc.

新作アプリというわけではありませんが、部長代理さねしげが密かにハマっているランゲーム。超ローポリゴンで作られたシンプルな街の中で、うごめくゾンビや燃えているクルマにぶつからずに1000m先を目指す。縁あってかこちらも中目黒目黒とみいこがプレイ動画をあげているので、あわせてチェックしてみよう!

ゾンビを掻い潜り街脱出を目指すタップアクション『1000m ゾンビエスケープ!』

『Dead Ahead』
Chillingo(アーケード)
(c)Mobirate

こちらは打って変わってアーケード風の横スクロールランゲーム。あの夜中にうるさい編集部の裏ボスが乗り換えたのだ。主人公は荒廃した街で武器を手に、バイクやバギーなどを乗り換えつつ群がるゾンビたちを蹴散らして走り続ける。クォリティの高いドット絵やサウンド、ストアでの高い評価もポイントです。

ほかにもゲーム遊んでます!

 『モンスターストライク』
ミクシィ(ひっぱりハンティングRPG)
『モンスト』最新記事はこちら!
 eDUj33cA『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』
スクウェア・エニックス(RPG)
『FFBE』最新記事はこちら!
 VOEZアイコン『VOEZ(ヴォイズ)』
Rayark(リズムゲーム)
『VOEZ』最新記事はこちら!
 『サムライ ライジング』
スクウェア・エニックス(アクションRPG)
『サムライ ライジング』最新記事はこちら!
 a90ea0a7cb712ad639b7a9745040eee6『パズドラレーダー』
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(アドベンチャー)
『パズドラレーダー』最新記事はこちら!
 548803e5c1c24fb4db3b4e689b4b743d『城とドラゴン』
アソビズム(リアルタイム対戦ストラテジー)
『城ドラ』最新記事はこちら!
 白猫アイコン『白猫プロジェクト』
コロプラ(アクションRPG)
『白猫プロジェクト』最新記事はこちら!

太陽王ムハハーン@TYOMHHN

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧