1. サイトTOP>
  2. 『逆転オセロニア』タイガー桜井、宮坊も参戦!リアルイベント“オセロニアンの宴”潜入リポート

『逆転オセロニア』タイガー桜井、宮坊も参戦!リアルイベント“オセロニアンの宴”潜入リポート

2016-06-06 21:00 投稿

秋葉原で『逆転オセロニア』初のリアルイベントが開催!

『逆転オセロニア』 オセロニアンの宴

DeNAが配信する『逆転オセロニア』の公式リアルイベント“オセロニアンの宴”が、2016年6月4日、東京・秋葉原のアイ・カフェAKIBAPLACE店にて行われた。今回は、そんな本作初となるリアルイベントの様子をバッチリお届けしていく。

『逆転オセロニア』 ちゅうにー&みそしる
▲MCのちゅうにーさん(左)がメーティス、進行アシスタントのみそしるさん(右)がマスティマのコスプレをしての登場。衣装の完成度もさることながら、再現率がめちゃくちゃ高い! 眼福です。
『逆転オセロニア』 タイガー桜井&宮坊
▲タイガー桜井と宮坊も参戦。対戦イベントもあることから、ふたりとも気合は十分!
『逆転オセロニア』 にひP
▲本作のプロデューサー仁平氏(中央)から挨拶。
『逆転オセロニア』 開会
▲ちゅうにーさんの「“オセロニアンの宴”、スタート!」のかけ声とともに開会。全員が一斉に拳を突き上げた。

交流対戦で大盛り上がり!

本イベントは『逆転オセロニア』初のリアルイベントということもあり、ユーザー同士の交流と対戦が活発に行われた。

対戦のレギュレーションは後に控えるトーナメント戦と同様、駒の使用制限はないものの、コストは150までというもの。

本作は16枚の駒を組み合わせデッキを構築して戦うゲーム。しかし、S駒のコストは20、A駒は10、BとC駒は5となっている。今回はコスト150制限ということで、センスと実力が問われるデッキメイクが勝利のカギを握っていた。

『逆転オセロニア』 交流対戦
▲集まった約50名のプレイヤーたちが、積極的に交流&対戦。

取材で訪れていたはずの筆者も会場の熱気に当てられ、いても立ってもいられず近くにいたプレイヤーに対戦を挑んでみることに。しかし……、

『逆転オセロニア』 VS饅頭丸
▲序盤は優勢に思えたものの、気づけば大ダメージを受けているの図。お、おっかしいなー……! こ、こんなハズじゃ……!
『逆転オセロニア』 惨敗
▲「そこそこいい勝負ができるに違いない」とタカを括っていたものの、あれよあれよという間に敗北。ちなみにこちらの饅頭丸さんのランクはなんとカンスト。イベントには、ほかにも本作のトッププレイヤーが多数参加していた。

コスプレイヤー対戦でツーショット権をゲット!

同時並行でちゅうにーさん、みそしるさんとのコスプレイヤー対戦も実施。内容は、挑戦者が両名のいずれかに勝利することで、ツーショット写真が撮れる権利を得るというもの。こちらは交流対戦およびトーナメント戦と異なり、運営があらかじめ用意した端末を使い、最大コスト(200)で自由にデッキを編成してのバトル。整理券が配られ、多くのプレイヤーが順番待ちをする大盛況のコーナーとなった。

『逆転オセロニア』 ちゅうにー×メーティス
▲ユーザーと対戦を楽しむちゅうにーさん。メーティスが『オセロニア』をプレイしている光景、イイネ!
『逆転オセロニア』 マスティマ×みそしる
▲同じくユーザーと対戦するみそしるさん。キリっとカッコいいマスティマの貴重な笑顔を拝見できた。

オセロチャンピオンと多面打ち!

さらに、オセロチャンピオンの高梨悠介さんと、最大3面もの多面打ちができるコーナーも開催。複数の対戦者と同時に戦う高梨さんの姿は、常人の理解の範疇を遥かに超えていた。

『逆転オセロニア』 高梨さん
▲高梨さんは世界大会で4回もの優勝歴を持つ、リアルオセロ界史上最強クラスの御仁。

そんな高梨さんに、『逆転オセロニア』で腕に覚えのあるタイガー桜井と宮坊が挑む!

『逆転オセロニア』 チャンピオン多面打ち1
▲タイガー桜井&宮坊VS高梨さん。勝てば世界最強の称号をゲットだ!
『逆転オセロニア』 チャンピオン多面打ち2
▲とはいえ、世界チャンピオンの実力は伊達ではない。思わずたじろぐふたり。
『逆転オセロニア』 チャンピオン多面打ち3
▲タイガー桜井は置ける場所がなくなり、リタイア。そしてこの局面でチャンピオンが「宮坊さんのほうは、10個は残るんじゃないですか?」と発言。勝つことは大前提、すべての駒を返すオール勝ちがほとんどとのこと。すでに次元が違う。
『逆転オセロニア』 チャンピオン多面打ち4
▲ほどなくして負けてしまった宮坊。そして残った駒は予測とほぼ同数の11枚。チャンピオンには、どれだけ先の世界が見えているのだろうか。
『逆転オセロニア』 チャンピオン多面打ち5
▲その後も多くのプレイヤーが挑むも、やはりチャンピオンに勝つことは難しかった……。

予選開始!

続いて、トーナメントに向けての予選が開始。基本ルールは交流対戦と同様、駒制限ナシ、コスト150制限。加えて、各々に3つ付与される星を奪い合い、多くの星を獲得した4名が決勝に進むことができるというもの。

『逆転オセロニア』 宮坊の星
▲プレイヤー同士が自由に対戦、勝者は敗者から星をひとつ奪うというルール。これは燃える!
『逆転オセロニア』 特別ルール
▲星がなくなってしまったプレイヤーには救済処置が。万が一、オセロチャンピオンの高梨さんに勝てば一躍トップに!?
『逆転オセロニア』 予選開始
▲予選開幕で会場はさらにヒートアップ!
『逆転オセロニア』 宮坊
▲開始早々、対戦相手を求めて会場をさすらう宮坊。
『逆転オセロニア』 タイガー桜井
▲一方、タイガー桜井はラグジュアリー感溢れる面持ちですでに対戦に興じていた。
23
▲戦国時代もかくやと言わんばかりに、いたるところで対決がくり広げられた。

そして予選終了。多くの星を獲得した饅頭丸さん、まよひさん、宮坊の3名が決勝戦に進むことが確定。

しかし、星を7個獲得したプレイヤーがタイガー桜井を含め3人いる状態。そこで、決勝戦に進む最後のひとりをジャンケンで決めることに。

24
▲決勝戦への切符を賭けたジャンケン。会場に緊張が走る。

結果、タイガー桜井が勝利! 相変わらずの勝負運の強さを見せつけた。

決勝戦進出者

※敬称略、50音順

順位プレイヤー星の所持数
1位饅頭丸9個
2位まよひ8個
2位宮坊8個
4位タイガー桜井7個

トークコーナー“にひPのフライング新情報”

決勝戦の前に仁平プロデューサーから、まさかの新情報が解禁された。

『逆転オセロニア』リリア
▲公式Twitter担当“リリア”がリアルに登場! “オセロニア界の新聞記者”の肩書きに違わず、仁平プロデューサーにどんどん切り込んでいく様子が印象的だった。

夏休み逆転祭が開催!

2016年のGW(ゴールデンウィーク)に行われたゲーム内イベント逆転祭が、夏に再び開催される。

【過去の逆転祭の内容をチェック!】
⇒GW逆転祭イベント開催!タイガー桜井、宮坊の対決動画も

GW逆転祭では合計13ものイベントを開催。とくにユーザーからの人気が高かったものは、“星のかけら毎日プレゼント”と“強化合成成功率アップ”だったという。

同じく好評を博した決戦イベント復活キャンペーン“リリア★セレクション”も再び行われる予定。また、家族や知人間でのプレイを想定していた“「近く」対戦”については、より遊びやすくした形で実装するとの見込み。

夏休み逆転祭については、公式twitterでも何か動きがあるかもしれないとのこと。フォローしてマメにチェックしておこう。

⇒『逆転オセロニア』公式twitter

さらに、夏休み逆転祭限定の新駒も登場。詳細な情報は未定ながら、3体の新駒のシルエットが公開された。

『逆転オセロニア』夏駒1
▲新キャラクターその1。特徴的な羽と尻尾になんだか見覚えがあるような……。
『逆転オセロニア』夏駒2
▲新キャラクターその2。何かをまき散らしている様子が一見猟奇的だが、仁平プロデューサー曰く“かき氷の汁”とのこと。甘いものといえば、まさか!?
『逆転オセロニア』夏駒3
▲新キャラクターその3。ひまわりに囲まれる少女らしきシルエットだが、やけに頭部が大きい。もしや日傘? 尖っている部分が動物の耳にも見える。

ほかにも、夏の装いをしたキャラクターが登場するとのこと。続報に期待しよう。

新スキル“マス変更”!?

属性マスが周囲に増える新スキルが2016年6月末〜7月頭に実装予定とのこと。

動画では、スキルが発動した駒の周囲に竜の属性マスが3つ増える様子を見ることができた。ただし、増えるバフマスの数は変更の可能性もあるという。

『逆転オセロニア』新スキル解説

今回確認できたのは、駒の周囲のマスが属性強化マスに変化するというスキル。しかし仁平プロデューサーの「各属性の特徴をより際ただせる」、「神の場合はバフよりも回復」、「魔であればダメージマスを増やす」といった発言から予想するに、“発動した時点で何らかの効果を持つマスが盤面に増えるスキル”が今後登場すると見ていいようだ。

相手に利用される可能性もある諸刃の剣ながら、その効果は強力。より駆け引きがおもしろくなりそうなスキルと言えるだろう。夏休み逆転祭と併せ、続報を待ちたい。

決勝戦、ついに開幕!

決勝トーナメント第1試合・タイガー桜井VS饅頭丸さん

『逆転オセロニア』タイガー桜井VS饅頭丸
▲タイガー桜井(左)、饅頭丸さん(右)。饅頭丸さんは「もちろん優勝しか考えておりません!」と宣言。なお、筆者は交流対戦で饅頭丸さんに惨敗を喫している。
『逆転オセロニア』 タイガー桜井
▲タイガー桜井は「負けたら天照大神(6月の超駒パレードで追加された駒。極めて優秀)が出なかったせいですね(笑)」と会場の笑いを誘いつつも、「ぜったい、勝ちます!」と真剣な面持ちで勝利への意気込みを語った。

先行は饅頭丸さん、後攻はタイガー桜井でバトル開始。

饅頭丸さんは蘭陵王リーダー・神メインのデッキに、フィニッシャーとして非常に優秀なダメージスキルを持つアラジンやオキクルミを編成。さらにポーリュプスとルサリィといった高性能なカウンター駒も仕込んである。

蘭陵王はリーダー設定時に手駒すべての攻撃力を増す強力な駒ながら、自身の属性が神のため、さまざまなスキルの対象となりやすい点がデメリット。しかしその強力なバフスキルから、多くのプレイヤーに使われている。

対するタイガー桜井はデバフスキルを持つ魔属性の駒・レーテーをリーダーに据えた神メインのデッキ。アラジンをはじめとしたアタッカーをはじめ、ザフキエルやタキリビメといった強力なシールドとダメージコンボスキルを持つ駒も複数編成。さらに毒スキルと強力なコンボスキルを併せ持つファウストも忍ばせてある。

蘭陵王を使うプレイヤーが多いことを見越した、タイガー桜井の読みが光るデッキメイクと言える。

『逆転オセロニア』 タイガー桜井VS饅頭丸1
▲勝負開始。序盤は互いに定石通りに打ち回していく。

中盤までは互いのHPはほぼ拮抗した状態。しかし、タイガー桜井が辺にファウストを置いてから一気に会場の緊張が高まった。

『逆転オセロニア』 タイガー桜井VS饅頭丸2
▲次順、タイガー桜井がここにファウストを置く。ファウストは非常に強力なコンボスキルを持つものの、発動条件が“3枚以上の駒を返す”というもの。しかし、持ちこたえればコンボスキルは確実に発動可能な状態だった。タイガー桜井の勝利かと思われたが……。
『逆転オセロニア』 タイガー桜井VS饅頭丸4
▲饅頭丸さんがダメージスキルを持つブラダマンテを使用、神の属性マスを利用して攻撃力を1.5倍にしつつ、クレイモアアマゾネスのバフコンボスキルを発動、8000以上もの高ダメージを叩き出し勝利!
『逆転オセロニア』 タイガー桜井VS饅頭丸5
▲思わずガッツポーズの饅頭丸さん。逆転劇に会場が大いに沸いた。

タイガー桜井は「相手は(終盤に強い)神メインのデッキなのに、あの速さで負けるとは思わなかったです。非常にオフェンシブなデッキだった。正直、(ファウストのコンボスキルを発動させて)勝ったと思った(笑)」とコメント。

饅頭丸さんは「ファウストを置かれてヤバいと思った。ただ、属性強化マスは最初から狙っていた。恰好よく決めることができてよかった」と勝利の喜びを語った。

決勝トーナメント第2試合・まよひさんVS宮坊

『逆転オセロニア』 宮坊VSまよひ
▲「とても緊張しているので、ミスがないようにがんばりたいと思います」と語るまよひさん(左)。対する宮坊(右)は「めっちゃ楽しみたいですね! 勝てるかどうかは、みんな強いからわからないです」とコメント。謙虚VS謙虚の対決となった。

先行は宮坊、後攻はまよひさんで勝負がはじまる。

まよひさんのデッキは速攻が得意なブリッツドラゴンをリーダーとした神メインのデッキ。祝融やオキクルミといった強力なダメージスキル駒とともに、回復スキル持ちも多数編成されていた。

竜をリーダーとした神デッキはかなり珍しい組み合わせながら、ブリッツドラゴンのスキルの発動条件(盤面に自身の魔属性の駒が1枚もない)を満たしやすい編成だったため、汎用性の高い決め手を持ったデッキと言える。

宮坊のデッキはファウストをリーダーとした神と魔の混合デッキ。特筆すべきは、半数近くの駒がカウンタースキル持ちということ。

強力な回復&ダメージスキルを併せ持つS駒・天照大神を編成していることもポイントだ。そのためB駒を4枚編成せざるを得なくなっているが、そのすべてがカウンターorシールド持ちとなっている。

一見アンバランスにも見えるが、アラジン、オキクルミ、ブラダマンテといった大ダメージを狙える駒も組み込んでおり、隙が少ない構成。

とはいえ、神デッキはスキルダメージがメイン。宮坊のデッキはまよひさんのデッキには狙ったほどの効果が得られないのでは? という声もあった。

『逆転オセロニア』 宮坊VSまよひ2
▲まよひさんは、宮坊のカウンター駒からのダメージを回復スキルで相殺しつつ、危なげなく戦いを進めていく。強力なコンボスルを持つファウストも徹底して敬遠。

ここで、まよひさんのブリッツドラゴンがバフコンボスキルをつなげ、宮坊に大ダメージ! ……と思いきや、シールドに阻まれ決定打にはならず。

『逆転オセロニア』 宮坊VSまよひ3
▲それでも浅くはないダメージ。より効果的な手を狙い、熟考する宮坊。
『逆転オセロニア』 宮坊VSまよひ4
▲そして中盤、宮坊のアラジンがまよひさんに大ダメージ! しかし、つぎのターン、まよひさんもクレイモアアマゾネスのスキルで宮坊に同等のダメージ。互いにギリギリのHPだったが……。

次順、宮坊がブラダマンテのスキルとアラジンのコンボスキルを発動させて勝利! テクニカルな読み合いが白熱する勝負となった。

まよひさんは、「楽しめたのでよかったです。あと、ファウストのプレッシャーがすごかったです(笑)」とコメント。

宮坊は「シールドに助けられましたが、コンボスキルが重なったときは焦りましたね……!」と、ギリギリの戦いだったことを告白した。

決勝トーナメント3位決定戦・タイガー桜井VSまよひさん

決勝戦の前に、3位決定戦が行われた。

互いに手の内が明かされた状態での戦いとなったが、会場の予想に反し、双方ともデッキ変更なしでの開戦。先行はまよひさん、後攻はタイガー桜井でバトル開始。

まよひさんは、タイガー桜井のレーテーのデバフを警戒してか、後半に使うと思われたブリッツドラゴンを初手で使用。対するタイガー桜井はシールド駒でダメージを軽減し、危なげない打ち回し。

しかし、まよひさんがルキアによって早々にタイガー桜井の手駒からヴァイセを引き出し、決定打のひとつを奪った。

『逆転オセロニア』 タイガー桜井VSまよひ
▲高ダメージが期待できるヴァイセを序盤で失ったことは、タイガー桜井にとって痛手。

その後、まよひさんがリードを取る形に。回復スキルも効果的に働き、HP差が徐々に開いていく。そして、ついにタイガー桜井がアラジンによる大ダメージで反撃の狼煙を上げる。

『逆転オセロニア』 タイガー桜井VSまよひ2
▲コンボスキルも発動! かなりのダメージを与えることに成功。

だがこの一手の後、まよひさんが角に置くことで種族バフが発動する織姫を使用。それを受け、タイガー桜井はシールドと低HP時の大ダメージを併せ持つヴェローナを場に出し、まよひさんの手を遅らせようと試みる。

しかし、結果的に祝融のダメージスキル&織姫のバフコンボを許してしまい、タイガー桜井が敗北。

タイガー桜井は「敗因はアラジンですね。ちょっと、出すのを急ぎすぎました。ありがとうございます! 強かったです」とコメント。

まよひさんは「3手目でルキアを使って、ヴァイセを引き出せてよかった」と、強力なスキル持ちを早い段階で封じることができたことが勝因と語った。

『逆転オセロニア』最強は誰だ!? 饅頭丸さんVS宮坊で決勝戦!

そして、待ちに待った決勝戦の火蓋が、ついに切って落とされた。

『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸
▲「ここまで来たらもう私の優勝ですね!」と勝利宣言する饅頭丸さん。
『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸2
▲対象的に、宮坊は「胸を借りる気持ちでやっていきたい」と相変わらず謙虚。

先行は宮坊、後攻は饅頭丸さんでバトル開始。

『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸3
▲盤面は角にダメージマスがあるタイプ。シールドとカウンターが入り乱れ、どちらが勝つともわからぬ白熱の駆け引きだったものの……。

残念ながら機材トラブルにより戦いが中断してしまう結果に。しかし、ふたりの決着を望む声が大きく、仕切り直しての再戦が決定!

『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸3
▲互いに手の内は明かされているものの、「(先攻後攻などをはじめ)条件は変わらず、このままで」と即決する饅頭丸さん。思い切りのよさに会場からは称賛の声が多数上がった。
『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸4
▲特殊マスのない通常盤面で勝負スタート! 真の決勝戦にふさわしい戦いに期待が高まる。

お互い終盤に一気に勝負を決めるコンボスキル持ちが多いことから、序盤は定石通り、スムーズな試合運びに。

『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸4
▲宮坊は手札の巡りもよく、シールドとカウンター駒をバランスよく置いていく。ファウストによるプレッシャーや、アヌビスによるコンボスキル封じも功を成した。さらに饅頭丸さんのリーダー属性に対し大ダメージを与えられるクリムゾントニトルスも控える好配牌。
『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸5
▲続けて、宮坊は角マスに天照大神を置くことに成功。一気にHPを回復したうえに強力なコンボスキルを発動できる状態に。しかし、饅頭丸さんが天照大神のコンボスキルの射線上にルサリィを配置。カウンターをさらに強化する形で宮坊を牽制する。

天照大神のコンボスキルを発動すれば宮坊が勝利する可能性は十分にあったものの、仕留めきれなかった場合はルサリィとポーリュプスによるダブルのカウンターで自滅する恐れもあった。結果、宮坊は一巡手を遅らせ、確実に勝利できるところまでHPを削る作戦にうって出た。

『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸6
▲オキクルミでダメージを与える宮坊。次順で確実に勝利をつかむため、慎重な打ち回しを選択。

しかし、つぎの饅頭丸さんの手で勝敗は決した。

『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸7
▲アラジンによる大ダメージに加え、なんとレウオーガのコンボスキルが発動! 宮坊の体力を一瞬で奪い去った。
『逆転オセロニア』 決勝戦 宮坊VS饅頭丸8
▲優勝は饅頭丸さんに決定!

宮坊は「最後(ルサリィとポーリュプスを無視して)、天照大神のコンボを発動しておけばよかった。悔しいです……! ありがとうございました!」とコメント。判断ミスを悔みつつも、饅頭丸さんの勝利を称えた。

優勝した饅頭丸さんは「うれしいです! 天照大神のコンボスキル発動は不安だったのですが、カウンター駒をふたつ重ねれば“ここで勝利できなければ負ける”と相手に思わせることができる。意識してゆさぶりました」と対戦相手の心理を冷静に分析していたことを明かした。

饅頭丸さんは、なんと予選から全勝。決勝戦での強気な発言をすべて実行し、圧倒的なプレイングで観客を魅了した。

そんな饅頭丸さんだが、じつは交流対戦の段階では仁平プロデューサーにのみ1敗してしまったとか。いつか見ることができるかもしれない、饅頭丸さんVS仁平プロデューサーの頂上決戦にも期待したいところだ。

決勝戦の順位は以下。

※敬称略
1位・饅頭丸
2位・宮坊
3位・まよひ
4位・タイガー桜井

表彰式では豪華プレゼントが!

続いて、トーナメントの表彰式が行われた。

『逆転オセロニア』 表彰式
▲決勝戦を戦い抜いた面々。いずれも手に汗握る名勝負を見せてくれた。

4人には『逆転オセロニア』トレーディングカード“風”カードや公式ポスターやTシャツ、特製ピンバッジなどの豪華景品が贈られた。

『逆転オセロニア』 表彰式2
▲タイガー桜井はトレーディングカード“風”カードで雷葉、景光、メーティスといった人気キャラを引き当て思わずニッコリ。
『逆転オセロニア』 表彰式2
▲公式ポスターを拡げるまよひさん。
『逆転オセロニア』 表彰式3
▲公式Tシャツを掲げ、笑顔の宮坊。
『逆転オセロニア』 表彰式5
▲ゲーム開始時に手に入るキャラクターたちの特製ピンバッジをゲットした饅頭丸さん。

続いて、来場者全員を対象とした抽選会を実施。3名に特製マグカップ、5名に特製キーホルダーがプレゼントされた。

『逆転オセロニア』マグカップ
▲幸運にも特製マグカップに当選したタイガー桜井。この男……やはり“持って”いる!

さらに、公式Twitter担当“リリア”のスマホスタンドが1名に、本作の人気Sキャラが描かれた豪華パネルが6名に贈られた。

『逆転オセロニア』 リリアスマホスタンド
▲リリアスマホスタンド。さまざまな表情のリリアを見ることができる最高にキュートな逸品。
『逆転オセロニア』パネル
▲人気Sキャラのパネルは、けっこうなサイズの額縁に入った豪華仕様。

キャラクターの設定を初公開!

抽選でプレゼントされたパネルは、じつは会場内でも公開されていた。作中でキャラクターのプロフィールなどは一切紹介されていないため、内容自体が非常に貴重なものとなっている。そんなキャラクターたちの設定をここで一挙紹介しよう。

『逆転オセロニア』メッセージボード
▲会場ではキャラクターパネルがメッセージボードとともに設置されていた。

アエーシェマ

『逆転オセロニア』 アエーシェマ
悪神の一人。その名は凶暴を意味し、触れるもの全てを破壊する暴力の神。
その行為に理由は無く、自分でもわからない衝動に突き動かされて破壊を繰り返す。目に付くもの全てを破壊してしまうので、自分が手を出しても壊れない相手を重宝する。(かといっても念入りに壊そうとするだけなのだが)
※パネルより抜粋

ガープ

『逆転オセロニア』 ガープ
地獄の軍団を率いる大総統。荒々しい見た目そのままな、豪放磊落な性格をしている。
軍団を率いる立場にあるが、戦では自らが戦陣を切って突っ込むため、部下の心労は絶えない。頭もよく、その気になれば紳士然とした振る舞いもできるのだが、柄ではないと思っている。
※パネルより抜粋

ウル

『逆転オセロニア』ウル
弓の名手。的確かつ確実に獲物をしとめる狩人で、狙ったものは外さない。
静寂を好み、自然の営みを慈しむ。常に冷静沈着で寡黙だが、根は意外と激情家である。趣味は木の上で昼寝すること。お気に入りの枝に鳥が巣を作ってしまい、新たな昼寝場を探し中。
※パネルより抜粋

ニケ

『逆転オセロニア』ニケ
勝利を司る女神。見た目は幼いが、長い年月を生き、強大な力を持っている。
自信満々でプライドが高く、かなりの負けず嫌い。右手から繰り出される必殺の一撃は、あらゆる状況をひっくり返し勝利を掴み取る。
※パネルより抜粋

景光

『逆転オセロニア』景光
卓越した剣腕を持つ竜人の武将。豪快で竹を割ったような性格をしており、老若男女から非常に慕われている。
真っ向勝負、一騎打ちが大好きで、ところ構わず大声で名乗りを上げてしまうのが癖である。(そのため、景光がどこにいるのかすぐにわかる)雷葉という非常にしっかりとした幼馴染みがおり、彼女には頭が上がらない。悩みは胸が大きすぎて鎧が窮屈なこと。
※パネルより抜粋

雷葉

『逆転オセロニア』雷葉
薙刀(なぎなた)と雷(いかづち)を武器に戦う竜人の武将。
生真面目で世話焼きな委員長タイプで、少々潔癖なところがある。景光とは幼馴染みであり、ずぼらな景光をしょっちゅう叱っている。生来の雷の力は非常に強力だが、そのせいで静電気体質なのが悩みである。
※パネルより抜粋

“オセロニアンの宴”これにて閉幕!

最後に仁平プロデューサーをはじめとした面々からコメントが送られた。

『逆転オセロニア』高梨さん
▲来場者との多面打ちを全勝したという高梨さん。「皆さん、オセロのコツを知ってらっしゃるので、すべてこちらの色にすることが難しかったです(笑)。皆さんが『オセロニア』をしている様子を見ていたら私もやりたくなりました!」。リアルオセロ世界最高峰の実力を持つ高梨さんは、『オセロニア』でもチャンピオンとなるのか!?
『逆転オセロニア』リリア
▲「いつも皆様に(Twitterで)やさしい言葉をかけていただいて、毎日起きるのが楽しみで……。今日は皆様と触れあえて、本当に嬉しかったです。今後もTwitterで情報を発信していきます!」とうれし涙混じりで語った公式Twitter担当“リリア”。感極まった様子に、思わずもらい泣きをする人が続出。
『逆転オセロニア』にひP
▲仁平プロデューサーは来場者への御礼を述べつつ、「これからも『逆転オセロニア』を絶対におもしろいゲームにして、皆様の期待を超えるものとしていきたい」と今後の展望を語った。
『逆転オセロニア』タイガー桜井、宮坊、ちゅうにー、みそしる
▲作中キャラクターのポーズをキメる4人。ほかのキャラのコスプレも見てみたい!
『逆転オセロニア』プレゼント
▲来場者には、ゲーム内スタンプのシールなど限定グッズがプレゼント。ポストカードには仁平プロデューサー&リリアからの直筆メッセージも!
『逆転オセロニア』記念写真
▲スタッフとユーザー総揃いの記念撮影。笑いあり、涙あり、白熱のバトルありと、初のリアルイベントは文句ナシの大団円に終わった。ぜひ、またの開催を!!

タイガー桜井と宮坊の攻略動画も併せてチェック!

YouTubeチャンネルの登録はこちら

ファミ通AppのTwitterはこちら

タイガー桜井のTwitterはこちら

宮坊のTwitterはこちら

逆転オセロニア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/テーブルゲーム
メーカーDeNA
公式サイトhttps://www.othellonia.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧